2008年12月11日

今年の世相

年末になると、今年一年を振り返ってという話題が多くなるのだが、結構楽しみにしている一つに、創作四字熟語の発表がある。

ネットニュースによると、「暗増景気(くらさますけいき・クリスマスケーキ)」「株式逃資(株式投資)」など金融危機を扱った作品が目立ったそうだが、他にも「リーマン・ショック」を皮肉って「兄弟減価(きょうだいげんか)」というのもあったそうだ。

後期高齢者(長寿)医療制度の不人気ぶりを皮肉った「苦労長寿(不老長寿)」だの、妊婦の搬送拒否が相次いで表面化した「窮々病院(救急病院)」などは日本の福祉抑制の結果だと思う。来年は、福祉予算の2000億円の圧縮をしない方針らしいのだが、タバコ税の増税をするだの、しないだのと右往左往しているのでは、正に「漫親総理(満身創痍(そうい))」=マンガ好きの麻生太郎首相の面目躍如といったトコか。

それ以外にも、「酒込乗車(駆け込み乗車)」=居酒屋タクシーや「汚米極怒(オー・マイ・ゴッド)」=汚染米流通といった本当によく考えたものだなと思うものが多い。

試しに、作ってみたのが「安倍共感」。御当人は「アナタとは違うんです!」と言うのだろうけど、国民は御蔭で「阿鼻叫喚」してますけどね‥‥

ともあれ、「貧者一灯」という言葉もあります。日本には、この言葉の前に続く「長者の万灯より」といった金持ちの豪華な寄進をする人も少ないのですが、せめて真心のこもった行いをより多くの人々でするコトによって、来年こそもっと明るい四字熟語の年にしたいものですね。

ともあれ、本日は午前は全くのヒマだったのですが、午後になって休みなく予定数一杯になって、連続してズーッと働いてたので「疲労困憊」です。一月ホド、やたら忙しい日々が続いているので、あまり気の利いた話題を書けない日が増えてますが、申し訳ありません。「自家撞着」している話題もあるかと思いますが、お許し下さい。

などと書いた本日のこのブログの四字熟語、結構読みが難しいのもありますが、漫親総理は全部読めるだろうかと少々不安なのですが‥‥やはり日本の顔には、それなりの人物になって欲しいものですね。
人気blogランキングへ←応援よろしくお願いいたします

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/seitaisikoyuri/51131580
この記事へのコメント
振り返ってみた今年は世相も政治も暗い年でしたね。

麻生の支持率も20%までおちこんで・・・・。
当然だと思います。やっぱり苦労の知らない二世議員の象徴ですよね。
この方、かってJCの会頭をやっておりましたが、この団体に若かりし頃、私も在籍したことあるんですがプライドの高いそして妙なエリート意識(自己満足的な)の人たちが多かったのです。一応、青年実業家ということなんですが・・・・。

Posted by takachan at 2008年12月12日 10:53
そろそろ復活しようと思います。まだ十分ではないですが、あまり待たせてしまうのも申し訳ないような気がしますので。
Posted by としき at 2008年12月12日 16:47
takachanさん、苦労を知らないというのは個人としては幸せでしょうが、為政者には不向きですね。

貧しい民衆が「パンをよこせ」と口々に叫んでいるのを見て、「あの人達は、どうしてケーキを食べないのかしら」と言ったマリー・アントワネットみたいに。

来年こそ良い年になって欲しいものです。
Posted by koyuri at 2008年12月12日 22:30
としきさん、待ってはおりますが無理は禁物です。

元気になりさえすれば、ブログは何時でも書けますから。
Posted by koyuri at 2008年12月12日 22:31
 
にほんブログ村 健康ブログへ