2007年07月10日

長生きしたかったら・2

さて、昨日の続きです。

タ事は何に気をつけるかではなく、どれほど食べるか‥‥人間が何千年、何万年と延々と食べ物の歴史を受け継いできて、その長い歴史のなかで「これは大丈夫だ」「これはおいしい」と生き残った食材をたべているのですから、何を食べてもおそらく大丈夫なのだと思います。基本的には、どんな食材であっても、バランスよく、適量を食べていれば、まず問題ないのだと思います。細かい食事の内容はともかく、「食べ過ぎないこと」がいちばん大切だと思っておいてください。

寝るときの環境に十分に配慮する‥‥睡眠時というのは、飛行機のパイロットが自動操縦装置のスイッチを押して眠ってしまうようなものです。自動操縦装置がバランスを崩していたりすると、予期せぬ方向に行ってしまうこともあります。寒くてもエアコンのスイッチを入れて室温を調整するというようなことはできませんし、水分が足りなくても水を飲むこともできません。突然死がいちばん多いのも睡眠中です。ですから、寝るときの環境をきちんと整えてから寝るべきだと思います。

Д螢坤爐里△訐験茲鮨瓦ける‥‥心臓の手術のために来院する三十代、四十代の比較的若い患者さんを見ていると、一人暮らしだったり、独身だったり、自由業だったりと、他人の監視の目が少なくて、生活習慣が乱れている人が多いように感じます。やはり、規則正しいリズムのある生活を送るのが、心臓に対してもいちばん負担が少ないのではないでしょうか。

調子が悪いときには、家族を信じなさい‥‥家族が調子の悪さを見破って、無理やり病院に連れてこられたという人が、命をとりとめる場合が多いようです。調子の悪いときには、残念ながら自分の判断は衰えています。そういうときには、自分を信じずに家族を信じてください。

家庭用の血圧計と心電計を備えておく‥‥よく血圧を測るという人の話を聞いたことはありますが、心電計は初耳でした。これは心臓に問題がある人向きの様ですが、心電図は平常時にとっても心臓の状況はよくわからず、胸の痛みがある時に測るのがいちばんデータとして有効だそうですから、不安がありそうな人は、携帯用心電計を一家に一台用意したほうがイイみたいです。

症状が出たときには、絶対に無理をしない‥‥心臓疾患というのは、生命の危険と直結しています。ですから、苦しい症状が出たときには、絶対に無理をしないようにしてください。

ともあれ、命に関わらないかもしれませんが、調子が悪い時は、無理するなというサインだと思って、心臓に限らず大事を取るべきだとワタシは思います。身体を酷使していながら、何とかして欲しいと言われても、ある程度までは対応出来ますが、一定水準以上は無理です。自分の限界を超えない様に努力するコト、出来れば何事も八分目くらいで充分だと思って生きるコトが、長生きする秘訣ではないでしょうか?
人気blogランキングへ←応援よろしくお願いいたします

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/seitaisikoyuri/50641873
この記事へのコメント
今日の私の日記とかぶります・・

バランスよく適量に・・
適量が・・難しい
Posted by 松じゅん at 2007年07月10日 18:36
「長生き」、したいorしたくないの議論がたまにありますが、
私は断然「長生き」したい派です!

でも、昨日今日と拝見していますと、やばいかも。。。

年齢に関係なく、無理のし過ぎや悪環境はいけませんね。
今日は早く寝ますzzz。
Posted by おーじ at 2007年07月10日 20:23
こちらでは、初めましてですね。
いつも読み逃げしてます。ごめんなさい。

昨日・今日と長生きするためのお話。
心臓のためにしてあげられることは何かって感じですが、
なるほどと思う事もたくさんありました。

そして、へぇ〜って言うことも・・・
血圧計を備えている家庭は多いと思います。
でも、心電計を備えている家庭はあまりないのではないでしょうか?
私は携帯用の心電計があることすら知りませんでした。

父方の祖父も母方の祖父も心筋梗塞を経験しました。
両方の血を受け継いでいる上に、主人が単身赴任中で普段
家に一人なので準備しておいたほうがいいのかなぁ。。。

参考にします。
(長いコメントでゴメンナサイ)
Posted by BOOちん at 2007年07月10日 21:28
松じゅんさん、そうですね。

時々、同じ時に似ているコトを書いているお仲間と遭遇するコトもあり。

やっぱり考えるコトに似ている部分があるから、お仲間になるのかなと思うコトがあります。
Posted by koyuri at 2007年07月11日 08:14
おーじさん、無理せず長生きしてくださいね。

おーじさんのブログを読むのも、ワタシのストレス解消の一環なのですから。
Posted by koyuri at 2007年07月11日 08:16
BOOちんさん、初コメントありがとうございます!!

長いコメントして頂いて感謝しております。

遺伝的素因があるなら、注意した方が間違いナイですね。

ワタシも祖母二人、母、共に70歳で死亡しているので、気を付けようとは思っています。
Posted by koyuri at 2007年07月11日 08:22
 
にほんブログ村 健康ブログへ