2009年07月26日

再び、救急外来そして‥‥

やっとこさ、やや普通になって映画を見に行くコトが出来ました。

アマルフィ 女神の報酬 (織田裕二 出演) [DVD]アマルフィ 女神の報酬


その中に、「無駄遣い出来るのは外交官の特権」みたいなコトが、再三言われてますが、昨日からの出来事で、患者の話を聞かない医者はさしずめ「医療費の無駄遣いが出来る特権」を持っているのだろうと思いました。

アレルギーに詳しくナイ医者に、「遠回しに注射を」と頼んでも、飲み薬だけしか寄越さないので、午前五時に顔がマスマス腫れて、でも、再びその医者だったら困るので、漢方薬の「香蘇散」を飲んで一寝入りしてから、改めて救急センターへ。

本日の医師は、「時間が過ぎているから、安全のタメに点滴に副腎皮質ホルモンを入れて、三十分で落とします」と言うので、少し落ち着いて帰って来ましたが、やはり明日はもう一度、専門の皮膚科医に行くべきかもしれません。

適切な医師なら、一度通院すればイイのに、三度も行かなくてはならなくなりそう。こちらの時間もお金も、そして国民健康保険のお金が無駄遣い。ちなみに、こんなコトもあるからと、損害保険に入っているので、こちらの自腹を切った額あたりは何とかなりますが。

さて、映画の話に戻って、主人と息子にはイマイチだったみたいですが、ラストに真保裕一原作とあるので、ナルホドと納得しました。

かなり昔に、イタリアも旅行したコトがあるので、そういう観光的な楽しみを求めたり、織田裕二が大好きな人にはタマラナイ映画かと。

この時期に、この映画というのは、総選挙にも影響がありそうとダケ書いておきますね。これから、見る人に悪いので。

少なくとも、硬派のミステリー好きには、ホボ満足な映画でした。唯一、この映画だけではナイですが気になるのが、映画公開前からのTV各社のかなりシツコイ番宣。見たいと思っている映画も、あまり煽り立てられるとね。

新番組とかもそうですが、あまりしゃかりきになればなるほど、見たいという気持ちが薄れるのは、へそ曲がりゆえなんでしょうかね。本当に見たいと思っていたから、この映画も見ましたが‥‥
人気blogランキングへ←応援よろしくお願いいたします

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/seitaisikoyuri/51290538
この記事へのコメント
koyuriさん、体調を崩され心配です。

医者にもいろいろあるようで私も昨年来かかっていた近所の医院を変えました。
降圧剤が強過ぎて上が90になっちゃいました。25mgのを2錠飲んでました。
送迎の患者さんでとても医療知識の深い人から

 「降圧剤は普通5mgから始めますよ病院変えてみたら・・・」

そこで病院変えましたら5mgの薬がでました。

薬価は25mgの方がよいようです。
Posted by takachan at 2009年07月27日 07:01
takachanさん、三日連続で医者に行って来ました。初めての経験です。流石に皮膚科の薬で落ち着きました。タダ、言われた通り、副作用で眠いのですが‥‥

降圧剤は飲まずに済めば、ソレに越したコトはナイ薬です。

我が家の御客様で三種類も飲んでましたが、全て飲まずに平常値に戻られた方がいらっしゃいます。

体調が良くなるにつれ、薬を出さなくして下さるお医者さんを見つけるトコしか始めるしかナイですけどね。
Posted by koyuri at 2009年07月27日 21:15
 
にほんブログ村 健康ブログへ