2006年03月31日

EQを向上させる自律訓練法

お待たせしました。息子の宿題を見ながら書いているので、ナカナカ書き込めません。

以前、「しっかりと眠りたい方に」というトコで書いたドイツのシュルツ教授の考えた方法です。基本的な標準練習をココにしっかり書いておきます。

静かな雑音の入らない部屋で、リラックスできる服装や姿勢をして、部屋を明る過ぎず、良好な通風で、20℃前後にする。

メガネや腕時計をはずし、靴や靴下を脱ぎ、ベルト、ネクタイ、襟もゆるめる。自宅でやるならば、パジャマ姿がベスト。

背もたれのない椅子や手近な箱に腰かけたら、全身の筋肉を十分に弛緩させた姿勢をとり、両腕を垂れる。次に頭から背筋をピンと伸ばしたあと、一気に全身の力を抜いて肩を落とし、首を垂れ、うなだれた姿勢でリラックスする。

ソファなど背もたれのある椅子の場合は、仰向けに横たわるつもりで、全身を背もたれにあずける。ベッドの場合はごく自然に仰向けに横たわる。

いずれの場合も、全身の力を抜き、できるだけまっすぐな姿勢でリラックスすることがかんじんである。リラックスできているかどうかは、腕を両脇に垂らして、だらんとしてたらOK。

両眼を軽く閉じ(眠りたくない時には、半眼、開眼など場合に応じて)、出来れば朝、昼、晩とやるのがベスト。多忙な場合は一セッションでも仕方ないが、毎日の継続が大事。

次の言葉を心の中で、ゆっくりと繰り返す。

「気持ちが落ち着いている」
「両腕、両脚が重たい」
「両腕、両脚が温かい」
「心臓が静かに規則正しく打っている」(心臓疾患のある人は避ける)
「らくに呼吸している」(胸部疾患のある人は避ける)
「胃のあたりがあたたかい」(内臓疾患のある人は避ける)
「額が涼しい」

これを約60秒で行い、その後、下の平常の意識に引き戻す調整運動を10秒する。

〔椶鯤弔犬燭泙泙劼犬鯱栃△砲弔院⇔章咾魘く曲げる。
∪いよく手を前に突き出す。
N章咾龍伸を3回したら、深呼吸1回をして目を開け、しっかり覚醒する。

中に調整運動を二回入れて、三回言葉を繰り返して1セッションと数えます。
言葉と同じ感覚を手に入れないとダメなので、全部を一気にしようとせず、徐々に全部できればイイと考えて、一つづつクリアーしていってください。では、健闘をお祈りします。  

Posted by seitaisikoyuri at 21:54Comments(2)TrackBack(0)

リラックスしてEQを高める方法

おそようございます。仕事の関係で、更新が遅れました。

ここで、一冊の日本人向けに書かれたEQの本を御紹介しましょう。
EQ、その潜在力の伸ばし方
ここに書かれている、リラックスによるメリット(渡辺俊男『リラクセーション』不昧堂出版より)では、

〔精神面でのメリット〕頭を十分に休ませることができ、新しい活力、精神的エネルギーが補給される。頭がはっきりしてきて、精神活動が積極的、能率的にできるようになる。精神集中、精神統一ができ、明確な判断力がついて、力強い決断力が得られるようになる。容易に落ち着きを取り戻すことができる。騒音、わずらわしい光、悪臭、痛みなどから受ける苦痛や不快感が減少する。神経質な状態から解放される。イライラした気持ちをなくすのに役立つ。タバコの吸いすぎ、つまみ食い、癇癪(かんしゃく)などの癖をなくすのに役立つ。

〔生理面でのメリット〕血圧が下がる。不眠がなくなる。慢性的な頭痛の軽減。電車の中などで排尿や排便をらくに我慢できるようになる。胃腸が丈夫になる。内臓の治療にプラスになる。

というコトで、練習法も書かれています。それは、晩にゆっくり書かせて頂きます。  
Posted by seitaisikoyuri at 10:19Comments(6)TrackBack(0)

2006年03月30日

シアワセに必要な能力

では、一般的にどうすればいいのでしょう。

次の能力が、備わっているか考えてみてください。

ー信‥‥自分の身体、行動、周囲の世界をコントロールし、自分はきっとうまくできるだろう、他人も力になってくれるだろうという感覚。

好奇心‥‥何かについて知ることは良いことであり、楽しみにつながるという感覚。

7弉萓‥‥周囲にインパクトを与えるタメに、粘り強く努力し、成功する能力。自分の能力を信じられるコト。

ぜ制心‥‥歳相応の方法で、自分の行動や内面をコントロールする能力。

ッ膣岼媼院邸甜分は他人を、他人は自分を理解していると考えて周囲と協力する能力。

Π媚彖堕滅塾蓮邸展生譴砲茲蝓他人と思考や感情、概念を交流したいと望み、他人に対する信頼感や他者とのかかわりを快と受け止める能力。

Ф調性‥‥集団の中で自己と他者の欲求のバランスをとる能力。

注意を集中できず、人を信頼せずに疑り、悲しみや怒りにとらわれて楽天的になれず、ルールをわきまえず破壊的で、不安に押しつぶされ、恐ろしい空想にとらわれていて、いつも自分自身に不満な人は、世の中に満ちている可能性を手にするどころか、可能性に手をのばすこともできなくなってしまいます。

ともあれ、情動のパターンは学習によって矯正出来るものですし、持って生まれた気質(人間の基本的性格の背景をなす感情面の傾向)も変えることは可能なのです。

ただ、モチロン幼児期から、そのように教育した方が好ましいのですし、学力中心の教育よりも情動教育の後に学習した方がより効果的なのだろうと思います。

IQとEQは対極にある概念ではナク、相互に高めうる能力なのです。  
Posted by seitaisikoyuri at 20:37Comments(0)TrackBack(0)

「共感」の力は偉大

おはようございます。

「共感」が何故、必要なのかというと、最も卑劣な犯罪を犯す人間の多くは、共感が欠如しているからです。

この悲しむべき心理的断層は強姦犯、子供に対する性犯罪者家庭内で暴力犯罪を起こす者たちに共通してみられ、犠牲者の痛みを感じることができないから、自分に対して犯行を許す言い訳ができるのだ。たとえば、強姦犯は、「女は本心では姦ってほしい」「抵抗は嫌がってるふりだけだ」と、幼児犯罪者は「子供を傷付けているのではナク、愛情表現にすぎない」そして、虐待する親は、「厳しくしつけているだけにすぎない」と‥‥

奈良の小学生殺人事件の犯人を念頭に置いて、幼児にいたずらする心理の説明をなぞってみよう。犯人が、怒り、抑うつ、淋しさなどの感情でイライラし、幸福そうな人を見て独りの自分への不満が増幅し、子供との友情というような妄想で慰めているうちに、空想を現実で演じたくなり、「肉体的に傷付けるわけではナイ」とか、「イヤなら子供がやめてというのだから」などと、倒錯した空想のレンズ越しに子供を見るので、生身の子供がどう考えるか考えられないので、計画して実行してしまうのだ。自分の空想に出て来る従順な子供の姿のみを被害者に投影しているので、被害者の「激しい嫌悪や恐怖」は念頭にナイ。なぜなら、それだと犯人の楽しみは「だいなし」だという勝手な理由で‥‥

こういう場合の治療プログラムは、自分が犯したような犯罪を被害者の視点からつづった文章を読み。被害者が涙ながらに語るビデオを見て、自分のしたことを被害者だったらどう思うのかを我が身に置き換えて、文章を書き、心理療法グループの前でその文章を読み、犯行に関する質問に被害者の視点で答え、最後に犯行の状況を再現し、犯罪者が被害者の役を演じるのである。

「被害者に共感できると、空想の中でも相手の苦痛を否定しずらくなる」ので、再犯率が高い性犯罪にもかかわらず、再犯率は治療を受けなかった犯罪者の半分になったそうだ。共感にもとづく動議づけが大切だというコトであろう。次は、もっと一般的な人のコントロールについて書きます。  
Posted by seitaisikoyuri at 09:12Comments(0)TrackBack(0)

2006年03月29日

心も癒す医療へ

さて、今朝の続きです。健康にも、EQが関係してきます。

安保徹教授も述べてらっしゃいますが、ストレスは一時的に免疫による抵抗力を抑制する。これは、当面のサバイバルに必要な緊急行動に備えてエネルギーを温存する働きではないかと考えられ、強度のストレスが絶えず与えられた場合は、免疫機能の抑制が長期にわたる可能性もあるのです。

腹が立った出来事を述懐する研究では、患者の心臓のポンプ効率が5パーセント低下したし、ある人は7パーセント以上低下して、心臓外科医が心筋虚血(心筋への循環血液量が危険なレベルまで低下した状態)の徴候とみなすほどの数字を出した。

怒りっぽい性格の人は、心臓停止で死亡する確率が比較的穏やかな性格の人の三倍にも達した。また、怒りっぽい性格に高脂血症が加わると、怒りがもたらす生命のリスクは五倍も高くなったそうだ。

心疾患の既往症がある人の場合、怒ったあとで心停止を起こすリスクが倍以上、一度怒ると危険な状態は約二時間も持続するという。

ただ、怒るべき時に怒りを抑えればいいというワケでもナイ。そうした感情を抑えすぎるとかえって心の動揺が高まって血圧の上昇を招くおそれもある。

つまり、怒りを表出させるか否かよりも、怒りが常習的か否かが問題なのである。たまに怒る程度ならば健康に害はないのだが、心の中に常に敵愾心が存在し、敵対的性格となると、怒りを爆発させ、人に不信を抱き、皮肉っぽく、口を開けば人を傷付ける発言ばかりとなる。

ただ、敵愾心は習慣であり、心臓発作を起こした人達の中で、怒りをコントロールするトレーニングを受けた人は、受けなかった人と比べると、二回目の発作を起こす確率が44パーセントも低下したのだという。

今朝の裁判の件も、「判決は医師に完全を求め過ぎている」と医療現場では困惑していると新聞に書かれていたが、緊急医療が大変なのは判るけれども、「一応の過ちは認めてから、こちらの大変さも理解して欲しい」というコトと、「こちらは大変なのだから、多少のコトは目をツブって」とでは、最愛の子供を亡くした親にとって、似てはいるが全然受け止め方が違うとは思わないのだろうか? 

著者も自分の経験から、医療関係者が肉体的な症状には対処しても、患者の感情面への配慮が不足しているトコロがある。現代医療には、EQの欠如している場面が多すぎるとも述べている。

明日はどうすれば感情のコントロールが出来るかに力点を置きます。  
Posted by seitaisikoyuri at 20:01Comments(0)TrackBack(0)

精神の幸福を得るカギ

おはようございます。昨夜の続きです。

五歳の男の子の割り箸事故で亡くなられたのは、大変お気の毒でした。ただ、裁判所が医師の注意義務違反を唱えたコトに対しては、もう少し被告が謙虚になった方が、御遺族の感情を逆なでしなかったと思います‥‥人間には、失敗もありますが、その時にどういう態度を取るかで、相手の気持ちが全然違ってくるからです。

そういう他人の感情に共感したり、推測できる能力こそがEQなのです。

「感情」を消去したら、人生は豊かな色彩を失い単調で不毛な世界になってしまう。それぞれの場所にふさわしい感情を持つコトこそが、人生を豊かにする。

ただ、感情の強さや持続時間を制御しきれなくなると、抑うつ状態で動けなくなる、不安に耐えきれなくなる、怒りに荒れ狂う、躁状態で動き回る、といった病的な状態になってしまうそうです。

不快な感情が極端に強くなったり長時間持続したりする状態は、精神の安定をおびやかす。といって、苦しみが何の役に立たないというワケでもない。創造性や高い精神力を養う力であり、苦しみは魂を強靭にしてくれる。

古代の学者として名高いアリストテレスは、『ニコマコス倫理学』(高田三郎訳)で、次のように述べている。

然るべきことがらについて、然るべきひとびとに対して、さらにまた然るべき仕方において、然るべきときに、然るべき間だけ怒るひとは賞賛される。

つまり、何にでも怒るのではナク、怒るべき事柄・存在を限定してそれに対して、怒る方法を冷静に考え、怒る時のタイミングをはかり、クドクなく怒れば、例え怒るというイヤな感情であったとしても、他者が受け入れ、賛同してくれると述べているのであろう。

快い感情と、不快の感情とのバランスが心の満足感を決定する。満ち足りた気分で暮らすには、不快な感情をすべて避けることが大切なのではなく、不快な感情が嵐の感情となって快の感情を吹き飛ばしてしまうことのないようコントロールすることが大切なのだ。ひどく腹が立つ出来事や落ち込む事件があっても、それを相殺してしまう楽しみや幸福があれば満ち足りた気分になれる。

情動に対する知性(EQ)こそが、人生に対する満足感を左右する大事なものであるコトをもう少し理解して頂きたいので、続きます。  
Posted by seitaisikoyuri at 09:10Comments(4)TrackBack(0)

2006年03月28日

心の平安を得るタメに

やっと、今じっくり読んでいる本の話ができます。姉歯元建築士の奥さんの自殺したコトについてもコメントしたいとも思わないではありませんが‥‥自殺したくなったら、しかるべき人に「死にたい」という話をしてからでも遅くはナイと思います。皆さんも、取り返しのつかないコトをする前に、じっくり考えてみてくださいね。

そういう激情に駆られるようなコトは、今朝の話ではありませんが、理性を衝動的な感情が上回ると、ツイやってしまうようなコトがあるのだそうです。
EQ―こころの知能指数
この本で、日本ではこんな判決が出ると思えないのですが、例としてフロリダ州の高校一年生で、将来ハーバード大学の医学部に進学したいと思っていたオールAの生徒が、物理の試験で80点を取り、Bの成績をつけられたというダケで、進学の夢が絶たれたと思い込み、肉切り包丁を持って学校へ行き、物理の先生の鎖骨付近を包丁で刺したという事件があり、裁判では、当時生徒が一時的に正気を失っていたとして無罪判決が出たそうです。

その後、別の私立高校に転校して、首席で卒業した生徒は教師に傷を負わせた責任さえ認めず、一度も謝罪しなかったという。

これは、高い知能の持ち主でも、こういう不合理なコトをするのは、感情をコントロールする能力と学業成績は必ずしもリンクしないという証明です。IQも高いにこしたコトはありませんが、人間がシアワセに生きるタメには、EQが大事なのです。

これからEQについて詳しく書いていこうと思いますが、本日はココまで。オヤスミナサイ。  
Posted by seitaisikoyuri at 21:32Comments(0)TrackBack(0)

多重人格犯罪者なのか?

仕事の都合でこんな時間になりました。コメントを頂いている場合は、時間が許せばそれにコメント返しを先に心掛けておりますので(何時もコメントを頂いている方は優先的に、それ以外の方はどういう方なのか、じっくり判断してからなので、かなりブログに反映されるのが遅くなっていますので御了承ください)、何時もの定時更新からズレテます。

さて、オウムの教祖といい、奈良の女児殺害犯といい、自分のしでかしたコトを理解できない人が増えているようです。

これを多重人格とかだと考えるコトも可能なのですが(以前のブログの中の、『「私」が、私でない人たち』の中で出て来た、〈ISH〉の中には、自分が「神」であると名乗ったりするらしいので、そう理解したら、今回自らの犯罪を理解しようとしない「別人格」を創り出したのだと考えれば、凡人でも理解しやすいと思いますから)、そういうコトを考え続けてしまうと、犯罪者はホトンド無罪になってしまうと思います。

何故ならば、冷静に考えて殺人をしようと思うような人は、そんなに存在するとは思えないからなのです。

昨日読んでいた本(話が混乱するので、その紹介はアトにします)でも、人間はカッとなった瞬間のコトは、理性を感情がハイジャックしてしまうので、覚えていないというコトがあると書かれていました。(難しくいうと、情動をつかさどる「扁桃核」が大脳新皮質よりも速く、攻撃・逃避反応するからです。この話は、アトで詳しく)

それを加味すると、カッとしてやってしまったコトを、殺人者がヨク理解してなくても仕方ナイらしいのです。

でも、だからといって、全てを許していたとしたら、何の落ち度もナイ一般の犠牲になる人達はたまったモノではありません。

被害者が『病気だったのだから仕方ナイ』と思えるくらいのコトならともかく、殺人となるとコレは死刑の是非とも絡むし、現在の司法制度とも絡むので、簡単には論じられない出来事です。

ともあれ、我々は「悪法も法なり」と言って無実の罪でも死んでいったソクラテスの考える法治国家に生きているワケです。

法律に則って行動すべきであり、今回のオウム裁判の弁護士の行動は、それを知っていると認定されている弁護士の行動とは思えません。

裁判も、勝ち負けにコダわるあまりに、姑息な手段を使う人々がケッコウいますが、正々堂々と自らの信ずるトコロに従って、良心に恥じるコトなく進められるコトを誰もが願っていると思います。  
Posted by seitaisikoyuri at 10:25Comments(1)TrackBack(0)

2006年03月27日

ナバナで皮膚や血管を若くする!!

さて、「日本農業新聞」、「アンドユー」の特集です。

本日読んでいる本はとてもスバラシイので、その話もしたいのですが、一回で紹介できそうもナイので、先に何時もの紹介をしておきます。

売っているナバナだけでなく、家庭菜園などをしてらっしゃる方は、小松菜、カブ、ハクサイ、チンゲンサイ、キャベツ、ダイコンなどのとう立ちも同じように食べられます。

買う時は、濃い緑のつぼみのあるのを選び、スグ食べると栄養が逃げません。保存したかったら、塩ゆでしてからどうぞ。

では、春の訪れを感じさせるナバナの効能を。

―を癒す
皮膚をつくるコラーゲンを合成したり、傷を治すビタミンCが多く、強い抗酸化力や脳卒中の予防も。

骨や歯をしっかりさせる
ナバナは牛乳よりもカルシウムが多いので、肩こりやイライラを防ぐ働きもある。

I老譴鯔匹
鉄分が、レバーの9割ほどあるので、レバーが苦手な人は、ナバナを食べて疲れをとろう。

づをエネルギーに変える
糖質を御飯から取る日本人は、糖質をエネルギーに変えるビタミンB1が必須ビタミン。皮膚を作ったり、粘膜を保護し、子供の成長を助ける役割のB2もある。

イんを発生しにくくする
イソチアネートは、アブラナ科の野菜にだけ含まれている苦味成分。これが、がん発生を抑えるようだ。

ともあれ、ナバナというのは、市場で流通するタメの通称。とう立ち前後の若い葉、茎、つぼみを食べるアブラナ科野菜を指すので、ナバナという名の植物はナイのだが、店頭ではこの名前で定着している。  
Posted by seitaisikoyuri at 21:20Comments(2)TrackBack(0)

七千年前と今はどう違うのか?

おはようございます。

本日、仕事が立て込んでますので、ドンドン行きます。

「信濃毎日新聞」にカラー写真付きで、中国でこのほど、約七千年前の新石器時代の遺跡から、風景や人々の生活などを表現した文字のような絵や記号が大量に見つかったと「新華社」が報じたと書かれてました。

専門家は、三千年以上前の中国最古の文字とされている「甲骨文字」を大きくさかのぼる漢字のルーツの一つとみているそうだ。

これを見て、思い出したのが、昔、何かの教科書で「エジプトの古代文字」の話が書かれていたコト。おそらくシュリーマンではなかったかと思うが、プトレマイオス王だかの名前あたりから文字として解読したような感じの記号と、そっくりとまではいかないが、かなり似ているような気がする‥‥

最近、ヨク思うのだが、人間は確かに進歩してはきたのだが、煩悩というモノがある限り、そんなに精神面とかでは、変わらないのではないだろうか?

もしかしたら、自然に対する畏怖という感情を薄れさせているだけに、危険なのかもしれない。

山の中で、他に誰もいないような場所で大空を見上げると、本当に自分というものがチッポケな存在であるコトに気付く。

目に見える部分は地球のほんのゴク一部に過ぎないのに、それよりももっと小さいのが、一人の人間だ。

そんな謙虚な気持ちが消えて、人間が暴走したら、地球や自然はどうなるのだろうかと‥‥

ともあれ、これでマタ、埋もれていた歴史の一ページが世の中に出現した。日本の古代にも、文字と認められていない文字が存在している。

正しい歴史認識で、自分及びその属する場所を過大に考え過ぎないコトこそが、今こそ求められているのではないかと思う。歴史は繰り返す、それは過去の貴重な失敗の歴史を忘却してしまうからだと思うから。出来れば、イイことも、ワルイことも、遺産として引き継いで、今がイチバン幸福といえる世の中になって欲しいのだが‥‥  
Posted by seitaisikoyuri at 08:12Comments(2)TrackBack(0)

2006年03月26日

鳥インフルエンザに納豆!!

今頃、NHKのBS2では「あなたもブログ通になれる!」という番組をやっているんだろうなと思いながら、ビデオ録画を頼んであるので、『それを見たい』と思いつつこのブログを書いてます。

我が家は、ケーブルTVを入れてませんし、インターネットをする時も、タダで数ヶ月TV番組を見せてあげますと言われたのですが、即座に断りました。何故なら、TVやビデオ好きの子供達にとって毒だと思うから‥‥ムリにTVを見る時間を制限して、大人になってTVばっかり見たいと思っても困るので、そんなに制限してませんが、BGMで流しているならともかく、毎日オモシロそうな番組をやってたら、どうしてもシッカリ見たくなるだろうと思うからです。見れなければ見ないで済みますから。ただ、こっちが見たい時にスグ見れないのは、ツライですが我慢するしかありません‥‥

どんな感じで、このブログのトップが出てるんでしょうか‥‥

さて、表題のニュースです。本日の「日本農業新聞」の一面に、静岡大学、静岡県立大学と醤油メーカーが協力して、鳥インフルエンザウィルスの吸着剤を納豆のネバネバした物質を原料として開発するコトに成功したそうです。

研究チームは今後、吸着剤をマスクやエアコンのフィルターなどにコーティングし、感染予防に役立てるそうです。

納豆が原料なので、安全性が高く、安く大量生産できると期待されているそうです。

インフルエンザウィルスの表面には、ウニのトゲのようなたんぱく質「ヘマグルチニン(HA)」が多数生えており、HAがのどや肺の細胞表面にある窓口役のたんぱく質(受容体)に結合して感染するので、それを邪魔しさえすれば感染しないのだとか。

確かに、我が息子がインフルエンザになったのに、夜には納豆を現在も続けているワタシ達は感染しませんでした。(息子は納豆の臭いが受け付けられないので食べません。強要して本当にキライになるとイケナイので無理強いはしません。ワタシがそんなに好きでもナイのに、毎晩食べているのを見てれば、健康になりたいと思うようになれば食べるだろうとその日をジッと待っています)

そんな息子でも、マスクになったらするのかな? 逆にそっちが楽しみだったりして‥‥とりあえず、エアコンのフィルターはゼヒ購入したいものです。鳥型HAが人型に変異して大流行する前に!!  
Posted by seitaisikoyuri at 20:38Comments(1)TrackBack(0)

シアワセの輪

おはようございます。

本日は、子供と一緒に実家に泊まったので、朝から忙しく働いていて、こんな時間になってしまいました。

最近は、楽させてもらってばっかりなのですが、今朝は兄嫁(ワタシより7歳も若いけど)が風邪気味だったので、久々しっかり手伝いました。

ともあれ、ヨク「縁談」という言葉が「結婚」に対して使われますが、結婚も、親子も、兄弟も学校や会社も全て、ソコにいるコトに対して、「縁」があったのだと受け止めて、少しでもその縁を大事にして、仲良く暮らすコトだけを心がけていけば、楽しい毎日になると思います。

今の境遇に不平不満ばかりを述べている人に手を差し伸べたいと思うでしょうか?

優しい人は、一度や二度は気の毒だと思って助けてあげようとするでしょう。でも、そうしてもらっているのに、マダ、不満ばかり述べていたとしたら、もう手を貸したくはなくなると思います。(金銭的にナントカしてやろうという下心があれば、別でしょうが‥‥)

「仏の顔も三度」という言葉もあります。フツウは他人のコトなど、どうでもイイと思うものです。それでも、縁があって巡り会うとなると、親切にしてあげようかなと思ったりするものです。そして、やはりある程度はその親切に応えるコトで、マタ、親切が帰って来るものです。

世の中は「ギブ アンド テイク」だと思います。楽しく暮らすタメには、まず自分から「ギブ」するコトを考えてみましょう。それで、相手の親切が帰って来ないからと、見捨ててしまったとしても、それは別にアナタが非情だからではないし、帰って来て、互いに仲良くなれたら、それでいいのです。

どちらか一方だけが、尽くし尽くされるのではナク、対等に尽くし尽くされるのが一番です。ただ、その見返りは、物質的なモノだけでナク、精神的なモノだってありだと思います。

こうして、ブログを通じて多くの人に自分の話を読んでいただけるだけで、結構ワタシも癒されてます。皆さんも、ブログを通じて、多くの人と、楽しい交流の輪を広げていってください。くだらない商売ブログには、ひっかからないように注意しながらネットを楽しめば、こんな便利なモノはナイと思います。  
Posted by seitaisikoyuri at 10:20Comments(0)TrackBack(0)

2006年03月25日

失敗は成功のモト

結局、結論から言うと、子供達の挑戦は息子の足にマメが出来て、それをオシてまだもう少しは頑張ったのですが、ホボ中間点でギブアップしてしまいました。
それでも、約20kmを四時間歩いたのですから、ホメてあげたいと思います。
誰に言われたのでもナク、本人達が計画して決行したのです。
失敗には終わってしまったけれど、これで得たモノも多かったと思います。

例えば、自動車のアリガタサとか、マラソンする人の大変さとか、自分で経験して身に沁みて判るコトも世の中には多いのです。

幾ら経験といっても、「人を殺してみたかった」というようなコトでは困りますが、他人に害を及ぼさないのであれば、なるべく多くの実体験をするコトで、人生をより深く理解して欲しいものです。

さて、本日から少しづつブログの手直しをしたいと思っています。

カテゴリー別に分類したりしたいと思うのですが、何分ヨク判らないママにやっているので変なトコも多いと思います。

仕事とかの合間にやるつもりなので、何時完璧に分類出来るかも判りませんので、御了承ください。

それが終わるまでは、『何だか変?』と思うコトもあると思いますが、それが終わっても変だったら教えてください。

失敗したら、何度でもやり直すつもりで生きてきました。

でも、あっさり成功した時は、それなりにウレシイのですが、失敗の後にやっと成功した時と比べると、ウレシサは全然違います。

だから、失敗も人生の調味料だと割り切って、次のステップにするくらいのつもりでいかないと、失敗してヘコんでばかりでは、成功への道は開けません。

失敗した原因を冷静に分析して、次の成功への踏み台にしないと、何度も失敗してしまいます。

それも困ります。

何時かの成功やシアワセのタメに、今の苦しさがあると考えて、どんな時も前向きに歩いていきましょう。疲れたら、休んだり、寝たりしながら‥‥  
Posted by seitaisikoyuri at 21:28Comments(2)TrackBack(0)

本日は大冒険の日!!

おはようございます。

土曜日だというのに、早起きして書いてます。というのも、本日は、我が子が大冒険を現在進行形でしているのです。

早起きが得意な息子は、五時二十分にドラえもんの目覚ましをかけ、バッと起きて準備しながら「ブリーチ」というアニメを見て、六時に出発の予定でしたが、朝に弱い娘は、なんとか起きて六時からの「ナルト」を見つつ用意して、二人して六時三十六分頃家を出発しました。

ドコへ?

ワタシの実家へです。近いのなら、ゼンゼン平気なのですが、自家用車でも約一時間、公共交通機関も一切使わず、「小学校の卒業記念に自力で歩いてみたい!!」と息子が言い出し、娘も一緒に行くコトになりました。

標高差約700〜800m、距離にして30〜40勸未△蠅泙后

オニギリを持って、重たいだろうから飲み物は途中で買うコトにして、二人で出掛けて行くのを見送ると、何時かこうして二人とも、この家から巣立って行く時も近いのだろうなと、何だか少しシンミリしました。

そんなに子供一途な親ではなかったのですが、こうして大きくなっていくのを目の当たりにすると、子供のタメ子供のタメと全て投げ打ってやっていた人々は、「子供の巣立ち」が、どんなにか大変だろうと思いました。だから、親と暮らしている成人した未婚の子供が増えているのかもなどと‥‥

ともあれ、フツウならば親は子供より長生き出来ないものです。自分が死んだとしても、ちゃんとこの世の中で暮らしていける人間にだけはなってもらいたいモノです。

昨夜、息子が「笑いの金メダル」を見ていたので、途中から録画して、でも息子が席を外したりしたのでそれからは、しっかり「妻は多重人格」という番組を見てしまいました。(『夜王』の最終回も気掛かりだったのですが、ストーリー的には予想できたので)やはり、幼児期の過酷な体験が引き金だったようです。周囲の方々がホトンド善意の人だったから、救われてましたが(実話とはいえ、ドラマ化されてるからかも)現実は救いの手が差し伸べられない人々も多いかと思いました。

でも、ソコでも述べられてたりしましたが、自分が戦ってでもシアワセになるんだという強い意志がナケレバ、それで人生終了してしまいます。どんなに過酷な人生だったとしても、今、生きているコトに感謝して、よりシアワセになろうと日々努力さえしていたら、必ずそれなりの結果が向こうからヤッテクルと思います。

今、子供達から須坂・長野東インターに着いたと電話がありました。マダマダ、道は長いです。でも、こうして頑張っている子供に成長してくれたコトを感謝しつつ、これから何時間も心配しながら無事を祈ろうと思っています‥‥  
Posted by seitaisikoyuri at 08:07Comments(2)TrackBack(0)

2006年03月24日

サブリミナルの恐怖

さて、中断してしまいましたが、「洗脳」の締めくくりです。

「潜在意識をコントロール」するサブリミナルは、無意識にマインド・コントロールされてしまうので大変危険です。

催眠術をかけて暗殺をさせたりして、歴史が変わったコトも過去に何度もありました。

ともあれ、アヤシイ人のトコへさえ行かなければ、大丈夫と思っている人もいると思いますが、サブリミナル・メッセージを送り込まれたりする可能性もあるのです。そして、デジタル技術を利用するとほぼ完璧にバレずに出来るのです。

CMとかに、メッセージが紛れ込んでいるかもしれません。

そういう可能性もあるのだというコト、誰でも知らぬ間に「洗脳」されているのかもしれないというコトを認めるコトこそが、ダマされずに済むかもしれないのです。

「洗脳」からアナタを守り、家族をそして友人を守るのは、心のこもったコミュニケーションです。

誰かが、見守っていてくれて、話を聞いてくれさえすれば、そんなに大きく道を踏み外さずに済むのです。

人間ですから、多少の失敗もあります。でも、失敗しない人生なんて、逆にツマラナイと思います。

失敗しまい、失敗しまいと神経をピリピリさせるよりも、失敗したらやり直せばイイヤみたいなファジーな考え方こそが、「洗脳」からアナタを救うと思います。

人生は「100か0か」「白か黒か」みたいにスパッと割り切れるものではナイのです。

両極端に振れるコトなく、迷いながら自分にふさわしいと思われる道をゆっくり行けばいいのだと思います。

道に迷い込んだら、元に戻ってやり直したり、誰かに大声で助けを求めたり、出来る限りのコトをして、確かめながら進めばいいのではないでしょうか?

誰かの知恵を借りてきて、それに従って、馬車馬みたいに道を走る必要はナイと思います。

そういう態度こそが、変な誘惑から、身を守る術なのだと考えています。  
Posted by seitaisikoyuri at 20:38Comments(0)TrackBack(0)

長野県、再び泥試合に突入!!

おはようございます。昨日から、投稿が出来にくくなっています。

それと前後して、長野では田中康夫知事が議会によって告発されるコトになりました。

知事と議会の対立は今に始まったコトではナク、もうズッとなので、県民はアキレかえっています。

無論、完全無党派のワタシは知事を擁護する気もナケれば、議会を応援する気もありません。

何故、今の知事が選ばれたのかと言うと、答えはカンタン。「前の知事、及びその後継である副知事がとかくのウワサがあり、今の知事の方がヨカッタから」です。

そして、知事の不信任案が可決された時も、「議会が、辞職して再選挙となるコトを全く想定せず、アワテテ知事候補を探し、ムリヤリ知事候補の一人を副知事にしてやるからと出馬辞退させたり、変な画策をしたからです」

とにかく、近所の飲食店に行ったら、ソコがその時の知事候補の事務所が入ってるトコで、運動員の人が「あの女、一体自分を何様と思ってやがる!!」と息巻いているような人を押されて、そうですかと投票するハズないと思うのですが‥‥

最近、新しい知事を模索する会に出席された方も、「出て来るのは、知事の悪口ばかり。こんな人がいるという建設的意見はゼロだった」そうです。

数ケ月前に、温厚だと思っていた方が「知事も立候補なんかしないで、議会が押す人が知事になって、長野県が再建団体になって、職員がお金がナイからと自分達で道路の補修でもすれば、オモシロイ」と過激な発言をしたのには、ビックリしてしまいましたが‥‥

ともあれ、赤字なのですから、知事や議員の給料や退職金の減額を知事が提案しても否決したりしているのですから、仕方ナイのかもしれません。

とにかく、芸者代すら税金で払いたい人の考えるコトはヨク判りません。知事がイヤなら、代替案を出して長野県をヨクしようとして、自ら知事に立候補するとか、今の知事よりもマシな候補を草の根分けても探し出すべきだと思うのですが‥‥

選挙とは、全ての人の中から最良な人を選べるのではナク、立候補した人の中からしか選べないのです。

どうか、皆さん、「オリンピックバブルが崩壊して、赤字財政の長野県の救世主として、「知事選」に立候補するか、候補を紹介してください!!」と思いますが、今の議会の行動を見ていると多分、心ある人の立候補はムリだろうと暗い気持ちになってしまいます‥‥  
Posted by seitaisikoyuri at 09:52Comments(0)TrackBack(0)

2006年03月23日

質問が「洗脳」を防ぎ、「洗脳」を解く

「洗脳」されるのを防ぐのも、「洗脳」から脱するタメにも質問がとても有効だそうです。

まず、防ぐ時は、勧誘した人に徹底的に質問しよう。

例えば、「どんな団体なんですか?」とか、「どんな会社なんですか?」とか‥‥

そして、一番イヤがるのが、自分のコトを聞かれるコトだとか、相手がアナタのコトを色々聞いてきたら、その前に相手から自己紹介するのが当然だと言うのです。

「お名前は?」とか「出身はどちらですか?」とか。

その上で、「年齢は?」「どうしてその団体(会社)に入ったのか?入ってどのくらいか?」とか「職業は?」「夢は?」「今日何を食べましたか?」「親御さんはどんな方?」とか世間話をするようにすると、どこかでボロが出るものです。ただ、百戦練磨のセールスマンは平気で答える場合もありますが‥‥

それと、時間を置くコトが一番です。冷静になれますから。

他の人の意見も聞けるし、少しでも迷ったら、「約束があるので改めてお願いします」みたいなコトを言ってみてください。誠実な人なら、約束を優先させてくれるハズです。自分が突然現れたのに「約束なんて」と言う人は信用できないと思います。(本には書いてありませんが、ワタシはこれで乗り切ります。)

皆と相談して、時間も置いたのに、ダマされてお金を取られた時は、アキラメも肝心だとワタシは思います。命や健康と比べたら、お金で済めばイイではないですか。
ただ、クーリングオフとかが出来る時もあるので、ダマされたと思ったらお金がらみの時は、消費者センターに電話相談するのも手です。最後まで戦ってみてください。
そういう覚悟のありそうな人をダマそうとはマズ思わないものです。

洗脳を解く時の質問は、勧誘される前の状況とか、どんなふうに勧誘されたのかとか、どんな講義を受けたか、変わった体験をしなかったか、毎日どんなコトをしてたのか、宗教観とか人生の目標とかをじっくり聞いてあげてください。決して話のコシを折らないこと。「だから、言ったじゃないか」とか「こんなこともわからないのか」みたいな気分を害するような言葉は絶対にタブーです。「私こそが、アナタの真の理解者なのだ」というメッセージを伝えるならば、大事な人を洗脳から脱出させるコトは可能だそうです。  
Posted by seitaisikoyuri at 21:32Comments(0)TrackBack(0)

悪徳商法を防ぐタメに

おはようございます。では、昨日の続きです。

セールスマンの皆さんは参考になると思いますが、買わされる皆さんはこれはテクニックなのだと思って相手の行動を注意する必要があります。

「セールスの極意」

(嵎鸚‥‥何かを受け取ると何かを返さずにはいられない、返さないと悪い、という習性を利用する。(相手にホメラレたらつい返事をしてしまうとか、物をもらったから話を聞かないと悪いかなと思わせる)

一貫性‥‥自分の言葉、信念、行為を矛盾のないものにしたい。他人からそう見られたいという欲求を利用する。(せっかく話を聞いたのだから、最後まで聞きたい。入るか入らないかはそこで判断すればいいと思わせる)

社会的証明‥‥人間の判断は、他の多くの人が何を信じ、どう振舞っているかに強い影響を受けることを利用する(その場に〈サクラ〉を入れて同調させるようにする)

すグ奸邸顛佑蓮崋分に好意を示してくれる人」に対して好意を持つ習性がある。(親切ていねいに説明されれば、ムゲに断れないのを承知でそういう風にする)

ジ威‥‥権威のある人から薦められると弱い(有名人が広告塔として狙われるのはこのタメ)

Υ少性‥‥希少価値のあるものは欲しいと思う(偶然を意味づけして、スバラシイ必然なのだと誤解させ、選ばれたという意識を持たせて、引き込もうとする)

これを防ぐタメにも、

ドアは相手を確認して開け、ウマイ話はナイと思い、キミだけや今だけという言葉を信用せず、いらない時はハッキリ「No!」と言い、署名・捺印には細心の注意を払い、とりあえず「はい」という返事は危険だと思い、ローンで支払えばなんとかなるというのは破滅への第一歩

だというコトだけは、しっかり覚えておいてくださいね!!  
Posted by seitaisikoyuri at 09:17Comments(0)TrackBack(0)

2006年03月22日

洗脳はどうされるのか?

やっとノートパソコンの無線LANがヨクなりました。それにしても、どうして、皆、色々とマニュアルはあるんだろうけど、パソコンのことヨク判るんだろうと何ヶ月かに一遍ぐらい、様々なサポートセンターに電話する度に思います。(多分、『ヨクこんなに判らなくても、パソコンいじろうと思ってるな』と心では思われていると思うけど‥‥我慢してくれて皆さんどうもありがとう!!)

それと、一つお知らせがあります。タイトルだけで、ほんの数秒だけですが、このブログのトップが他のブログと共に、TVに映ります。過去、自分がまったく違うコトでTVにはチラッと出たコトは何回かあるのですが、ブログが出るのは初めてで内容が出るワケではないのに、少しドキドキしています。
3月26日(日) 19時30分〜21時30分 BS−2
3月31日(金) 20時〜22時 ハイビジョンテレビ
の予定だそうです。ブログの特集番組のようです。おヒマだったら、御覧ください。というか、現在まで44000ヒットもアクセスしてくださっている皆様の御蔭だと感謝しています。硬い話なのに読んでくださって、どうもありがとうございます!! 何時も感謝しております。

と、いうコトで今朝の本に戻って、通常、「洗脳」などとは無縁だと思っていると思うでしょうが、そうでもありません。

キャッチ・セールスとか、訪問販売、コマーシャルだって、そのようなモノです。

ともあれ、どう勧誘者が近付くのかを考えてみましょう。
〕Э諭⊃得未寮楸瓠邸鼎海譴魯茱宗教の勧誘であります。昔、チラッと知ってただけの先輩とかがシツコク偶然訪ねて来て、キッカケにしようとしたりとか。
見知らぬ人の接近‥‥アンケート、募金活動、署名活動、講演会に正体を偽ってる場合もあるので注意が必要。
自分からの接近‥‥正体を知らずに自分から。講演会、シンポジウム、映画会、ビデオ上映会、自己啓発セミナー、ヨガ教室、瞑想サークルからテレクラ、バソコン通信まで、何事も経験ではあるけれど、そういう可能性があるコトも頭の片隅に入れとくコトが大切。

そして、こんな時は用心が必要。
.曠畛Δ掘邸顛佑魯曠瓮薀譴燭薜い気はしない。心のスキが生まれ、そこに相手はつけ込んでくる。相手の目を見て、本気でホメテいるかのチェックが必要。
▲▲淵燭里海箸知りたい‥‥そういわれると喜ぶのがフツウだけど、つけ込むキッカケを探している場合があるので、注意が必要。
少しだけならという場所の移動に注意‥‥ヘタをするとより強力な勧誘のプロが待っている可能性もあり。

相手に「YES」と言わせるテクニックは、『セールスマンの勧誘の鉄則』と類似しているので、明日はその話を。変なモノを買わされた経験のある方は必読です。  
Posted by seitaisikoyuri at 20:58Comments(2)TrackBack(0)

「洗脳」を考える

おはようございます。

オウム真理教とかで話題になった「洗脳」とはどういうものかというコトを教えてくれる本に巡り合いました。

図解 洗脳撃退マニュアル(監修・高橋紳吾 同文書院発行)という本です。

様々なコトが書かれているので、今回も一回読みきりとは言えないかとおもいますが、ヨカッタら読んでみてください。

人生の落とし穴にハマリそうになった時に、必ず役に立つと思います。

第1章では、日常に組み込まれる洗脳の実態として、カルト宗教、日常にあふれるマインドコントロール、そして歴史に見る洗脳テクニックが書かれています。

第2章では、洗脳のプロセス・メカニズムが書かれているので、悪用されると困るのですが、「己を知り、相手を知れば百戦危うからず」です。

第6章までの章で、最後に洗脳からの脱出法も書いてありますので、周囲にそんな人がいらっしゃる方も参考になると思います。

というコトで、徐々に書いていきたいと思うのですが、本日は仕事が立て込んでますので、夜の記事からにさせてください。

何だか、前ブリだけで時間が終わってしまってスミマセン。

昨夜、もう一台のノートパソコンの無線LANが不調になり、回復の努力をしてたら遅くまでかかり、しかも、復旧せずに終わってしまいましたので、本日、早起きできませんでした。

何時ものパソコンが大丈夫なのでいいのですが、機械は適当に自己流にしか使えないので、トラブルとただ時間だけが過ぎてしまいます。

個人的理由で申し訳ありません。  
Posted by seitaisikoyuri at 08:35Comments(0)TrackBack(0)

2006年03月21日

ブナシメジはメチャ凄い!!

WBC優勝ヨカッタですね。昔から、王さんのファンだったので、メチャメチャ嬉しいです!!

さて、「日本農業新聞」の「アンドユー」の特集を楽しみにしていた方々、お待たせしました。

本日はブナシメジです。かなりのスグレモノです。

ヽ萓酸素を取り除き、免疫力アップ
活性酸素はがん細胞を増殖させたり、体をさびつかせ、酸化させて、老化をうながし、生活習慣病などの病気を引き起こす。ブナシメジは、活性酸素を除去する抗酸化力をもっている。がんは細胞中の遺伝子に傷が付き、それが分裂・異常増殖を繰り返す。がん細胞ができても、がんという病気に進まないよう水際で止めるのが、防御機能の「免疫」であり、そこに威力を発揮する。

▲ルシウムの吸収を促す
大半のきのこ類同様、ビタミンD2のもとになるエルゴステロールを含む。ビタミンD2は体内でカルシウムの吸収を高め、骨粗しょう症予防に有効。不足すると、カルシウム摂取がしにくくなる。エルゴステロールは紫外線に当たらないとビタミンD2に変化しない。エノキタケ同様、15〜30分、日光に当てるとビタミンD2が著しく増えるという実験結果もある。

9灰▲譽襯ーの働き
マウス実験では、アレルギー反応によって起こる炎症を抑える効果が示されている。近年、急増する心筋梗塞や脳梗塞の主な原因は血流だといわれ、ブナシメジには血流を改善する働きも。ある実験では、ブナシメジ摂取後、摂取前と比べて2割血流が速くなった。

っ輒椶龍賁成分
抗がん剤として注目されているのは、ブナシメジなどシロタモギタケ属に含まれる苦味成分「ポリテルペン」で、抽出物での実験ではマウスだけでなく、ヒトのがん細胞(リンパ腫や胃がんの細胞)で増殖を抑える効果を確認し、2005年の日本癌学会で報告された。

タ物繊維たっぷり
きのこ類は、平均的な野菜に比べてカリウムやビタミンB1・B2に富む。食物繊維も多く、野菜に少ないたんぱく質、脂質が多いのも特徴。カリウムで高血圧の原因のナトリウムの過剰摂取を抑え、食物繊維で生活習慣病の予防が期待できる。

きのこ類は、それ自体が調味料といえ、グルタミン酸、かつお節や魚肉のイノシン酸と並ぶ三大うま味成分のグアニル酸を含む。グアニル酸ができる時に関係する酵素は60〜70度で働くので、うま味を引き出したければ加熱調理が必要。グアニル酸とグルタミン酸が結合すると、「1+1=2」以上の相乗効果がある。  
Posted by seitaisikoyuri at 21:13Comments(2)TrackBack(0)

新しい人間に生まれ変わる

おそようございます。いよいよ多重人格の最終回です。

これまで見てきたように犧能蕕凌由癖裂瓩歪名錙⇒弔せ期に患者の心が耐えられない状況に追い込まれた結果として起こる。その後の人生においてもその患者は〈交代人格〉を作り出すことだけが狄瓦瞭走手段瓩箸靴匿由癖裂をくりかえしていく。しかしセラピーによって、分裂時の出来事をあらためて見直し、他に解決すべき手段が示されると交代人格の必要性はなくなる。患者は普通に感情を表現することは可能であり、望ましいことであることに気づく。夫の帰りが遅くて夕食に間に合わない時、怒りを内面にため込むかわりに、夫に対し腹が立ったと射えるうになる。すると、自分の内に怒りを閉じこめたあげく、他の交代人格が出てきて夜遊びをするのではなく、ゆったりした気分で健全なリクレーションを楽しめるようになる。

〈最終統合〉で生まれるのは、いろいろな意味でまったく新しい人間である。その人間は「自分の人生」のすべての側面に、もう一度適応し直さなければならなくなる。したがって〈統合〉した患者の大部分は、家庭生活などにも変化が起こる。長期間の別居や離婚をする人も多い。名前を変えた人も、仕事を変えた人もいる。彼らは自分がまったく新しい人間であると感じている。わたしたちが当然と受け止めている感情や概念も、彼らはあらためて理解し直すことになる。それは犧得賢瓩箸いΔ茲蠅皚狄契賢瓩箸い辰燭發里任△襦H爐蕕呂泙辰燭新しい人間として生まれ変わったのだから。

ここまで、書いているうちに、24日の晩に「妻は多重人格」という番組がノンフィクションドラマとして放映されるコトが判りました。というコトは、日本でもそれを完治させるコトが可能な方がいらっしゃるというコトだと思います。ワタシはそのドラマを見るかどうかは、判りませんが、関心のある方は御覧になると参考になるかもしれません。

ともあれ、あまりにムリをしすぎると、心が混乱して分裂してしまうというコトだと思います。「No!」と言えない日本人という言葉もありますが、イヤなコトはイヤと相手の感情を害せずに自分の感情を伝えるように訓練して、我慢するコトは避けた方が賢明です。何事も。

そして、自分はこういう人間であるとカタクナに考えず、ゆるい人格の多様性を自分の中で許すコトで、その時々に応じて様々なコトに対処し、周囲の人々と仲良く共存する方向を探って行くのがイチバンだと思われます。

アナタも他人も、分裂しない程度には、色々な感情があって当たり前なのです。人間ですから。良いコトも、悪いコトも、全てを認めるコトから、協調は始まるのだと思います。  
Posted by seitaisikoyuri at 10:02Comments(4)TrackBack(0)

2006年03月20日

エクソシズム(悪魔祓い)もセラピーに必要?

今朝の続きです。多重人格者に「霊の憑依」している場合があるそうです。

交代人格には限定された実際的な目的がある。患者が対処できないある種の感情や状況を処理するための手段なのだ。交代人格は、怒り、痛み、性欲、喜び、愛、恐怖などを表現する。交代人格の存在には、必ず理由があり、創造された時点がわかる。たとえば、ある種の交代人格はたった一つの状況に対処するために作り出され、即座に消え失せることがある。患者が夕食に何を食べていいかわからなかったり、どの映画を見るか決められなかったりすると、その決断を下すためにだけ交代人格を作り出したりする。これは多重人格者の一つの典型的なパターンだ。これは、彼らが現実に対処するための基本的な態度だからだ。問題が大きかろうと小さかろうと態度は同じだ。

だから、はっきりした目的をまったく持っていない存在が見つかると、診断上の問題となる。そして、興味深いのは、そのような存在は、自分を「霊」だということが多い。何年にもわたってそのようなケースを幾度も経験してきたので、「霊の憑依」の可能性を完全には否定できなくなってしまったのだ。

例えば、強盗に射殺された株式仲買人であったり、一人の中に三つもの霊が取り付いていたり、三つ子の中で生き残った一人に他の二人の魂が入り込んでいたり‥‥

五段階の「霊の憑依」があり、第一は〈強迫神経症〉、第二は〈否定的交代人格〉、第三は「超心理学」的な「魔術」、第四は他の人間の「霊」の支配、そして第五は自ら「悪の代理人」と称する「悪魔」だという。

こうした場合は、悪魔祓いが必要になり、それから人格の統合がなされるのだというコトです。

ともあれ、多重人格の治療の段階は、交代人格の存在の認知→病態の理性的受容→交代人格の強調→多重人格であることの感情的受容→迫害者人格の無害化→心理的統合→霊的統合→統合後の学習となるのだが、統合された人格が五歳の子供の場合すらあるという。この辺の話を含めてもう一度だけ、この話を次回に書いてこの本の話は終わりにしたいと思っています。

本日、少々疲れましたので、早いですが、オヤスミナサイ。  
Posted by seitaisikoyuri at 20:37Comments(2)TrackBack(0)

ISH(内部自己救済者)の独白

おはようございます。

著者へのISHの言葉の抜粋です。モチロン、全ての人のISHが同じコトを述べたワケではなく、あるISHがこう話したというコトなのですけど‥‥

「私(ISH)は彼女(このISHのいる多重人格者)がいかなる時も、ずっと一緒にいた。だが頼まれれば、いつでも彼女の過去を思い出させてやれる。‥‥彼女を助け出す方法は、あなた(著者である精神科医)と同じだった。彼女の過去の成功と失敗を繰り返し繰り返しよみがえらせ、彼女に自分の本当の姿と自分が行ってきた愚かな精神的な行動を理解させるのだ。‥‥彼女が私を知覚する力には限りがある。私は簡単に私の存在を気づかせないようにできる。しかし、彼女と他の人格たちは私の影響をさまたげ、私の知性が彼女に影響を与えないようにもできる。そうなると肉体的・否定的な感情が彼女を支配する。

私はいつも彼女とともにいたが、交代人格が出現するのを阻止するほど長くコントロールしつづけることはできなかった。あなたの指導と理解がなければ、彼女が今のような状態になれたかどうかわからない。〈交代人格〉は容赦なくつらい思いをさせないと私の言うことを聞かない。‥‥そのうち、彼女は自分の中のすべての存在を理解することができるだろう。あなたの鍵によって彼女の心は開いた。私は今、彼女を支配できるしそうしているが、心の鍵がはずされるまではそれができなかった。心が開いたのでやっと私も助けが得られ、絶望に陥っている彼女の面倒を見られるようになった。

あなたも知っているように、私は巧妙でも間違いを犯さないわけでもなく、彼女の一部分にすぎない。私はただ悪いものを猴泙┨み瓠彼女の健康と幸せを維持することに専念しているのだ」

人格の統合というものは、簡単に出来るとは限りません。人格が分裂しているだけでナク、悪霊が存在しているコトすらあるというのです。

正に、こうなるとエクスシスト(私はホラーを好まないので実際には見たコトがありません。気分が悪くなりそうなモノを好んで見たがる気持ちがさっぱり理解できないのです。ただ、それを見て気晴らししたい人をトガメル気もありません。とにかく、他人に迷惑さえかけなければ、何をしても許されると思っていますから、作りたい人が居て、見たい人がいるならば、それを強要される人がいないのなら全然OKだと思っています)の世界です。

このようなコトにより、著者は精神科の他の医師に認められなかったコトもあるという。しかし、奇妙で非正統的な方法や、宗教的な手段を利用してでも、治療に成功し、患者に幸福をもたらすコトが最優先だという意見には同意します。悪霊について知りたい方のタメにそれは次に書きます。仕事の時間なので‥‥  
Posted by seitaisikoyuri at 09:37Comments(0)TrackBack(0)

2006年03月19日

インナー・セルフ・ヘルパーとは?

長野は雪です。昨日の晩は、卒業報告に実家に行ってました。そちらは、今朝から吹雪でしたが、夕方になって長野市でも横殴りの雪が降り出しました。幸いなコトに、「春の雪」ですし、明日はお早い予約が入ってないし、子供の学校も休みなので、さほどの影響はなさそうです。

さて、再び多重人格者についてです。前にもお話したと思いますが、人間には内部に様々な性格を持っているものです。ですから、多少の多重人格ぽい方はケッコウ存在するのかもしれませんね。でも、だからこそ多くの方々が、自分にもその可能性がナクとも、そういう人と交流せざるを得ない可能性もあるのですから、理解を深めておいた方がヨイかと思います。

過酷な人生から脱出したいと、性格が独立して本来の性格を乗っ取るようになると、本物の多重人格になります。そうなると記憶の脱落もあり、どうしてこんなコトをしているのかと思ったりもします。記憶喪失とかも、ショックのあまりというコトもありますから、そちらも受け入れ難いコトから逃避してでも、生きるというコトを優先させた結果かと思われます。

でも、そんなチョコチョコした記憶喪失状態も困りますし、分裂した性格には、ハチャメチャな性格も出やすいので、そのまま放置するコトは大変危険です。

本人に覚えがないのに、犯罪に手を染めたり、奔放な性関係を持つ人もいるからです。

前にフリー・チャイルド(自由な子供)という性格が人間の内部にあると話しましたが、その部分が抑圧され過ぎると、欲望のママに動く人間が作り出されてしまうのです。欲望の制限が撤廃されたらどんなコトでもしようとします。それでは、正常な生活はできないでしょう。

でも、幸いなコトに人間の内部には自己救済者なる存在があります。英語で、インナー・セルフ・ヘルパー(略してISH)分裂して出来た交代人格とは違い、誰にでも産まれた時から存在し、人を憎まず、愛を信じ、信仰心を持っています。

〈ISH〉は独立して存在したいと思わず、性格の一体化を望み、全ての過去を知り、将来の行動を予測し、ジェンダーの観念もないのだという。生まれ変わりを信じていたり、複数だったり様々なバリエーションがあるようだ。

著者自身も、信じるべきなのか疑問に思う点もあるようだが、経験と治療の必要性のタメには、信じて進むより道はナカッタと述べている。

〈ISH〉を多重人格者が理解し、それによる統合を望むのであれば、病気の治療は楽ではないが、不可能ではナイ。オリジナル人格以外の性格を追い出し、〈ISH〉と統合出来れば成功なのだ。

ともあれ、この話はかなり難しいので、マダマダ続きます。恒例の「アンドユー」からの健康情報はこれが終わるまで、お待ちください。明後日は祝日ですので、それまでにはアップする予定です。  
Posted by seitaisikoyuri at 20:57Comments(0)TrackBack(0)

「私」が私でない人たち

おそようございます。

昨日予告の本はコレです。
「私」が、私でない人たち―「多重人格」専門医の診察室から
1931年生まれの著者はとても誠実に、知ったかぶりをせず、実際に多重人格の人たちをどう診察したかについて、話してくれる。

どうすれば、治るかについて、判ってない時代にもかかわらず手探りで自分なりの方法を見つけ、症例を重ねて治療法を確立していくさまは、とても尊敬に値するものである。

実際、世の中にはココまで極端でなくとも、多重人格と紙一重の症状の人は何人もいると思われる。そうした人々と対処するタメにも、この本は有効であろう。

そして、そのような人と期せずして関わってしまった場合、近親者であれば専門医(日本で専門の方がいらっしゃるのかは不明だが、インターネットとかでの検索等を利用して探さないと、逆に症状をこじらす可能性すらある)に託すべきだし、仕事相手とかであれば、なるべく困難な状況に相手を追い込まないようにするしかない。だが、専門の人の助けも受けずに個人で戦うには、とてもムリだと思われる。

彼等は過酷過ぎる人生を人格分裂という離れ業で切り抜けてきたのだ。その人生のやり直しをとても個人では、対応できまい。本の著書すら、様々な人との協力があって最終目的である人格統合をなしえたのだから‥‥詳細はつづく  
Posted by seitaisikoyuri at 10:07Comments(0)TrackBack(0)

2006年03月18日

無事に終了しました‥‥

朝の問題は解決してませんが、とりあえず校長室を初めて訪ねて、今までの状況(小学校には何の書類も来てないコト)と、これからのコトについて中学に確認して頂くコト、必要とあらば考えうる善処を約束して頂きました。週明けに教育委員会に連絡して確認する予定です。おそらく大丈夫だと思われますが‥‥

卒業式のアトの先生への花束贈呈並びに、謝恩会も役員の方々の御協力で無事に終わりました。ただ、最後の閉会の言葉が終わった途端に朝からの様々な緊張が一編にほぐれたのか、胃腸が痛くなりましたが、一過性で終わりました。体質的に、弱いのですが、精神的なコトでなったのは初めてかもしれません。今まで、トータルで七年間の疲れもドッと出たのかもしれません。まだ、心配事もあるし‥‥

さて、個人的な話はそれくらいにして、多重人格の話をしたいと思います。このブログの最初のコロに、「多重人格の時代(吉村達也著)」という本を紹介してますが、今回の本はそれが精神病として、かなりススンダ状態の方々を何人も診察し、治療された米国の方の本です。

とても一回では書ききれないので、本日は本編予告編みたいな感じですが、この本を読むと、DVの方々が酒さえ飲まなければ優しい人なのにとか、池田小学校の犯人の様子とかがモシカシタラ‥‥と考えてしまったりしました。

過酷な人生を幼少のコロに送ると、人格が分裂するコトでしか、生きられなくなってしまう人々。その人も悲惨だし、その人の分裂した悪の人格に殺された人ももっと悲惨です。治療には、悪魔祓いなども含めて、現時点でありとあらゆる方法が試され、臨床結果が報告されています。人間が、こうまでして生き延びようとするコトに、逆の意味である種の感動さえ覚えます。

というコトで、本日は疲れましたので、明日に本の題名も含めまして持ち越しさせて頂きます。早いですが、オヤスミナサイ。  
Posted by seitaisikoyuri at 21:15Comments(0)TrackBack(0)

いよいよ卒業式、でも問題が‥‥

おはようございます。

これから卒業式にいってまいります。

しかし、昨夜遅くなって問題が発生‥‥

小学校からの「おたより」を読んでいたら、入学通知書について、

本日渡しました。入学式当日、中学校へ提出する重要なものです。大切に保管してください。

と書かれていたので、息子に確認すると、「ボクのはナイよ」と言われたとのコト。

「エッ!!教育委員会の方は大丈夫ですよとおっしゃったから、枕を高くしていたのに‥‥」

これから、どうなっているのか、学校に行って確かめなくては‥‥

ブログの話題を考えなくてはイイのだけれど、こんなのイヤ!!

とにもかくにも、行ってまいります!!!  
Posted by seitaisikoyuri at 07:51Comments(0)TrackBack(0)

2006年03月17日

明日で終わり‥‥

明日、息子の小学校の卒業式です。

で、学級会長ともサヨウナラ〜!!

でも、卒業式のアト、すぐに謝恩会が待ってます。最後の学級懇談会の時、息子がインフルエンザになって休んだので、謝恩会も他の役員さんが担当してくださるとおっしゃったので甘えてますが、さすがに謝恩会では挨拶もしなければならず‥‥

去年、娘の卒業式で張り切ってビデオを撮ったのですが、今年はそんな元気もナク、ただ早く謝恩会が無事に終わってくれと祈るばかりで、写真で許してと息子に頼みました。

先生に花束贈呈とか、色々学校でもあり、卒業をシミジミ喜ぶのは、謝恩会が終わってからでしょう。

娘と合わせて、七年間の小学校とも明日でお別れです。過ぎてみれば短かったけど、色々なコトがありました。特に、息子は娘と違い手が掛かった子供だったので、先生方にも大変御迷惑をお掛けしました。その子が卒業となると、感慨深いものがあります。

本日は、多重人格の本を読んでいて、大変興味深いモノだったので、その話もしたいトコロなのですが、とてもそんな気分にはなれません。改めてじっくり書かせて頂きます。

今晩は、主人の妹のトコロへ、入学祝を届けると共に、息子のお祝い返しをしに行きました。
一応、息子に制服を着せて。

以前、ブログに書きましたが、デザイナーズブランドの制服なのでかなり高いのですが、それを着ると何だかとても大人びて見えました。

Yシャツにも校名の刺繍がしてあるので、他のシャツは買えず、洗い替えを考えると、アト二着は買わざるを得ません‥‥

ともあれ、それもこれも達者なればこそ、学校に通えるだけでも幸せだと思うしかありません。

ただ、小学校の校舎はまだ建って十年くらいなのに、既に何年も前から雨漏りがしているそうです。「えっ、手抜き?」という感じでしょ。

中学生がデザイナーズブランドの制服を着る必要もナイと思うし、バブルの後遺症が残っているような感じもします。

今日も、かなり雨漏りしていたみたいで‥‥

明日は雨が降らずにいて欲しいですね。

それにしても、そんなにスグ雨漏りしても別に責任を追及されず、補修工事もしないで済むのなら、公共事業はオイシイ仕事ですよね。

フツウじゃあり得ない世界です。どうなってるんでしょうね?  
Posted by seitaisikoyuri at 21:37Comments(0)TrackBack(0)

人生は七転び八起き

おはようございます。

野球で日本は韓国に負けましたが、ある意味でここで勝つよりもそれを活かせば逆にイイ経験になると思います。

荒川選手だって、長野五輪での失敗などを踏み台にしてトリノで金メダルを取ったのです。

真央ちゃんだって、失敗して負ける経験をしておそらく今、色々なコトを考えているだろうと思います。

「負けて覚える相撲かな」という言葉があるように、人間勝ってばかりだと慢心したり、手抜きしたりしてしまいます。

心のスキが勝負の分かれ目だったりするのです。

ワタシの若かりしコロ、「ジャパン・アズ・ナンバーワン」というベストセラーがありました。
でも、それから日本の凋落が始まったような気もします。

ワーカホリックで築いてきたナンバーワンの座を捨てたところで、別にいいじゃないかという声もあるでしょう。

でも、今、リストラの嵐の中で、したくないのに、長時間労働している人も実際にいらっしゃるワケで、そういう話をうかがっていると日本は何をしてきたのだろうと思います。

量的なナンバーワンを目指すのか、質的なナンバーワンを目指すのか、方向性も定まらず、オンリーワンであることに周囲が好意を持って受け入れてくれるのは、本人がそれなりのベストを尽くしたからなのです。

全ての人は生まれながらにして尊い。

でも、ソコに満足していたら、それはそれだけのコトです。

失敗してもイイから、それをバネにして、自分なりの道を探し当てる人生をしてこそ、オンリーワンとしての価値があり、その集約こそがナンバーワンへとツナガルのでしょう。

兵役を免除されるというようなニンジンをブラさげられずに済む日本であるコトをアリガタイと思います。

でも、世の中にはぬるま湯に入る余裕のナイ人々が大勢いるのです。自らを律するコトができなければ、自由は逆に重荷になるだけです。

自由のアリガタサを本当に感受するためにも、今の快楽を追及するだけでなく、どう生きるべきかというコトに真剣に向き合って欲しいと願ってます。  
Posted by seitaisikoyuri at 08:10Comments(0)TrackBack(0)

2006年03月16日

放射能で先天性障害

1986年4月に起きた旧ソ連(現ウクライナ)のチェルノブイリ原発事故で大量の放射性物質が降ったベラルーシの放射能高汚染地で、事故後に先天性障害がある新生児や胎児が急増していたことが、同国遺伝疾患研究所の研究で明らかになった。

特にダウン症は翌87年1月に生まれた子に限り多発していたと地方紙の「信濃毎日新聞」では、今朝のトップニュースとして取り上げられていた。

そのニュースはありうるコトだと思うけれど、恐ろしいのはIAEA(国際原子力機関)などによるチェルノブイリフォーラム報告書(昨年9月公表)では、「先天性障害はない」と報告されているコト。

93年にウクライナの首都キエフで開かれた国際学会で「先天性障害、遺伝性疾患を持つ新生児出生のリスクが高い」と決議した。

にもかかわらず、IAEAなどの報告書は汚染地・非汚染地の区別があいまいな(広範囲の)州単位であり、サンプルの取り方そのものに問題があるようだ。

だけど、これも意図されたものなのか、否なのか微妙な気がする。

放射能の危険性を世界に広げると、原発の安全性とか、核兵器の所有の是非とかに問題が発展しかねない。

それでは困る国が当然ある。その国の意向を汲んだ可能性は否定できまい。

日本は広島、長崎と被爆している。

無益な戦争を終了させるタメと原爆の投下は問題がナカッタというのが、大方の米国民の考え方であろうし、そんなコトがあったコトすら知らない国民も多いと思われる。

イランが、他国が持っているものを持たせないのはオカシイというのは、ある意味一理あるコトなのだ。無論、だから所有してヨイというワケではなく、地球上を何度も破滅させられるだけの核兵器のあるコトの方が断然オカシイという議論にならないコトこそが問題だとワタシは思う。

核があるから戦争は限定的で済んでいるとの論法があるコトも承知してはいる。

でも、かけがえのナイたった一つの地球なのだ。核戦争を始めてから遅過ぎたでは絶対に済まないコトだけは認識しておかないと、我々もしくは我々の子孫のドコかで地球に生存するコトは出来なくなってしまうに違いないと思う‥‥  
Posted by seitaisikoyuri at 21:10Comments(0)TrackBack(0)

金縛りはこうしてなる!

おはようございます。

昨夜は眠くて、本のオモシロイ部分に触れずに終わってしまいました。

「金縛り」はなぜ起こるかという大変興味のあるトコについても書いておきます。

寝入りばなや明け方に身体の動かなくなる夢を見るコトが金縛りなのだそうです。

寝室に化け物や人影が入ってくるなど、視覚性、体感性の幻覚があるのでパニックになるのだけれど。

世界中で見られる現象で、西インドではコクマ、カナダのニューファウンドランドでは鬼婆(old hag)と言い中国、メキシコ、ドイツでも同じような表現があるそうです。

金縛りとは逆説睡眠(昨夜のブログ参照)中の筋弛緩が意識化されることに原因があるそうで、通常入眠後六十分から九十分で出現するべき逆説睡眠が、夜勤や海外渡航など変則的な生活をすると入眠直後に出現することがあるそうです。

昼寝、昼夜逆転睡眠、睡眠時間のずれ、あるいは六十分覚醒三十分睡眠というスケジュールでもこのような状態が確認されているそうで、夜眠っている人をたびたび起して一定時間覚醒させたりすると多くが金縛りの体験をすることから、変則的睡眠・覚醒リズムが原因だそうです。

思春期に最も多く発現しその後減少することを考えると、思春期のホルモン・バランスの変化も関与しているらしい。

パニックにならないタメには、「今は夢を見ているだけで、そのうちに目が覚めるだろう」と自分に言い聞かせること。

ちなみにナルコレプシーは目覚めているのに、突然夢を見ている状態になる病気で、居眠り病とも呼ばれている。

どちらもキチンとした睡眠が大事で、あまりに心配だったとしたら、専門医に相談するのも必要と思われる。

「睡眠」も研究すれば実に奥が深いものだ。  
Posted by seitaisikoyuri at 08:13Comments(4)TrackBack(0)

2006年03月15日

安眠の敵は長期のストレス

平日なのに更新が遅れました。疲れて〈夜寝〉してました。

まだ眠いのですが、これだけ書いて食器を洗ってから寝ます。
ヒトはなぜ、夢を見るのか

この本を数日読んでいました。

よく「レム睡眠」とか「ノンレム睡眠」と言いますが、「レム」とは急速眼球運動を指すので、常にこういう運動が現れるわけではないので、ヨーロッパでは「眠っているのに覚醒していて、揺り起こしてもなかなか目覚めない不思議な睡眠」という意味で「逆説睡眠」と呼び、その時に人間は「夢」を見るのだという。

普通の眠りは、「ノンレム睡眠」と名づけられているが、ゆっくりとした脳波が見られることから「徐波睡眠」とも呼ばれ、「深い眠り」と言える。

夢を見る「逆説睡眠」は「浅い眠り」とも考えられるが、脳が覚醒しているような状態を示し、筋肉が完全に弛緩し、呼吸や心拍が不規則になり、勃起が見られるなど夢を見ているときに特有な現象が観察される。

軽いストレスの場合、脳内で副腎皮質刺激ホルモンのCLIPというペプチドが増え、逆説睡眠が増える。逆説睡眠はストレスから脳を守る機能を果たし、精神的にほっとしたところで夢が増える。

ところがストレスが長く続くと、副腎皮質ホルモンが脳下垂体から増え、覚醒を増やして夢を減らしてしまうのだという。

「夢」について関心のある方は、本を読んで頂くとして、熟睡したい方はストレスを軽減するコトが必須条件であるようだ。

「夢」は覚えてナイくらいでヨク眠っているのかもしれない。「夢」を見ながら、現実の記憶の整理とか様々なコトが行われているようだ。さぁ、食器を片付けてしっかりイイ夢を見よう!  
Posted by seitaisikoyuri at 22:22Comments(0)TrackBack(0)

法は誰のものか?(PSEだけでなく)

おはようございます。

「ビンテージ楽器」の売買が全面禁止にはならずに済みそうな気配にはなってきましたが、では、『〈希少値が高い〉と誰が判断するのか?』という疑問も生まれます。

グレーゾーンが多いというコトは、汚職とかの余地が生まれる可能性もあるワケで。

この法律は、民間の自主検査による製品の安全確保が狙いで、粗悪な輸入品が中古品として流通するコトを阻止したいという趣旨から出来たらしいのですが、国産品の中古も一律にこの規制を受けるのだとすると、趣旨から明らかに逸脱していると思います。

リサイクルに巨額な費用をかけてペットボトルとかを回収してますが、リサイクルで最も有効なのは、使えるものは使うというコトではないでしょうか?

家族数の変化とか、引越しとかで使えなくなったけど、でもまだ十分に使えるモノに、変にお役所が関与するコトは、行政改革と一致するのでしょうか?

〈電気用品安全法〉なるモノの存在を我々は何年もの周知期間があったというのに、ホトンド知らなかったというコトは、意図的ではなかったのでしょうか?

PSEマークを取得していない古い新品が売れなくなると困るという配慮があったからではないかとカンぐりたくもなります。

検査体制も確立しないままに、貸し出せる検査機器も少ないのに、どうやってスムーズな法律の施行が可能なのか不思議でなりません。

周知期間のウチに、マークの取得をどうしてすすめようとしてこなかったのかも疑問です。マークを取得した方が安全性をアピール出来ると考えた人だっていたかもしれないのに。

運用をアイマイにするという手法は、昔から日本は得意でした。

特に憲法九条とかの絡みの自衛隊の変遷を見れば明白です。

「法治国家」を名のる以上、法律の運用は厳格なルールが必要だし、政治の風向きによって右往左往すべきではありません。そして、その法律の根っこには、国民を愛し、守る気持ちがなければ、その法律には血が通わないタダの役人や政治家の権力闘争の具になってしまいます。

「悪法も法なり」です。より良き法になるべく監視してないと、トンデモナイと気付いてからでは遅過ぎると思います!!  
Posted by seitaisikoyuri at 08:15Comments(4)TrackBack(0)

2006年03月14日

失われているモノ

今朝に引き続き、本日の「四季」より少し、

日本水フォーラム事務局長の方によると、
「(世界では)安全な水を入手できない人が11億人、
水が要因で死ぬ人が8秒に1人」

安全な水といっても滅殺菌した水ではなく、1人1日20醗幣紊痢∧發い30分・1銑丹米發琉汰瓦平絽擦ら得られる水だそうだ。

一方、日本人は、居ながらにして蛇口をひねって、生活用水を一日に300醗幣綮箸辰討い襦

しかも、日本が輸入する主な農産物を生産するためには、年間440億填瓩た紊鮖箸Δ箸了郢擦ある。生活用水で1日20箸覆60億人が使う量。つまり、日本のタメの農産物に使うだけの量がありさえすれば、世界全員が水に困らないくらいというコトである。

でも、そういう生活をしているコトに対して、我々は感謝の念を持っているだろうか?

当然としか思ってナイ人の方が多いと思います。無論、ワタシもそんなコト、全然知りませんでした。

今日、御客様と今の子供に失われたモノがあるという話になりました。

それは「感謝、我慢(忍耐)、想像力(思いやり)」という三つに集約されるのではないかと。

想像力が低下しているから、他人に対する思いやりがナイのではないか。

自分のしているコトが他人にとって、どう思われるかを想像できないから、平気で他人をイジメたり、傷付けたり、殺したりできるのではないかと‥‥

人に何かをしてもらっても、「ありがたい」と思わないし、現実の厳しさに「耐える」コトも出来なくなっているのは、一体誰に責任があるのか、それはやはり「親」が一番でしょう。

全てを学校で教えるコトは出来ません。

氷は冷たいというコトを言葉だけでは、ナカナカ伝えられないでしょう。でも、触ってもらえればスグに理解出来る。

真の体験を増やそうとしない限り、バーチャルだけでは、理解出来ないコトも世の中には多いのです。  
Posted by seitaisikoyuri at 20:48Comments(4)TrackBack(0)

ミカンで健康増進が確認されてる

おはようございます。

しつこく、昨日の「日本農業新聞」から、「四季」という編集者の一面にあるコラムからです。

温州ミカンは、臨床、疫学両面から研究が進み、一部ではっきりした発がん抑制、生活習慣病予防効果が出ている。

βークリプトキサンチンは、オレンジにはないがミカンには特に多い。

1998年に京都府立医科大学と農水省などの研究グループが、動物実験で強い発がん抑制作用があることを突き止めた。

それから8年。同大学は肝がんなどを発症しやすい人を対象に、5年間の臨床実験を実施中で、1年目の成果として、西野教授は「βークリプトキサンチンにはがん抑制物質であるRBたんぱくを増やす作用が強いことも分かった。含有ジュースを飲ませた試験では、投与群に肝がん発症例はなかった」という。

疫学調査はミカン農家が多い静岡県浜松市三ケ日町で続く。対象は約1700人、期間は2003年から10年間と長い。担当する独立行政法人では、飲酒量の多い人ほど血中のγ(ガンマ)ーGTP値が高くなるが、「ミカンをよく食べる人はβークリプトキサンチンの血清中濃度が高くなり、γーGTP値が低く抑えられることが分かった」

というコトである。ともあれ、食物には様々な体調を良くする物質があり、だからこそ有史以来続けて栽培されて来たのであろう。

以前約束した、納豆を夜に食べ続ける実験を個人的にまだ続けているのですが、ワタシがホトンド納豆を食べなかったからなのかもしれないけど、息子のインフルエンザにも感染せず、ナカナカの成果がありそうです。少し、ミカンの時期は終了しつつありますが、これも楽だし、試してみる価値はあるかもしれませんね。というか、ほぼ毎日、ミカンやポンカンを食べる生活をしているので、納豆とのW効果もあるかもしれません。  
Posted by seitaisikoyuri at 08:40Comments(2)TrackBack(0)

2006年03月13日

プリオン説はほんとうか?

日本と米国の野球、ミスジャッジで残念でした。

ことスポーツなら、まぁ仕方ナイと思えますけど、食べ物となるとそうはイキマセン。

実をいうと、本を読んでもナイのにココで御紹介するのは、気がひけるのですが、読んでいるヒマはありません。要約を読んだだけで、一刻も早く皆さんにこういう考え方もあるのだというコトをお知らせしないと大変だと思って書いてます。(と、言っても仕事が済んでからなので、こんな時間ですが‥‥)

今日の「日本農業新聞」の読書欄からです。
プリオン説はほんとうか?―タンパク質病原体説をめぐるミステリー


牛海綿状脳症(BSE)をはじめとするプリオン病の病原体は、たんぱく質だけでできた異常プリオンというのが定説で、このたんぱく質を発見し、病原体は生命体であるという生物学の大原則を打ち破ったカリフォルニア大学のプルシナー教授はノーベル賞を受け、様々な原因説で揺れた論争は決着したかに見える。

だが、研究者達はプルシナー教授のプリオン説では病原体を科学的に決定付ける「コッホの3原則」をも満たしてないと指摘する。

多くの研究者が今も追及しているのは、ウイルス説。

プリオン説が「不完全な仮説」だった場合、かなり恐ろしいコトになる。

「感染源が不明であり、感染牛も発見され続けている現時点で(全頭検査を)緩和すべき合理的根拠は少なくとも国内にはない」というコトらしい。

詳細を知りたい方は、一読されるコトをオススメする。

少なくとも、疑いがあるだけでワタシは十分だ。

生命を賭けてまで食べたいホド、安全が確立していない米国の牛肉は食べたくナイ。(豚肉なら食べてもイイけど、別に米国を目の敵にしているワケではないし、そんな偏狭な考えは持ってないつもり)

ただ、大国の特有のゴリ押しを見ていればアヤシイものは、真っ平ゴメンだ。とにかく、黒を白と言いくるめるのは得意の国なのだから‥‥大量破壊兵器だってなかったのに、それが口実で戦争は起き、無関係の人々はタクサン死んでいった。その二の舞だけはゴメンというだけのコト。  
Posted by seitaisikoyuri at 20:56Comments(2)TrackBack(0)

ブランド志向は受験に不要?

おはようございます。様々な入試の発表も大詰めを迎えてきました。

昨日読んだ本の作者は、大学時代私立の医大しか入れなかったとか、たまに御紹介する南木佳士さんもヨク東北のひなびた地域の国立大学にしか入れなかったと学生時代のコトを書いてます。

ワタシが学生のコロも、新設の国立医大にしか入れなかったとか言っている人はいました。
天下のK大生だと伸びた鼻が折れそうな人も‥‥

出世とかにはもしかしたら学閥があるので、出身大学が全く関係ナイなどとは言いませんが、イイ大学を出たからといって、仕事の出来る人間だと認めてくれるのは、せいぜい入社試験までです。入社して、使い物にならないと思われてしまえば、それまでのコト。

今日の「信濃毎日新聞」の秋山仁先生のコラムに、脳の働きを研究したいという高校生が、家庭の影響で猝礁膈畭膤悗琉絣愽受験にこだわり三浪して、秋山氏のトコへ相談に来て、学部を変更したらどうかと言われて不承不承国立大の生物学科動物専攻に入り、二十数年後の現在は脳の研究の世界的第一線の研究者としてバリバリ働いているそうです。

ワタシは自分の入学した大学は、第一希望ではナク、不満もありましたが、それでもこれが『運命』なのだから仕方ナイと諦めてジタバタせずに、四年間過ごしました。
ともあれ、未だに付き合っている友人もあり、それでヨカッタと思うしかナイと思っています。

前にも書きましたが、大学の友人がK大の医学部に二度落ちて神経を病み、友人を殺めてしまったコトを考えるなら、大学にコダワラなければ、その家族は崩壊しなかったのです。

鼻が折れそうな人々も、今ではどうしているコトでしょう?

中には、プライドはモチロンあるでしょうが、表面的にはフツウの人も少しはいましたが、まぁ一般的にいうと、それで当然だと思います。イイ大学で勉強するコトよりも、とにかくしっかり勉強するコトの方が大事です。
特に最近は、マスマスその傾向が強まっています。

他人を見下したような人よりも、他人と協調できる人の方が受け入れられるに決まっています。

他人に自らを殺して迎合するコトはありませんが、浪人してその屈辱をバネに人間性を伸ばせるならともかく、くだらない他者からの目を気にして「ブランド」にしがみつくのは、バカバカしい話です。

ブランド物のバックを持っているから一流なのではナク、それを使いこなせてこそ一流なのと同じコトです。

人生は思ったよりも長く短い。くだらない時間の浪費はモッタイナイと思います。  
Posted by seitaisikoyuri at 08:14Comments(0)TrackBack(0)

2006年03月12日

民主主義の基本

百人居たら、百通りの考え方がある。それがフツウです。

でも、百人で社会を構成していくとなると、バラバラでは生活しにくい。

だから、多数決で数の多い人の意見を尊重して、それに沿った選択をする。

当たり前のコトですが、これが民主主義の本質です。

ワタシは、思想的に中立なのがイイと思ってますが、世の中には極右の人も居れば、極左の人もいると思います。

それも、他人に迷惑さえ掛けなければ自由だと思います。

でも、大体極端にどっちかに寄ってしまうと、ナカナカ他人の意見に聞く耳持たずになってしまいます。

宗教と同じで、信じれば信じるホド、純粋を極めたくなり、そうすると、それ以外の考え方、特に正反対の考え方をする人が許せなくなってしまい、暴力とかを使ってでも自分の考え方を通したくなってしまうのです。

アメリカの大統領もそう。敬虔なクリスチャンになればなるだけ、他宗教の考え方を許容できないし、対抗しようとするなら戦争すらも辞さないと考えるに至っているワケです。

でも、大国だから、それをヤメロとは言われないだけで、内政干渉に近付いているコトは間違いナイでしょう。

そういう米国の主張に同意ばかりしている日本が、他国から内政干渉されるとワーワー言うのはオカシイと思います。

世の中に様々なダブルスタンダードが存在しています。

自分が自由をタテに、何でもしたいと思ったら、他人がそれに対して色々言う自由もあるというコトなのです。

自分だけはしたい放題、でも相手には守ってねというコトは通用しません。

自分が好き勝手にしたら、相手はそれに対して感じたコトを好き勝手に言う権利、する権利も発生するワケです。

そんなコト当たり前だと思いませんか?

アメリカの牛肉問題の対応は『変』と思う皆さん、でも、それはイラク侵攻と似た思考回路ならば十分ありえると思いませんか?

何事も他人事と考えていると、我が身に降りかかるのです。

それは、どんなコトにも共通します。  
Posted by seitaisikoyuri at 20:46Comments(0)TrackBack(0)

「山薬」(ナガイモ)で若返り?

おはようございます。

本日は信州の名産品の一つである「長芋(ナガイモ)」です。

再び「日本農業新聞」の「アンドユー」の特集記事です。

漢方薬の成分の一つである「山薬」は、ナガイモを乾燥させたものです。
ジオスゲニンというヤマイモ科特有の成分が、若返りホルモンを活発化させる。滋養強壮や老化防止などの効能があるといわれています。

,未襪未襪粘膜保護
ナガイモの主成分はでんぷんと糖たんばく質が結びついたもの。ぬるぬるした成分はムチンと呼ばれる糖たんばく質の一種で、体内を粘膜保護し、胃かいようや胃炎の予防効果、肝機能を高めて、疲労回復の効果もある。

△任鵑廚鵑諒解を促す
でんぷんを分解する酵素のアミラーゼ、ジアスターゼが豊富で、ご飯などの消化を助けてくれる。生のでんぷんとぬるぬる成分は、腸の運動を促す整腸作用がある。

1分を排出する効果
カリウムが多いことも特徴のひとつ。カリウムは塩分の取り過ぎで血圧上昇の原因となるナトリウムを体外へ排出してくれる。高血圧予防効果が期待できる。

ぅ好肇譽慌鮠辰砲
糖質をエネルギーに変えるビタミンB1も多いので、ご飯を主食とする日本人に欠かせない。脳の中枢神経や手足の末しょう神経の働きを正常に保ってくれるため、疲労回復やストレスの解消に役立つ。

ニ富な食物繊維
食物繊維が豊富なタメ、腸を整え便秘を解消する役目も見逃せない。

Ε咼織潺鵤辰魎櫃瓦
一般に野菜は、煮ると3割の成分がなくなるといわれる。ナガイモはとろろなどで食べられるため、ビタミンCなど熱に弱い成分もそのまま身体に吸収される。皮膚や血管の老化を防いでくれ、肌荒れの予防に効果がある。

長芋とかレンコンとかは、砂地でも栽培出来、その方が見た目はスラッとしていますが、泥地とか山の中の石だらけのトコで成長したモノとは、粘りが違います。手のように広がった長芋は、使いにくいというコトで、外食産業に敬遠されがちですが、ホントウはそっちの方がネバネバしてます。人間も、あまり厳しいトコで生育して枯れてしまっても困りますが、ツライ環境に耐えてしっかり根を生やせば、より味に深みのある人間になります。キツイ時は、これが自分を磨く試練だと前向きに考え、クサらず生きて欲しいモノです。  
Posted by seitaisikoyuri at 10:08Comments(0)TrackBack(1)

2006年03月11日

ネットの世界は虚々実々

もうそんなに若くはナイので、メッタにネットサーフィンをしないのですが、気力がマアマアの時は、それでもタマにはお気に入り以外のトコも回ったりします。

ともあれ、ネットが全て正しいコトを書いているのかというと、多分そんなコトはナイと思います。

ワタシあたりにも、「ブログでこの商品を取り上げてくれたら、御礼はします」みたいな申し込みがあるのですから‥‥

「CMを流す前に、口コミで盛り上げたいから」って、それはホントウの口コミじゃないだろって感じ。

ともあれ、固有の商品名を出さず、アフィリエイトせずのワタシが商品名を書いたら、逆にアヤシイと常連の読者の方々だったら思うだろうから、全然PRにならないと思わナイのかな?

「偽メール事件」もあり、シロウトが真贋を見分けるなんてホトンド無理だと思います。

でも、カンを頼りにココまで生きて来たワタシのアンテナに引っ掛かってきた今回のブログは、正しいかどうかはともかく、今までのワタシの「最近、何だか変!」と思ってモヤモヤしている気持ちに、ある程度の答えを用意してくれたみたいです。

偶然がこんなに続くと、必然しか考えられない

そう考えているから、そう思うのだと言われれば、「ああ、そうですか」と答えるしかナイのですが、コトの真贋は読んだ皆様に決めて頂くコトにして、とりあえず御紹介させて頂きます。

とにかく、ヨイと思ったものだけを無償で書くコトに生きがいを感じているので、カンが外れてたらスミマセン。でも、イマイチと思ったものは、正直にイマイチと書いてきてます。ヨイショ記事を書かなければイケナイような人生を歩んで来てはイマセンから。

前置きが長くなりましたが、皆さんに読んでみて欲しいと思うブログはコレです。

山崎行太郎の『ジョーダンはブログだけにしてくれ!!!』

こう考えれば、つじつまが合うからとしか言えません。一介の個人に過ぎないので。

前のブログもあるらしいのですが、そこには辿り着けておりません。巡り合うべきものは、向こうから来るという強い信念のママ、ここまで生きてますので、オソラクそれにも出会うコトがあるかもしれません。

風の向くママ、気の向くママ、寅さんのように日本一周するコトは物理的にムリですが、ネットの上なら、それなりに漫遊できますから、アリガタイ世の中になったモノです。  
Posted by seitaisikoyuri at 21:26Comments(2)TrackBack(0)

若返りにワカメ!!

おはようございます。

ダジャレみたいなタイトルですが、ワカメ、かなり好きなんです!!

ワカメは「若女」とか「若芽」から来たといわれるくらい、古くから若返りの猝薬瓩覆里世修Δ任后

本日も、「日本農業新聞」の「アンドユー」から永山久夫さんのコラムからです。

ワカメを常食している海辺では、昔から動脈硬化や脳卒中が少ないのも、ワカメに多いビタミンCやカロテンなどの抗酸化作用にあるらしい。

細胞の接着剤として丈夫な血管や各種の器官、筋肉などをつくるコラーゲンの生成に欠かせないのが、ワカメにたっぷりのビタミンC。病気に対する免疫力を強くし、物忘れを防ぐビタミンとして脚光を浴びている葉酸も。

骨や歯を強化し、精神安定に作用するカルシウムや造血作用のある鉄分、取り過ぎた塩分を排除するカリウムも豊富。

表面を覆うヌルヌルの正体はアルギン酸という食物繊維の一種で、血中のコレステロールを下げて動脈硬化を予防するほかに、便秘予防にも優れていて、味噌汁に入れれば、味噌にも抗酸化作用があるので、活性酸素を除去する力が強化されるとか。

新聞を読む前に、しっかりワカメ入りのお味噌汁で朝食でした。

ワカメ好きが、マスマス推進されそうな本日のコラムでした!!
 
ともあれ朝食は、お相撲さんのようにワケあって二食にしている人以外は、どんなに忙しくても牛乳一本とか、ヨーグルト一個でもいいので、何も食べずにいるコトだけは避けておいた方がイイです。若いときのムリは、必ず歳をしてから響きますので、その辺だけは注意してください。  
Posted by seitaisikoyuri at 09:14Comments(0)TrackBack(0)

2006年03月10日

ホントウの愛情とは?

今朝の続きのような話ですが、今日読み終わった傑作はコレ、
レイクサイド

子供のタメにと、中学入試に狂奔する親達の話です。

子供のタメに、子供のタメにとドンドンとエスカレートする様はあまりに滑稽なのですが、本人達は真剣過ぎて、それに気付かないのです。

ヨク子供を勉強させようと、「今、ツライ勉強を頑張ってしさえすれば、バラ色の人生が待っている」みたいに言う人達がいますが、難関中学に入ったとしても、次は難関高校、難関大学への受験が待っています。大学に入っても、一流の人物になりたければ、勉強せざるを得ず、イイ就職が出来たとしても、当然そこの中にも競争があるのです。そして、自分の子供にも同じコトを強要して、その孫にも、とかしていたら人生のドコで気持ちが休まる時があるのでしょうか?

感性の柔軟な子供時代に「人生を楽しむ」タメの方法を習得させずに、何時「幸せ」を感じられる人間になれるのでしょう。

勉強も、本人が「ヤロウ!」とするからどんなに辛くても我慢出来るのであって、強制されての勉強が楽しいと思えるでしょうか?

本人が、成りたい職業に付くタメに努力するのであれば、イイでしょうが、他人の意見で付いた職業に愛情が持てるのか疑問です。

ムリヤリ上位の学校に入っても、競争は激しく、自信を失ってしまうコトになりかねません。

まして、一流企業に入ってもリストラもある現実。今を犠牲にしていると、一生死ぬまで自分の人生を犠牲にしかねません。

上の本の親達は、子供のタメを思っての選択が、最悪な選択だったと気付く日はあるのだろうか?

東野圭吾作のミステリーの中で、屈指の社会派小説だと思います。下流社会には下流社会の大変さがあり、上流社会には上流社会なりの大変さがあると、教えてくれるスゴイ作家です。  
Posted by seitaisikoyuri at 21:04Comments(2)TrackBack(0)

少年を凶行に走らせたモノ

おはようございます。

14歳の中学生が妹を焼死させ、父親と義母とにヤケドさせたとTVで報道されてますが、放火が悪いなんてコトは当然ですが、周囲の彼に対する行動に問題はなかったのでしょうか?

一月に実の母親と暮らしていたのに、不登校していたからだろうと思いますが、父親と義母と生まれたばかりの妹のトコに住み出した。(コレって、かなりのストレスに決まってますよね)

不登校だった学校に、一番乗りして登校し、休み時間中も予習や復習をしていた。(不登校していて、授業に着いて行けず、ムリしたんでしょう)

で、今週から遅刻しがちになった。(もうイッパイイッパイだったんでしょうね。五月病みたいな感じで)

それでも、一応学校に自分にムチを打って行こうとはしていたのです。そんな時に、怒られたらアナタならどう思いますか?

父親はヤケドしながらも、息子が中に居ると助けに行こうとしたそうですから、息子を愛していたとは思います。でも、ボタンの掛け違いはあった。自分では正論だと思っても、正論に付いていけない人だっているのです。

新生活に馴染むのは大変です。

加えて、母親の違う妹、自分の母親と違う女と暮らす父親、実の子を大事に(新生児を育てるのは大変ですから当然なのですが、少年にはそんなコトは経験してないので判らなかったと思います)している継母と、ヒガミを持って見れば、そう少年の目には映っていたコトでしょう。

少年の異質さを糾弾するだけでナク、少年の寂しさ辛さを理解するだけのゆとりがナカッタのだと思います。

中学生の男子は、ホントウに面倒です。「親が自分の意見を聴け!」と押し付ければ、反発するばかりです。でも、逆に考えればそれが普通なのです。

子供の意見も聴いて、互いにどうすべきか考えずに、ただ親の意見を強要してたら、子供だって行き場がナクなります。

子供も別の人格を持っているのです。どんなに小さくても。それを否定されたら、子供も他人の人格を否定したくなると思います。

少年によるテロ攻撃だったのでしょう。これを拡大すると、今の世界情勢と相通じるコトになるのだと思います‥‥  
Posted by seitaisikoyuri at 08:11Comments(2)TrackBack(0)

2006年03月09日

最後の学級会長会

今夜で、夜の小学校に行くコトとはサヨナラできました。

くじ運の悪さに泣いて一年、卒業式のアトの謝恩会さえ乗り切れば、お役ゴメンです。

本日は、爽健美茶とオペラさんのケーキでした。

クリスマスケーキちなみに昨年我が家で頼んだクリスマスケーキがコレ。手作りの一品です(オペラさんは木曜定休日なんですけど、予約されてたので受けたのだろうと思いました)

午前中に整体したのですが、こうやって仕事をバリバリやっているから、中々楽になりきれないのでしょう。それでも、「身体硬すぎですよ」と他で文句を言われたという肉体も、徐々にそれなりになってきてますが‥‥

隣の学級会長さんも、前回あんまり顔色が悪かったので、座って話を聞きながらコッソリ硬くなっていた手を刺激してたら、マアマアになったので、帰ってからも、『こうやってモラッタよな』と思って自分で刺激してたら、体調がイイとかで、感謝されました。確かに顔色が、前回と違って健康的になっててヨカッタ。

今朝の本は全部読み終わりましたが、感想はホトンド変わらなかったです。とっても(モデルになった人には申し訳ないけど)事実は小説より奇なりで、斬新でした。

お見合いがハヤラナイ理由もヨク判りましたが、「運命の出会い」という言葉にあこがれて浦島太郎になってしまっては困ります。おそらく、あの寓話には、そうした意味合いもあったのだと思いますが、乙姫様と面白おかしく暮らすのも、若いうちはイイでしょう。

でも、人間の老化は絶対に避けられないモノです。

三十歳のコロ、二十歳のコロのような気楽な気持ちで東京に出て行き、京都と違って空気が悪かったコトもありましたが、体調を崩しました。

「やっぱり歳をとったのだ」と思って、人生を変えようと決心して家に帰り、結婚もし、産婦人科の先生に、「高齢出産で大変でした」と言われつつ、二人の子供を「ムリするな」という忠告にも関わらず、年子で産みました。

友人には、四十歳を過ぎて子供を産んだ人もいて、最近は高齢でも子供を授かりはしますが、大変になるコトも事実です。

一生子供を持たないという選択ならば、それも人生ですが、何時かはと思う気持ちが何処かにあるならば、柔軟な考え方も必要です。

相手が理想と違っても、理想を近付けてあげればイイのです。夫婦は合わせ鏡。アナタが変われば相手も変化します。ただ「鏡よ。鏡よ。鏡さん。ワタシにお似合いの人を連れて来て!」と自ら行動もせずに、鏡にお願いしてばかりでは、人生はただ空しく過ぎて行くだけです。

今日は(もかな?)辛口でしたけど‥‥  
Posted by seitaisikoyuri at 21:15Comments(0)TrackBack(0)

純愛時代?

おはようございます。

今朝は新しい本です。
純愛時代

昔の「純愛」と全く別物になった純愛物語です。

東大の医学部を卒業し、精神科医としての経験から書かれた一流のエスプリの利いたネーミングです。

今の若者にとって、肉体関係はスポーツ感覚な人もいるのだと思いました。

貞操観念なんていう言葉は、<死語>になっているのかもしれない。

でも、そんな風に肉体を軽視していると、精神も参ってしまうのではないかと、少し心配にもなりますが‥‥

理想の恋愛を求め過ぎると、相手が美化され続けてなくてはなりません。

そうすると、実際に会っていると微妙に現実とのブレが気になる。

いっそ、別れてしまった後とか、二度と会えなくなってしまった時の方が、自分の妄想を働かせやすいというような‥‥

ネットで男性だと思ってチャットしていて、実際会ったら女性だったとか、匿名性の高いネットならではのコトです。

ワタシはホームページもあり、空想を書き込むコトは出来ませんが、若い時にネットをしていたとしたら、作り話の世界にのめり込んでいったかもしれませんね。

ともあれ、我々は現実の中でしか暮らしてはいけません。

ツライ現実の逃避としてネットを利用するのは構わないと思いますが、現実との混同や仮想世界の中だけで生きようとするとムリが来ます。

まだ、読んでいる途中なのですが、今の若者はある意味、物質的に豊かになり過ぎたゆえに、精神的な充足とか達成感を持つコトが、逆に大変になってきているのだろうと思います。

それは、表面的に見ればイイことなのでしょうが、深いトコでの付き合いが出来ずにいる原因かと思います。

カッコ悪いトコやズルさも含めての自分であり、他者なのですが‥‥  
Posted by seitaisikoyuri at 08:10Comments(2)TrackBack(0)

2006年03月08日

とっても元気‥‥

ワタシのコトではありません。
本日もお見えになられた82歳の方の話です。

土曜日に初めていらっしゃいまして、身体年齢の若さに驚きました。

で、「日曜が休みだから、月曜日ね」と予約されて、月曜日に「じゃ、明日」というので、「大変ありがたりのですが、40歳以上の方は毎日では大変だと思われますので、せめて中一日空けていただいて」というコトで、今日お見えになったのです。

世間話をしながら整体してましたが、ひょんなコトから、「首相の靖国参拝は許せん!!」という話になりました。

男兄弟が五人も出征して、すぐ上のお兄さんが亡くなられたそうです。

フィリピンから、やっとの思いで生きて帰られたのだとか。

マラリアに罹った人は、40度以上も熱が出て、何枚も何枚も毛布を掛けたりしても、寒い寒いというので、人間が何人か上に乗ってやって、寒気をしのがせたりしたそうです。

「日本人は戦争の時に本当に悪いコトをしたんだから、未だに怨みに思う国の人々がいても仕方ナイよ」と話してくださいました。

「多少、侮辱されたとしても、戦争だけはしちゃイケナイ!」ともおっしゃってました。

まるで、地獄絵図だったようです。

「軍隊は、スグに殴ったり蹴ったりするけど、牛や馬だって飼っていたら、情が移って大事にするもんだがな」とも。

人間は、家畜以下の扱いを受けたというコトなのでしょう。

最後に、「次、予約何時お取りしたらイイですか?」と尋ねると、「明日」とマタマタおっしゃるので、「翌日はムリですから、あさってでお受けします」というコトになりましたが、とにかく気が若い。

若いコロは、睡眠時間が4時間位で頑張って働いたと前にお聞きしましたが、こういう身を粉にして働いた方々があって、今の日本があるのだとツクヅク思いました。

内地にいて、戦争の悲惨さを知らなかった人や、そういうイヤな話に耳を塞いでいる人の話を聞いたり、TV画面に映る戦闘シーンを見て、戦争を軽く考えてはイケマセン。

TV画面の向こう側には、鮮血を流して苦しんでいる数多くの人々がいるのです。

見えないけれど、実際にあるであろう悲惨さをイメージできる人間でありたいものです。  
Posted by seitaisikoyuri at 20:55Comments(4)TrackBack(0)

真に自分らしく生きる 〈こころ〉の定点観測−3−

おはようございます。

昨朝に引き続いて心の話です。

「人生の主人公として主体的に、自分らしく生きているか」

これこそが、生きていて楽しいと感じられる最大の要素だと思います。

他人の顔色ばかりうかがっていると、「何が喜びで、何のために生きているのか」と思ってしまいますから。

それには、「自分の意思」で、「自分らしく選ぶ」という行為が必要になります。

それから、自分の責任で実行するという体験が自己を強化し、自己イメージも上げ、いきいきと生きることを可能にする。(「自分らしく選ぶために」平松園枝)

確かにその通りです。

ただし、札幌の耐震偽装問題の二級建築士のように、むやみな「信念」も困りモノです。

自分の選択が、社会に受け入れられるかどうかも、問題なのです。

夢を持つのはイイことです。しかし、夢に近付くには、地道な努力も必要だったりします。

そういうモノがイラナイような些細な夢ならいいのですが、大きい夢に向かって行く時に、途中を省略しようとするとムリが生じます。

「世界一」になりたかったら、成果をコツコツ積み重ねなければならないし、「注目される質問」をしたかったら、裏付けをしっかりしないとダメなように。

大衆を魅了して権力を掌握しても、「竜頭蛇尾」で終わりそうな方もいらっしゃいます。

社会や他人ばかりを気にしても自分が出せなくなりますが、自分の欲望ばかりを優先して、全体が見えなくなっても困ります。

何事もホドホドというコトです。

他人を大事にし過ぎる人は、自己主張をより大きくし、自己に満足している人は、自分の行動で周囲を傷付けていないかを確認すべきでしょう。

そこから、何か現状を打破するキッカケが、必ず見つかると思います‥‥  
Posted by seitaisikoyuri at 09:32Comments(2)TrackBack(0)

2006年03月07日

とっておきの本

楽しみにしていた本をツイに読んでしまいました!!
火車

宮部みゆきの傑作として名高い小説ですが、過去に見るともなく、途中から二時間サスペンスドラマの再放送を見ました。その時から、読みたいけど読んでしまうのが惜しいみたいな気持ちでずっといたのですが、この前、NHKの「プロフェッショナル」という番組で、宇都宮健児弁護士のコトをやっていて、「火車」の中の弁護士のモデルになったという話を聞いて、そろそろ我慢しないで読もうかと思いました。

ただ、「サラ金」というと、ワタシの愛読ブログで現在「続サラ金日記」の管理人さんが、自分で借金から脱出したいとしている方々のブログを集めて、「借金ブログランキング」というのを自前で作られてます。ほんとうに借金体質で困っている人は、そういうのを参考にして頂きたいと思います。

ともあれ、最初の「サラ金日記」には夜逃げの方法も書かれてたりするので、借金から犯罪や自殺に走るのはヤメテ頂きたいと思います。

ちなみに、ワタシがリンクしているからなのか、ただ漠然と手当たり次第なのかは判りませんが、しつこくサラ金から、葉書きやFAXで勧誘が来るのですが、ゴミが増えたり、FAX紙が減るのでヤメテ頂きたいとは思うけど、下手に電話して係わりたくないので、シカトしてます。電話の勧誘はさすがに最近は借りてくれる可能性はゼロだと諦めたらしく静かになったので、まぁ仕方ナイと思ってますが‥‥

今朝の続きも書きたいと思ってたのですが、どうしてもこの話を書きたくなりました。昔、親の借金のタメに働いて仕送りしていた女性を知ってます。友人というワケではなかったので、住所も知りません。親の人生は親の人生。子供には子供の人生があるのだというコトに早く気付いて欲しいとズッと思ってました。今、達者でいるかどうかも判りませんが、彼女が幸せでいるコトを祈りつつ、サラ金関係の話は読んでいます。

全ての子供を持つ親は、親のワガママで子供をツブスことだけはしないで欲しいと思います。自分の失敗は、自分でケリを付けるしかないのですから。  
Posted by seitaisikoyuri at 21:08Comments(4)TrackBack(0)

社会が病むということ・〈こころ〉の定点観測−2−

おはようございます。

昨日の本を読んだ時に、今朝はコレと既に決めていました。

二編目はなだいなださんが書いてらっしゃいます。

「最近の少年は凶暴化しているのでは?」との記者の問いにこう答えている。
「少年全体が凶暴化しているのなら、殺人事件は増えているのでしょうね」
すると記者はそんなコトも調べずになださんに聞いたのだと答える。
「殺人事件の件数は戦後多い時は400を超しているのに、現在は100以下か時々100を超えるだけなのに、少年全体が凶暴化してるといえるか?」と尋ねられて、
「でも、マスコミで騒がれるような事件が続発してますよね」といった感じで会話は進む。
「マスコミが騒いでくれるから犯罪を犯したい子供が増えている」となださんは答えている。

「自殺」もそう。
若い人よりも中高年の自殺が増えているのは、リストラのせい。
「再就職が難しい中高年を効果が一番上がるとリストラし、国は銀行に税金をつぎ込み、銀行はそれをサラ金に融資し、ローンをサラ金にとりたてさせる。それは社会がくるっているから」
「個人を中心に考えると、自殺が増えただけだけど、社会を中心に考えれば、社会が自殺を増加させた」のだという。

現在の社会の反応は個人の病理的現象のパニック反応と類似しているとも。

なのに、教育が悪い、弱肉強食に破れた個人が悪いと言い続け、社会がくるっているコトに気付かず、病んだままでいるならば、再び軍国主義の台頭を予感して、最後はこう締めくくられている。

かつての軍国主義時代、日本社会のくるいは、戦場での集団自決という自殺をもたらし、あるいは国益を口実とした捕虜の生体解剖や、七三一部隊による生体実験などの犯罪をもたらした。

今世界各地で起こっている宗教紛争、民族紛争における集団のくるいは、大量虐殺をもたらしている。その事実を直視して欲しい。けっして社会のくるいが比喩でないことがわかるだろう。  
Posted by seitaisikoyuri at 08:17Comments(2)TrackBack(0)