2006年02月28日

節句の雑学

二月ももう終わり、「一月は行く、二月は逃げる、三月は去る」というけれど、日々の流れは本当に速いものです。若いコロはもう少しゆっくり流れていたような気もするのですが‥‥

もうじき「ひな祭り」です。長野は一月遅れでやるトコも、まだあります。春の訪れが遅いですから。

さて、桃の節句といわれて、子供のコロからただそういうものだと思っていましたが、「日本農業新聞」の「アンドユー」の「ふしぎのたまご」に「節句」がよく判るように書かれていて、『ヘェ〜』と思ったので、雑学好きな人は読んでみてください。

『節句』とは、元々は「節供」と書いたのだそうです。

「節」は節目のコトで、季節や時期の区切り。
「供」は「供物」のコトで、食べ物を神様にお供えしたり、みんなで分け合う意味。

つまり、「節句」とは一年の中で大切な区切りにお祝いする日で、昔の農作業は人力で大変だったので、節目の時に体を休めて楽しむ日だったそうです。

「五節句」とは、一月七日(人日爐犬鵑犬牒瓠七草)、三月三日(上巳爐犬腓Δ鍬瓠ε蹇法五月五日(端午爐燭鵑喚瓠菖蒲爐靴腓Δ岫瓠法⊆祁郤憩(七夕爐燭覆个伸瓠Δ曚ずき)、九月九日(重陽爐舛腓Δ茲Ν瓠Φ董砲離灰函

だから、「こどもの日」のコトを「端午の節句」と呼んで菖蒲湯に入る人もいるのだと判りました。

ひなまつりは女の子のすこやかな成長を祝う日。我が家も段飾りをソロソロ出さないといけないのだけれど、最近、鯉のぼりと同じくサボってます。

そういう「ゆとり」のある生活が、やっぱり大事なんだろうと思います。父親が毎年出してくれていたコトが、有難かったなと思い出されたり、毎年、出さなくちゃ、出さなくちゃと思いつつも、ズク(信州の方言で根気のコト)がナクて子供達の要望に応えてナイのを反省しました。

でも、出すと必ず四月三日には仕舞わないと娘が嫁に行き遅れてしまうのが、プレッシャーだったりして‥‥昔、「ずっと結婚しないから、仕舞うの遅くてもイイヨ」と言ってましたが、親となればそうもいかず。

子を持って判る親の恩とはいうけれど、本当ですね‥‥  

Posted by seitaisikoyuri at 20:56Comments(2)TrackBack(0)

我々が失ったもの

おはようございます。

「日本農業新聞」の「視点」という記事を読んで考えました。

東横インの法律違反に絡んでの話です。

「安くて良いもの」は、どこかに「いかがわしさ」を伴うと書かれています。

食の世界では、ウォルマートが糾弾されているのだそうです。その理由は、発展途上国の人々の犠牲の上に、その安さが成り立っているという批判。『ウォルマート』(邦訳日経BP社)という本は、原書が1998年に刊行されても、未組織の従業者を低賃金で働かせているそうだ。

『危ない食卓』(邦訳河出書房新社)という著作では、英国の大きなチェーン小売業が、貧しい国からの労働者の過酷な労働が安さを生み出していることを実名をもって批判しているという。

安さは技術革新や合理化による、コストダウンという企業努力によって実現され、無駄なものは全てそぎ落とすコトによって、プライベートブランドなどの開発も行われた。

だが、企業努力が安さを提供しているのではナク、社会的弱者の犠牲の上に成り立っているのである。

その「安さ」を追い求める一番の利用者が、やはり社会的に弱い立場の人々である。安いスーパーの顧客の多くは、お年寄りや貧しい階層の人々が多い。弱者がより弱い者を喰らう社会が展開していると日大の梅沢教授が書いている。

安さだけに価値を見出しているうちに、我々の価値も安売りせざるを得なくなるのは目に見えている。

現在の日本の二極化はそういうコトなのだ。

ムダを極力排するタメに行われたリストラが、巡り巡ってワタシの同世代の人々に襲い掛かっているように、『ゆとり』を排除し過ぎると、魂の平安まで売り渡してしまいかねないと思うのです。

節約も大切なのですが、勇気を持った少しだけのムダ使いこそが、人生に余裕を生み出すのではナイでしょうか‥‥?

ともあれ、ロビーでインターネットを使わせてくれる東横インのサービスは大変有難いモノでした。襟を正して、再出発して欲しいと思っている人は大勢います。虚構に満ちたパラダイスではナク、従業員を大事にし、多少の値段のアップがあっても真のホテル経営を東横インにもして欲しいし、ソコで出来るサービスは他社でも心掛けるコトで日本全体により良いホテルが増えるコトを期待するものです。  
Posted by seitaisikoyuri at 09:13Comments(0)TrackBack(0)

2006年02月27日

こんな教師が居て欲しい!!

「ゆとり教育」が是か非かという前に、こういう教育を受け入れられるか否かという問題だと思います。

有名中学に入れようとしている濃厚なキャラの塾長さんが、TVに出ていたのを見ましたが、「受験こそ大事!」だと本人が本心から思うなら、それはそれでイイのです。ただ、親とかに刷り込まれているだけだと、将来問題になるだけで‥‥

御客様の社長さんがおっしゃっていました。
「友人で頭が良くて弁護士になったのがいるけど‥‥」
「負け続けてたら、依頼人はドンドン減りますよね」
というコトなのです。結局。世の中とは‥‥
我らが隣人の犯罪

この本の中に、「サボテンの花」という短編があります。

こういう先生がいてくれたら、「ゆとり教育」も成果が出ると思いますが、子供の個性を尊重するとか言いながら、分数の計算が出来なかったら、スグに「ゆとり教育」は失敗なんていうレッテルを貼りたがるのでは、どうしようもナイでしょう。

分数の計算なんて、実生活ではそんなに使わないでしょう。
りんごとかを等分して分配でもしようとしなければ。

でも、例えば780円のお寿司が半額だった時に、480円のピザが2割引だった場合とか、どうするのか。

これは、単純に数学的な問題だけではありません。
所持金が少ないので、一円でも安くというのなら、ピザですね。
でも、寿司は半額になっているのです。6円の違いなら、半額が得だと思う人もいれば、今、食べたいモノを食べるのがイチバンだから、金額はこだわらない人だっているでしょう。寿司の方が栄養的に望ましいと思う人がいるかと思えば、この前の食事が焼き魚定食だったから、違うモノを食べたいと思う人もいる。

人生とは、そうした様々な問題の上に成り立っているのです。(大げさかな?)

人生の選択には、どれが正しく、どれが間違っているのか判らない問題も数多くあり、その選択いかんによって、人生が180度違うモノになるコトもある。

その時に、自分で選択が出来、その選択による結果を自ら背負い、その選択がよりヨイものになるように努力出来る人間になれるか否かこそが、「生きる力」になるのだと思います。

補習も大事、でも、人生の選択眼を養うコトも、もっと大事です。

そうした基本を忘れて、教育を考えて欲しくナイと、親の一人として思います!!  
Posted by seitaisikoyuri at 21:15Comments(0)TrackBack(0)

自己責任とはいうけれど‥‥

おはようございます。

偽造メール問題で、イロイロ騒がれていますが、こういう騒動をライブドア株を買って大損した人はどう思って聞いているでしょうか?

元来、「ダマサレルのはダマサレル方にも問題があるから」という法律の趣旨を容認するワタシではありますが、民主党の対応も変だけど、民主党の自滅に喜んでいる自民党の面々の談話とかを聞いていると、「???」だったりします。

「ヨクも判らないのに、断言したのはケシカラン!!」
(確かにその通りですが、堀江元社長の素性をヨク判ってなかったのに、あれだけ持ち上げて国民の代表者にしようとした自分達の行為はどうなのですか?)

前原代表が、代表の地位に恋々としているのも、ミットモナイとは思います。

ワタシは失敗したら、すべからく責任を明確に取ってから、再起する努力をするべきだと思ってます。

自民党の居直りと五十歩百歩では、勝てないでしょう。

野党であればこそ、清廉潔白を与党よりも求められるのは当然のコトです。

「生活資金まで注ぎ込んで、ライブドア株を買った人もいるから‥‥」などと、損害賠償訴訟も起きました。

株は半分バクチなのですから、余裕資金でやるのは当たり前なので、ダマサレテ気の毒だとは思いますが、それにしても、そのキズに泥を塗り込むような発言にはアキレ果ててしまいます。

「一般人である息子の人生はズタズタにされた」
(確かにそうでしょう。でも、アナタの軽率な行為で人生をズタズタにされた人は、もっと沢山いるのですよ。他人なら、どうでもイイと言うのですか?)

他人の身になって考える。

これが人間生きて行く上で基本だと思いますが、どうもその基本を知らずに生きている人が、あまりに多く、そんな中で、「自己責任」という言葉は虚しく聞こえます。

撒いた種は、自分で刈る。

雲隠れして逃げるコトは当然ダメです。困難にあった時に、どうするかで、人間の本当の価値が問われているのですから‥‥  
Posted by seitaisikoyuri at 08:12Comments(4)TrackBack(0)

2006年02月26日

学力の沙汰も金次第?

裏口入学の話をしようとしているワケではありません。

共同通信社が全国の小中学校教員を対象に実施したアンケートの結果で、日本がものスゴイことになっていると判ります。多分に予想されたコトではありますが、衝撃的です。

既に一流大学の親の平均年収が高いコトは、皆さん御承知だと思いますが、今回の調査はその逆です。

家庭の経済格差拡大の影響が子供の学力に及び、成績の下位層が増えたと教員の半数近くが考えているそうです。

平均程度の学力の子が減って下位層が増え、上位層との二極化傾向が進んでいるとされることについて、家計の格差が影響しているかという問いに、多分という人も入れると48%がYESとの回答でした。

さらに、この十年間に保護者の経済格差が進んでいると思う人は、29%が「強く感じる」で、48%が「やや感じる」だそうです。

格差拡大の広がりは、現実になってます。構造改革の旗印の下で、大事な学力がドンドン低下しています。そして、それは教育基本法が悪いのではナイと思われるのに、それが悪者になっています。

何故なら、格差拡大を感じる人にどんな親が増えたかと聞くと、「親が勉強の面倒をみる余裕がない」が70%、「給食費を出せない」が32%、「生活自体が成り立たない」26%、「親が成績に関心を持たない」24%、「塾や参考書などに費用をかけない」18%(複数回答)だそうです。

要するに、「ナイ袖は振れない」というコトなのでしょう。

勉強の遅れた子への学校の対応については、「十分できている」は3%、「不十分」は79%、「ほとんどできていない」が15%です。

基本法を変えようと、どうしようと、教育にお金を出さないとダメなのに、教科書を有償にしようとしたりしているのでは、どうしようもないでしょう。国の骨格は国民です。国民によりヨイ教育をするコトは、未来の国造りに役立つのです。

無知の人間をお国にタメと洗脳して教育すれば済む話じゃナイのです。

学力アップは、お役所のムダを廃して、勉強が判らない子供に無償で補習などをするコト、これに尽きます。精神論でヨクなるなんて、アリエナイ話だとワタシは思うのですが‥‥  
Posted by seitaisikoyuri at 21:21Comments(0)TrackBack(0)

雑穀パワーで健康/美容

おそようございます。

疲れがドッと出て遅くまで寝てました。

以前、雑穀をちゃんと入れて御飯を炊いていたのですが、息子がイマイチ食が進まなかったので最近サボってましたが、ヤッパリ少しづつ入れるコトにして復活させようと思いました。では、効能をお読み下さい。「日本農業新聞」の「アンドユー」の特集記事からです。

 …浩犬の"助っ人瓩砲覆
体のさびさせ老化させる活性酸素を取り除く能力(抗酸化力)が総じて高い。傷付いた細胞の修復には、多くのエネルギーと栄養素が必要。元気で長生きしたい人にオススメ。

⊆鑒蕕粭(はい)にパワーが
酸化防止力が大きいのはフィチン酸。雑穀の種皮(米でいえばぬかが含まれる部分)や胚に多く含まれるので、精白の度合いが小さい方が、抗酸化力が高い。フィチン酸には免疫機能の強化や、大腸がんの予防効果も報告されている。

色素に相乗効果
色素が豊かな雑穀は、フィチン酸とポリフェノールの両方を多量に含む。この相乗効果によって、活性酸素を取り除き、老化を抑える働きが高まる。

たべる"化粧品
肌の若々しさを保つのに、ポリフェノールとビタミンEが働く。雑穀はこれらを多く含むので、「食べる化粧品」と呼ぶコトも可能。

デ嘶を促して美肌に
腸内の老化を防ぐので、肌にOK。大腸壁から有害物質を取り込まぬタメにも、老廃物は早く追い出すべし。雑穀に多く含まれた食物繊維は強い味方。

雑穀は、アワ、キビ、ヒエ、モロコシ(タカキビ)、ハトムギやアマランサス、ソバ、黒米、赤米、ゴマなどを含めて広く解釈されるが、主食の稲、麦とも絡めてヨイ食生活の基礎にしたいモノです!!  
Posted by seitaisikoyuri at 10:35Comments(4)TrackBack(0)

2006年02月25日

配偶者がいないと死亡率が高い?

関西に行ったと思ったら、もう一週間過ぎてしまいました。時の流れは本当に速いものです。

先週は湊川健友館のくにたろ先生にアルファベット入力して頂いて、なんとかブログを書けたのでした。その後、神戸の夜景を見せて頂いて、子供達もとっても喜んでました。リトル香港みたいにキレイな夜景だったし‥‥

神戸では、須磨離宮公園で昔デートしたくらいのコトはありましたが、帰りの大阪の梅田では子供達に景色を見せてやろうと阪急の高層ビルのレストランに連れて行ったり、高速バスに乗ろうとして、紀伊国屋書店の前をそそくさと通り掛かった時、そういえばココで何人かとデートの待ち合わせしたのだと思いました。何十年も前のコトだけど‥‥

二十歳のコロは、子供を持ちたくなかったので結婚もしたくなかったのに、子供がいる人生もありかなと思って主人と結婚して二人の子供に恵まれてみると、「イヤなコトがあっても頑張れるから子供を育てるのはステキなコトよ」と教えてくださった、テレビプロデューサーの方のアドバイスに従ったのは正解だったと改めて感謝しています。

何十年も前に、あの場所にいた自分は、今ココにいる子供連れの自分を想像だにしなかったコトを思えば、夢のようだと思って、ソコを後にして、帰って来ましたけど‥‥

今日のローカル新聞に、厚生労働省が「夫や妻がいない人の冬が最も危ない」と統計を発表したそうです。「配偶者がいないと食生活が不規則になったり、ストレスが重くなったりするのが影響しているのではないか」と分析しているそうです。

特に冬場の寒い時がイケナイようで、心疾患では、妻がいる男性の死亡率を100とすると、未婚者は約282、死別者は約174です。女性も夫のいる人が100なら、未婚者は約284、死別者が約183とかなり危険性が増しています。

結婚にこんな効用があったとは驚きですが、一人暮らしと比べると確かに制約もあったりするけれど、若い時はともかく高年齢になればなるほど独りでいるのはワビシイものです。体の自由は利かなくなるし‥‥

歳をすればするほど、共に暮らす人がいるシアワセに感謝して仲良く暮らしたいものです。それには、お互いの努力も必要ではありますが‥‥  
Posted by seitaisikoyuri at 20:27Comments(2)TrackBack(0)

「おから」で便秘解消!!

おはようございます。

過去に「おからドーナッツ」のコトを書いたと思いますが、今回は「おから汁」です。

「日本農業新聞」の「アンドユー」の『永山久夫の元気食』からです。

「おから」は、言うまでもなく豆腐を作るときに出る「搾りかす」です。‥‥中略‥‥たくぱく質は、おから100鎮罎烹境超で、絹ごし豆腐より多く、木綿豆腐と同じくらい。日本人に慢性的に不足している食物繊維でみてみると、木綿豆腐で0.4帖絹ごし豆腐の0.3弔鉾罎戮董△からは約12弔任垢ら、いかに多く含まれているかが、よく分かります。

高血圧の原因となる、取り過ぎた塩分の害を中和する上で貴重なカリウムは、豆腐の2倍強も含まれているのです。

一日に必要な食物繊維は20〜25弔任垢、日本人の場合、実際に取っているのは16弔らい。若い女性の場合、便秘で苦しんでいるお気の毒な方が増えているようですが、ある製薬会社の発表した「おつうじ白書」によりますと、排便が一週に1回前後の女性が40〜50%もいるというのですから驚きました。

便秘傾向のある方にお薦めしたいのが、おからを用いた「おから汁」。作り方は簡単です。ささがきのゴボウとニンジン、それにダイコンのそぎ切り、ネギのぶつ切り、そして豚の三枚肉を少々。鍋に油をひいて熱したら材料をいため、日本酒を適量加えてさらにいため、だし汁(水でもよい)を入れて煮込みます。材料が柔らかくなったらおからを入れて、みそに仕立てて出来上がり。これはうまい!

と、書かれています。

普通におからを食べても構わないのです。

「おからドーナッツ」を食べると、確かに排便の量が如実に増えますから、食物繊維の成果はスグに実感します。オイシイのでイッパイ食べてしまうし、前にも書きましたが、一般的なドーナッツの小麦粉の80%くらいをおからに変えるだけで作れます。そちらも、試してみて下さい。子供は手造りのオヤツに満足して喜んで食べてくれますよ。

手造りしてもらってウレシイと思わすコトも、精神面の健康維持には大切です。忙しい時は、出来合いを買っても、多少はヒマな時に手造りしてみて下さいね!!  
Posted by seitaisikoyuri at 09:18Comments(0)TrackBack(0)

2006年02月24日

精神障害は誰でもかかりうる一般的なもの

本日、予告通りフキノトウの天ぷらを食べました。苦味もありましたが、体のサビ落としができるなら、全然OKでした。

さて、本日のタイトルは、
精神科にできること―脳の医学、心の治療

の本からです。

現在の精神科に通うコトの意義や、治療法がコンパクトにまとめられています。

現代のストレス社会では、誰でも精神科にかかりうる可能性もあり、周囲にそのような人がいるコトもあります。

冷静に症状を分析してありますし、精神医学の歴史も整然と紹介されてますので、偏見を持たずに精神病を理解するには最適な本だと思います。

統合失調症やうつ病、不安障害、摂食障害などについて分類されていますので、何となく理解しているのだけれど、実際にはヨク判ってない人にも向いています。

そして、もし今の症状がナカナカ改善せずに、もしかしたらと思う人は、精神科も選択に入れるべきなのかもしれません。

心療内科と精神科の区別も書かれています。

心について関心のある人は、心理学だけでナク、こんな本もタマには読んでみてください。

精神科について、こんなに判りやすい本は初めてです。  
Posted by seitaisikoyuri at 21:20Comments(4)TrackBack(0)

荒川選手、金! 日本の課題は‥‥

おはようございます。

荒川選手の金メダル、とっても嬉しかったですね。

長野オリンピックの時に、16歳で天才として登場してから8年。スランプを乗り越えてのメダルですから、本人がイチバンそのメダルの価値を認識していると思います。

ただ、前に「今だけ応援しても」というタイトルでも書きましたが、4年に一度だけ盛り上がってアトは知らんぷりでは困ります。

そして、だからこそ歪んだオリンピックの選考が行われるワケで‥‥

マラソンの高橋選手のコトを思い出してください。確かに別の選手が金メダルだったけど、高橋選手と争った選手はどうだったのでしょう。

連盟に従順な選手や大きなスポンサーがバックに付いた選手が優遇されているコトはないでしょうか?

枠があるのに、選出されなかった女性のトップスイマーもいました。

今回だって、年齢制限はあったけど、一応は浅田真央選手の出場の是非についてIOCに問い合わせてみるくらいしてもヨカッタんじゃないでしょうか。オリンピックに合わせて、CMが流れている選手よりも確実に真央選手の方が、ヨイ成績を残せたと思います。

結局、成績よりも組織至上主義的になっているトコに日本のオリンピックでの不振があると思います。

ともあれ、苦難を乗り越えてこそ花開くコトもあるのですから、真央選手には荒川選手を見習って欲しいと思いますが、選手個人の必死の努力だけではオリンピックで勝てるチャンスは減少してしまいます。

爆弾発言して、雲隠れみたいなヒヨワな議員さんにも困ったモノです。逆境に立ったときこそ真価が問われているのです。『人生は七転び八起き』二枚越しで立ち上がるべきです。

何事も、窮地に追い込まれた時にこそ、真摯に組織の在り方を考え直せば、復活は可能だと思うのですが‥‥危機意識が薄いようにも思います。  
Posted by seitaisikoyuri at 08:05Comments(0)TrackBack(0)

2006年02月23日

フキノトウで精力増強

更新が遅くなりました。

眠くて眠くて、夕食後しっかりコタツで寝てしまいました。

週末になるにつれて、関西に行っていた疲れと、仕事の疲れの蓄積が貯まってきたのだと思います。

今週は、娘が早く学校に行かなくてはいけなかったコトもあり‥‥

「日本農業新聞」の「ふるさと薬膳」の記事からです。

フキのとうはビタミンA、B1、カリウム、カルシウム、ミネラル分を豊富に含む上、特有の香りとほろ苦さが食欲を増進させ、消化にも役立ちます。

また花に含まれる花成ホルモンは精力を増強し、苦味成分のアルカノイドは新陳代謝を促進。冬の間に低下していた代謝機能を活発にしてくれます。

気管支粘膜の炎症から起こるせき、たんの緩和を促す食材としても使われるそうです。

我が家にも、フキノトウがポツリポツリと猫の額ほどの畑に出ています。

昔から、山の中を歩いて取っていたので、収穫するのは好きなのですが、見飽きてしまっていて、あまり食べたいという気持ちにならないのですが、そうと判れば、体のタメに、「初物は三年長生き」というコトワザもあるので、一年に数回は食べないとイケナイなと思いました。

早速、明日にでも、料理して食べようと思いました。

フキのとうは春の山菜のトップランナー。私たちの体もシャキッと目覚めて健やかに春を迎えましょう。

と書かれているので、永い冬眠から目覚めたクマが真っ先に食べて体内の毒素を出すのを真似して、そうするつもりです。

では、皆さん、おやすみなさい。  
Posted by seitaisikoyuri at 23:49Comments(0)TrackBack(0)

イチバン堅い儲け方

おはようございます。

儲けるというコトをテーマに書くとは思いませんでしたが、健康に生きるタメにはお金も必要です。健康になる食物とかを買うとかよりも、貧困は精神をダメにしやすいからです。

マルチ商法が、ナゼ儲からないのかというと、自分の下の人を勧誘できたら、そして、その人達もその下を勧誘できたら、という不確定要素が多過ぎるからです。そんなモノは、宝くじに当たったらというのと、かなり似ているのです。世界人口は無限ではないし、全ての人が勧誘されるハズもナイ。そんな単純なコトに、あまりに単純過ぎるがゆえに、複雑な儲かる計算で説得されると気付かなくなるからです。

堅く儲けるにはどうすればイイか。
それは、確実にお金が手に入るコトをすればイイのです。
月給なり、日給なり、時給が保証されているトコで働くのがイチバンなのは、当然です。

でも、それでは人生ツマラナイと思う人も多いでしょう。仕事のストレスから、パチンコしたり、競輪、競馬、競艇などをしたくなる人だっているハズです。

ギャンブルで儲けようと思うから、深みにハマルのです。ギャンブルはストレス解消の手段なんですから、代金を支払うのは当然だと考えてください。喫茶店で一服したり、旅行したりするのにタダというコトはありえないでしょう。そういうコトです。

で、ギャンブル性が高い中で、イチバン胴元にお金が渡らずに済む方法を探せばイイのです。となると現在、考えられる方法の中では「株」になります。でも、ディトレみたいなコトをしていたのでは絶対ムリです。考えてみて下さい。一日のウチにしょっちゅう手数料を支払わなくてはイケナイのです。そして、仕事も出来ない。

株式投資でイチバン手堅く儲けるには、優良な株を安く買って、配当や優待を受けるコトです。
高く売るコトは出来なくはナイのですが、売ると利益に20%の税金が付きます。そして、儲けたお金の投資先を再び考えなくてはイケマセン。次にも成功するとは限らず、そして、マタ、手数料を支払うコトになるのです。胴元にお金を支払うというのは、絶対にマイナスなのです。それが安くても繰り返せば繰り返すだけマイナスは広がります。

配当の高い銘柄を買い、何十年も保管していれば、1回限りの手数料で何回ものボーナスが出るようなモノです。配当を貯めてマタ株を買う資金を作るもヨシ、配当だけは使うもヨシ、ギャンブルをしていてそれが全部ゼロになる確率がイチバン低いのは「株」なのです。投資とか思わない方がイイです。スリルがあるから。でも、そのスリルも単調な仕事の合間にしていると、それなりに人生にメリハリを付けてくれます。新聞の株式欄もタダの数字の羅列とは思わなくなるでしょうし、新聞の隅々まで何かナイかと読みたくなるでしょう。そして、その知識が仕事にも還元されるのです。どうです、大して面白みはナイですが、堅い儲け方でしょう?

ハイリスク、ハイリターンを望む人には決してオススメしません。でも、自分だけは失敗しないと思って散って行った相場師はタクサンいるのです。そういう人生をお望みですか? 証券界会社の勧誘員の話なんて聞いてたら、手数料だけ損をしますよ。自分で銘柄を選択して、充分考える楽しみを味わい、コレと決めたモノを買い、どうなるか仕事をしながら気長に見守って行けばイイのです。一年あれば、よっぽど高値でツカマナイ限り、買値より高くなる時だってありますから、どうしてもダメかなと思ったら、その時に売却するのもイイでしょう。無配当の会社を買う時は、バクチだと思って買うべきなんです。配当を払うだけのお金はありませんと宣言している会社なのですから。ともあれ、昔からバクチの好きな人はいました。それでイイという選択も個人の自由ですからあるでしょう。でも、泣きを見たくなかったら、生活資金で株を買いましたみたいな真似はするべきではありません。

そんなコトは当たり前のコトです。
  
Posted by seitaisikoyuri at 08:15Comments(2)TrackBack(0)

2006年02月22日

がんばってるね神戸!!

結局、今朝の問題は小学校か中学校のどちらかで、書類が放置されていたのが原因と判り、決着しました。こちらとしても、希望するトコへ行ければイイので、どちらがイケナイのかは、アイマイで仕方ないと思ってます。マ、歳をしたというコトでしょう。真実を知ってどうなるものでもありませんから。失敗した人は、真実を知っているワケで、それで充分です。

で、やっと神戸の話ができます。マルチより堅い、儲け方の話もしてみたいのですが(多分、皆もその方が関心あるだろうけど、もう少し待っててください)

阪神大震災からもう11年が過ぎました。
去年、10年目の時に久し振りに神戸を訪ねて復興を目の当たりにしました。

友人の被害状況を聞いたりしてましたが、お訪ねした先生のお宅も全壊してしまわれて、もう少しで延焼しそうになられたそうです。先生のミクシィ仲間の日記にも、神戸の震災の時のコトが書かれていたりして、本当に大変な目に皆あったのだと思います。

友人の安否が判らなかった時は、本当に心配でした。大阪の友人すら、実家に問い合わせてやっと無事だと判ったくらいでしたから。神戸の友人は実家も神戸だったので、電話は全然通じなかったし、かなりしてから、やっと公衆電話から通じた時は、ホッとしました。(最近、世の中から無くなりつつある公衆電話ですが、緑色のは特に優先的に電話線が確保されてますから)

生き死にをくぐり抜けて、皆、しっかり生きていると思います。

ショックはきっと、心の中にしまってあると思うので、まだまだ精神的、経済的に大変なコトはイッパイあるんだと思います。

昔、友人は「神戸は気候も温暖だし、地震もナイし、一生ココを離れたくない」と言ってたのを覚えてます。東京近辺の友人とか、親戚の家に学生時代泊めてもらった時の方が、地震で揺れて怖い思いをしたのに、結果は逆になってました。

ともあれ、気候は穏やかで、神戸は本当にイイところです。「京都で学び、大阪で稼ぎ、神戸に住む」というのは、本当に理想的なんだろうと今でも思います。京都の気候は、メリハリがあり過ぎです‥‥

震災は確かにあったのだけど、人間はそれも踏み台にして地に足を付けてみんなガンバッテいると思いました。

戦後の復興も大変でしたが、日本は立ち上がりました。

ある意味真の悲惨さを体験した人達の底力が神戸にはあるように感じます。

人間は、どんなに辛くても精一杯生きるしかないのだと再認識しました。

震災は忘れたコロにやって来る。決して他人事ではあのません。  
Posted by seitaisikoyuri at 20:54Comments(2)TrackBack(0)

カップ麺薬物混入事件

おはようございます。

今日は、学校や教育委員会とイロイロな交渉しないとイケナイと思うと気が重いのですが、広島で市の職員がスーパーに薬物の入ったカップ麺を持ち込んで、棚に陳列し捕まったという事件を聞いて、まぁ、命までナクナルんじゃないから、仕方ナイとアキラメて、ダメならもう一度書類の作成をするしかナイと思ってます。

役所に行って、書類を書いて、区長さんに証明を書いてもらわないとイケナイし、それを再び中学校に届ける、なんて書けば大したコトないですが、手間が掛かる作業なんですけどね。しかも、忙しい師走に既に済ませたコトなのに‥‥

ともあれ、今の環境から逃げ出そうと犯罪とかに走る人が多過ぎます。

転職もしょっちゅうすべきではナイとは思いますが、犯罪を起こしそうになるまで我慢するコトはナイでしょう。

学校だって、そうです。

不登校になるような学校なら、別のトコへ行かそうと柔軟に対応すべきでしょう。

滋賀の幼稚園児殺害事件の加害者だって、転園を希望していた時期があったそうです。

結果論と言われればそれまでですが、事件となる前には、必ず前兆はあるものです。

ただ、それに周囲が目をつぶろうとしてたか、イナかというだけで‥‥

殺された親御さんは、そんな話を聞くと、「ナゼ、転園させといてくれなかったの!!」と思っているでしょう。

ムリに説得するのは、あまりイイ方法とは思えません。

どうしても、説得した方は、『自分の意のままになった』と思いますが、説得された方は今までも不満があったのに、加えて『譲歩させられた』と思うからです。

当然、不満は増幅されますよね。

不満は聞いてあげるコト、外に発散させるコトで減少します。

問題の根は、実は違うトコにあるのかもしれません。

「ココが痛い!」とおっしゃる方々の大半は、本当にコッテいる部分をメッタに指摘しません。

本当のコリの原因は、ある程度ほぐれてから出て来るのです。

心の問題もそうなのではないかと、考えるトコから始めないと、不適切なアドバイスをしてしまう危険があると思います。  
Posted by seitaisikoyuri at 09:01Comments(2)TrackBack(0)

2006年02月21日

無責任過ぎる人々

今日は、一日あまりのバカバカしい話に振り回されてくたびれました。

今朝、起きて外に出ると、ウチの側に二つの看板が、一つは三日後に交互通行止めをしますという看板で、もう一つは明日、あさって全面通行止めをしますという看板。

御客様が来れなくなるのに、勝手に通行止めしますと直前に看板立てて終わりかい。ドコからドコまで通行止めの知らせもナク。おまけに、全面通行止めの看板は、我が家の駐車場に黙って置いてあるのです。

「ハァ〜?」

こんなコト許されてイイんかい。(関西に行くと関西弁がヨミガエってしまいますね)

早速、電話番号の書かれているトコに主人が帰って来てスグ、電話してもらいました。こういうのは、男じゃないとバカにされますからね。

とりあえず、ソコは鉄板引いて片側通行にしますので、電話で失礼ですが、ご了承下さいとのコト。まぁ、向かいの家を新築で立てるというのに、何の挨拶もナイような会社の下請けだから、そのくらいだと思って終わりですけど(しかし、エコを売り物にしてCMをバンバン流している大会社なのに、そのくらいの礼儀もナイんだから、CMなんてのも雰囲気を売っているだけで、本当にイイ会社だと思ったら間違いというコトで、あまりCMなんかを信用するとバカを見ますよね)

で、ソコは知らないと言われたので、電話番号もナイ看板を勝手に置いた会社の番号を電話帳で調べて主人がTEL。対応が怪しいので、一応市役所にそういう会社は指導して欲しいとTELしたら、「一応、元請けに指導してるんですが」と言うので、「ちゃんと事前に説明しないような下請けを使うなと指導すべきなんじゃないですか?」と言うと、「それは相手がするコトで」みたいに答えるので、「公道を封鎖するのに、市が元請けを指導しなかったら、市民は安心して暮らせないと思いませんか?」と言うと、やっと「指導します」みたいな感じ。元請けにビシッと役所が指導しないから、耐震偽造みたいな問題が起きるんでしょ。元請けは、下請けに仕事させて儲けをピンハネしてるんだから、監督責任くらい負うのは当たり前じゃないかと思うけど。

オマケが、仕事が終わってみると下の子供の先生から、教育委員会から書類が出てないとの連絡があったとのコト。とっくの昔に、書類は揃えて中学に提出してあって、入学説明会でも、小学校に行った書類が帰って来ないから困ってるので、入学に必要な用品は買ってもらってイイですよと言われたのに、誰が書類をどうしているの? 

他人が困っても、お構いなしみたいな人々ばっかりで、とっても疲れます。
明日は、教育委員会に電話しないとダメみたい。

人の人生の大事な書類をどうやったらテキト〜に扱えるのか‥‥もう、アキレ果ててます。

世の中、本当に無責任な人ばっかで「イヤダ〜〜!!!」  
Posted by seitaisikoyuri at 20:48Comments(0)TrackBack(0)

安全性こそ命(日航内紛のバカバカしさ)

おはようございます。

不祥事続きの日航でモメています。

関西へ、初めて高速バスで往復して思ったのですが、最近は様々な選択肢が増えて来ています。

昔は、高圧的に切符を売ってやるみたいな国鉄に乗るしか、交通手段がありませんでした。(不愉快な思いはしたくないので、少し早目に京都駅の側の旅行社で切符を購入してましたが)

神戸にも空港が出来ましたが、飛行機というのは遠くへ行く時は便利でしょうが、空港に早目に到着しないとダメだし、電車みたいに一本乗り遅れても次がそんなにあるワケではナイとか、手荷物を預けたり、到着しても手荷物の受け取りに時間がかかったりするので、コストを念頭に置かなくてもいいほど便利とまではいかないと思います。

なのに税金の無駄遣いのような空港は増え続けている。

国交省はイチバン多く人数が利用すると書かれた企画書を採用して、空港を作るらしいですからそうなるのでしょう。

高額のお金が動けば当然利権も発生するでしょうし。

飛行機は電車のように、電気で動くワケではないのですから、莫大な燃料も消費するので環境にちっとも優しくないと思います。騒音もスゴイし。

電車も、小回りのきくバスにやられてます。

とにかく、料金は安く、サービスは良く(冷たいコーヒーやお茶のパックまで御自由にどうぞという世界だったので)、そして、何より長野から関西に電車で行くとなると、名古屋で新幹線に乗り換えたりしないとイケナイし、時々車中で退屈になると、10分くらいトイレ休憩があり、その時に買い忘れた御土産を購入できたり、映画まで見せてくれてました。(35年も前の「フーテンの寅さん」でした。役者さんが、皆若いので、それだけでも充分楽しめました。テープがスミが伸びているようなのは、イマイチだったけど)

JRで大阪から、神戸へ行く時も、『尼崎で事故があったんだよな』と思いつつ乗ったし、何はともあれ、無事故であるコトが大量輸送機関の最大の使命だと思います。

世間の相場と掛け離れた給料を手にして、ストライキしたり、安全性に問題があったりしたら、乗客は必ずそっぽを向きます。

何時までも、親方日の丸から脱却しないと、幾ら公共交通機関でも、後世までツブれずにいられると思ったら甘いでしょう。今すぐにではナイにしても、米国では航空会社の破綻などイッパイあります。日本もイズレ同じ道を歩むと思います。

それがイヤなら、客の方を見た経営、接客に徹しないと無理ですよね。  
Posted by seitaisikoyuri at 08:15Comments(6)TrackBack(0)

2006年02月20日

青年期の心

関西の話をしようとしているのですが、今朝の話の続きにぴったりみたいな本を読み終わりましたので、ゼヒとも紹介したくなりました。
青年期の心―精神医学からみた若者

この本です。

一応、青年期と制限してありますが、こんなに判りやすい精神医学の本はナカナカありません。
全ての年齢を通じて読める本です。

精神病について、フツウの人にも理解しやすいと思います。
理解せずに議論されても困るので‥‥

ただ、今回引用したいと思ったのは、政治学者ラッシュの説の部分です。
日本も現在、アメリカの後追いをしているようです。

自己愛的な傾向を現代アメリカの社会的性格と考え、現代を「ナルシシズムの時代」と呼んだ。能力主義、競争主義の社会で成功した人々は自己愛的な満足にひたってめぐまれない人々にたいする同情を忘れがちであるという。一方、競争に敗れて(本には破れてと書かれてますが)社会の底辺にある人々は、それを不運や社会的不公平のせいにして、社会福祉的な援助を求める機運が強い。いずれも、自分の利害にだけ目を向けていて社会全体の理想や運命に無関心な人々である。

まさに、ココに現代社会の問題が凝縮していると言っても過言ではありません。

若い時は、殻に閉じこもってしまおうとする時があっても、いずれは社会の一員としての自覚を持つのがフツウでした。

自分だけが良ければイイという考え方にしがみついていると、先に世界が崩壊してしまうかもしれません。  
Posted by seitaisikoyuri at 21:11Comments(0)TrackBack(0)

人と付き合うというコト

おはようございます。

今日は遅めのスタートにしてますので、ゆっくりしてます。

サスガに疲れました。歳ですね。

子供達も疲れてるようですが、なんとか二人共学校に行きました。

幼稚園のお子さん二人が惨殺されて大騒ぎになっていますが、ハタで見ていると何とも思えないようなコトが、本人にとってはツライというコトがヨクあるものです。

今回も、殺人を犯してしまった母親が、周囲にケッコウSOSを発信していたのに、大丈夫だろうと思われてしまってたみたいな感じですね。

殺した本人が、モチロン一番いけないのではありますが、やっぱり周囲の特に、幼稚園の対応に問題があったんではないかと思われます。

現在、人権問題も絡んで大変だとは思いますが、やはり幼稚園という公的機関であるコトを考えると、リスクのありそうな人には、カウンセリングが必要だと役所の健康維持課のようなトコと連携をとっていただかないと、信頼して保護者は子供を預けられないと思います。

排除しようとするのではナク、融和させようとする取り組みが弱いと思ってしまうのは、ワタシだけでしょうか?

前に、人権のコトを学校でやった時に、外国から結婚した女性が、特に黒人であるがゆえに、差別されているというビデオを子供の参観日に見たと書いたコトがあります。

生まれ育ったトコを離れて、嫁ぐというのは大変です。
まして、他国ならなおさら‥‥

おそらく、追い込まれた気分になっていたのでしょう。

日本は、見て見ぬ振りをするコトがママあります。

でも、それでは問題は決して解決しないのです。

以前、小学校に入る前にやはり子供の友人を殺してしまった母親が東京でいました。

その気持ちとかなり似ているのだと思います。

何度も同じような事件を起こさないように、事件のコトだけに留まらず、どうすれば防げるのだろうかとか、よりもっと具体的なアクションをしないと、マタ、しばらくして同じような事件が発生してしまうかもしれません。

物事の本質にしっかり迫らず、特異な事件として片付けるのは、問題の先送りにしかならないのではないでしょうか。

事件を参考に教訓を得ようとしないと、殺された人々は本当に浮かばれないと思うのですが‥‥  
Posted by seitaisikoyuri at 09:47Comments(0)TrackBack(0)

2006年02月19日

マイタケで免疫力アップ!!

皆様、無事寒い長野に帰り着きました。

神戸には、山茶花が咲いてたりして、もう春の気配がいっぱいでしたけど‥‥

さて、関西の話は疲れてますので、おいおい御話するとしまして、「日本農業新聞]の「アンドユー」の特集からです。

山で見つけると人が舞い上がって喜ぶコトから付けられたという名前だけありまして、野生のモノは本当に香り、コクがあって、何とも言えないトコロです。

ともあれ、スーパーでは年中手に入りますので、度々召し上がって効果を得てください。

炊き込み御飯にするととっても美味しいと思います。

 .ン細胞まで抑えれそうなβグルカン。
食物繊維の一種で多糖類のβグルカンはきのこ類に多く含まれるのだが、マイタケにはほかのキノコにナイ特殊な化学構造を持った多糖類を含んでいて、人間が本来持つ病気と闘う力を活性化させ、低下した免疫力を正常に戻す作用があると研究され、健康維持やインフルエンザ予防にも力を発揮。
体重60圓寮人なら、一日約50g食べると免疫力維持に有効といわれている。

 発育ビタミン豊富
カロリーが低く、さまざまな機能性を持つ。ビタミンB1は、体内で糖質がエネルギーに変わるときに欠かせないビタミン。疲労回復やストレス解消にも役立つ。
「発育のビタミン」と呼ばれるビタミンB2もきのこ類の中で多く、脂質、糖質、タンバク質の三大栄養素に働きかけ、新陳代謝を促す。皮膚や髪などの再生にかかわり、美肌にも効果あり。老化の原因となる有害な活性酸素の働きを抑制も。

 F麁酔いも軽く
水溶性のB群の一種、ナイアシンも多い。三大栄養素からエネルギーを生み出す酵素の働きを補い、お腹に優しく作用して、口内炎、皮膚炎にも効果が。
二日酔いの原因、アセトアルデヒドの分解にも活躍。

 すや歯が丈夫に
エルゴステロールが多く、紫外線を受けると脂溶性のビタミンDに変化。カルシウムの吸収を促し、骨粗しょう症の予防にも効果あり。

 ス盞谿犠匹鰺祝
ミネラルの一つ、カリウムが多いので、体内の余分なナトリウムを体外に排出。
生活習慣病に有効との研究もあり、過剰なコレルテロールを胆汁酸にして、便の中に排泄する働きも。高脂血症の人には、コレステロールと中性脂肪を抑えたり、血糖値のコントロールも期待できる。

 Ε瀬ぅ┘奪箸飽賁
意識して取らないと不足しがちの食物繊維たっぷり。便の量を増やし、腸を刺激するので便通をスムーズにするので、便秘や痔の改善に。便の腸内時間短縮で、有害物質を素早く体外へ。有害物質を吸着する作用もあり、ボリュームがあるので、満腹感が得られ、ダイエットの強い味方になる。

洗うにしても、流水にサッとくぐらせる程度にしないと、せっかくのビタミン類が流出するので注意が必要です。
ゼヒ、お試しあれ。

  
Posted by seitaisikoyuri at 21:11Comments(0)TrackBack(0)

2006年02月18日

神戸にいます

皆さんこんばんは。

神戸の湊川健友館にお邪魔しています。

書きたいことは、いっぱいあるのですが、ローマ字入力ができないワタシが打つのでは一向に進まないので、国乗先生が入力してくださったので、今日のブログが書けそうです。

今日一番驚いたのは、大阪のモスバーガーに入ったら男の人が大きな声で「先生、先生」と言ってるので、隣に座ったため聞くともなく聞くと、女の人に向かって、どうもマルチ商法の勧誘をしていました。

どうも友人と二人組になって、その女の人をハメようとしてるらしいのですが、ハタで聞いているワタシは冷静ですから、どうみてもそんなうまい話はあり得ないというようなことを、電卓を叩きながら説明されているうちにすっかりその気にさせられていました。

ワタシも他人事でもあり、マルチ商法だと理解しつつ、話に乗っているみたいなので、それこそ自己責任だと黙っていましたが、どう考えても500万円がすぐに何千万円になったり、何億になるはずないと思うのですが、数字のマリックに引っかかってました。

そんなお金の話をモスバーガーあたりでしてしまうところに『大阪だなぁ』と思いました。

それにしても、何百万払って、友達もお金も無くしてから後悔しても始まらないと思うのですが、大阪の人はお金にシビアだから、500万円も投資するお金を貯めたというのに、そんなつまらないことで多分無くしてしまうのが、目に見えるのに、気づかないなんてとっても不思議に思いました。  
Posted by seitaisikoyuri at 20:35Comments(2)TrackBack(0)

2006年02月17日

整体で関西!!

久し振りに整体の講習会で関西に行きます。

といっても、今日の仕事を終えて、これから夜行バスで行くのです。

で、月曜日にも仕事なので、ゆっくり出来ずというハードスケジュールなんですけどね‥‥

本当はゆっくり行きたいのですが、仕事を始めてしまうとナカナカ。

整体には、様々な流派があるのですが、おそらく何でも一緒くたに考えている方もいらっしゃると思います。

少し前、メールでこんな感じの問い合わせが来ました。

「DC(ドクターカイロ)を近くで知ってたら教えてください」

で、どんな感じが希望なのか、自分で受けたいのか、教えて欲しいのか判らなかったので、メールで尋ねたのですが、返答がナカッタので、「グーグルで検索してこの流派と思った本部に希望の場所にいる人を問い合わせるのがイチバンかと思います」とお答えしておきました。御希望の答えでなかったらしく、「なしのつぶて」でしたから不満とも言われずそれで終わりでした。

日本語だと整体、米語だとカイロプラクティクス、英語だとオクトオパシーだったと思いましたが、意味も流儀も様々、同じ国の中でも創始者によってイロイロ違うのです。

ワタシが今の整体術に決めたのも、縁のようなものです。

でも、ムチ打ちで大変だったのに、少しづつ良くなっているので、今の道を信じて進んでいきます。

今日も、最後にいらした開始当初からの最大のお得意様に、「ドコでもダメだったから、そんなに期待してなかったけど、ココまで来たからな〜」と言われました。でも、何とか御卒業して頂くようにヨリ頑張りたいので、講習会に行って来ます。技術だけではナクて、プロの人達と話すと、ヒラメクこともあるのです。コツというものは、会得しないとダメだし、誰かに手取り足取り教えて貰えば身に付くというワケではナイからです。自分のモノとして、咀嚼(そしゃく)しないと、身に付かないのです。

と言うワケで、もしかしたらブログ開設以来初めて書けない日があるかもしれませんが、なんとかネットに辿り着けたら更新したいと思っています。では、皆さん、行って来ま〜す。  
Posted by seitaisikoyuri at 20:05Comments(0)TrackBack(0)

「巴錦」って知ってますか?

巴錦
おはようございます。

昨年の秋、ひょんなコトから何十年もお会いしてなかった高校の恩師(担任の先生ではありません)と巡り会いました。

以前、御話したかもしれませんが、ノーベル賞を取れるかどうかと長野では話題になっている信州大学の工学部の遠藤教授の恩師でもある方です。

かなり高齢なのですが、生まれ育った長野市の大豆島(マメジマと読みます)地区が原産である菊を世に出そうと努力されているという御話を聞きました。

その菊の名は「巴錦」、真紅と黄金色の二色で出来ている菊なのです。

今まで、色が抜けて白となっている部分で二色になっている菊は見たコトがありますけど、こんなに鮮明な色で二色になっている菊は驚きでした。

「巴錦」という名前を聞いて想像したのは、まず、木曾義仲の愛妾だった「巴御前」です。

子供のコロ、巴御前が何時も一緒にいたいと、最後まで義仲と共に戦い、死んでいったのはスゴイと思ったのです。

加賀の御殿様だった前田公が善光寺参拝のおり、異色の菊を見て、名前がナイのを惜しいと思って「巴錦」と自書されたという話を聞いて、その話を先生にすると、先生も講演の時には、おそらく巴御前を意識していたのだと思うと話してらっしゃるとお答えくださいました。

ともあれ、ワタシでは宣伝するにしても、限りがあります。

幸い御客様の中に先生が初めて教えたという方が偶然いらっしゃるので、その方にもお願いしてイロイロ出来る範囲で動いています。

高齢な先生なので、なんとか「巴錦」がある程度有名になったのを見届けていただけたら、とても嬉しいので、これからもボランティアを続けようと思っています。  
Posted by seitaisikoyuri at 08:08Comments(0)TrackBack(0)

2006年02月16日

何故か読んでしまう作家

最近、読むと疲れると思いつつ読んでしまう作家に南木佳士という医師と両立してらっしゃる方がいます。
冬物語

を今日、「落葉小僧」を昨日読み終わりました。

読むと落ち込むのに、時々読みたくなってしまうのです。

「阿弥陀堂だより」は映画化されたので、御存知の方もいるかと思います。

今日は、シゲシゲと略歴を読んで、歳の離れた姉と同じ歳の生まれなんだと気付きました。

姉と一緒だと思うと、ユニークな医学生だった方のコトも思い出されました。

過去ログに書いたか覚えてないのですが、高校時代は佐世保とかで安保反対の活動をし、一気に防衛大学に入り、学生の処遇改善のデモを一人でして放校処分になり、医学部に入学されたという経歴の持ち主です。

外国文学は苦手だったのですが、日本文学をケナされ、読まずに反論は出来ないと外国文学も読むようになったキッカケを作ってくださった方です。

気分的に張り合ってたので、「日本ソバ」なんてあんな不味いモノを食べたくなる気がしれないとまで言われ、悔しくてオススメの「チャンポン」を食べに、長崎まで夜行列車で往復したコトもありました。若かったんだと思います。今では、そんな体力もナクなってしまいました。(ちなみに、「チャンポン」は美味しかったです。ただ、「ソバ」とは異質な美味しさであり、比較するのはムリだと思いましたけど)

姉と一緒の歳だと思うと、不思議な気分になりました。

姉が高校生の時、ホントウに子どもだったワタシが一度だけ高校に行った記憶があり、姉の友達も大人のように大きく、子ども心にも、歳の差を見せ付けられたコトを未だに覚えてます。

そんな過去に忘れて来たようなコトをナゼだか思い出させてくれたりする小説でもあり、若いコロなら多分読まなかっただろうと思いつつ、時々無性に読みたくなる小説家なのです。  
Posted by seitaisikoyuri at 21:13Comments(0)TrackBack(0)

「大根あめ」がノドにイイ!!

おはようございます。

本日も「日本農業新聞」の記事からです。

「わたしと食」というコラムは様々な人達が(企業の経営者とか芸能人とか)、自らの経験で食について語るというケッコウ面白い企画なので、ヨク読んでいるのですが、本日は演歌歌手の三船和子さんという方の三回目でした。

 歌を歌う者にとって、のどは命です。好き嫌いなく食べるわたしは、幸いあまり風邪をひくことがないのですが、ちょっと調子が悪いなと思ったら必ず食べるものがあります。
 それは「大根あめ」です。小さいころ母から教えてもらいました。作り方はとても簡単です。ダイコンを細かく刻んで、瓶などの容器に入れます。そこにはちみつを満たして数時間置いておきます。すると、ダイコンからエキスが出てきて、ダイコンが浮かんできます。ダイコンを取り除いて出来上がりです。これをスプーンですくってなめます。せきやのどの痛みに効果はばっちりです。(以下、略)

というコトだそうです。

正直な話、演歌にはあまり詳しくないのですが、それでも『コブシ』を利かせないと上手に歌えないくらいは知ってます。

今のメロディだけで歌を重視してないような感じのモノも多いような歌手の人の話だと説得力に欠けますが、現在の演歌に対するであろう厳しい状況にあって、演歌歌手を続けている人の話には『そうかも』と思わせてくれる何かがあります。

それに、そんなに難しそうでもナイし。

健康法も、続けるとなると、やはり手軽なのがイチバンです。

健康フリークの人ならともかく、忙しい毎日を送るなら特に。

でも、忙しい人ホド、健康に注意しないとヤバイのですから、時にはこんな民間療法を試してみるのもイイのではないでしょうか?  
Posted by seitaisikoyuri at 09:11Comments(2)TrackBack(0)

2006年02月15日

子供達がオカシクなっている

TBS系列で子供のコトを話題にした緊急大激論SPを見てました。

とにかく、変な青年が増えています。

「叱る親の会」とか色々な団体があるのを見て、マダマダ日本も捨てたもんじゃないと思いました。

居場所のナイ子供達を無料で預かる和尚さんとか、本当にスゴイと思います。

そういう人達の真似は出来ないけれど、今は親が変な人が多いのも事実なので、フツウの親でいたいと思います。

ともあれ、電車で注意したら、注意された若い男の方が車掌に逆に「カラマレタ」みたいに言ったのにはオドロキました。

あそこで、ワタシなら最後に切れる前に、車掌に先に行くと思いましたけど‥‥

警察も、刺されたりするから下手に注意するなと言うので、ビックリ‥‥

ともあれ、やはりある程度は武術の心得も必要だとは思います。

やはり、自分に自信があるから迫力もあるし、変に卑屈にならないからイイのでしょう。

アドラー心理学者で著作が多い星さんもヨク本で述べてますが、悪いコトをする子供は、とにかく何でもいいから自分の存在を認めて欲しいのだと思いました。

だから、注意するにしても、怒られる子供の顔もある程度立ててやらないとダメなんでしょう。

頭ごなしにタダ怒るだけでは、台風が通り過ぎるのを待っているだけで、子供の心には響かないのだと思います。

冷静に叱るコトが出来ないと、ダメなんだと思いました。

ナカナカ、言うは易く行うは難しなんですけどね‥‥  
Posted by seitaisikoyuri at 21:28Comments(0)TrackBack(0)

大豆イソフラボンについて

おはようございます。

「大豆イソフラボンの取り過ぎは、体に良くない」とも受け取れる内閣府の食品安全委員会新開発食品専門調査会の報告が出されました。
妊婦は過剰摂取を避けるようにとの内容です。

「日本農業新聞」の中で、どのように取ればいいのかをQ&Aでまとめてくれてますので、手短に。

大豆イソフラボンは、大豆の胚芽に含まれていて、骨粗しょう症やがん予防などの効果があると研究で明かになりつつある。

ただ、妊婦は胎児への安全性が証明されていないので、ストップがかかったそうです。

「摂取目安の上限値を超えたからといって、すぐに健康被害が発生するものではない」と調査会でも強調しているが、本来食品からの摂取では過剰摂取は可能性が低い。

豆腐を毎日、一人で一丁食べ続ける人はそんなにいないと思われるからだ。

大豆はタンパク質、炭水化物なども含みバランスの良い栄養摂取が出来るスグレモノである。

ただ、サプリメントが問題になるのである。

サプリメントは大豆イソフラボンに限らず、あくまで「補うもの」として用いられるべきであり、どんなにヨイものであっても、必要以上に連日摂取していれば、障害になりやすい。

ワタシは連夜、納豆を食べ続ける人体実験を継続しているが、ケッコウ体調が改善していると思われます。

高齢の女性が、女性ホルモンの注射で若返るけれども、ガンになりやすくもなるというコトもいわれてます。

自然の摂理に逆行しすぎると問題もあるというコトなのでしょう。

しょっちゅう申し上げておりますが、何事もホドホドがイチバンというコトのようです。  
Posted by seitaisikoyuri at 09:06Comments(0)TrackBack(0)

2006年02月14日

歳をしたから判るコト

誰でも歳はしたくないものです。

子供で、早く大人になって自由に生きたいと思うコロを過ぎれば‥‥

それでも、歳をしたから理解できるコトもあり、そうやって皆生きて行くのだと思います。

若い皆さん、体に痛いトコもナク、元気一杯な時期が永遠に続くワケではありません。

若いウチにしか出来ないコトをタクサンしといて欲しいと思います。

何でこんなシンミリしたコトを書いているかというと、さっきTVで父親のイチバン有名と思われる友人の死去のニュースが流れたと主人に聞いたからです。

何年か前にも、御家族で父のトコに来てくださったのですが、昔、お会いした時よりも歳を当然ながらなさっていて、同級生だった人の老けるというコトは、父の老化も意味しています。

今日の午前中、父から電話があり、「疲れて来た」と言ってました。

戦後、ソビエトに捕虜として抑留され、晩婚で母と結婚し、トビトビに生まれた末娘のワタシですから、両親は同級生の親の中で、モノスゴク老けていて、子供心に何時まで生きていてくれるのだろうと思わずにいられないくらいでした。

それでも、母親が70歳で突然死した後も、周囲の予想を裏切って長生きしてくれている父が、本当にアリガタイです。

親が生きていてくれるだけでアリガタイという気持ちは、歳をいないとナカナカ切実に思えないものです。

おそらく、友人の訃報を父も今頃耳にしているでしょう。

歳をして、友人がドンドン亡くなっていくというのも辛いコトだと思います。

まだ、ワタシにはそれは理解できませんが‥‥

父が死んでも、ニュースにはならないでしょうが、無名でもイイから、一日でも長生きして欲しいと思っています。

皆さんも、親は大事にしましょうね。

母親のように突然死されると、「親孝行したい時には親はナシ」なんだと思います。

でも、忙しいとナカナカ父親にも孝行できなかったりするのですが、それでも、母よりは出来たと思ってます。

世の中で、自分より余計に愛してくれるのは、多分両親以外にメッタに居ないモノですから。  
Posted by seitaisikoyuri at 21:58Comments(0)TrackBack(0)

便秘にならないタメの七か条!

おはようございます。

「日本農業新聞」の「元気のつぼ」から、便秘を解消するタメの日常生活で気を付けるべき7点を引用させていただきます。

既に承知しているコトかもしれませんが、改めてこのように整理されているのは、あまり目につかないからです。

もしかしたら、ワタシがホトンド便秘とは無関係に生きているからかもしれません。

腸がそんなに丈夫ではナイので、でも、ある時から、体内の不要なモノを外に出したがるのだから、別にイイではないかと開き直って生きています。

しょっちゅうトイレに行くコトはそんなに悪いコトではないようです。

 /物繊維を多く含む食品を食べる

◆‥度な運動をする

 冷えないように気を付ける

ぁ(悵佞魎兇犬燭蕁何をおいてもトイレに行く

ァ.肇ぅ譴芭呂濂瓩ない

Α,へそを中心に「の」の字を書くように、おなかをマッサージする

А/緤摂取量を増やす

だそうです。
どれも、そんなに難しいコトではナイ(い六纏中だとナカナカ出来ないかもしれませんが周囲の人に理解してもらえるならば、その方がイイと思われます)ので、少し努力すれば、充分可能なコトばかりだと思います。

何につけ、ムリをしないのが、イチバンなのだと思われます。  
Posted by seitaisikoyuri at 08:03Comments(2)TrackBack(0)

2006年02月13日

感謝は不要?‥‥

本日、息子の中学の入学説明会に行ったり、仕事したりとナカナカ大変な一日でした。

お昼前にいらした御客様が、前に「お金さえ払っていれば、何をやってもらっても当然だという人が増えている」と話してらしたのを覚えていたので、「新聞で読んだのですが、何だか今、学校では給食の時に『いただきます』とか『ごちそうさま』とか言うコトに対して、『給食費をはらっているのだから、給食を出すのは当然のコトであり、感謝を強制すべきではない!!』なんて人がいるようですね」と話したら、「そうなのよね。そんな話聞いたコトがあるわ」とおっしゃいました。

どうも、新聞とかで読んだというニュアンスではなかったので、「エーッ!! 実際に居るんですか‥‥」と聞くと、「そんな話でモメたトコがあるという話を聞いた」とのコト。なんと、その御客様の子供の学校で、実際に在ったコトらしいのです。

「感謝して食べるのは、当然のコトですよね」と言うと、「お米はお百姓さんが八十八手間かけて作ったモノだからなんて子供のコロ聞かされたのに」と(ワタシより若い方なんですけど)おっしゃるので、「本当にそうですよね。料理してもらったとかだけじゃなく、動植物の命を頂戴して我々の命としているのですから、何はともあれ、感謝の気持ちが必要ですよね」とワタシ。

「金で買えないモノはナイ」「御客様は神様である」

といった思想が、蔓延しすぎているような気が‥‥

確かに、金は便利なモノではありますが、行き過ぎた拝金主義はイカガなモノか。

相手のサービスとか品物への対価として、お金は存在しますが、払う方が一方的にエライという感覚にはとても付いていけません。

お金を貰う方が、イバル必要もナイですが、本来、商取引は相手に対して払う金額が妥当だと思うから成立するのです。

だから、どちらもそれでイイと思って、初めて金銭の授受が行われるハズです。

お金を貰う方は、利益が出るのですから当然感謝すべきだし、払う方も余程値段の設定に対して不満でなければ納得して払うのですから、神様とまで思ってもらおうなんて‥‥

学校で、休みの生徒の数が多いからと、学級閉鎖にする場合も、給食を食べさせてからではないと帰せないのだそうです。

「給食費を払っているから」だとか。

風邪が移って、医療費を払ったりするコトを思えば、さっさと帰る方がイイのでは、と思うのはワタシだけなんでしょうか???  
Posted by seitaisikoyuri at 20:47Comments(2)TrackBack(0)

今だけ応援しても‥‥

おはようございます。
トリノ冬季オリッピックの競技もゾクゾクと始まりましたが、ナカナカ上位には食い込めないようです。

それでなくても、五輪なのに貧困に悩むアフリカ大陸からの選手は、ワシントンポスト紙によると、12人だけだそうです。

冬のオリンピック競技は、夏と比べると莫大なお金が必要になります。

日本だって、スポンサーが見つからなくて困っている選手がタクサン居ます。

雪のあるトコロを転戦したり、練習できる人ばかりではありません。

フィギュアスケートだって、コーチ代とかは、かなり負担になるようです。

国威の掲揚のタメにと、国家が丸抱えのトコはともかく、大変な中を練習して来ているのですから、その辺も考えないとダメでしょう。

タマに一人、二人が、員数合わせのタメに国会議員になれたり、マスコミで活躍出来るくらいで、オリンピックの後の保障もおぼつかない日本で、一体どれだけの人が真剣にひたすらに競技だけに取り組めるのでしょう?

四年に一度、夏季も考えれば、二年に一度、オリンピックの時だけ、「メダル、メダル!!」と騒いでもムリでしょう。

スポーツの振興のタメにというお題目で始められた、「スポーツくじ」も低迷しているそうで、結局中間の取り分だけに消えて行きそうな気配です。

もっと選手達に直接寄付できるような方法を考えないと、日本のスポーツ会は繁栄出来ないと思います。

サッカーとかもそうです。

オリンピックやワールドカップの時だけ応援しても、それはムリというものです。

全ての競技のある一定のレベルの人が経済的に余裕を持ってスポーツに打ち込める環境を整備してから、希望を大きく持つのはいいですが、ホボ選手一人一人の努力に頼っていて、「メダルラッシュ」を期待するというのは、もうヤメにした方がイイのではないでしょうか?

現在のママなら、精一杯やった選手達を温かく迎える以外ナイと思うのですが‥‥
  
Posted by seitaisikoyuri at 08:09Comments(0)TrackBack(0)

2006年02月12日

正直な政治家

現実の話ではありません。
小説の中の話です。
引き続いて浅田次郎さんの本を読んだら、
沙高楼綺譚 草原からの使者

という本の巻頭にある小説の「宰相の器」という短編に出て来たのです。

総理にイチバン近いと言われていた政治家の秘書が胸に詰まった思いのたけを話す、という形式の小説なのですが、少々引用させて頂くと、

 それにしても、権力への志向というのは、いったい何なのでしょうね。権力を握って何かをしたい、というわけではないのです。政治目的を果たすのは二の次。権力を握ること自体が目的なのです。
 動物としての本能、でしょうか。国を良くしようとか、蓄財をしようとか、ことの是非にかかわらず、合理的な理由はない。ただひたすら、トップに立ちたい、トップと呼ばれたいというだけ。
 私ら取り巻きにしても同じなのです。先生の人格を熟慮して、彼に政権を取らせてはいけないなどとは誰も思わない。自分たちも総理のブレーンになりたいのです。だからずっと、先生の正体を懸命にカモフラージュして、豪放磊落な大人物の肖像を、みんなで演出してきた。

そして、総裁選挙に出馬すべきか悩んでいた政治家は、占い師の言葉で出馬を断念して、自分のコトを次のように秘書に言うのです。

「‥‥たぶん、嘘つきかどうか自分でもわからないぐらいの、大嘘つきなんだろう。‥‥俺の頭の中には、国家も国民もないんだ。保身と栄達とを、天下の利益と偽って生きてきた。‥‥」

さてさて、この架空の政治家を鼻で笑える政治家は、どれくらい日本に存在しているのでしょうか?  
Posted by seitaisikoyuri at 21:45Comments(0)TrackBack(0)

君子は豹変すると言うけれど‥‥

おそようございます。
中国に「君子豹変」と言って、政治を司るモノは、「朝令暮改もやむなし」みたいには書いてあり、確かに戦国の世の中、乱世を生きる上では必要なコトではありますが、現在はそういう時代なのでしょうか?

自ら「偉大なるイエスマン」と自称する幹事長さんですから、大して驚きはしないというのが本音ではありますが、

説教していた

みたいな記事を読むと、アキレ果てます。
これで、日本の国を運営できるのだと考えているのだとしたら、日本国民は相当ナメラレてるんですね。

古代ではナイので、マスコミが発達せず、伝聞推量の時代だったらともかく、過去にしゃべったコトや行動の全てが、動かぬ証拠として残されているというのに、堂々と反対のコトを言えるとは、もはやお手上げ状態です。

こんなコトでは、世界の人々は、誰も日本人を信用しなくなるでしょう。

国のトップに近くなればなるほど、日本を代表する人間であるとの、自覚や品格を持たなければ国内では通用しても、世界では認められないと思います。

国内で通用するコトの方が、オドロキなんですけどね‥‥

戦後、戦争中の言動を180度転換したコトを悪びれもせずにいた金持ちの多くが、国会議員になりました。

戦後のドサクサの混乱に乗じたからです。

その悪しき伝統が、ズッーと現代まで引き継がれているのです。

確かに、昔、左翼だった人が転向して極右になったりするコトはママあります。

人間は不変ではありませんから。

でも、つい最近の言動に全然別の意味を与えてしまうような、イイカゲンさで世の中を動かして行こうとされては困ります。

人間の本質を見抜かずに、雰囲気にアオられてしまった結果が、現在の国会です。

人間だから、失敗したってショウガナイのです。

でも、その失敗を次に生かさなければ、未来は灰色になるだけです‥‥  
Posted by seitaisikoyuri at 10:14Comments(4)TrackBack(0)

2006年02月11日

体のサビ落としにはウド!

正直な話、ワタシはそんなにウドが好きではありません。
というか、山の中を駆けずり回って、ものスゴイ一杯のウドを子供のコロから採取していたタメに、食べたいという気持ちにナラナイだけで、嫌いというワケではありません。

でも、今回の「日本農業新聞」の「アンドユー」の特集を読んで、考えを改めないとイケナイと思いました。

こんなにスグレモノだったとは思いませんでした。

ちなみに、ウドの葉のゴマあえは、それでも好きな方なので、今年の初夏には久々に山に行こうかと思いました。
でも、最近は栽培が盛んになって来たので、山から根ごとゴッソリ抜いて行ってしまう人が多いので、かなり山の中に入らないと手に入りにくくなってます。
どうなるコトでしょう。
とりあえず、今食べたい方は、栽培モノで一足早く春の味覚を堪能してください。

抗酸化性の物質の中で、最も強く力を発揮するのが、クロロゲン酸。
食用菊、コーヒーなど、植物に広く含まれ、えぐみがある物質で、さびつくように体を老化させる活性酸素を掃除してくれる。

このほか、ケルセチンやケンフェロールというフラボノイドも多く、体のさび取りに相乗効果を発揮する。

クロロゲン酸は活性酸素による、しわやしみなど肌のトラブルも防ぎ、健康と美容両面のサポート機能がある。

抗酸化力は緑の葉の部分が最も強い値を示し、次いで緑の茎、白い茎の順。
緑の葉は、白い茎の約3倍もの抗酸化力がある。
くせがなく食べやすいと軟白部分を好む人が多いが、体のサビ取りには緑色の部分の方が効果大らしい。

加熱ではそんなに抗酸化力が失われないが、あく抜きなどで、長時間水にさらすのはタブー。
効果を持続させたかったら、あく抜きはなるべく手短に。

ワタシの父は、俳句を作るのですが、父の俳句の中で、ワタシがイチバン好きなのは、

芽も花も 喰われてもなお 山の独活(ウド)

という句です。食べられても食べられても、子孫を残そうとする強い生命力。そして、漢字では「独り活きる」と書くのです。

奥山にしっかり根を張って生きるウドのようになりたいと、何時も思っています‥‥  
Posted by seitaisikoyuri at 21:31Comments(0)TrackBack(0)

ジョージアってドコ?

おそようございます。
祝日で休みの土曜日なので、まったり過ごしております。

トリノの開会式、見るともナク見ていたら、「ジョージア」という国が行進して来ました。

『ドコの国??』みたいな感じだったのですが、TVは違う国の話ばっかりしていて、スルーしてしまいました。

『世界の地理を覚える最高のチャンスなのに、TVはどうでもいいコトや、知っているコトはシツコク教えてくれるのに、全然知らなくて、知りたいと思うコトはホトンド教えてくれない!』と思いました。

子供の地図帳を捜したのですが、「捜す時は見つからない」というコトのようで、息子は学校に置いてきたと言うし、ガッカリしてたのですが、『そうだ!! グーグルがある!!』と思って検索すると、「ジョージア」で検索されるのは、コカコーラのコーヒー関係か、アメリカのジョージア州ばっか‥‥、イヤ、待て待てと、「ジョージア国」で検索したら、どうもグルジアみたいです。ソビエトは分裂してタクサン国が出来たから仕方ナイと思ったのですが、情報がメチャ少ない。『本当かな?』と失礼ながら、思って「グルジア」で再び検索して、「ウイッキペディア」というページのグルジアを見たらありました!! 入場行進で見た国旗が!!

『あぁ、疲れた‥‥』というのが感想です。
グルジアとジョージア国がイコールなのかどうかヨク判りませんが、とりあえず大体判ったのでもうイイというのが感想です。

知りたいと思うと、ある程度までは納得しないと気が済まないモノで‥‥

それにしても、個人で調べなくても、その辺を調べて丁寧に教えてくれないものでしょうか‥‥

この辺が、衰退が忍び寄るTVと、これからマスマス発展していきそうなインターネットとの違いだと思います。

赤の十字が中央にあって、それで仕切られた四隅の余白に四つの赤十字が書かれた国旗でした。
どういう意味があるのでしょう?

知らないコトは世界中に無数にあります。
その全部を知るコトは出来ないけど、オリンピックはそれを知る絶好のチャンスだと思います。

全ての国が仲良く出来たら‥‥それは永遠の夢なのでしょうか?  
Posted by seitaisikoyuri at 09:47Comments(0)TrackBack(0)

2006年02月10日

一兵卒の声を聞け!

久々に浅田次郎さんの本を読みました。
歩兵の本領

浅田さんは自衛隊に入隊していた経験があるのですが、こういう話を読んでいると、防衛庁の施設を作る時に、天下りしたりしながら、高級官僚が税金からウワマエをはねているコトに対する怒りがフツフツと湧いてきます。

「踊る大捜査線」で一般に理解されている警察とかもそうですが、とにかく捜査を地道にする人々が大事にされないで、ただ頭だけヨカッタ人々が優遇されるのは、イカガなものかと思います。

昔、入隊されていたので(昭和45年頃)戦前の軍隊ばりのコトがあったと書かれています。
現在はどうなのかは知らないけど‥‥

ワタシの父は、軍隊は殴られるばかりなのがイヤで、陸軍士官学校に行ったと言ってましたが、父の自伝とかを読むと、上位の将校の考え方一つで任務地もカンタンに決定されるようで、死んだら困るからと、縁談を持ち込まれても断って戦地に行ったのですが、軍の上層部の方の娘さんと結婚していたら、国内で勤務出来ていたので、人生も変わってたと思います。(当然、ワタシはこの世に生まれてナカッタと思います。ちなみに、自伝というのは、どうも真実にコダワルばかりに、あまり面白くないものですが、かなり数奇な人生を送った人なので、脚色したらかなり面白い話になると思います)

話がソレマシタが、机上の空論ばかりしていると真実は見えなくなります。
何で父の話をしたかと言うと、父はソビエトとの国境にいて、情報収集をして、どうもソビエト軍が日本軍を攻めてきそうだと進言したのですが、「不可侵条約」を両国で結んでいるのだからというバカバカしい考えで、認められずにいたら、結局父の予想通りに日本軍は終戦直前に侵攻されて、敗戦を迎えたワケです。

何事も、最前線にいる人の話がイチバン真実に近いわけです。
上部の人が、作戦を練る必要はナイとは言いませんが、末端の意見を吸い上げようとしない集団は何れダメになります。

今の日本全体がそんな感じになってないとイイのですが、末端の公務員が働き蜂の様に働いて、民間企業や様々な零細企業の人々が収めた税金を、女王蜂の場所にいる高級官僚が居ながらにして、私服を肥やすようなコトは絶対にあるべきではナイと思います。

日本人は穏やかで、和をもって尊しとなす民族ですから、イイように踏み付けにされやすいと思います。でも、変なコトは変だとハッキリ言って、改めさせようとしないと、本人は江戸時代に「士農工商」などと持ち上げられていても、実際は「百姓は生かさず殺さず」という政策が採られていたような時代に逆行した仕打ちを受けるかもしれません‥‥  
Posted by seitaisikoyuri at 22:00Comments(2)TrackBack(0)

譲るということ

おはようございます。

昨夜、我が息子は必死になって宿題やってました。
それは、世界地図に各国の名前と首都を書き入れるコト。

考えてみれば、ワタシの頃は世界でイチバン広大なトコロに「ソ連」と書けば、スグ終わってしまったような問題に、相当手こずらされてました。

他にも分裂した国が多数あるし、今の小学生でなくてヨカッタ‥‥

昔は一般的に、グローバル化して世界が一つになるのが理想みたいなトコがあり、最近あんまり聞かないけれど「エスペラント語」という世界共通の言語を皆で使おうなんて運動もあったのだけれど、ヨーロッパは統一の方向に向かってはいるモノの、宗教間の対立も増加していて、確か
1984年

という小説で、そんな未来を予想していたような‥‥

ともあれ、イスラム教をバカにしたとヨーロッパで暴動が続いているように、人間にはどうしても譲れないモノがあったりするのだから、それを汲んでやるのも当然だと思うのだけど、現代の人間はファジーじゃなくなってきていると思います。ホトンドの人が。
バカにされても、相手がバカだと思って無視する度量もナク。

多額の税金をモラッて、予算の審議をする場面でタダ誹謗中傷をするナドありえないコトなのだけれども、こっちはワレワレ日本人が国会議員の暴走を許し過ぎたからかもしれませんから、何でもどうぞというワケにはいきませんけど‥‥

互いに譲れるべきトコロは譲り、これ以上はムリとハッキリ主張し、ギリギリのトコで相手を理解する気持ちがナカッタら、ドンドン分裂し、地域紛争化するのは避けられないと思います。

譲らされたと思えば腹も立ちますが、譲ってやったと思えば自分が寛容な人間に思えます。
人と付き合うというコトは、そんな当たり前のコトが大事なんではないかと思う、今日この頃。  
Posted by seitaisikoyuri at 08:01Comments(0)TrackBack(0)

2006年02月09日

血よりも大事なモノ

今日の午後は、マタマタ近所を自転車でパトロールしました。
風が冷たくて、耳はチギレそうなくらい寒かったです。
それでも、毎日順番にパトロールしていると、不審者は出なくなったとかいう話もあり、続けるのは意味あるコトなのかもしれません。

皆が自分のタメに動き回ってくれていると思うコトで、気が済むのならそれでいいのかもしれませんね。

誰もが、他人に自分の存在を認めてもらいたいのですから‥‥
ステップファザー・ステップ 屋根から落ちてきたお父さん 講談社青い鳥文庫

読んだのは文庫本じゃありませんけどね‥‥

宮部みゆき作とは、とても思えなかったくらいです。
でも、とても面白かった。そして、心が温まりました。

父親と母親が共に、不倫相手と一緒に姿を消し、もう一方の親が子供の世話を見ていると思われている取り残された二人の双子の男の子と、失敗して双子の家に落ちてケガをした若き泥棒さん、そして、泥棒の元締めで強きをクジキたいお年寄り。

双子は泥棒を父親がわりにしたがり、ついついホダされていってしまう。
お年寄りも祖父がわりになる。

こんな物語を読んでいると、御話とはいうものの、血縁が絶対視されているけど、そうとも言えないんじゃないかと思ってしまいます。

パトロールの中で、何度も児童館の脇を通りました。子供と一緒に楽しそうに遊ぶ「児童館のオバチャン」の笑顔は、とても輝いていてステキでした。

御客様の中にも、近所のではありませんが、児童館関係の方がいらっしゃいます。
そういう方達の御話とかを聞いていると、本当の親なのにと思う方がケッコウいるみたいです。
個人情報に絡むので、ここで御話できませんが‥‥

子供は社会に大事にされた方がイイ場合も、ママあると何度も思ったりします。  
Posted by seitaisikoyuri at 21:00Comments(0)TrackBack(0)

平等なんて夢のマタ夢

おはようございます。
格差社会が話題になっている昨今、皇位継承問題で露骨な差別意識が噴出していると思うのは、ワタシだけでしょうか?

天皇制の是非をココでは問題にするつもりはありません。何故なら、我々は法治国家に生きているので、憲法や法律が改正されない限り、全ての法は遵守されるべきだからです。恣意的に運用されたら、それは法ではナクナルからです。

でも、憲法にも当然矛盾はあるワケで、憲法によれば、天皇は象徴であると定義されていますが、それゆえなのか、天皇には基本的人権がまったく保障されてナイのが現実だと思います。

住居の自由、信教の自由、労働の自由、言論の自由、婚姻の自由等々‥‥

今回の皇室典範改正にしても、例えば「婿となった男性の父方が権威をカサにきてノサバルと困るとか(后の父親が権威を振るって政治に介入した例は過去、藤原氏や平清盛はじめ,幾らでもあるんですけど‥‥今の皇后の実家が何か政治的な発言をしたでしょうか? もし、女帝の婿の実家が何か政治的な発言したとして、それが通る時代だと認識しているの??)」、「女帝誕生の時には婚姻の相手を皇族関係に限定したい」とか、「青い目の男性と結婚してもらったら困る」とか、ムチャクチャな意見が続出してますよね。

「側室は認められてないのだから‥‥」みたいなのも、『一夫一婦制を破壊した方がイイの?』みたいな感じで、『一夫一婦制を廃止したら、金持ちの男に大勢の女が群がって、マスマス庶民的な男性は結婚が大変になる可能性が大になるのだけど、それでもいいのかな?』

ともあれ、国民の総意がそうであり、そのように法が改正されるのであれば、それを受け入れるか、あまりにバカバカしい法に縛られるのならば、住居を違うトコへ移転するしかないけどね。

ともかく、憲法の理念、法のモトの平等並びに基本的人権の尊重を欠いた発言ばかりが、タクサン飛び出しているので、おそらく全ての諸外国は、日本の人権に対する意識の低さにビックリしていると思います。

何時までも「島国根性丸出し」の議論ばっかりしていると、本当に全世界から相手にされなくなるので、覚悟をしとかないとね!!  
Posted by seitaisikoyuri at 08:04Comments(0)TrackBack(0)

2006年02月08日

正しい歴史認識?

昨日の国会討論、日本と外国とで正しい歴史認識をとの要請に「各国で歴史認識に差があるのはアタリマエ」とケムにまいてましたけど、モチロン、我が国の首相が‥‥

ともあれ、昨今の「皇室典範改正」に絡む話も含めてだけど、我が国の正史として認められている最古の「日本書記」とか読んだコトのある人なんて、何人いるのでしょうか?

ちなみに、「古事記」は正史ではありませんから‥‥でも、正史みたいな扱いをされているので、両方読み比べると、ヨリ様々なコトが判ります。

「日本書記」や「古事記」を読むと、本当に最高権力を得ようとすると、争いゴトは絶えないのだとヨク判ります。ちなみに、かなり正しいコトを書いているのかはアヤシイにもかかわらず、奇麗事では済まない現実が書かれています。どうしても隠蔽出来ないコトもあったのでしょう。

もう少し、信憑性があると思われる。「続日本紀」とかもそう。
続日本紀〈下〉

の「あとがき」に現代語訳した方の奥様が、こんなコトを書いてらっしゃいます。

旦那様は、横断歩道を渡ろうとして、暴走して来たバイクに撥ねられ脳挫傷で亡くなられたそうです。中巻の出来上がりも見れずに‥‥

学生時代に担任の歌人、窪田空穂教授が最後の授業で、「かねがね日本の歴史を皆に正しく分かってほしいと思っていた。そこで『日本書記』や『続日本紀』を易しい現代文に訳してくれる人はいないかね。私は時間がなくて手をつけられない。」と話したのが、ずっと気になっていて、「日本書記」、「続日本紀」の訳をなさったのだそうです。正に、そのタメに生まれてらして、仕事が終わったら、天に召されたような方だと思いました。

ちなみに、「続日本紀」とかの原文は漢字ばかりで、フツウの人なら、すぐ頭が痛くなりそうです。国史大系の「續日本紀」(吉川弘文館刊)は持ってますが、ナナメ読みすら大変です。

「古事記」の現代語訳の本もありますので読んでみると、今の世の中は戦乱で権力が移行しないので、平和でイイと必ずや思うハズです。日本の歴史について語りたい方は、教科書とかで習った歴史とかでナク、原本をヨク読んでから語っていただきたいものです。  
Posted by seitaisikoyuri at 20:58Comments(1)TrackBack(0)

結局そういうコトだったのね

おはようございます。
少し雪が降り、そのタメやや寒さが緩みました。ただ、気温はドンドン上昇するという感じにはならなそうです。

国土交通省は、税金で高速道路を作るコトにしたそうです。

でも、そんなに高速道路っているのだろうか?

高速道路と平行して、イイ道路が走ってたりすると、そっちを使えばタダだから、高速道路を使わないと地域住民は大体答えたりします。

なのに、その住民の税金で作るなんて‥‥

税金で高速道路を作るなら、ドイツのアウトバーンみたいに完全無料にしたらいいのに‥‥

それがダメでも、一台に一枚年間使用料として幾らかを徴収するカードでも作って、料金所を撤廃すればいいのに。

ETCにかけるお金も莫大で、ソコにも利権のニオイがするし、トラックとかは物流を担っているのだから、そうすればもう少しカンタンに高速道路を利用できて、運転手さんの労働も楽になるのではないでしょうか? 

トラック運転手さんの労働がキツイから、酒や麻薬でゴマカス人もいたりするようで、モチロン本人の意思の弱さが問題なんだけど、使用者がどう労働者を管理し、大事にしているかコソ問題だと思うのですが。

額に汗して働く人の暮らしを楽にするコトをマズ考えるべきだと思うのですが、どちからというと、楽して上前をハネル人が楽するように楽するように世の中が動いているような感じが‥‥

民間になって、道路公団も郵便公社も焼け太りしないとイイのですが、「民間だからコントロールできないよ」なんて感じで公益性のある会社が好き勝手したらどうなるのか、あまりヨク考えてないんじゃないだろうか?

過ぎた性善説は、トンデモないというコトに気付くまでに、どの位学習するのだろう‥‥

民間になれば、談合で問われる心配もナイから楽だよね。政治献金も可能になるし。

マ、結局どっちでも同じだと思って、色々コッソリやってるかもしれませんが‥‥  
Posted by seitaisikoyuri at 08:05Comments(2)TrackBack(0)

2006年02月07日

子は親の鏡

伊藤芳郎弁護士さんという人は、以前よくTVに出ていらした弁護士さんです。
親戚が一時共同で弁護士事務所をやってましたので、ワタシは少々興味があったのですが(ちなみに親戚はTVばっかり出ていて困るからと独立してしまいました)最近はあまりTVに出ず日本中を講演してらっしゃるようです。

PTA連合会の回覧する冊子の中に、「21世紀の子どもたちへ」と題した講演記録があり、かなり前に読んだのですがマタ読む時もあるかとコピーしておいたのを久々に読みました。

子ども時代に悲惨な体験をしてしまうと、ナカナカ立ち直れないものだなと思います。

農家に嫁いだら、夫は自分の畑を耕さずに、さぼっていては、他人の畑から盗む。子供二人の手を引いて、盗んだ農家に謝りに行く日々に嫌気がさして、離婚しようとする。

「子供まで連れて行かれたら死ぬ」と言われ、仕方なく子供達を父親のトコに置いて家を出て、すごくイイ人と再婚した。

ところが、父親は子供達の面倒を全然見ない。同居している祖父は大の子供嫌い。朝、二人に三百円だけを渡して、「これで、一日二人で食え」と言われる。

お腹が空いた子供達は盗みやかっぱらいをする。で、学校の先生が母親に「子供を引き取って欲しい」と頼む。

母親は再婚した男との間にも子供がいるのだが、盗みばっかりすると困ると思い引き取って育てる。

でも、兄の盗みは止まらない。母親は、それが許せず「あんたの手は、人様のものを盗むために産んだんじゃない」と本当に兄の手を包丁で切る。

母親はそれを「しつけ」だというけど、一般的に見たら虐待のレベルで、それを見ていた弟は、やがてボスとなって集団で「オヤジ狩り」をするようになっていってしまったという話を読むと、「ウーン‥‥」と思ってしまいますよね。

『真実は小説より奇なり』
とは言うものの、何とか社会で救いの手を差し伸べなければいけないと思うし、もしかしたら、実の母親と暮らすよりも、施設で育った方が逆にヨカッタのかもしれません。
幻の母親を理想の母親だと思って暮らせたかもしれないから‥‥結果論ではありますが。

子供を虐待死させた母親が、再び子供を虐待したという事件もありました。
血縁をあまりに重視すると、逆にトンデモナイことになってしまうのかもしれません。

我々親は、心して子供と暮らさないと、イケナイとこうしたモノを読む度に、何時も思い知らされます。  
Posted by seitaisikoyuri at 20:59Comments(0)TrackBack(0)

理想とする社会は?

おはようございます。

何だか、何時も社会に批判的なコトばかり言っているので、ではどんな社会が理想なんだと聞かれそうなので、完全無党派を表明しているワタシですが、イチオウの理想はあります。

それは、高校時代に習ったと思うのですが、ロバート・オーエンの「空想的社会主義」というもので、オーエンは理想のタメに私財を投じて無一文になったので、「理想的すぎる」とレッテルを貼られてます。

共産主義も理論としては完璧だと思うのですが、人間がそんなにモラリストにはなりきれないと思うので、そちらの実現はホボ無理だと思われます。

オーエンの考え方は、カンタンにいうと「全ての人が、豊かになれば、皆、シアワセに暮らせるだろう」というコト。
「それは無理でしょ」といわれるかもしれませんが、ホトンドの人が中流だと思っていたコロの日本はそんなに今の様にスサンでなかったと思います。

今の社会は、「衣食たりて礼節を知らない時代」ですが、それも何時足元をすくわれるかもしれない時代と無関係とは思えません。

競争があるからイイ場面もありますが、行き過ぎた競争は最終的に戦争への道にツナガリます。

落ちこぼれもフォローしながら、皆でもっと前向きに生きていかないとダメだと思うのです。

無論、生活保護の不正受給とかを認めず、生活保護を受けている人でも、何らかの社会参加や社会奉仕の義務付けは当然すべきコトと考えます。

『働かざるモノ食うべからず』

父親はソ連に戦後抑留された時に、共産主義の考え方としてそう言われたそうです。
でも、悪しき平等主義が、共産主義の理念を打ち砕いてしまいました。

良運に恵まれた人は、それを感謝して社会に還元し、社会の最低ラインの引き上げをはかり、
悪運に捕らえられた人も、それを嘆くコトなく出来るコトを出来る範囲でする。
そうして、両者が仲良くそれぞれの道を生きていけたら、それでイイのではないかと思います。

ワタシの考えは机上の空論かもしれませんが、手に入れた権力で傍若無人に振る舞おうとしたり、運の悪さを嘆くばかりで何も行動をしなかったりしてたら、世の中はドンドン悪くなるばかりだと思います。

高校時代、もう一つ実践主義(プラグマティズム)というのも、スバラシイ考え方だと思いました。人生は、理論より実践あるのみだと思います。  
Posted by seitaisikoyuri at 09:17Comments(0)TrackBack(0)

2006年02月06日

モノゴトは冷静に考えるべき

去年の今頃どんな話題で日本中が湧いていたか、覚えていますか?

今のライブドアと同じような感じで、「西武グループ」の件で騒然としていたのです。
「西武王国」崩壊

この本を読んでイロイロなコトを考えました。

そして、「日本人は熱し易く冷め易い」なんだろうなと思いました。

冷静に分析できるイマこそ、しっかり考えれば未来をヨクするコトが可能だと思われるのに、もう過去のコトみたいな感じになってませんか?

ともあれ、この本には証言が得られないからと、創業者についてホトンド触れられていませんけど、かなりヤバイ橋を渡って土台を築いたコトは、公然の秘密みたいなモノなので、父親の引いたレールを走れば、当然の結末のような気もします。

バブルをアオッたのは一体誰なのか?

そして、踊らされたのは誰なのか。

じっくり読めば判ります。

そして、同じようなコトがライブドアにも起こっただけなんだと思うのですが、失敗したら学習して二度と失敗しないでおこうと思うのが、フツウだと思うのですが、「ワーッ」と行って「ワーッ」と引いてしまう、この国の大部分の人はおそらくマタ同じコトを繰り返すだけなのかもしれないと思いました。

企業家と政治家、銀行、右翼や暴力団、皆、過去にありふれた話なんですけどね‥‥  
Posted by seitaisikoyuri at 20:04Comments(0)TrackBack(0)

年金の功罪

おはようございます。

父親が死んだのに、年金が欲しいからと遺体を土に埋めていたという事件がありましたが、年金はアリガタイものではあるものの、「??」みたいな感じになるコトもあります。

国民年金みたいに、月額が少ないものはともかく、厚生年金の高額受給者加えて企業年金となると、かなり膨大な額になるので、働いて得た本人はイイのですが、それを当てにする子供の存在が問題になります。

ニートとかが増加したり、未婚の子供が増えるのにも、一役かっているのではないかと思えなくもありません。

親元にいて、何不自由ナク暮らしているのに、その暮らしを手放したいとはナカナカ思えなくなるからです。

両親がお金持ちの家には、独身の人がケッコウ居るような気がします。

モチロン、両親が我が家に釣り合う人をと高望みしているのが、原因だったりもするのですが、子供の方も現在の生活水準が低下するのをイヤがる場合も多く‥‥ただ、何時までも親が永遠に生きていてくれさえすればイイのですが、そうとは限らないので、ナカナカ面倒になりそうな感じです。

おそらく、それは老人の数が増えるコロにもっと表面化して来ると思います。

そして、もう一つ問題なのが、多額の年金で施設に預け、年金と支払いの差額をフトコロに入れている人々の存在。

そのタメに、入所したくてもナカナカ入れなかったりする人もいるし、延命のみでタダ生きてらっしゃる方もモノスゴク多いらしいという実情。良くなって家庭に戻されると困るので、生かさず殺さずで頼む様な家族の願いを社会保険制度で支えている現実。

そして保険制度が瓦解したら‥‥

かなり恐ろしい未来が待っているかもしれません。

年金が少ないので大変だけど面倒を見る方もいたり、世の中の制度に100パーセントOKなものはナカナカないものではありますが、年金制度が維持できるかだけでナク、様々な問題があるコトも知って手を打たないと、将来大変なコトになるかもしれないのです‥‥
  
Posted by seitaisikoyuri at 08:02Comments(2)TrackBack(0)

2006年02月05日

虐待を防ごう!!

「日本農業新聞」の記事によると、名古屋市のNPO法人の調査で、2000年に児童虐待防止法が施行されたけれども、全国紙、地方紙計24紙の報道を基に虐待で死亡した18歳未満の子どもを対象に調査した結果、法が施行される前の95〜99年が563人、2000〜04年が656人と1.17倍に増加しているという。

これは、法の施行で病院や周囲の人が警察に通報したからという可能性もあると思うので、一概に言えないが、法の施行が防止に役立っているとは言えないと思って間違いないでしょう。
虐待による悲惨さを描いた小説で有名なのが、
永遠の仔〈上〉

で、TVドラマ化されたから、御存知の人も多いと思われますが、虐待されて心の傷を負ってしまうと、そのトラウマを克服するのに、大変なコトになります。

子育てが出来ない人には、少しでも早く社会からの支援、養護施設への入所も含めて検討すべきではないかと思います。

聞いた話ですが、老人介護とかでも、虐待はケッコウあるらしいです。
誰でも、ストレスのはけ口がナイと煮詰まってしまいます。

介護施設への入所が出来なくて困っている人もいるようですが、せめて緊急を要する時や、イザという時に駆け込める場所を整備しておかないと、悲劇が待ち受けています。

法を整備するだけでナク、受け入れ体制の充実を図ったり、そういう施設があるコトをもっと周知徹底するコトこそ、大事なのではないかと思います。

子供は、親だけの子供ではナク、社会の子供なのです。
子供はやがて大人になり社会を支える人間になります。
そして、年老いて老人になるのです。
そのどちらも大切にする社会ならば、自然と社会は落ち着きと秩序を形成するのではないでしょうか?
犯罪の芽は、見つけ次第摘まないと、犯罪だらけの社会になってからでは遅すぎます‥‥  
Posted by seitaisikoyuri at 20:34Comments(0)TrackBack(0)

「ラスト」シーン・ネット殺人の深淵

おそようございます。
しっかり寝て、それからどう書くべきか少々悩んでました。

長野県内で起きたネット殺人。
依頼した息子。そして、殺された父親。殺害の資金は孫が出し、そしてその金の出所は殺された本人からだった。
LAST

この本を書かれた石田衣良さんもビックリの展開だったと思います。
悲惨な話です。石田さんの本を読んで驚き、現実の話にアキレルみたいな‥‥

「ニート」になるのは、やっぱりその親にイチバンの問題があるのだと思います。
ワタシもその範疇に入るのだろうという人を知ってますが、働けるのであれば、自分の稼ぎで暮らさせる努力をするべきでしょう。

働かずとも生きていける。
とりあえず食うに困らない。

そんな感じで、自分を活かせる仕事も判らない状態で、自ら仕事探しに行きたくなると思うでしょうか?
楽してできる仕事なんて、この世にありません。

子供を怒りながらも借金はチャラにしてやるなんて、怒られてさえいればイイと思うに決まってます。
怒りながら金を出すのは最悪の選択です。
一切出さないか、一家で行き着くまで行くつもりで腹をくくるかどっちかです。

インターネットが怖いのではナク、それを操る人の問題です。
石田さんの本には、微かな希望の光が見えもしますが、現実の話は闇に沈むだけの話のようです‥‥  
Posted by seitaisikoyuri at 10:50Comments(0)TrackBack(0)

2006年02月04日

リフレッシュにはレモン!!

国産レモンが出回る時期になりました。
防カビ剤が怖いので、健康のタメに常用したいなら、新鮮な国産品をオススメします。

朝に続いて、「アンドユー」からレモンの特集記事の抜粋です。

有害な活性酸素から細胞を守ってくれたり、美肌、疲労回復に効果があるレモンの効能を知ってください。

,靴澆簓邪を防ぐ
肌のしみを防いだり、免疫力を高め風邪をひきにくくするビタミンCを多く含む。Cが不足すると、内出血や歩行困難を引き起こす壊血病になるので、人間にとっては必須ビタミン。

高血圧予防に
ナトリウムの排出を促すカリウムを含む。レモン汁を調味料として使い、塩分を減らすと高血圧予防に一石二鳥の効果が。

F位硬化を抑える
さまざまな病気の原因となる活性酸素を除去する抗酸化力が高い。代表的なのは、ポリフェノールの一種、エリオシトリ。悪玉コレステロール(LDL)が血液中で酸化し、血管の壁にくっつき動脈硬化を招くのを抑制する。エリオシトリ以外のポリフェノールも現在、研究中。

ぅ丱謄丱討了に
クエン酸が疲労の原因となる乳酸ができるのを防ぐ。レモンをうまく取り入れて、疲れを癒してみては?

レモンの皮に香り成分のレモネン、ネロール、ゲラニオールがあり、これらはレモン油と呼ばれ、整髪料などの香料に使われてます。
さっぱりした気持ちになるので、香りを楽しむのもリラックスに役立つかもしれませんね。  
Posted by seitaisikoyuri at 21:06Comments(0)TrackBack(0)

恋はカニパワーで?

おはようございます。
本日も「日本農業新聞」の「アンドユー」から永山久夫さんのコラムの話題です。

恋は気力と体力です。
気力と体力を強化してくれる成分がカニに多いのです。
恋を始める前に、まずカニなのです。
カニは高たんぱく、低脂肪の健康食材であり、セックスミネラルと呼ばれる亜鉛が多いのです。
男性の性ホルモンや精子の生成とも関係が深く、不足すると精液の不足や精力ダウンなどが起こりやすくなることが分かっています。
さらに精子の数を増加させるアルギニンというアミノ酸もたっぷり。

肝臓を丈夫にして、眼精疲労にも効果大のタウリンも含まれているのです。
気力と体力にパワーをつけるためにもカニに注目!

だそうです。
ともあれ、「あの人いいな〜」みたいな気持ちは大事ですね。
誰にも好かれなくてもイイと開き直ったり、誰も好きになってくれないとヒガンだりしても、何にもなりません。
誰だって嫌われるより、好かれる方がイイに決まってます。

ただ愛情に飢えているみたいに、相手の望み通りになろうとすると、これまた疲れます。
「100パーセント、自分のママを愛してくれ!!」
と言っても、では、自分で自分のコトを100パーセント理解しているのかというと、これまた疑問です。

自然体で受け入れてくれる人がイチバンです。

でも、自然だからと、ホッタラカしたままもチョット困ります。
イチオウTPOには注意しつつ、最小限の身だしなみくらいはして、外に出てみましょう!

他人は自分が思っているほど、アナタに注目してはいません。
もし、アナタが誰かにイロイロ言われてたとしたら、それはアナタがイイ意味でも悪い意味でもその人に関心を寄せられているというコトです。

その言葉を吟味すれば、アナタがどうしたらイイのかのヒントが眠っているハズです。

それを無視するのも手だし、活用するのもOKでしょう。

100パーセント他人の言葉に左右されず、でも受け入れられるトコは受け入れるみたいな柔軟性は、社会生活にとても大切です。

難しく考えず、タマにはカニでも食べてリッチな気分を味わってみるのもイイかもしれません。  
Posted by seitaisikoyuri at 09:29Comments(0)TrackBack(0)

2006年02月03日

今日は節分

今夜は、息子が初めて豆まきをしました。
去年までは主人がやっていたのに‥‥大きくなったなと思いました。

立春なのに、今日は寒の戻りで雪が降りました。
北の方は吹雪だったと御客様がおっしゃっていました。
それでも、徐々に日差しが長くなって本当に春近しだと思う今日この頃です。

心が温まるニュースがもっとあればいいのに、1500人もの人が海で遭難したようです。

アメリカでは、気持ちの良くなるニュースばかり一日中流すTVがあるそうですが、気持ちは判ります。
世の中の真実からは目をそらしてしまうとは思いますが、心が疲れている人はそういう番組編成の方が、力は湧いて来ると思います。

時には、そうやって世の中から隔絶するのも、一つの方法です。

「引きこもり」とか「オタク」と呼ばれている人達も多分、そんな方法で自分を守っているのだと思います。

蝶や蛾も空に舞い上がる前に、サナギになるように、そういう時があってもいいのだと思います。

でも、必ずや、ある程度の期間の後には外に出て欲しい。

親の対応にも問題があると言われています。

どのような形であれ、外界とツナガろうとしている子供を押しつぶすようなコトをしないで欲しい。

ニートの子供が、アルバイトでもしてみようかと思っても、親が「そんな仕事なんかダメ」「もっとイイ仕事がある」とか邪魔する人もいるみたいです。

子供にケガをさせまい、傷付かないようにしたいと温室に置いていたのでは、温室から外に出た途端にシオレテしまいます。

踏まれても、踏まれても置き上がる雑草のような強さも、生きていく上では大切なのです。

ある程度までは充分大事にして、大きくなったら外に羽ばたいて行くのを見守るようにしないと子供は何時までも独り立ち出来ません。

我が家も、徐々に親の役割が小さくなりつつあります。

親という字は、「木の上に立って見ている」のが丁度いいのだという話を聞いたコトがあります。

離れて、でも見守っているのが、イチバンというコトなんでしょうね。  
Posted by seitaisikoyuri at 21:58Comments(0)TrackBack(0)

愛せる人になれる「理由」

おはようございます。
昨夜のブログに親愛という言葉を使いましたが、「愛」と「親」には密接な関係があり、それは人間に与えられる最初の愛は一般的には親からで、親の「愛し方」こそが人間の「愛」の原型となるからだと思います。
理由

ここにも不条理殺人が行われますが、結局、全てその人間に対する「歪んだ愛情」が引き金になっているワケで、最後に「将来、自分も殺すようになったんだろうか?」と思う少年も、「少年のタメ」と言われ続けて人生の選択を強制されているにも関わらず、決して少年の意志を尋ねられ尊重されていないという意味で、現在における「ヒズミ」を象徴的に表現されているのでしょう。

長野県では、ネット殺人について全国より早く詳しく詳細な報道が今も続いています。
祖父と父と孫の奇妙な関係が、徐々に明かになるにつれ、マスマス理解しずらい様相を呈してきました。
犯罪は、その事実もそうですが、その背後関係を知らないとそうした犯罪の再発防止にもならないものです。
まだ全容が明らかにならないので、ネット事件へのコメントは避けますが、ワタシが今日の地方のニュースで目を留めたのは、塩尻市の職員だった32歳の男性とその両親が、給与のデータの改ざんにより360万円余りを着服していたコトが明るみになり、父親が全額返済したものの、懲戒処分になったのを苦にして三人で自殺したという記事です。

全額返済しようと罪は罪なのですが、それを償おうとせず、逃げ出すような解決方法は問題があると言わざるを得ません。

不正献金を返済して、不問にしている人々と比べれば反省しているとは思いますが、人生は失敗を次にどう活かすかだと思います。

失敗の度に死んでいたのでは、命が幾つあっても足りません。

踏みとどまる勇気も、愛あればこそだと思います。
美しいモノを愛でるのは誰でも簡単で、何の努力もいりません。
欠点も含めて全部を愛し、共に正しい道に向かって歩き出してこそ「真の愛」なのだと思っています。  
Posted by seitaisikoyuri at 09:26Comments(6)TrackBack(0)