2008年02月19日

何故同じコトが繰り返されるのか?

イージス艦の漁船との衝突事故、二十年前にもあったし‥‥農林水産大臣の「サバは好きだけと今は食べたくナイ」って言ってからの撤回とか、風評被害の可能性もあるし。

本日、主人の事故後の経緯を聞きたくて、損保の人が電話してきましたが、詳しくは個人情報なので話せないらしいのだけれど、主人にケガをさせた方は、再び事故を起こしたらしい。

「赤信号を青信号と勘違いして、直進した上に、青信号と言い張る」人だったら、当然、再び事故るよなぁ〜とも思いますが。

結局、心からの反省がナイというコトに尽きるんだと思いますね。

話は変わりますが、
諜報外交
小説としては、処女作というコトもあり、さほど練れてはいませんが、日本の中に潜むスパイというコトを考えるタメには、役立つ情報です。

冒頭のモデル小説部分が真実なら、かなり衝撃かも‥‥

マタマタ、話は変わり、主人の母の、温泉仲間の方の家に、ガラス戸を切って戸を開けて空き巣が入ったみたいです。

やっぱり世の中、注意に注意を重ねて生きるべきですね。

何事も、「人の振り見て我が振り直せ」というコトで、失敗したら、チャンと反省して二度以降の失敗はしないというコトが大事なんだと改めて思いました。

空き巣に入られた方は、なるべく家を空けない様にそれ以降されてるそうです。やっぱり、『マズイかな』と思うコトは、スグに反省して、改めるに超したコトはナイですね。
人気blogランキングへ←応援よろしくお願いいたします

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/seitaisikoyuri/50910212
この記事へのコメント
ご主人さま事故に遭われたのですか?
大変でしたね!おつかれさまです。
空き巣もきっと増えているんでしょうね。物騒になっちゃって。。。
Posted by あきこ♪ at 2008年02月19日 22:28
失敗を繰り返さないためには、まず反省して、手段や工夫を重ねること。
地道な努力なくしては、何事もよくはならないのですね。

そうそう、随分前ですが、我が家の隣に空き巣が入ったことがあって、それ以来、留守番で誰かが家に残ることが多くなりました。
誰かが残っていても、何かあったらどうしようと思ったり。
全くへっちゃらだった時代が懐かしいです。
Posted by セサミ at 2008年02月20日 00:15
久々のコメです。ほんと訳の分からん時代になってきたものだと思いますね。いろんなことが起こりますが、起こってしまった事は事実で変えられないのですが、その後、それを教訓にしてどう生かしていくかということが大切だと思います。しかし、それができない方々が多いのですよね。しかも、そのような人が目立つというか増加しているのでしょうね。なんとか出来ないものなのかと頭をひねったりするのですが、なかなかよい案が浮かんでこないですね。
Posted by 鍼医K at 2008年02月20日 00:27
おはようございます。
ほんとに今の世の中次々といろんな問題が起きますよね。
昨日はイージス艦の事故。
我が家の上空は自衛隊のヘリコプターの訓練コースになっておりましてタクシー時代には明けの日はこの騒音で寝れない時もありましてよく管制に苦情を言いました。

自衛隊は事故が多いので心配です。
Posted by takachan at 2008年02月20日 05:52
あきこ♪さん、連投ありがとうございます!!

もう前より良くなっては来ているんですけどね。何事も、一瞬のコトで、その後の人生がかなり変わりますからね。

空き巣が、こんな地方都市にも増えているとは、ビックリです。やっぱり、それだけ追い詰められてる人が増えているのかな?
Posted by koyuri at 2008年02月20日 11:30
セサミさん、おっしゃる通りで、「失敗を繰り返さないためには、まず反省して、手段や工夫を重ねること。地道な努力なくしては、何事もよくはならない」という本質的なコトに、官僚の方々に早く気付いて欲しいのですが、「木を見て、森を見ず」の対応ばっかりですよね。

「誰かが残っていても、何かあったらどうしよう」という気持ち判ります。大事なモノは、貸金庫に預けるか、なるべく所有しないに限りますね。
Posted by koyuri at 2008年02月20日 11:33
鍼医Kさん、パソコン大変ですね。

「起こってしまった事は事実で変えられないのですが、その後、それを教訓にしてどう生かしていくかということが大切」なのですが、真の反省なしではダメですね。

「謙虚」になるというコトを忘れた時代なのかもしれませんね。
Posted by koyuri at 2008年02月20日 11:36
takachanさん、米軍も自衛隊も綱紀粛正と言われれば、言われるホド、それを守らない人が出て来ますね。

「徒然草」の木登り名人ではないですが、「もう少し」という時にこそ、「気が緩む」んですよね。

大事を終えて「ホッとした」時こそ、「心しない」とダメなんですけどね。
Posted by koyuri at 2008年02月20日 11:39
 
にほんブログ村 健康ブログへ