2007年07月16日

共依存を考える・6

更新遅くなりました。地震もそれなりに揺れましたが、この辺は大したコトはありませんでした。タダ、新潟に近い地域の親類の家では、タンスが倒れたり、仏壇が転んだりしたそうです。新潟の知り合いの家の瓦も痛んだとか。多くの被災した方々は大変だと思いますが‥‥

本日、忙しかったのは、明日が父親の88歳の誕生日のタメ。ケーキを持って行ったり、色々と野暮用がありました。ともあれ、こうなるかもしれないと、昨夜下書きしておいた部分を書き込みますね。

こんなにバタバタしていると、こういうマジな話を書けなくなりそうです。やっぱり、前もって準備しといて良かったです。

獲想論、ファンタジー、社会の掟にとらわれる‥‥「こうすべき」「…が当たり前」「…するのが普通」という建て前的な理想論や道徳論にとらわれ、「きっと〜するだろう」「こうなるはずだ」というファンタジー、「社会がこう」「みんながああ」といった社会の掟や、周りの人のせいにする。それに対処するには、現実とファンタジーとにギャップがあったら、現実に焦点を合わせる。夢や希望と現実は一致しない。実現しそうな方法を考え、建て前や社会の掟に頼らず、自分の選択と行動に責任を持とう。

漢蠎蠅竜なを敏感に察して、先へ先へと頭を働かせる‥‥常に相手の顔色をうかがい、先回りして次から次へと心配し、現在を感じず、人生を楽しまない。そういう時には、先回りしそうだと感じた時に「ストップ」と声を出してそれ以上進まないように中止させる。今このときを楽しみ、自分の人生にユーモア、笑い、喜びを進んで取り入れよう。

21・つかなくてよいときに嘘をつく‥‥自分に対して正直になれない。出てくる思考や感情を否定したり、疑ったり、無視する。つい嘘を言って相手をかばったり、その場をとりつくろう。子どものころから、家族に秘密があったり、家の外では体裁をつくろって嘘をつく親の姿を見たり、自分もその嘘に参加させられたりすると、嘘をつきやすくなる。まず、自分に正直になり、出てくる考え、感情や感覚を否定せず受け入れ、「感情が自分のものだ」と言い聞かせる。心中は辛いのに、顔は笑うといった仮面を外す。真実を語った後の結果には責任を取ればいいのだから。

22・自己の確立ができていない‥‥自分に自信がなく、相手に幸せにして欲しいと思う。人生の目的や自分は誰かがはっきりせず、自分を大切にしたり、肯定したり、受け入れられない。そんな時は、なりたい自分、人生に求めているものをはっきりさせる。自分の幸せは自分で作るもの。アイデンティティを自ら発見しよう。親や兄弟姉妹、先生などに、どんな影響を受けて育ったのか調べ、過去の心の傷を癒し、健全な自己を確立しよう。自助グループ、サイコセラピー、ワークショップなどに参加して、仲間と共に癒していこう。

以上、○の中の字は20までしか見つけられなかったり、原文にも重複してるかもという部分があったり、勝手に省略したりしてますので、気になる方は、原本にあたってください。

違う本にも、幸せになるタメには、似た様なことが書かれていたと思います。ともあれ、本日は疲れて、あまり上手く話を書けそうもナイので、ココまで。明日は、これの発展形みたいな話をします。ともあれ、コメントを頂いた皆様、地震の心配のメッセージをくださった皆様、ありがとうございました。コメント返しは、これからさせて頂きます。
人気blogランキングへ←応援よろしくお願いいたします

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/seitaisikoyuri/50647690
この記事へのコメント
地震の影響なくてよかったです(#^.^#)。

なかなか更新がされなかったので、
もしかしたら被害があったのかも…なんて思いました。

それにしても、前回と同じ地域が地震に襲われるなんて。。。
名古屋は東海地震に要注意ですので、他人事とは全く思えません。
Posted by おーじ at 2007年07月16日 18:50
おーじさん、御心配かけてしまってスミマセン。

それでも、揺れたんですよ。ものスゴク。

大したコトが無かったのが不思議なホド。

東海地震も心配ですよね。ともあれ、非常食は買ってませんが、ある程度は生き延びられるだけの、食べ物やペットボトルなどは、常に買い置きしてあります。

人間、ともあれ食べたり飲んだりしないと生き延びられませんから‥‥地震に対して、大した準備は出来ませんが、それだけはしてます。
Posted by koyuri at 2007年07月16日 18:59
地震の影響が、あまりなかったようで良かったです。しかし、震源の近くの被害は大変のようです。
ライフラインが完全に寸断されているようですので、ほんとに大変だと思います。何か役に立てることがあればよいのですが、もう少し情報が落ち着くまでは身動きは取れないですね。
それから、リンクありがとうございました。
それからそれから、お父様のお誕生日おめでとうございます。
Posted by 鍼医K at 2007年07月16日 19:53
地震は大丈夫だったようですね。本当によかったです。
私のコメントに対する koyuriさんからのお返事、読ませていただきました。
確かに 依存する母親が亡くなるのが一番の薬のような気がします。でも あまりにも不幸な親子関係ですよね。
こうなる前に 息子さんも母親も気づくとよいのですが・・・。
Posted by ナミナミ at 2007年07月16日 21:58
そういえばkoyuriさん長野県方面だったんですよね;;
一日中ニュース見てたくせに気づかずすいません^^;
でもたいしたことなかったそうでなによりです^^
言い方はよくないですがやはり新潟メインなんですね。

ニュース聞いてて北海道南西沖地震思い出しました。
あのときは函館も車が横揺れで踊ってたり道路の信号機がいっせいに消えて交差点が真っ暗になったりしたんですよ。
Posted by 小太郎 at 2007年07月16日 22:47
「こうあるべき、あああるべき」は「認識」はしても「固執」はせず、現実に即して・・。
気持ちの切り替えが大事ですね。


地震の被害、心配しておりましたが、やはりだいぶん揺れたのですね。
私も飲み物、食べ物の備え、チェックしなくては^_^;
Posted by セサミ at 2007年07月16日 23:09
鍼医Kさん、御祝いメッセージありがとうございます!!

被害に遭われた方々を応援したい気持ちでイッパイですが、どうも被害の映像を見るコトも健康にはあまり良くはナイらしく、休み明けという以上に、「どうしても」という方々も多く、こちらも参りそうです‥‥
Posted by koyuri at 2007年07月17日 11:16
ナミナミさん、おっしゃる通りです。

でも、そうハッキリ日本人は言い切れない部分があるので、問題をこじらせてしまうのでしょうね。

ともあれ、面と向かってはワタシも、そうは言えませんから‥‥

どちらかが早く気付いて、母子分離が出来るとイイですね。それから、互いに独立した人格として、交流出来れば、もっとイイと思います。
Posted by koyuri at 2007年07月17日 11:19
小太郎さん、それは大変でしたね。

タダ、町村合併して出来た飯綱町というのは、こちらも併合合併で大きくなった長野市の北隣なんです。なので、長野市も北部地域は、塀が壊れたりしているそうです。

幸いなコトに、大した人的被害が無くて良かったですが。長い話のお終いが、この出来事などで、上手くまとめられませんでした。

大きいニュースは、やっぱり人間を平静にしてくれませんね。
Posted by koyuri at 2007年07月17日 11:26
セサミさん、全くその通りですね。

「現実に対応しつつ、とらわれずに生きる」というのは難しいですが、大事ですね。

ちなみに精神的なコトもそうですが、肉体的な「生命」も大事ですから、「イザという時の栄養補給」はやはり念頭に置いておいた方が安全ですね。

「天災は忘れたコロにやって来る」というのを、実感しました。
Posted by koyuri at 2007年07月17日 11:30
きのうタクシーをしておりまして地震のニュースで心配しておりました。koyuriさんの地区は被害が少なかったようで、なによりでした。
ほんとに自然災害の怖さを感じました。
Posted by takachan at 2007年07月17日 17:07
takachanさん、御心配ありがとうございました!!

大都会で、あんな地震が起こったらと思うと、逆に、とても恐怖を感じます。
Posted by koyuri at 2007年07月17日 21:03
 
にほんブログ村 健康ブログへ