2005年10月31日

ねちずん村

今朝の日記で書いた「ケータイ・ナビ」に飛んで行ってみると、大体本で読んでいたコトが書かれていましたが、子供向けに作られているのは、まず子供はそんな本を読もうと思わないから、携帯電話を買いたいと言ったら、「まず、ここを読んでから一緒にどう使うか考えようね」と話したらイイだろうなと思いました。それと、「ケイタイにイータイ」というページはとってもオモシロク、大人が読んでも「ウンウン」とか言いそうだと思いました。

そして、講評をしていた方の「ねちずん村」に飛んで行くと、「ネットのリスク疑似体験館」とか、「Teensのたまり場」とかがあって、これは大人・子供両方勉強になるなと思いました。
「ネットのリスク疑似体験」のコーナーには、「友達からのメール」や「悩み相談のメール」、パソコンでの「ワンクリック詐欺」による架空請求とか、「プリクラ交換」とかで個人情報悪用とかの体験が出来るようになってるようです。
スミマセン。体験しているヒマがありません。
子供が携帯電話使うと言ったら、ココで体験させてから使わせようとは思いました。
「Teensのたまり場」には、出会い系関連事件被害者70%が中学生と書かれていて、「インターネットは自己責任の世界です」とも書かれていました。
大人はともかく、中学生じゃ自己責任の本当の意味も判らないだろうと思うので、これは大変だと思いました。
大人がモタモタしか使えない電子辞書とかの変換をススッと子供がやったりしているのを見ていると、ヨク理解できてない大人に子供の規制が出来るんだろうかと思います。
昨日、見た「まだまだあぶない刑事」もそんな様なストーリーでしたから‥‥
大人が本気で子供に向き合おうとしないと、取り返しのつかないコトになりかねないと思いました‥‥  

Posted by seitaisikoyuri at 20:46Comments(0)TrackBack(0)

ケータイ・ナビ

おはようございます。

一週間、またシッカリ御仕事イタシマス!!

本日、信濃毎日新聞というローカル新聞の主催したホームページ大賞 2005に、「ケータイ・ナビ」というホームページが選ばれたという記事が載りました。

消費生活アドバイザーとファイナンシャルプランナーのグループによる初めて携帯電話を持つこどもと保護者のためのコミュニケーションサイトだそうです。

これから仕事がありますので、まだ実際にアクセスしたわけではないのですが、この前長野市民会館で何やら教育関係のコトがあった時(スミマセン。ワタシはそこに下の子供が六年生全体の有志で最後に歌を唄うという手はずになっていて、仕事があったので送って行って、歌だけ聴きつつ迎えに行っただけなので、ヨク判りません)子供とケータイを巡るトラブルが多発しているのをどうすればヨイのか協議していたようでした。それほど、問題は深刻化しているようです。

ネットには教育上、有害な情報も多いので好き勝手に使わせないというのが常識だが、日本にはそのような意識は希薄で、携帯電話からのウェブ利用はパソコン以上の注意が必要だという認識も無きに等しいと「ねちずん(NETIZEN)村」というホームページで子どもたちのインターネットや携帯電話利用の問題を解決しようとしている下田さんという方が講評を述べてらっしゃいました。

我が家はまだ娘はテレホンカードで連絡してますが、いずれ携帯電話を持つ時期が来ると思います。下の息子も。その時に参考にさせていただきたいと思い、もし、そのコトを知りたいと思う方々もいらつしゃればと思いましたので最後に、URLを書いた後、別のパソコンで飛べるように設定したいと思います。(スミマセン。違うパソコンで飛ばし方を教えてもらったので、それしかできません。でも、そのパソコンはうっかり触るとページが変わり入力した努力が水の泡になるコトがあるので、違うパソコンでブログの投稿をするコトにしています。編集は違うパソコンでというネットまだまだ初心者ゆえ、しばしお待ち下さい)メモりたい方もいるかと思いますので、編集してもこのママです。上のトコ一箇所が飛ぶ設定になるだけで。

ケータイ・ナビ http://members3.jcom.home.ne.jp/asuavi/  
Posted by seitaisikoyuri at 08:11Comments(0)TrackBack(0)

2005年10月30日

まだまだあぶない刑事

行ってきました「あぶ刑事」お久し振りの皆々様の顔を拝見してまいりました〜

懐かしくて懐かしくて‥‥

しかし、五十肩には互いの歳を感じましたね。

コッチが一つ歳を取ると、俳優さん達も一つ歳を取るというコト。

主人公の御二人とも、ハードアクションの連続でビックリ!!

もう一度、同じ顔触れの映画を見れるのか、見れないのか、ビミョ〜なエンディングでしたけど、アレだけ面白ければ続編もアリかなとも思いましたが、やっぱり挿入歌だけは今風の方が、もっと興行的にウケルのではないかなどと余計なコトを考えてしまいました。イイ映画なのに、お客さんの入りがイマイチだったのが気掛かりでしたね。

丁度、読んでいた浅田次郎の小説
活動写真の女

を読み終わったからかもしれません。
主人公と友人が初めて出会う古い映画館のように、二階の両側に桟敷席の張り出した古い劇場で見たからナオサラです。
長野にも、シネマコンプレックスを作ろうと工事が始まっているので、『ココも何時まで営業するのかな』なんて思ってしまったからなのかも‥‥
昔の「あぶ刑事」を知らない子供達も、かなりウケてました。
「昔を知らないから、ちょっと判らないトコもあったけどね」と言ってましたけど、昔の映画もレンタルしたくなりました。何だか昔を思い出した数日でした。  
Posted by seitaisikoyuri at 19:56Comments(0)TrackBack(0)

ワールドカップにオファーが!!

おはようございます!!

『元気イイナ、イイことあったんでしょ』と思っている皆さん、アッタリ〜です。
「来年のドイツのワールドカップにタダで招待してあげるよ」と言われました。
主人の友人の社長さんからです。
「夫婦で招待してあげる。もうチケット10枚手配したから」と‥‥

この社長さんスゴイです。
何もこう言われてヨイショしてるわけではありません。
主人から聞いた話によると、高校を中退されたアト、自分で特許を取得して、会社を経営されていて、今はグローバルに世界中を東奔西走しながら、セールスして歩いてらっしゃいます。現代の立志伝中の人物というべきでしょう。

でも、そのスバラシイお話断らざるを得ませんでした。
二人の子供がいますから‥‥
次回のワールドカップなら行けるんですけどね。
場所の問題ではなく、二人とも義務教育でなくなりますから‥‥
義務ですからね。それは子供のと思っている方がいらっしゃいますが、違います。
親が学校に行かせる義務があるんです。
子供には義務はありません。
無視して学校を休ませる人いますけど、別に批判するつもりはありませんが、そのお子さんが学校に行かなくなったら、責任は親にあるのですよ。別に学校なんて行かなくてもイイと教えたのは、その親なのですから。

頭が固いと言われようと、学校なんて行きたくて行くところとは思えません。
とりあえず、ワタシはそうでした。
仮病というか、本当に病気になったりして、ナカナカ治らないようにして、サボっていた子供時代を覚えてます。
でも、行くべきトコロであり、親が行け行けと言うから行っていて、それは社会に出てイヤなトコでも我慢すべきと思わせてくれるに充分でした。
だから、子供が義務教育の間は、子供が学校にイヤでも、行かせる努力をするつもりです。
今は、大人ですから、行きたくなければ仕事以外行きませんけどね。

ドイツは昔、ミュンヘンにチラッと行っただけだし、この前のワールドカップで活躍したGKも大好きだし、ドイツ映画も好きだから(日本ではメッタに見れませんけど、大学時代にスバラシイ映画を見た印象消えてません)本当は行きたくて行きたくて仕方ないんですけどね‥‥(涙)‥‥

ドイツに限らずドイツ語圏の法令順守はスゴイですよ。
スイスで朝、ツアー仲間何人もで散歩していて、一台も車が通らない道で、T字路に信号があり、赤でした。お爺さんが信号待ちしてたけど、我々は周囲をグルッと見回して車が絶対来ないと確信してから道を渡りました。
後ろから、お爺さんの怒鳴り声が聞こえてきました。
ドイツ語だったから、意味は判りませんてせでしたが、多分「信号を守らないとイカン!!」とおっしゃってたんだろうと思います。
でも、お爺さんはしっかり信号を守ってらしたので、追って来て怒りはしませんでしたけど、あそこで信号が青になってたら、おそらく追って来て、シボられただろうと思います。
ワタシはそこまで法令順守は出来ませんが、日独伊三国同盟が結ばれた意味が少し判りました。イタリアも北部地方はシッカリ製品を作る場所ですから、マジメという点で結ばれてたんでしょうね。
モチロン、第二次世界大戦はそれが裏目に出来たのですから、真面目一点張りを推奨するつもりはありませんが‥‥  
Posted by seitaisikoyuri at 09:28Comments(0)TrackBack(0)

2005年10月29日

京都を想う

遅くなりましたが、最後に日記を書いて終わりたいと思います。

今読んでいる本は浅田次郎さんの「活動寫眞の女」です。
珍しくゆっくり読んでいます。
小学校に行ったり、仕事の合間だからだけでなく、青春時代の思い出の土地だから、つい地名の一つ一つに反応するからだと思います。

まだ、主人公が映画のアルバイトをしようとしているあたりまでなので、この小説については何も書けません。
映画館というと、三本立てを喜んで祇園会館で見ていたり、大学時代に廃館になってしまった京一会館(エロい映画と名作を交互にかけていた古い映画館)を思い出します。
おまけに、主人公の友達の家の近くの南禅寺のソバにワタシのバイト先の料亭があったから、なおさらです。

ただ、浅田次郎さんといったら、
プリズンホテル〈1〉夏

プリズンホテルシリーズ全四巻がイチオシです。
何度読んでもイイくらい面白いのです。
秋の夜長に何かオモシロイ本ないかと思ってらしたら、ゼヒ読んでみてください。
一度読み出したら、全巻一気に読みたくなりますよ。
今、読んでいる本の話は後日‥‥  
Posted by seitaisikoyuri at 22:49Comments(0)TrackBack(0)

バザー終了!!

疲れました‥‥でも、ナントカ終了しました。

帰って来て、ヒト仕事して、やっとパソコンに向かってます。

お昼を食べる間もありませんでした。
『イヤイヤやっているのでは?』と思ってらっしゃる人もおられると思いますが、タダであれ、何であれ仕事となれば一生懸命しなくてはなりません。
仕事というのは、厳しいものだと思ってます。
突然死した母親が、高熱があっても仕事を請けたからには、高熱があろうと何があろうと絶対にやり抜かなくてはナラナイという人でした。
だから、働いて働いて死んでいってしまったのだと思います。

そこまではやらない方がイイと思います。
でも、どんなにイヤだと思っても、その席に着いたなら、ソコでなすべきコトは出来る限りした方がイイと思います。

タダシ、出来る限りだけです。

よく、自分の真の限界を見極めずにいらっしゃる方が来院されます。
大したコトなんかしてない、そうおっしゃるその方の体はバリバリになってらっしゃいます。本人が思っている限界が、真の限界よりも遠くにあるのです。
二十歳の限界と三十・四十・五十‥‥と歳を取るに従って限界は縮小されるのです。

限界を正確にしり、自分を大事にしてください。
突然死されると、アトに残された者達はとてもツライ思いをします。
アアすれば良かったか? コウすれば良かったか?
ソウならないタメには、何時でも優しい一言を皆に掛けておかないとイケマセン。
でも、そう出来ない時だってあるでしょう。
ワタシは忙しかったのと、上手く行きそうだがもう少し様子を見て報告しようと母が死ぬ前の晩、電話をしませんでした。
上手く行かなかったとしても、あの時母にこんなイイ話があるんだと希望のある話を聞かせていたら、同じ死んだとしてももっとイイ気分で死ねただろうと思います。
その日、ワタシの留守に電話してきていたというのに‥‥
それでも、その晩、甥が「劇団のオーディションに受かった!」と電話で話したと言うので、結局スターにはならなかったけど、『将来孫はスターになれるかも』と思って死ねたのではないかと、母の安らかだった死に顔を思い出して、自分にそう言い聞かせています。

  明日ありと思う命のアダ桜夜半に嵐の吹かぬものかは

有名な短歌です。皆様もどうか、自分が突然死しないように、家族や周囲の人々に突然死されても後悔しないように、今日一日を、自分も他人も大切になさって生きて行ってください!!!  
Posted by seitaisikoyuri at 17:20Comments(2)TrackBack(0)

2005年10月28日

明日はバザー‥‥

明日は、小学校のバザー‥‥

クジ運悪すぎのワタシは学級会長‥‥

今週、水曜から四日続けて小学校に行ってます。(音楽会も入れて)

絶好のお申し込みもお受け出来ず、皆様に時間の無理を聞き入れてもらいつつ、学校行ってます。零細企業は働かないと、お金入って来ないんですけどね‥‥

それでも、クジに当たったのが運のツキと思って行ってます。

皆、大変でイヤだと言ってるので、三年前、娘の学級会長だった時、最後の反省会に「皆、大変だと言ってますから、ヤメタラどうですか〜」と提案したのですが、転校を繰り返してらっしゃる方と、三年三年で学校を転々とするのが信条の娘の学級担任だった先生が、賛意を表明してくださっただけでした。

ヤダヤダやるのでは、バザーの精神に反すると思うのですが‥‥

ともあれ、タダで集めて、子供達が好きに値段を付けて売ったりすれば、教育的だと思いますけどね‥‥

それでも、三人のお母さん方が上手に絵とか描いて下さったので、パッパと仕事が済んでポスター貼りは終了しました。
明日、雨が降らないコトだけを祈って寝るばかりです。
雨が降ると自動車で行けないので、出足が心配です。
商品を買って売るのですから、完売しないといけないし‥‥
考えるとイヤになるから、今日はこの辺で‥‥  
Posted by seitaisikoyuri at 20:41Comments(0)TrackBack(0)

自己愛と自己中

おはようございます。

自分を愛するのが自己愛で、自分を中心に物事を考えるのが自己中です。

あたりまえのコトですが、二つの違い判りますか?

愛するというのは、冷静な部分がナイとダメだと思います。

自分がカワイイだから何でも許されるというのとは、全然違うのです。
こっちが、自己中ですね。

本当に自分を愛していたら、自分の未来を考えたり、周りとの関係を自分を犠牲にするのではなく、お互いにヨク生きるにはどうあるべきかを考えるのが普通です。

他者を愛するには、まず自分を大事に思わないとイケナイと思います。

自分が大切な人間であると思えると、他人も同じように大切な人間だと思えるからです。

そして、全ての人間が大事なのであり、世界中の人間が大事なのだと思えるのです。

間違いを自ら正すのは、自分が大事だからです。
身近な他人が間違っていたら、正したいと思って意見するでしょう。
でも、聞く耳を持たない人間もいます。

どうするか。
自分で正しいと思うコトをやるだけです。
他人が気付いてくれるまで、その人はそういう人なのですから、何度言っても意見しても変わりません。
でも、アナタのそばにいて、アナタが自分を修正しているのを見れば必ず心アル人ならば自ら変わろうとするハズです。

   子供は親の鏡

大人はもっと自覚して、社会で行動しないとイケマセン。
子供はもっと、自分を許さないと。
自分で自分を許さないととってもツラクなります‥‥
  
Posted by seitaisikoyuri at 08:07Comments(0)TrackBack(0)

2005年10月27日

最後の音楽会

今日、お昼の時間帯に仕事を中抜けして、下の子供の音楽会に行って来ました!!

これで小学校の音楽会が最後だと思うと、シンミリしました。

唄う曲目は前に書きましたシベリウス作曲の「フィンランディア」、フィンランドがソビエトに占領されていた時に書かれた曲です。

歌詞がブリントされて来ていたので、その抜粋を少々‥‥

  ふるさと はるかに 遠く さりて

  今 ふぶきの中 戦いにたちあがれ

  若き命のかぎり いざ 共に 進めや 進めや 進めおそれずゆけ
  戦いに立ち上がれ 立ち上がれ いざ

  私の希望こそ 世界のすみまで同じ 平和への歌声

一番から五番の歌詞の少しづつの抜粋です。
平和な祖国を奪われて取り戻そうとする気持ちが歌われてます。
フィンランドの人がソビエトの人をヨク思わなくても仕方ないと思いませんか?
祖国を他国の人に踏みにじられたのですから‥‥

第三者として考えると当然のコトなのに、当事者になるとそうはいかないものだと思います。

そう、まずコレを読んで思ったのは、日本と近隣諸国のコトです。
ワタシはともあれ、過去の時代それもそんなに遠くない時代に日本が他国を植民地のようにしたコトは他の外国もしていたとはいえ、イケナカッタと思います。
そして、今生きている日本人は、そういうことをした日本人の血を引いているのですから、祖先に成り代わって謝罪しても当然だと思います。
マインドコントロールされていたとか、軍部が悪いと逃げずに、日本民族として、過去の日本民族の過ちを申し訳ないと言って、どこが悪いのでしょうか?

頭を下げるコトに抵抗の強い人がイッパイいます。
でも、「過ちてすなわち改むるにハバカルことなかれ」という格言があります。
心から謝罪し、互いに信頼して仲良く付き合うコトを模索すべきだと思います。

謝ったら、何もかも相手のいうなりにならなければイケナイなんてことは、常識的にあるはずナイじゃありませんか。

間違いは正す。そんな簡単なコトさえ出来ずに逃げ回るような姑息なコトはすべきではないと思います。

お客様の弟の方に警察の方がいらして、少年達を捕まえても、ウソばかり言ってたり、はぐらかしたり、誰かに罪をなすりつけようとしたり、言い逃れるコトばっかりしていて、罪の意識が感じられないと嘆いてらっしゃるそうです。

それは、子供達がよく社会の大人の行動を見て、真似しているだけだとワタシには思えてならないのですが‥‥  
Posted by seitaisikoyuri at 20:53Comments(0)TrackBack(0)

スマトラ地震の被災者が売春

おはようございます。

長野で「人身売買罪」で全国初の逮捕者が出ました。
なんと、スマトラ沖地震で夫に死なれ困っているとこに、日本で働けるという求人広告を見て、応募したらしいのです。

本日の信濃毎日新聞と朝のNHKのローカルニュースを総合すると、別人のパスポートで成田空港から入国、インドネシア人の男が新幹線で引率して、スナックに二百万円で売ったそうです。

スナックでは、渡航費用などで五百万借金があると言われ、パスポートは取り上げられ店の二回で休日すらなく売春させられ、売り上げの大半は台湾国籍のスナック経営者が巻き上げていたそうです。

ダマサレル方が悪いのか? と前に書きました。
地震に被災し、夫に死なれ、弱り目にタタリメのところへ平気でつけこもうとするクサッタ根性にアキレテものも言えません。
そして、知ってか知らずかその女性を買った男も何人もいたんでしょう。
売春は太古の昔からある商売です。
バカバカしいとは思いますが、個人が自分でしたいと言うなら、それを止めようとは思いません。
ワタシが止めても、本人が止めたくなければどうしようもないと思うからです。
心理学的に言うと、他人に止められれば止められるホド、やりたくなる人が多いコトも知ってますし。

しかし、今回は違います。
個人の権利を金で搾取する最低の行為です。
ワタシ達も、何か大きな災害があった時に募金してヨシとするのではなく、その後ソコがどうなっているのかもっと関心を持つべきではないでしょうか?

今年七月に「人身売買罪」が刑法改正で新設されたというのですが、何ヶ月も経って全国初というのも、ナンカ変な話です。
おそらく、こうした話は前からあったから、こんな法律が作られたのでしょう。
全国で、こんな悲惨な目にあっている人は、相当数いると思います。
それらの方々に、基本的人権の最大のものである「自由」が来るコトを心から祈ります。
ゼヒ、行政の方々は救ってあげて頂きたいと思います。
貧困にあえぐ人々を見て見ないフリをし続けるコトも、彼等にとっては物凄くツライことだと思います。  
Posted by seitaisikoyuri at 08:15Comments(0)TrackBack(1)

2005年10月26日

ネットの力!

前に、ネットには人を癒す力を秘めてると思うと書きました。

でも、今は確信になってます。
モチロン正しく使おうとすればの話ですけど。

今まで、狭いようで広い日本に住んでいて、一生巡り合わずにいたであろう人物と、ネットで互いの意見を交わすコトが出来る。もしかしたら、その人とは一生、顔を合わすコトは無いかもしれない。でも、互いに交流するコトで、ツライ時、悲しい時、楽しい時を共有できるのだと思います。

ワタシの例で言うと、始めたばっかりでサッパリ判らなかった時に、「サラ金日記」というブログに巡り合いました。一生懸命サラ金にハマってしまった人を救いたいと努力している人です。

そして、そこにコメントしているgigsharkさんという人を知りました。その人のブログに飛んで行って、「痛くて困ってる」というコトを知り、少しコメントしました。
そして、「痛い!」人向けのブログを書き、「眠れない」というので「眠れない人」向きのブログを書き、よく判らないとコメント頂いたので、「しっかり眠りたい方」へのブログを書きました。二つとも、ワタシのブログの中では、大ヒットしたページになりました。
現在、その方のブログの「自分の中のタイムマシン」と相互リンクしてますが、そのブログを読むと、とても癒されます。ワタシより、癒しランキング向きですねとコメントしたことすらあります。

モチロン、ワタシはその人の歳も顔も何もかも知らない。向こうもワタシを知りません。それでも、お互い楽しんで交流してます。何時まで続くのか判らないけど、何時までも続けばイイと思ってます。

一人が三人をシアワセにして、その三人がまた三人をシアワセにし続けていったら、とってもシアワセな世界になるだろう、そんなブログを書いてる人です。お互い愛する家族がいるという共通項があるから、イイのかもしれません。

どうか、皆さんもブログ人口は急増していると新聞に書いてありました。
必ず、交流したい人をその気になって探していけば、キット見つかると思います。
ネットの悪いコトばかりニュースで流れるので、ネットは怖いモノと思っている人はマダマダ沢山います。
大勢いれば、悪い人もいるだろうし、怖い人もいます。でも、そうでない人だってきっといます。
前に書きました。一人の人間には、イイ部分もあれば、悪い部分もあるのです。
ものスゴク極悪な人だって、良心的な部分があるのです。
個人情報をヤミクモに教えなければ、他人には非道なコトをする人だって、アナタとは優しい人として接してくれるかもしれないのですから、恐れるコトはありません。

  人は思った通りのモノを見る

というのは、マーフィーの言葉だったと思います。全て、生かすも殺すもアナタ次第だというコトだけは忘れないで下さい。  
Posted by seitaisikoyuri at 21:23Comments(0)TrackBack(0)

病気にならない生き方

おはようございます。

現在、ベストセラーの上位にランクインしている本の題名です。
病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-

リンクしてます「自転車で、やせたい。‥‥」のくになかさんに御紹介され、読みたいと思っていたら、兄嫁が丁度買って読んだと貸してくれました。ラッキーです。

もっと、早く書かないとイケナイとは思っていたのですが、食べ物に対する考え方がかなり違うので、迷ってました。一番の原因は無農薬の食べ物なんて、ホトンド嘘をつかないとムリだろうと思っているコト。無農薬だと、大体虫に食べられて穴だらけか、温室育ちで直接日光に当たらない可能性が大だからです。有機減農薬栽培の方が現実的だし、オイシイと思います。
ワタシの主治医だった方で、今、世界の困っている子供を診療していると思われる先生がおっしゃってました。「キライなものの中には、その人にとって避けるべき物質が含まれている可能性もあるんです」と。
ワタシは生のトマトが苦手ですが、加熱するとそうでもありません。ある時、生のトマトにはヒスタミンというアレルギーの人には大敵な物質に似た成分が含まれていて、それは加熱すると分解されると知った時、先生のおっしゃった通りだと思いました。
「オイシイ」と思うモノの中に、その人の必須成分が入ってるんだと思ってます。
それと、遺伝子組み換えの大豆の方がイイとは現段階では、正直思えないからです。

でも、食べ物以外の考え方には賛成します。

  よく噛むコトとか、こまめの仮眠とか、運動はしすぎるなとか。

ガンがある人には、体の中にシコリがあります。触るとヨク判ります。
そして、体がゆるむと徐々に消えていきます。
人間の力にビックリします。
高齢の人にも、その能力は眠っているし、下手すると長生きしている人の方がその力は強いかもしれません。

前に一人一人健康の秘訣は違うと書きました。でも、ここに書いてあるように、
  幸せを感じ、免疫機能を活性化する
コトは、全ての秘訣の基礎となると思います。

ゼヒ、「よい生活習慣」をこの本で理論的に身につけていただきたいと思います。  
Posted by seitaisikoyuri at 07:59Comments(0)TrackBack(0)

2005年10月25日

重松清さんもスキ!

朝の日記で、半分しか読んでないで終わってしまいましたが、別に重松清さんの本がイヤでそう書いたわけではありません。

今年、下の子の教科書で知ってから、十冊近く読んでます。
ただ、まだ読まなかったもう一冊が同じ作家の「エイジ」だったので、全部読んでからでもイイかなと思って、今朝のような日記になりました。1ページも読んでなかったのは、コレです。
エイジ

二冊とも読み終わり、ブジ期限内に図書館に返却しました。メチャ早読みですから‥‥

中学生の揺れ動く気持ちがヨク書かれた小説でした。ただ、変に数字に細かい性格のワタシとしては、親の年齢を計算すると最初の歌手の選択はOKとしても、その年齢の若いころからハマった曲が、サザンとかユーミンにはならないだろうと、ツイつまらないコトを考えてしまいました。

「半パン・ディズ」は、小学生の揺れる気持ちが上手に書かれてました。
記憶力の悪いワタシは、あんなに細々昔のコトを覚えてられないので感心しました。
一人っ子のような、末っ子だったワタシには、共感できる部分も多く二冊ともオモシロイ小説でしたが、でも、大人の方でこの小説家を読みたいと思う方は、
疾走 上

の方がイイと思います。かなりシビアな話ですが、この作家の迫力が出ています。ツライ話なので、そのつもりで読んでいただきたい話です。子供に期待しすぎる親は、コレを読んでから、どうぞって感じですね。ガンバラセルのは、限度内にしておかないと破裂しちゃいます。風船みたいにというコトでしょうか‥‥
そもそも、自分でガンバローと思うのはOKでも、他人に旗を振られるのはツライものですから、何時になっても‥‥ガンバルよりも、出来るだけのコトをしようと思った方が楽です。多分‥‥  
Posted by seitaisikoyuri at 19:40Comments(3)TrackBack(1)

記憶とは?

おはようございます。

今日は小説を読んでまったく関係のナイことを思ったので、それを書きます。
半パン・デイズ

この本、今日までに読み終わって返さないといけないのですが、まだ半分です。もう一冊今日が期限で1ページも読んでない本があります。予約の本が来て、そっちが読みたいと思うとそれから読んでしまうからです‥‥

その中に、アポロが月に上陸した日のコトが書かれていて、昔、小学校のコトを思い出しました。(歳がバレバレ。でも、大体は想像されていると思います)
小学校の体育館の壇上に木枠のテレビが置かれていて、全校生徒が集まって、月に降り立つアームストロング船長達の姿を見ました。

そして、そのかなりアトだったと思うし、授業中だったのか記憶はサダカでは無いのですが、テレビが置いてある狭い部屋で、赤軍派が浅間山荘に立てこもっているのを見た記憶があります。小学校でTVを見たのはその二回だけです。

今の小学校は各教室にTVがあり、ビデオもあります。時代が変わったなと思います。

ともあれ、一億円貰った記憶が無いようなシアワセな方々がいるなんて、日本はお金持ちの国になったんだなぁ〜と思います。  
Posted by seitaisikoyuri at 07:52Comments(0)TrackBack(0)

2005年10月24日

ダマされる方が悪いのか?

今日、新聞に載っていた「週刊ポスト」の広告の中に、納豆の豆は遺伝子組み換えの大豆が入っているのが常識だと書いてあるのを目にした。

それから、昼のNHKで白骨温泉が放送されていた。草津温泉のモトを入れて着色したとして大騒ぎしたが、今は違うと言いたいらしい。でも、白骨温泉と一口にいっても温泉のヨシアシは一緒ではないと前に聞いたコトがある。ヨイ源泉とそれ以外の源泉もあるというコトらしい。

そして、ネットサーフィンしていたら、昭和の後半にボーリングして出来た温泉が、戦国武将の隠し湯として紹介されていた。どうやったら、過去の人物が入れるのだろうかと思う。ダマす温泉も悪いだろうが、本当かどうかなんてスグ調べられるだろうに信じて温泉通ぶって紹介しているナンテ、言わずもがなである。

牛肉はアメリカから入って来ると言う。アメリカ産でないとウソをついて売る人は出てくるだろうと絶望的になる。

今日、お客さんとお米の話をした。「高くても、ゼンゼン美味しくないお米がある」とおっしゃったので、「昔、お米の卸の人に『新潟産100パーセント』と書かれていても違うよ」と言われたと話した。新潟の農家やJAの人に聞くと、魚沼産なんてお米をアチコチで見かけるけど、本物の魚沼地区なんて、猫の額みたいな狭い場所なので全国で販売できるハズは絶対無いとキッパリ言われる。「日本農業新聞」によると、お米はオイシイ方につくらしいので、混ぜられやすいのだと書いてあった。でも、ホンの10パーセント他のお米を混ぜたなら判らなくても、90パーセント混ぜられたら無理だろうとは思う。そのお客さんは、実家で作られているから今はいいけど、高齢化しているので将来は心配だとおっしゃった。

クローズアップ現代では、野球留学して郷土以外の高校生が主力で甲子園に出るのが問題だと文部大臣が話していた。なら、落下傘で地方の小選挙区に出るのはどうなんだろう? 若者は大人の真似をするんです。イイこともワルイことも。

ダブルスタンダードがあまりに多すぎる日本、結局ダマされる方が悪いというコトで終わってしまうのだろうか? 詐欺罪はもっとダマす方の罪が重くないと、社会的弱者は浮かばれないと思うのですが‥‥  
Posted by seitaisikoyuri at 20:48Comments(0)TrackBack(0)

職人になろう!!

おはようございます。

本日、ローカル新聞の「信濃毎日新聞」の教育欄のコンパスというコラムにフィンランドの教育事情が書かれていました。

前に「フィンランディア」の曲を子供が小学校の音楽会で唄うという話を書きましたがワタシは昔から外国で一番アコガレているのが北欧の国々です。

特にフィンランドは、スオミと誇りを持ってその国では呼ばれているという話を辻邦夫の小説で知ってから、ウン十年も‥‥

フィンランドの先生の雇用は学校ごとの採用で、欠員ができると公募し、採用を決める校長も市の教育局が公募して、学校ごとに採用しているらしい。
教員の給料は公立・私立を問わず全国一律で、仕事は教えることに限定され、ほぼ四時には帰るコトができ、会議、校務分担が少なく、クラブ活動は地域や社会福祉部局が担当するそうだ。

日本の先生は人事異動にしばられ、昇進でしばられ、ものすごく働かされている。
今の日本にこのままこの制度を導入しても、検定教科書を廃止したら、かなり偏った教科書が採用されたり、権力にイエスマンな者だけが採用されかねない心配があるからどうかとは思うが、先生にゆとりが無ければ、子供にゆとりは無いだろう。
ゆとり教育と言われても、厳しい親達に育てられている子供達はその分塾等で補習させられて、二極分解しているのが現実だ。

判りやすい子供よりも、判りにくい子供に丁寧に教えてくれる職人のような先生がいてくれたら、どんなに子供達は嬉しいだろう。

仕事もサラリーマン化して、給料を貰うタメだけのと割り切ってしまうとつまらなくなるだろう。給料を貰いつつ、スキルを磨くつもりで全ての人が職人化したら、もっと日本には活気が出てくるのではなかろうか?

昔、ギラギラした職人が大勢いた時代が日本にあった。とてもクセのある人達で、協調力は少なかったかもしれないが、そういう人達が、独創的なモノを生み出してきたのだと思う。そんな人間になりたいと何時も思っている。タダシ、OFFの時には普通の人間に戻ってリラックスしたいと思っているが‥‥  
Posted by seitaisikoyuri at 08:01Comments(0)TrackBack(0)

2005年10月23日

No!と言うのはツライけど‥‥

今晩は違う話をしようと思ってましたが、一本の電話のタメにこんな題名の日記になりました。

主人が過去に大変お世話になった方から電話があり、イロイロな話を主人とした後でワタシと変わって欲しいと言われたので『???』と思いながら、電話に出ました。

結論から先に言うと、健康食品らしきものの宣伝をして欲しいとのお話でした。

ワタシの昔の同級生の話とか、様々な話のアトに‥‥

ワタシは自分で試してみて、これなら健康にヨイだろうと思われるモノだけは置いてはあります。でも、自分から絶対に売り込まない。チラシを貼ってあるので、聞かれたら答えます。そして、欲しいと言われたら、定価より安くお分けします。タダ、それだけのコトです。

ワタシは整体屋であって、薬屋ではありませんから。

イトコに薬局をやっているのがいるから、その人を紹介したいと言っても、人から人への販売しかシナイとおっしゃる。上に書いたようなコトを話して、ワタシは適任でないと話しても、かなりネバられました。

「パンフレットがあるのでしたら、送っていただけば読んでおきます」と言っても、「送ります」とはおっしゃいません。

ブログを書く時間だからと、やっと開放してモライマシタが、「ネットで会社を調べて読んでみてね」とおっしゃるから、ならばと検索をかけても全然出てきません。

イヤな時は、心が痛んでも「No!」と言うコトにしていますが、本当にそう答えてヨカッタと思います。
前にも言ったと思いますが、信じていてシアワセな人にそれをヤメロとは絶対言いません。それでシアワセならいいではないですか、他人の口出しするコトではないと思ってますから。
でも、自分で「YES」と心から思えないコトを他人に勧めるコトだけはしたくないので、その方との関係がどうなろうとキッパリ「No!」と言う方がしばらくはモヤモヤっとしても、結局は何時までも悩まずスッキリできると思います。(例え、キツイ人と思われたとしても‥‥)  
Posted by seitaisikoyuri at 21:01Comments(0)TrackBack(0)

お金の限界

おはようございます。

本日の御紹介したい一冊は、マタマタ石田衣良さんの本です。
「東京DOLL」講談社の本です。
久し振りに本を読んでとってもスガスガしい気分になりました。
ゲームクリエーターの話です。

  若くて金持ちになったゲームクリエーターの求めるものは?

という話です。

生家も商売をしていたので、子供のコロからある程度のお金持ちを身近に見つめていました。
父親は超金持ちの息子でしたので、父親の友人にはものスゴイお金持ちの方もいらっしゃいます。(かなり歳なので、故人になられた方も多いです。御冥福をお祈りします)
戦争のドサクサで、父親の家の財産は騙し取られたりしたのと、長男ではなかったので、大した財産を分けてもらえず分家に出たので、両親が努力してそれなりにマズマズの事業を作り出したので、ある意味、お金のアリガタミも判っているつもりですが、ここまで生きてきて、シアワセになるのに、お金は必要だが、それだけではナレナイと痛感してます。

どんなに高級な外車に乗っていても、シアワセを感じられない人もいるし、国産の軽自動車に乗っていてもシアワセな人はいるというコトです。

求めるモノが多すぎると、どうしても不満足になるし、自分が必要としているモノの範囲を見つければ満足が出来るというコトです。それは、お金だけでナク。

本当に必要なモノは何なのか、とっても優しく語りかけてくれた本でした。  
Posted by seitaisikoyuri at 09:25Comments(0)TrackBack(0)

2005年10月22日

ニュースキャスター

山川健一さんの小説です。幻冬社から出ています。

モデルが特定されそうな小説です。

でも、五年も前に今のTVとインターネットの関係をほぼ予想していたのには、驚きました。

読み応えのある本です。まったくイヤミでなくて‥‥

TVの生放送は大変です。何度か近くで見ていたので、そう思います。VTRなら、出た経験がありますけど、そっちは、週刊誌の写真撮影よりは簡単かもしれません。
ヨイ絵をツナイデくださるので。もう、昔の話ですけど‥‥

ともあれ、神経の太い人でないと、とても務まらない職業だと思いました。

職業というのは、好きだからというのも大事かもしれませんが、本当に好きなものは趣味のママの方が楽しいと思います。本の話とズレてますが‥‥

これから、何の職業に就こうか迷っている若者の皆さん、今は転職も簡単に出来る時代になってきてますが、天職に巡り合えるコトはナカナカ難しいものです。でも、ある程度満足できて、その仕事をして欲しいと待ち望んでくださる人がいたら、三年位は続けてみてくださいね。アワテテ結論を出さずに。
大学を卒業してスグ転職したコトがあるワタシに言う資格があるかどうかは判りませんが‥‥過去は後悔しないで生きるコトにしてますから、ワタシの場合は良かったと思っているのですが、次の職場を見つけてから転職すればトモカク、現在の状況では昔より希望の職に移れる可能性は低くなってますから‥‥  
Posted by seitaisikoyuri at 19:01Comments(0)TrackBack(0)

唐辛子はスグレもの!!

おはようございます。

既に唐辛子のヨサは知ってらっしゃる方も多いと思いますが、本日の「週刊長野」というとってもローカルな新聞に判りやすく特集が組まれていたので、御紹介します。

唐辛子の刺激的でホットな辛味成分カプサイシンは、アドレナリンの分泌を高め、体脂肪を燃焼させる働きがあり、消化液の分泌や発汗、血行の促進、鎮痛にも役立ち、さらにはビタミンCやカロチンによって抗酸化作用を高めるなど、その健康作用があるようです。

脂肪の燃焼は、脂肪を分解する酵素リパーゼを活性化するからだそうです。

料理に使うと食塩が少なくても平気になるので、薄味の物足りなさをカバーし、おいしい減塩料理ができるとか。

特にイイのは、白血球にある免疫細胞の一つ好中球の働きをヨクし、殺菌作用とともに風邪などの感染症に対する免疫力アップにつながるそうです。

ただ、取り方を間違えると味覚障害など健康を害する恐れもあるので、ホドホドが大切なようです。(これは、どんなヨイと言われるものにも言えますが)

食用以外にも、2・3本をガーゼに包んで靴に入れればカイロの代用に、よく乾燥させた唐辛子を米びつに入れると虫よけに、唐辛子を薬用アルコールに漬け込んで塗ると痛みを和らげたり、シモヤケにも効果があるようですが皮膚の弱い人や傷がある時はダメなようです。メキシコ産の唐辛子入り護身用スプレーもあるとは、オドロキ〜!!  
Posted by seitaisikoyuri at 08:02Comments(0)TrackBack(0)

2005年10月21日

もっと気楽に生きてみたら!

日記のタイトルのような本があって、マッ黄色の表紙にカワイイお花の絵が描いてあったので、タマには軽めの本がいいかなと思って読み出して、「ハァ〜」と思いました。

確かに、第一章に「読書階層はインテリで神経質」とあって、「そもそも、こんな書物を読もうとされる人物‥‥」とは書かれていましたが、本当に表紙とは大違いのカタイ本でした‥‥

確かにこの本を熟読できるような人には、向きな本なんだろうと思いました‥‥

こわがり・慎重・まじめな人への話なんですが、ワタシはマジメな人はマジメなままムリに変わろうとしない方がイイのではないかと思ったりします。
人を笑わせるのが得意な人がいます。
そういう人がウラヤマシクても、マジメな人が真似ようとするとシラケるのがオチだと思います。

高名な漫才師ふたりと落語家ひとりは精神科医のお世話になっています(さすがに完治して再起されましたが)。
という、くだりがあって、昔、某私立医大の大学祭で本当に上手な落語家さんが、一席聞かせてくれたコトを思い出しました。
田舎者でしたから、TVで見る落語家さんをナマで見るのはその時が初めてでしたけど、その方は高座に上がられても、扇子の感じがどうもしっくりこないらしく、何度も何度も握り直したりしていて、全然落語に入ってくれませんでした。
ともあれ、そのうちにその異常な感じに会場全体が静かになったからなのか、スルスルっと話し出しました。とっても上手でしたが、どうも最初のモタツキが気になりました。それから、何年だか、もっとしてからだったか忘れましたが、訃報を聞きました。
どうも、精神的に参っていたようでした。

人を笑わすのはとても大変なコトだと思います。
天才的と呼ばれていた方でもそうなのですから、マジメな人はマジメなまま、ただ少し物忘れを意識的にすればいいだけだと思います。
ワタシはマジメな皆さんに、「過去はもう過ぎてしまったコトですから、本当はどれが正しかったかなんて考えるよりも、なるべく楽しい思い出だけ残して覚えていた方が、楽しく生きれますよ。嫌な過去なんて、忘れてしまえるなら、忘れてしまった方がイイし、変形させてイヤだったコトも楽しかったと記憶を変えたとしても、誰も怒ってはコナイと思いますよ」とよく話します。

  昨日のコトなんて忘れた、明日のコトなんて判らない

これは、たしかチャンドラーの「長いお別れ」
長いお別れ

の中でフィリップ・モロー(?)だったかが言ったはずで、ハードボイルドの代名詞みたいな有名な名言です。

「過去は忘れてウンヌン」とは日記のタイトルの本の筆者もおっしゃっておられますが、正直かなりインテリでないと読めない本なので、上記のハードボイルド小説を読まれてスッキリした方が、気楽になれるんじゃないかと思いました。

知力に絶大な自信のある方は、日記のタイトルの本をお探し下さい。  
Posted by seitaisikoyuri at 21:11Comments(0)TrackBack(0)

ストーカーの心理

おはようございます。

母親をかばって、四歳の女の子が殺されるというムゴタラシイ事件がおきました。
毎日、目を覆いたくよるような話ばかりで、逆に我々の方が驚くコトに麻痺してしまいそうな感じでとてもコワイです!

ともあれ、今回も警察に相談していたみたいですが、そういう犯人になる人は、警察の人の前では凶悪なコトをしそうに見えない場合が多いので、つい見落としたという反応になるのだと思いますが、それは必ず誤りにつながります。
ハッキリいって、ストーカーになりやすい人は、多重人格に近づいているからです。
冷静な人格と、激情的な人格が本人の意思を超えてしまう場合が多い可能性を持った人物なのです。

警察は、ストーカーの相談を受けたら、その人物を逮捕しようと考えるよりも、その人物を精神科とか、心療内科とか、カウンセリングさせる方向に強制的にした方がヨイと思われます。ナゼなら、逮捕して処罰しても、性格の矯正がなされない限り、同じコトになる可能性が大だからです。

それは、他の犯罪者にもいえるのかもしれません。
かなり前に内観療法を紹介しましたが、監獄の中で再生した話もあります。
犯罪を冒してしまいたくなる心は、誰でも持っていると言っても過言ではないでしょう。でも、大半の人は、踏みとどまるのです。

アドラー心理学の立場で本を書いてらっしゃる星一郎さんによると、子供は親にホメラレタクテ仕方ないのだが、ヨイことで認められる自分ではないと判ると、悪いコトをしてでも親に自分を認知して欲しいから悪事に手を染める。そして、自分の子供がしているコトを認識しないと思うと、子供の悪事はドンドンとエスカレートしていくという様なコトを何冊もの本で述べてらっしゃいます。

親はそうならないように気を配るコトが大事です。ただ、既に親の手を離れたような人には(本来それでも実の親が一番なのですが、大体その時その親には望むべくもないような状況が多いので、親をフォローするのが先になってたんでは間に合わないから)警察なり何なりの行政の力で、その人物を注視し、罰するのではなく、未然に犯罪を防止するように行くべきだと思います。犯罪を検挙する率とか数に重きを置くのではナク、犯罪の芽をツムことの方が絶対意義があると思います。

未病(まだ病気にならない時の段階)の内に体調を整えて健康になるのがヨイように、犯罪になるかならないかの時にこそ、なりそうな人物を支えて社会に適応できる人物に導く方が有効なのではないかと思います‥‥  
Posted by seitaisikoyuri at 08:14Comments(0)TrackBack(0)

2005年10月20日

魔笛

グリム童話のハーメルンの笛吹き男の話を知ってますか?

これがベースになった小説です。
野沢尚の小説、講談社から出ています。

富士山麓に本部があった新興宗教と公安が絡み合った話です。

野沢尚はとっても好きな小説家であり、脚本家でした。
「名探偵コナン」の映画で「ベーカーストリートの亡霊」は、コナンの映画の中で一番観客動員数が多かったのもウナズケます。

信念のある作家でした。
でしたと書かなければならないのが、とってもツライです。
もっと生きて欲しかったのに‥‥

ともあれ、読む方も大変な小説を書くのはもっと大変だったと思います。
本当に読み応えのある小説でした。
彼の小説を読み終わりたくないから、一つずつユックリ時々楽しんで読んでいます。
破線のマリス

もとってもオモシロかったです。
他にも推薦したい本が何冊もありますが、早世した野沢さんを偲んで、よかったら皆さんも一冊ずつ、ハラハラドキドキしながら読んでみませんか?  
Posted by seitaisikoyuri at 20:14Comments(0)TrackBack(0)

田嶋陽子センセイ‥‥

おはようございます。

タダイマ、二冊を本を同時読みというか、ある場所ではカタイ本を読み、ある場所では楽に読める本を読んでいるのですが、そのうちの一冊がTVタックルで有名な田嶋陽子さんの本です。
太郎次郎社というトコロから出ている「愛という名の支配」という本です。
この出版社は教育的なヨイ教材「部首カルタ」とか「形成文字カルタ」とか出しているそんなに目立たないけど、ガンバッテ欲しい会社です。

なんだか、とても悲惨な子供時代を送られたみたいなので、それに沿った考え方をなさってらっしゃるように思いました。マダ、半分なので、ナントも言い難いトコロもあるのですが、今は時代が違っているトコもあるような気もしています‥‥

ウーマン・リブ的発言をなさる人全般に思うのですが、女が男の配偶者を主人と呼ぶコトに異を唱える人イッパイいらっしゃいます。
ワタシは他人に夫のコトを話す時、「主人」と言いますが、ワタシが主人に支配されていると思う人は、ワタシの生活を知っていらっしゃる人は多分いらっしゃらないでしょう‥‥(ドンナ生活してんだと思わないでください。民主的に暮らしているだけです)

言葉なんて単なる記号ですから、記号にトラワレナイで生きた方がいいんじゃないかと思ってます。

トモアレ、枚方市で中学生の男の子が母親を殺してしまうという痛ましい事件が起きました。親子でも、出産した時からは別人格だと思わないとイケナイと思います。他人には気を遣うのに、家族には平気で悪口雑言を浴びせたり、暴力を振るうのはオカシイと‥‥家族の中で甘えたいのは、皆イッショなんです。お互いに仲良くするコトでしか、傷は癒えないと思います。言いたいコトははっきり言う。でも、相手の言いたいコトも聞く。それが、あたりまえであって欲しいと思います‥‥  
Posted by seitaisikoyuri at 08:04Comments(0)TrackBack(0)

2005年10月19日

読体術

エッ! 何それって感じの題名です。
読体術 (体質判別・養生編)

この本の他に、病気診断・対策編もあります。

この本は東洋医学を理解するには、最適の本です。
体質判断の時、自分以外と思われるトコロも読むと、東洋医学の奥の深さがヨク判ります。

ただ、ワタシの主治医だった先生で、もっと困っている子供達を救いたいと(小児科の先生だったので)アフガニスタンへおそらく行かれた先生(イトコの知り合いから又聞きで、聞いた話なので、現在どこへ行かれたのかハッキリは判りません)によると、一番漢方薬を飲んで効くか効かないかは患者本人しか判らない、そして、本当に効くのなら一服飲んだだけで効いたと思うだろうし、三日飲んで効かなかったら、漢方薬といえども、その薬はその人には効かないというコトなのだと思った方がヨク、飲んでいれば何時か効くだろうと漫然と飲み続けるのはヨクナイとおっしゃってらしたのを付け加えておきたいと思います。

この本にも書かれていますが、東洋医学の考え方を身に付けて、病気とはサヨナラして、お医者さんや薬に縁のナイ生活こそが、健康になる最大の方法だと思います。  
Posted by seitaisikoyuri at 20:21Comments(0)TrackBack(0)

食物と健康

おはようございます。

食べるものと健康について、前に身土不二という言葉があるというコトだけは(身体と地面は二つではナイ、つまり、住んでいる土地と不可分の関係にあるので、人間はなるべく自分が住んでいる近くの食べ物を口にするのが一番であるという考え方)書いた覚えがありますが、あまり詳しくは書いてません。

何故なら、ものスゴク考え方がマチマチだからです。
ある方は、お茶を飲むべきだというし、ある方は農薬の残留が心配だから飲むなというし、水分の取り過ぎは水毒(中医学の考え方です)になるオソレがあるからヨクナイと言う方がいると思えば、水分を大量に取れば体内が浄化されると言う方も‥‥

読めば読むほど深みにハマッテ、どうすべきか判らなくなるというのが正直なトコロです。

ただ、面倒なコトが嫌いなワタシとしては、たしか「暮らしの手帖社」から出ていたと思います「エポック博士の育児書」の中に、子供は偏食しているようでも、長期のスパンで観察すると、割合バランス良く食べていると書いてあったのを信じています。

前にも書いたと思いますが、確かに太り過ぎはイケナイのですが、ものすごいストレスを抱えてらっしゃるような方がいらっしゃると、その方にストレス発散になりそうな食べるというコトを制限するのは、どうかと思います。
職場を変えるか、意識がメチャメチャ変わらない限り、そのストレスから逃れられそうもナイ方が、食べるコトでバランスをとっている方がその方のタメなんじゃないかと思うからです。

ストレスと上手く付き合えるようになれさえすれば、食欲はアトから落ちてきます。

一応は栄養のバランスを考えた方がヨイとは思いますが、今、一番食べたい物を食べるコトこそが、心身のバランスをとれるのではないかと考えています。

『オイシイ』と思えるものコソが、その人にとって必須栄養素を含んでいるかもしれないからです。

「健康」、「健康」と気を遣いながら、早死になさる方もいれば、確か早稲田大学の名物監督の中にバンバン煙草を吸いながら元気で長生きされた方がいらっしゃったと記憶しています。煙草ほど、健康に悪いものはナイと言われているのに‥‥(個人差があるから一概に言えないコトは承知してますが)

  その人にとっての健康の秘訣は、その人だけのモノなのかもしれません  
Posted by seitaisikoyuri at 08:08Comments(0)TrackBack(0)

2005年10月18日

無責任な国・日本

小杉健治という作家を御存知ですか?

とてもシリアスで社会派でミステリアスな小説を書く人です。この作家も昔からのお気に入りの一人です。

本日のオススメは、光文社から出ている「残照」という本です。

冒頭は、少年がイジメから殺人を引き起こすトコから始まります。

そして、戦後を総決算する連続殺人の幕が切って落とされます。

 真に国を思い、愛する家族を思い、それらを守ろうとした名もない人々は前線に出て死んで行った。
 極論すれば、生き残ったのは自分たちの利益を優先にし、うまく立ち振る舞ってきた人間たちであり、そのような者たちが戦後日本の各分野での指導者となっていったのだ。

第一章に書かれている文章です。

800兆近くも国に借金があっても、誰もそれの返済を考えていないかのようなこの国の現状を思うと、確かにこういうコトが起きても不思議はナイような気がします。  
Posted by seitaisikoyuri at 20:22Comments(1)TrackBack(1)

性格は変えられる?

おはようございます。

『ナゼ? 性格は変えられるのかなんて言うの〜』と思う方もいると思いますが、昨夜紹介した本の性格分析をしたら、以前の三回と全然違ってました。

最初の時と、他の二回も違ってました。

ただ、こういうテストに馴れて答えを書いている場合もあるので注意は必要なのと、同じようなコトでも微妙に質問が違ったり、答えが○・×・△だけでなく、○と△の間を認めたり、△と×の間を認める場合の設定もあったからかもしれません。

今回も、迷った質問は、勝手に○と△の間とかを自分で設定して点数をつけたりしたのですが‥‥

ともあれ、最初こういう精神分析があるコトを知ったのは、ムチ打ちの後遺症がひどく、事故のPTSD(心的外傷ストレス)のタメにうつ病のような感じになっていた時でした。

その時、ナルホドとは思いましたが、現在こうして紹介するようになるとは思いませんでした。

とりあえずワタシは、かなり性格が変わったみたいです。

ただ、昨夜の本にも書かれてますが、性格には「理想のタイプはありません!」
全てに長所があり、長所は裏返すと短所になるからです。

例えば、優しいというコトは優柔不断につながりますし、よく結婚するなら「優しい人が一番」とかいうけれど、優しい人は全ての人に優しいから、他の人に親切にしていて、配偶者に優しくしているヒマがないなんてコトだってあります。

自分は自分以外の何者でもナイはずなのに、自分のコトを全部理解しているワケではありません。それは、モチロン周りの人もそうなのです。なるべく人を見る時に、ヨイ面だけを見ようとすると楽しい毎日が送れるし、イヤな面だけを見ようとするとツマラナイ毎日を送るようになるだけなのです。

見方を変えるだけで、世界が変わって見えるコトを心の片隅にとどめといて下さい。  
Posted by seitaisikoyuri at 08:13Comments(0)TrackBack(0)

2005年10月17日

自分発見の処方箋

ついに、皆さんにお話しているコトが、スッキリ理解されそうな本を発見しました!
自分発見の処方箋 ?幸せと健康のための4点セット?

この本です。

今まで性格は大体五つに分類されるという話とか、呼吸法の話とかしてきましたが、それらが全て載っています。(今まで読んだ本とは違う本ですので、多少の違いはありますが、ホトンド気にならない程度の違いです)

「滝に打たれて何になる」
「自分も人も現実も変えようとしてはならない」

なんて、とても名言です。

宗教ではナイとおっしゃって医学的な見地から、
「大きな生命の世界の中で、私たちは生かされいきている」
この理念に基づく健康医学を「生かされてる医学」と命名なさったそうですが、この理念こそ、大半の宗教の始祖の方々が説く理念の中心と共通するものです。

そして、何より、この本の最後に、

本書は著者のホームページ「インターネット心療内科」とその関連サイトの内容をまとめたものです。

と書かれていて、連絡先として、「生かされてる医学」インターネットサイトが書かれています。

つまり、これを読んでそうかと思われた方は、すぐにそのホームページを読めるというワケです!!

どうか、参考になさって下さい!!!  
Posted by seitaisikoyuri at 20:27Comments(0)TrackBack(0)

信仰とモラル

おはようございます。

無宗教であると前に宣言したワタシですが、それは数々の宗教書を読んで、最終目標はホボ似たり寄ったりなので、どれか一つが正しいと確信が持てなかったからです。
だから観光で、神社に行けばソコの神様に二礼二拍手一拝し、御寺を参る時は静かに手を合わせ、教会では賛美歌を清聴します。

宗教心は個人の問題だと思っているので、誰がどの宗教を信じても、それでその人の魂が救われるなら、そんなにヨイことはないと思っています。

でも、時々宗教を自分の生活に利用する人達がいるのは、あまり感心しません。
「この宗教に入信すれば、仲間がアナタの商売を助けてくれますよ」
みたいな勧誘をされると、この人は宗教で何をしたいのだろうと、逆にその人の宗教心に疑問を抱きます。

「イワシの頭も信心から」という言葉があります。
信じてその人が救われるのなら、それでいいのだと思います。
でも、それを他人に押し付けるのはどうでしょうか?

政治家が票のタメに参拝したり、商人が金儲けのタメに入信するなんて、普通世界ではありえないコトです。
本当に信じているのなら、どうするべきなのか、それはその人のモラルに訴えかけるしかないのですが‥‥

現在の日本国憲法の前文に(中学時代に暗唱させられたのでマダおぼろげに覚えています)たしか、「我々日本国民は世界の人々に尊敬されたいと思う」といったクダリがあったと思います。
日本は本当に「尊敬」に足りうる国に、なったのでしょうか?

憲法改正もイイでしょう。
でも失ってはイケナイものも、「ある」コトだけは忘れないで欲しいと思います。
「悪法も法なり」そういってソクラテスは自ら無実の罪で死んでいきました。
法律というものは、それだけ重いものです。
法律を作る人、それを司る人、皆がそのコトをしっかり考えて行動し、その人達を選ぶ権利を持っているコトを、全ての国民が理解し行動しないと、日本人は世界から、「エコノミック・アニマル」だとさげすまれるだけだと思っていた方がいいみたいです‥‥  
Posted by seitaisikoyuri at 08:15Comments(0)TrackBack(0)

2005年10月16日

天命

いきなり、天命(てんめい)なんてと、思われた方もいるかと思います。

これも、本の題名です。
天命

若いコロ五木さんの本は何十冊となく読みました。
今でも、時々何冊も固め読みしてます。

龍谷大学で仏教学を学ばれたことも存じ上げておりましたが、この本を読んでの感想は、中々簡単に書けません。

昔から、そんなに生きるコトに執着してませんでした。
でも二十歳のコロ、医大生の方々と新年会でのコト、
ガンにおかされた教授が、「君達は若いから、私がガンで死のうとしていても、別に未練など無いと思っているだろうが、ココまで生きてきたから死にたくないと思うんだ。イロイロあったけど、ココまで来たからこそ‥‥」と話したんだと聞きました。
「‥‥でも、もうムリなんだけどね‥‥」
「ああ‥‥」
彼等は、その教授のコトを思って沈痛な面持ちでした。
ワタシは、その時『そう思えるのだとしたら、生きてみたい』と思いました。

今は、子供が一人前になるまでは、生きたいとは思ってますが、父親が八十歳で死んだワタシの母が、「長生きの系統だから、ワタシも八十歳くらいまでは生きたい」と常々言ってたのに、自分の母親が死んだ七十歳で突然死したので、ワタシも寿命はそのクライだろうと思っています。又、そう思うコトで、それまでに為すべきコトをして死にたいと思っています。ただ、寿命とか未来は判らないからいいのであって、全て判っていたら生きていてもつまらないだろうと思います。

明日のコトはどうなるか判らない、だから死ぬまで今日を生きれるのではないかと思っています‥‥  
Posted by seitaisikoyuri at 21:59Comments(0)TrackBack(0)

森林浴でガン抑制!!

おそようございます。

日曜なので、ユックリ寝ていたのと、雑用で遅くなりました。

さて、本日はマタマタ「日本農業新聞」(かなりマイナーな新聞です。でも、健康にヨイ記事を書いてくれるので大好きです)の記事からです。

林野庁と日本医科大学の研究チームは、がん細胞を破壊する免疫細胞「ナチュラル・キラー(NK)細胞」は森林浴で活性化するコトを確認、森林浴した人は、NK細胞と細胞に含まれる抗ガンタンパク質が増加、一日目で26.5パーセント、二日目で52.6パーセント高まったと研究成果を発表した。

森林浴でリラックスしたのと、フィトンチッド(植物の香り成分)も影響しているらしい。

都市部と比べて森林部では、リラックスしたときに高まる副交感神経の活動が高まって、ストレスを感じ分泌されるコルチゾールというホルモンの濃度は減少するようだ。

都市に住んでいる方も、近所の奥さんからお聞きした話なのだが、「太くて立派な木の幹に手を当て、その木が過ごしてきた長年の力を頂くつもりになって、ジッとそのまましばらくそうしているだけ」で、大樹のパワーが手に入るらしい。

近くの神社などの大木に手を当てて精気をもらいつつ忙しい日々を過ごし、まとまった休みに森林浴すると、健康的な毎日を送れるみたいだ。(前にも書いたが、全ての人間は何歳であろうと、毎日毎日ガン細胞を作り出してして、それをNK細胞が殺しているから、発病しないだけらしいので)

さぁ、午後から森林浴に出掛けて、元気イッパイになって来よう!!!  
Posted by seitaisikoyuri at 11:39Comments(0)TrackBack(0)

2005年10月15日

アフターダーク

「夜明け前」は一番暗い。

そして、夜明けが来ると信じて人は生きるしかないのだろうと思います。

日記の表題は、
アフターダーク

この本の題名です。

村上春樹の本は久し振りなので、ドキドキしながら読みました。
昔と感じ方が違っているのではないかと心配で‥‥

多少違ってましたが、相変わらずゆっくり始まるストーリーの展開にイライラしながら、アッという間に一気に波にサラワレタ感じで読み終わってしまいました。

説明として、短いバージヨンだと、「子供にナゼ援助交際していけないかと聞かれたら、マズこの小説を読みなさいと言うべき」ですかね‥‥

河合隼雄さんだと援交するべきでない理由に、「魂が汚れるから」ともっと短いバージョンの答えをなさってますが‥‥

ともあれ、こういう本を読むと、本のラインから外れるけれど、国連人口基金の2005年世界人口白書で、現在の世界人口は64億6470万人で、そのうち飢餓人口が8億人、そして、30億人近くの人々が一日2ドル以下で生活しようと苦しんでいるというコト。
世界人口の約半分が数百円以下で一日を生きようとしているコトは現実として、存在している‥‥そう思います。

前にアフリカでルーシーと名付けられた女性(ビートルズのルーシー・イン・ザ・スカイ・ウイズ・ザ・ダイアモンドから付けた名前)が、世界の全ての人のルーツかもしれないという説があるとお話しましたが、アフリカから東へ東へ来て、中国や朝鮮半島から日本へ渡り、その先にアメリカ大陸のインディアンになったというコトも言われているのですから、一番近い親戚筋にあたるアジアと仲良くできないのは、とっても不思議で仕方ない。この本に登場する中国の19歳の女の子のような話は、多分ゴロゴロあるのだろうと思うと‥‥そうした人を踏み台にして、繁栄しているのに、その自覚すらナイのは、どうなのだろうかと思ったりします。

ともあれ、姉妹の葛藤が見事に書かれていて、村上ワールドは健在だと思いました。

現在、一番有名な村上さんとは違うケド、二人とも関西の人です。関西は本当に破天荒な人を生み出す可能性を秘めた土地だと改めて感服させられました。  
Posted by seitaisikoyuri at 20:23Comments(0)TrackBack(0)

疲れた‥‥

おはようございます。

昨日はついに夕方から夜に一つもかけませんでした。

オマケに疲れて寝ていて、大切な用事を忘れて主人に言われてアワテテ行ったのですが、既に終わってました。皆さんに御迷惑をかけてしまいました。ソコツな性格は一生治りそうにありません。

一番の原因は、パソコンの中に入っていた大事なデータが消えてしまったコト。変な操作を誤ってしてしまったようです。
なんせ、まだリンクも自分で貼れないものですから‥‥牛乳関連で様々な方々からこのブログを御紹介いただいているようなので、感謝しております。こんな堅苦しいブログをワザワザ選んでくださったコトに大変感謝しておりますので、前回に御紹介してくださった方々は把握した限り、頼んでリンクを貼ってもらいました。新しい方々にも御礼のつもりで、リンクを貼りたいのですが、そういう未熟者なので、そのうちまとめてリンク貼りを依頼しますので、御理解ください。

大事なデータの再入力にいらぬ努力をしてますので、更新が不定期になるかもしれませんが、必ず一日一回は書きたいと思います。

さて、本日の紹介したい本は、
レベル7(セブン)

これです。

病院等は選んで行ってくださいとお願いしていますが、この本を読んだら必ずそう思います。
ミステリーとしてだけ読んでも、二転三転するのでとってもオモシロイ本です。
長編ミステリー作家の中で、後世まで残れる人はそんなにいないと思いますが、彼女だけは必ず残れると思っています。地球が今のママでいる限り‥‥  
Posted by seitaisikoyuri at 08:11Comments(0)TrackBack(0)

2005年10月14日

共謀罪?

おはようございます。

本日は、本の書名ではありません。

今日付けの「信濃毎日新聞」というローカル新聞の文化欄に、開会中の国会で審議されている「共謀罪」の新設を盛り込んだ組織犯罪処罰法の改正案の問題について書かれていて、恥ずかしながら、今、そんな法案が審議されているとは知らなかったのだが、これが可決されて、厳しく運用されたとしたら、例えば、

ネットのあるブログでのコト、

「ナンカ今の政治家おかしくない?」
と書かれていたトコロに、
「殴ってやりたい気分だよね」
とコメントが返ってきたとして、
「ウンウン」
なんてコメント返したら、この二人は共謀罪で捕まる可能性すらあるというコトらしい‥‥

『ウーン、そんなのありか〜』と思いました。
だけど、今の国会の勢力図を見ていると可決されそうな雰囲気だし、TVではそんな硬い話は視聴率アップにはならないと思っているのか、サホド問題にされて無いしなぁ‥‥新人国会議員の話ばっかりで‥‥

法務省は「一般の市民団体の活動は対象外」と言っているらしいが、確か、文部省が国旗国家法の時、「強制はしない」と言ってたのに、東京では反対した教師が降格されたり、たしか広島だったと思うが校長先生は騒動のタメに自殺したような気がするんだけど‥‥

何だか、とっても変な方向へ日本が動いて行きそうな気がする。
第二次世界大戦の前の思想処罰に近づいてないかなぁ。

一応「テロ対策」として、この法律の改正は行われるコトになっているらしいのだけど、規制すれば規制するほど、地下に潜ってテロリストなんてコトになると犠牲になるのは、関係のない・何の罪もない一般の人々なんで怖い。

自由に発言して、ガス抜きの出来る社会が一番何じゃないかと思います‥‥  
Posted by seitaisikoyuri at 08:22Comments(0)TrackBack(0)

2005年10月13日

子どもが育つ心理援助

今回の本は、ちょっと一般には読みにくい硬い本なので、御紹介するべきか迷ったのですが、今朝の日記で子供の時、どう育つかが問題と書いたので、その方法が知りたい方もいるかと思うので書きます。
子どもが育つ心理援助―教育現場でいきるこころのケア

この本です。

ただし、こういう高価な本は出来れば図書館でお借りになるのが一番だと思います。
ワタシも借りて読んでいます。
図書館に無くても、頼んでみると購入してくれる場合もあります。
ちなみに、ドンドン県立図書館に申し込んでいます。
少々時間がかかる場合もありますが、今日もリクエストした本が三冊到着しましたと御連絡いただきました。
我が県は、県知事のヨシアシが話題になっていますが、人間ですから変と思う部分もありますが、図書館に関していうと、敷地内禁煙の御蔭で空気はキレイになったし、職員の方々はとっても親切になられたと思います。御仕事大変になったとは思いますが、利用する身としては、トッテモありがたいです。

でも、長野県人はドライなので、来年の知事選はどうなるでしょう?
ワタシは何時でも、その時にヨイと思う方に投票する完全無党派なので、鬼に笑われたくないから、イロイロ言いませんが、県議会の方々には、「知事がイヤなら、とっても素敵な人を連れて来て欲しい!」です。

何だか違う話になりそうなので、本題に戻ります。
長年にわたる学校現場での経験から書かれた本なので、教員の方々にはとっても参考になると思いますし、子供がいらっしゃる方にはとっても判りやすい話が載っています。
小学校の教科書にも載っている金子みすずの「わたしと小鳥とすずと」という詩は、子供が音読したので何度も聞きましたが、とってもいい詩です。

最後の、「みんなちがって、みんないい。」というところは最高です。
この本を読まない方も金子みすずの詩だけは詩集とかもありますので、読んでみてはイカガでしょうか?  
Posted by seitaisikoyuri at 19:57Comments(0)TrackBack(0)

殴らずにはいられない男たち

おはようございます。

本日の日記の題名は、
DV(ドメスティック・バイオレンス)--殴らずにはいられない男たち

という本からです。

この前、ネットで殺人依頼した人と、その受けた人のコトをちらっと書いたら、不倫相手が殺人依頼した人に暴行を加えていたり、金銭を出させていたと話題になっていますが、この本には、そんな殴ってしまう人の心理が書かれています。

浮気をしやすい男性は、ものスゴク嫉妬深かったりするコトはよくあると思います。
浮気しやすい自分の気持ちで他人を見てしまうからだと思います。

ともあれ、この本の中では、カウンセリングなどを受けて、家族を再生しようとする人達も登場してきます。
殴ってしまう人からの発言は、今まであまり世間に発表されてきませんでした。
一度、相手を殴ってしまうと、ドンドンとエスカレートしてしまうという話は、せき止めてした感情が爆発すると、止められないのだなぁと思いました。

ここでも、生育環境が問題にされていますが、それに負けずに生きている人はタクサンいます。もし、自分に問題がありそうだと思ったら、適切な専門家のアドバイスを聞くコトがなにより大切なんだと改めて思いました。  
Posted by seitaisikoyuri at 07:50Comments(2)TrackBack(1)

2005年10月12日

牛乳で安眠ゲット!?

夜、眠れない人がとても多いらしいので、本日「日本農業新聞」に書かれていた記事を御紹介します。

牛乳には、カゼインと呼ばれるタンパク質があり、酵素の働きで分解されて、アミノ酸のオピオイドペプチドになり、これが神経の興奮を抑え、安眠を促すとされているらしい。

オピオイドペプチドにはモルヒネに似た作用があり、体内に吸収されると血液によって脳などに運ばれ、神経細胞膜にある受容体とくっつき、神経を興奮させる働きのアセチルコリンの分泌を抑え、リラックスした状態になり、眠気が促されるとのコト。

牛乳のタンパク質に含まれるトリプトファンも、代謝の過程で一部がセロトニンに変換され、その一部が眠気を催すメラトニンになるそうだ。

メラトニンは、夜間に分泌されるホルモンで体温や血圧を下げて眠りの準備をする。

二つの物質が体内で複合的に働いて、眠気を促進するらしい。

ナント、夜間に搾った牛乳を販売しているメーカーもあり、そのメラトニンは通常の牛乳の4〜5倍含まれているそうだ。

牛乳アレルギーとかの人もいるだろうから、一概にはススメられないが、牛乳は朝飲むモノというワケではなく、夜間に飲んでしっかり眠るコトができるモノだったようである。  
Posted by seitaisikoyuri at 20:34Comments(2)TrackBack(3)

阪神タイガースについて

おはようございます。

今、村上ファンドでイロイロもめていますが、阪神タイガースファンはどう思っているのでしょう。

全国的には、そんなに大勢ファンはいないでしょうが、関西にはメチャメチャ虎キチが多くて、昔、友達とTVを見ていたら(女の子です)試合の途中で勝っているにもかかわらず、「そろそろ逆転されるんやろなぁー」と言いつつ見ているので、「勝って欲しくないの?」と聞いたら、「欲しいに決まってるやんか、欲しいけど最後逆転負けするんや。シーズンの最初はエエ位置におるんやけど、最後はドンビリになるんや」と言ったので、「それでも応援するの?」と聞いたら「当然やんか、ファンなんやもん」と言うから、「自虐的じゃない?」と言うと「そうかもしれんけど、物心ついた時からファンなんやから、応援せずにはおれへんやんか」と言われて、「ウーンすごいなぁー」と思ってました。

今は、優勝したりしているので、どんな気分だろうと思いますが、タマに会う時には、話すコトが多すぎて、野球の話をするヒマがないので聞いてないからわかりません。

ただ、「球団内のゴタゴタがいやや」と前に言っていた時、「田淵さんもハジカレタもんなぁー」とは思いました。

オーナーが全部仕切るのもどうかとは思いますが、今回の騒動彼女はどう思って見ているのかと思っています。

阪神のコトは関西を離れると極端に情報が減りますからね。
その他の球団はもっとそうかもしれません。
1シーズン200本安打を達成しても、あんまり騒がれないのは変じゃないでしょうか?
地味な球団にいても、大記録を達成したら、ドンドン大騒ぎしたりして、各球団の報道のバランスがとれたら、選手達だってどの球団へも行こうと思うだろうし、戦力も似たり寄ったりになって、本当に野球の面白さでお客さんが見たくなるんではないかと思います。

ちなみに、昔はワタシもかなり巨人ファンでした。
でも、王さんのファンなんだと認識したので、王さんが巨人をやめたのと同時に巨人ファンはやめました。現在は王監督の活躍をゆるやかに見守りたいと思っていますが、熱狂的なファンではありません。

過ぎてしまった話ですが、王監督の現役時代は本当にスゴかった。打席に立つと胸はワクワクして、TV放送が終わってもラジオに流れて聞いたものです。
そんな時代は遠く過ぎ去ってしまいましたが、何かに夢中になれるということはスバラシイです。
どんなササイなことでもいいですから、何かに熱中して人生をエンジョイしてください!!  
Posted by seitaisikoyuri at 07:55Comments(0)TrackBack(0)

2005年10月11日

体内クリーニング法

皆さん こんばんは。
今日は体調を崩された方も多く、ワタシも調子が悪い一日でした。

天気が変わりそうになると、ムチ打ちの後遺症が時々でます。
これでも、かなり良くなってきたいるのですが、紺屋の白袴で自分のコトは大して出来ず、主人も忙しいのでタマにしか頼めませんから‥‥

それにしても、最初に痛み止めの薬を飲んだり、シップをしたり、コルセットを着けなければ今ゴロはもっと楽だったのでしょうが、そのコロはまだ東洋医学に目覚めてなかったので仕方ありません。
でも、だからこそ経験を生かせてもいますが‥‥
しかし、痛いのは自然治癒力で治してもらっているからとはいえ、ツライ時はツライです。

日記の題名は、
気と血の流れをよくするとなぜ病気が治るのか―体を中から温める体内クリーニングの効果

の中で書かれているコトです。
「おもいッきりテレビ」にも出演なさってる方の本です。
詳しくは本を読んでいただくとして、

人間の体には毎日タクサンのガン細胞が生まれているのに、なる人とならない人がいるのはNK細胞の活性の違いであり、「気持ちのよいイメージ」を一日15〜20分でも、一日に数回抱くとガンになりにくくなるそうです。

    NK細胞の活性を高める方法

 1 常にナントカなると思う
 2 一日の終わりには、ヨイこと、楽しいことだけ思い出すようにする
 3 嫌なことは日記につけるとスーッと「うつの気分」が消えやすい

というコトですので、ブログをバシバシ書いてスッキリした気分になりましょう。
自分がスッキリしたいから、誰かをケナスのは山にでも行って叫んでください。(周りの人にヘンな顔されたりしないように、誰もいないトコロの方が思い切り絶叫できると思います)
ネットで他人を中傷するのは、モラル違反です。(権力者にならOKですが、個人にはね。強きをクジキ、弱きを助ける精神でいきましょう。世の中、逆パターンが多い御時勢ですが‥‥)  
Posted by seitaisikoyuri at 21:10Comments(0)TrackBack(0)

ベターハーフという考え方

おはようございます。

体調を崩しやすいコロですが、いかがお過ごしですか?

さて、皆さん「ベターハーフ」という言葉を御存知ですか?

外国で「連れ合い」つまり、夫や妻を指す言葉です。

人間は、完璧ではないので、完全な円にはなれません。

それを完全な丸い円にするタメに結婚相手と二人で一つの円になろうとする考え方です。

一方、恋愛はというと、知らず知らず自分と似ている人を求めてしまうような気がします。

そうすると、似た者同士ですから、重なりあってしまうので、二人が半円だったとしても、半円のままになってしまいます。

だから、あんなに激しい恋愛の末に結ばれたのにと周りが思っても、上手くいかなくなるコトは案外あるものです。

その時に、子供がいなかったとしたら、ドキドキしていたいからとか、もっとイイ相手がいるんじゃないかと、結婚相手をドンドン変えたりするのもOKでしょう。

でも、子供がいたら、子供にとってお互いがたった一人の父であり、母であるコトをまず考えて行動して欲しいのです。

子供のタメに自分の人生を犠牲にしたくないのなら、最初から子供を産まなければヨイのです。

産んでしまったからには、責任を取らないとイケナイと思います。

別れたくなって、別れるのは仕方ないコトかもしれませんが、ウソでも別れたくないんだけど別れる方が二人のタメであり、子供に対しては申し訳ないと思っていると、じっくり話してあげてください。子供の言い分も聞いてあげてください。

そして、出来るコトなら、相手の不足している部分を互いにオギナイあって、少しでも、真ん丸な円になるように二人で努力していってくれると嬉しいです‥‥

神様がアナタのタメに完全に二人で一つの円になれる人を用意してくれているとは、限りませんから‥‥  
Posted by seitaisikoyuri at 08:59Comments(0)TrackBack(0)

2005年10月10日

やっとNANA見てきました〜

さて、予定より二十日も遅れて、本日やっと「NANA」を見ることが出来ました。

『東宝は今回フジではなく、TBSと組んだんだなぁー』と思ってましたが、映画のアト本屋で「容疑者室井慎二」の中の日記が売られているのを発見して、『正解かもね』と思ってしまいました。何事も商売もイイけど‥‥

さて、「NANA」です。泣けて泣けて仕方ありませんでした。
しょっちゅう泣いてますね。

でも、何で泣いたかというと一番は、”あのバカバカしくて、どうしようもない青春から遠ざかってしまった自分に”というのが、一番でしょう。
昔、ワタシもアダルト・チュルドレンの塊でした。「NANA」の中にいる多くのアダルト・チュルドレン達と一緒の。誰が一番似てたかは、想像にお任せしますが、男性陣の中にそっくりなタイプがいました。
自分が傷付くのが怖くて、他人を傷付けていたあのコロ。
謝らなくてはイケナイんだけど、謝られたらもっと頭に来るだろうなと思い謝れない人もいます。
住所も判らないし、と言うか、本当に謝りたければ見つけ出すコトも可能だと思うけど、多分、相手も消し去りたいと思っているだろうコトだろうから‥‥
そんな、ハチャメチャで、でも子供が欲しくなかったから、表面的には大したコトのなかった時代が懐かしくもあり、もう戻れないコトにホッとしたり‥‥

とりあえず、中島美嘉の扮するナナが結婚して子供を持たない選択をしているのは、正解だと思いましたね。時が彼女の傷を消さない限り、不幸の連鎖が続いていくだけなのを判っているんだろうと思いました。子供は、欲しいと思ってから、望んで産まないと大変ですから‥‥

原作があるので、ドンドンとストーリーが流れて素敵なシナリオでした。続編のストーリーでは、宮崎あおい扮するナナが激流に巻き込まれるのだとか、とっても楽しみです。(お話だからで、実際だったら心配ですけどね)

もう封切してかなりになるのに、お客さんもイッパイ入ってました。
『ヤッパリ、みんなヨイものは判るんだな〜』と、ホッとしました。

松田龍平も本当にお父さんにもお母さんにも似てて‥‥ナイスキャストなんでしょうね‥‥

前に「のんびりと。まったりと。」さんが、ピアスをたくさんつけたくなったとおっしゃった気分も判りましたケドね〜、昔は、金属アレルギーとも知らずアクセサリーをジャラジャラやってましたから‥‥でも、ネジ式のイヤリングでもそれなりだったので、ピアスしないで済んで、今思えばラッキーでした。  
Posted by seitaisikoyuri at 20:51Comments(0)TrackBack(0)

悲しみの子どもたち(存在証明のタメの犯罪‥‥4‥‥)

さて、長々と書いてきましたが今回で最後です。

ともあれ、犯罪を冒してしまった子供たちは矯正教育を受けます。
その様子を書いた本の題名が、今回の日記の表題です。
悲しみの子どもたち―罪と病を背負って

この本に様々なケースが書かれています。とてもイイ本です。ゼヒ、読んでみてください。ただ、今日はこの本を紹介したくて書いてるワケでもないのです。

ワタシが何を言いたくてこんなに長く書いてきたのかというと、生きてさえいれば、
   人間は再生(メタモルフォーズ)できます。
   でも、死んでしまえば出来ないのです。
だから、犯罪の被害者になった人達、犯罪によって家族を失ってしまった人達、そして自殺によって家族を亡くしてしまった人達の無力感を思う時、どうしても周囲の力で犯罪や自殺を食い止めないとイケナイと思うのです。

突然、犯罪や自殺が行われるワケではないのです。
アダルト・チュルドレンは全ての人の中に住んでいます。
ワタシ達がそれに気付かなかったとしたら、それは仕方ないコトです。
でも、もしインターネットでそんな人らしき感じを受け取ったら、コメントして助けてもらいたいと思うのです。

自殺したい、そうですかそれなら一緒になんていう形でネットを使って欲しくない。
不倫していて殺して欲しい、そんな人をダマシテ金儲けしようとするより(多分、両方ともアダルト・チュルドレンの塊みたいだったのでしょう)も、一言優しいコメントでその人を見守ってあげれたら、その人の家族・友人など大勢の人達が救われる可能性がネットにはあると思います。
科学は使いようで、良いモノにも悪いモノにもなれます。
諸刃の剣を正しく振れるのはアナタの考え一つです。期待しています!!  
Posted by seitaisikoyuri at 17:18Comments(0)TrackBack(0)

2005年10月09日

存在証明のタメの犯罪‥‥3‥‥

さて、続きです。

アダルト・チルドレン(前の本の著者はこう呼びます)の部分が多すぎる人は自ら「役割」としての行動パターンをとります。

  _搬殴辧璽蹇次  /討亮慢の息子や娘
  ∪は談髻      家族の世話や、気を遣って立ち回る小間使い
  5樟啓圈      自分よりも家族のタメだけに生きようとするロボット
  いい覆なった人  自己を殺し意思を抑えた透明人間
  ヌ簑蟷       家族の問題を目立たなくするタメに進んでなるトラブル魔
  ζ参宗       _搬牡屬龍枋イ鬚曚阿修Δ箸覆襯團┘蹇Ε泪好灰奪
  Р子様・王女様  親のタメにいつまでもカワイイ人形になり続ける人

ヌ簑蟷が一般的な犯罪者となりやすい人です。
そして、他の人達が『あの人が‥‥』と思われる犯罪者予備軍なのです。

犯罪まで行かなくても、アルコール中毒とか、金銭トラブルとかを引き起こすモトになったり、人生がウマクいかないと精神的にトラブルを抱え込むコトになったりするのです。

明日に続きます。  
Posted by seitaisikoyuri at 21:19Comments(0)TrackBack(0)

存在証明のタメの犯罪‥‥2‥‥

さて、昨日の続きです。

『そんなコトは誰にでもあるんじゃないの?』と思う方もいらっしゃると思います。

何度も申し上げてますが、今の心理学では、人間の性格を大きく分けて、

  1  フリーチャイルド(自由な・わがままな子供)
  2  アダルトチュルドレン(大人のようなフリをした子供)
  3  アダルト(成人・大人)
  4  厳格な父親
  5  寛容な母親

であり、その五つがバランスをとれていれば問題はないのです。
で、問題になるのは、上の二つです。
犯罪は「わがままな子供」が引き起こすワケです。
ただ、今、世間を驚かせているのは、普通のオトナシイ子供(アダルトチュルドレン)で問題ないと思っていた子供が突然「わがままな子供」になって、犯罪を起こすからです。

犯罪の時だけ、制御が外れてしまった子供達は興奮した時が過ぎると、再びアダルトチュルドレンの仮面を本人が意識するでなくつけてしまうので、『何でこのような子供があんな凶悪犯罪を!!』と思うワケです。

子供が自分で「わがままな子供」を無理やり押さえ込んでいると、本当の自分でないように感じたり、突如として眠っていた「フリーチャイルド」に自分を乗っ取られてしまうコトがあるのです。

どうすればヨイのかという答えは、無数にあります。
何人もが、何冊の本を書き、お医者さんや心理療法士さんが何人もいるのですから。
タダ、本人が自分はバランスが取れてないコトに気付き、努力しないと変われないだけです。周囲の環境を含めて‥‥

犯罪だけでなく、結婚し、子供が産まれるコトで問題が出て来ることもあるので、昨日の本の中で著者の方は警鐘をナラシテいらっしゃいます。

やさしいセルフ・カウンセリングの方法とか、コラージュ療法の中のマガジンピクチャー法(雑誌から好きな写真や絵・文字を切り抜いて画用紙に貼り、作品を完成するアート・セラピーの一種)などなどが書かれていたりします。

まだこの項目は書きたいので、続きます。  
Posted by seitaisikoyuri at 17:35Comments(0)TrackBack(0)

2005年10月08日

存在証明のタメの犯罪

次の仕事まで時間がありますので、朝、仕事に追われて書けなかったコトを書きたいと思います。

最近の凶悪犯罪はどちらかというと、金に困ってというよりも、犯罪をしているオレを見て!!

という感じが強くします。

それは、アドラー心理学の考え方からでも説明できるのですが、ちょうど今読み終わろうとしている本が最良のテキストになりそうなので、それの引用から‥‥

あらかじめお断りしておきますが、ワタシが本の紹介をしている時、あえて少しだけしか書かないようにしているのは、本は抜粋された部分を読むよりも全部読んだ方がその作者の考えを理解できると思うので、ワザと抑えているのです。犯人の判ったミステリーを読みたくないように、ポイントを全部押さえてしまったら、本を読みたくなくなると思うので‥‥
アダルトチルドレン 恋愛・結婚症候群―「自分探し」の処方箋

ただし、今回は犯罪がどうしてこうも劇場化しているかという別の問題なので、やや多めに引用します。この本は犯罪について書かれた本ではありませんので御理解ください。

アダルト・チルドレンつまり、大人のふりをした子供は人間なら誰でも持っている性格の一部に過ぎません。
でもそれをコントロールできないと問題が起きてしまうのです。

    アダルト・チルドレンが問題となりそうな家族関係
1 親の飲酒時の暴力でつらい思いをした。
2 あなたの話しかけに親が冷淡だったり無視されたと感じた。
3 学歴や収入・社会的地位を重視する親が嫌だ。
4 兄弟姉妹の中で差別された。
5 両親や家族の間に不和があり、家族がピリピリしていた。
6 他人に話せない秘密が家族にはあり、それが負担だった。
7 家族そろって食卓を囲み談笑した経験がない。
8 親などから身体的虐待(叩く、つねる等)を受けた経験がある。
9 親などから嘲笑されたり、否定されたと感じたコトがある。

などの問題があると自分の価値が小さく思えてしまうのです。
そして、自分を判ってくれというメッセージが歪んでアワラレルと凶悪犯罪になるのです。この問題は短く書けないので、まだ続きます。  
Posted by seitaisikoyuri at 14:45Comments(0)TrackBack(0)

見えない暗闇

おはようございます。

日記のタイトルは、再び山田太一さんの小説です。

朝日新聞社の発行です。

本当はあるモノなのに、それを見ようとしないことで成り立っている人生。

そんなコトを考えさせてくれる小説です。

前に書きました。中学生のコロ読んだ本の中に、

  人間は十五の歳に人生のありとあらゆる問題を考える。
  そしてそれを忘れながら生きてゆく。

という様な言葉があったというコトを。

山田太一さんは、『忘れまいとして生きてらっしゃるんだな』と思いました。

それはとてもスゴイことなのかもしれません。

けど結構シンドイことかもしれません‥‥  
Posted by seitaisikoyuri at 08:15Comments(0)TrackBack(0)

2005年10月07日

フィンランディア

今日は午後から臨時休業して、小学校に行ってきました。

PTAの参観日です。

クジ運が悪いので、学級会長です。

午後七時からバザーの件で、又行かなくてはなりません。

昔のPTAは、こんなに用事がなかったと思います。

女性の社会進出が進んでいるのに、逆に用事が多くなると子供をマスマス産みづらくなるのではないかとも思いますけどね‥‥

ともあれ、音楽会前の練習を参観しました。

曲目は「フィンランディア」シベリウスの作曲です。

とっても難しい曲の三部合唱の練習でした。

今の小学生は大変です。

ただ、この「フィンランディア」ソビエト連邦に侵略されていた時代のフィンランドでシベリウスが書いたものだと聞いて、北欧が高負担高福祉で暮らしやすい国になるまでにイロイロあったんだろうなと思いました。

世界史というと、大国の歴史(主に侵略した国の)を教えられますが、『侵略された国が健全に暮らせる国になった歴史を学ばせてもらった方がタメになるのではないかな』と思いました。

自分達の手で自由を勝ち取った方が、正しい民主主義が手に入るのかもしれないと考えさせられました‥‥

だからといって、侵略されない方がいいに決まってます。

国を愛するとは、真にどういう意味なのか一人一人がジックリ考える時が来てるのかもしれませんね‥‥  
Posted by seitaisikoyuri at 17:02Comments(0)TrackBack(0)

「電車男」ホントに終わり‥‥

おはようございます。

ツイに「電車男」終わってしまいましたね。

それにしても、最初にダマされたのはトウゼン詐欺か暴行で警察に訴えられると思いましたけどね‥‥

お話ですから、と思えばそれでもいいのですが‥‥

戦うとか、自分を主張するというのは、日本ではかなり嫌がられているようでも、米国ではあたりまえのコトですから、グローバルスタンダードを口にしたかったら、毎度言っていますが、それなりの対応が必要というコトです。

ともあれ、最初が破産したからフラレ、オタクでもお金があるとウマクいくみたいなのは、「電車男」とは逆パターンで、それが現実かもしれないけど、『なんだかな〜オカシクない?』みたいな感じですね。

ま、それなりにオモシロかったし、今までのダイジェストが見れたし、なんで秋葉の店やとか空まで「電車男」に広告みたいなのを書いてくれてたから、実際は単なる映像のハメコミでも、丁寧に説明してくれてて、ある意味ウレシカッタですね。

昨日の本の中の第一章に、

   すべて起きうる良いことは、すべて起こす。

という言葉があります。

「良いこと」は自分で起こそうとしないとダメというコトです。

彼女を作りたいと思ったら行動しないとダメというコトですね。

彼女にしたい人に、一気に声を掛けようとする前に、アナタの周囲の人に朝、「オハヨウ!」と声掛けするコトから手始めにイカガですか?

道ですれ違うタクサンの人から。

毎日続けたら、イマドキの者なのに感心だと知り合いの人を紹介したくなるオセッカイな人も現れるかもしれないし、何より見ず知らずの他人と自然な声掛けができるようになったら、オタクは卒業できるでしょうし、意中の人へも自然な感じで声が掛けられますよ‥‥

まぁ、それ以外にもイロイロな方法はあるでしょうけどね。

ともあれ、一歩前に進んでみるコト。

自分で出来そうな些細なコトでいいんです。

何か行動してみてください。

そしたら、周りの景色はきっと違って見えると思いますよ!!  
Posted by seitaisikoyuri at 08:11Comments(0)TrackBack(1)

2005年10月06日

明日の自分が楽しみになる本

暗くなるのが早くなってきましたね。

秋の夜長は読書にも、ネットにもヨイのかもしれません。

日記の表題は、三笠書房の佐藤綾子著の本の題名です。

そそっかしいので、佐藤愛子さんの本にしては、シャレた装丁だと思って借りてきました。

ジャンルも違うのにね‥‥

長野県出身だと、アトから判り、エッ!と思ってヨク見て、間違いに気付きました。
ソコツものです。

でも、本はとても面白かったです。

    悪口は関心のサイズに比例する。

の項目など、特に。

確かに、悪口を言うのは、相手に関心があるからで、どうでもいい人なんか眼中にナイですからね。

こういう考え方をすれば、人生前向きに生きれそうです。

ちょっと疲れている人は、ススッと読める本なのでオススメです。  
Posted by seitaisikoyuri at 18:49Comments(0)TrackBack(0)