2008年12月23日

スゴイ試合でした!!

思わず最初から最後までしっかり見てしまったのが、世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトルマッチ。

チャンピオンの内藤もモチロン良かったのですが、山口真吾がスゴかった。内藤が打っても打っても倒れないのでビックリ。二人で撃ち合いしていて、ものスゴイ試合でした。

手に汗握ると良くイイますが、マサにそれ。

得点は順調にチャンピオンの内藤に入ってましたし、完璧に内藤が優勢なのにも関わらず、『ヒョッとして逆転のKOがあるのかも‥‥』と思ってハラハラして見てしまいました。

最後の時も、フラフラになりながら、倒れずに頑張っているので、レフェリーが止めなかったらどうなったのかと心配しました。

内藤がチャンピオンとして偉かったのも事実で、得点で完全に優位になっているので、逃げつつ試合をしても勝てるのに、何度も何度も二人で競り合っていたので感心しました。

3度目の世界挑戦に失敗して引退とも言われてますが、出来ればもう一度山口真吾にチャンスを与えて欲しいですね。

亀田騒動で、あまりに騒いでたので、ボクシングとは距離を置いてたのですが、こういう試合なら、マタ見たいですね。

子供のコロから、父や兄がTVでブロレスやボクシングを見ていたので、キライじゃナイ方なので。

さて、昨日の海堂尊さんの「チーム・バチスタの栄光」が最終回で、作者も登場するという情報をあきこ♪さんから頂戴したので、集中して見ます。

白鳥さんがあまりに原作と別人のカッコいい人なので、映像で見せるのだから仕方ナイとは思いつつ、何となく見てませんでした。映画でも見てますしね。

ともあれ、原作とは犯人が違うという話もチラッと前にネットにあった気もするので、最終回に注目してみるコトにします。
人気blogランキングへ←応援よろしくお願いいたします

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/seitaisikoyuri/51138178
この記事へのコメント
内藤が危ないかも、と聞いていたのですが、いい試合をして勝ったのですね。
拝読していると、見たかった、と思ってしまいます。

そうそう、子供の頃は普通にボクシングとかプロレスとか見ながら、晩ごはんを食べたりしていました。キックボクシングも。
今とはちょっと違う感じですね。
Posted by セサミ at 2008年12月23日 23:22
セサミさん、久しぶりにイイ試合を見たと思いましたね。

挑戦者が負けたら引退かもという試合なので、意気込みもスゴク。

打たれても打たれても立ち向かう姿に、勇気を貰いました。立派です。

リードしていても、あしらって逃げを打たなかったチャンピオンも立派で、後味がとても良い試合でした。
Posted by koyuri at 2008年12月24日 22:27
 
にほんブログ村 健康ブログへ