2009年09月30日

官僚機構の裏側

元大蔵省のノンキャリアだった方が書いた小説。

証券検査官証券検査官

とこの続編。

インサイダー―証券検査官〈2〉インサイダー―証券検査官〈2〉


ダーティ・ヒーローが日本のドロドロの官僚社会を翻弄するという話なのだが‥‥

簡単には、官僚社会は粉砕されないかもしれないという気もする。

とりあえず自民党との癒着を引き剥がす意味でも、四年間衆議院議員選挙が行われなければ、多少は世の中が良くなるかもとは思う。

タダ、「政権は腐敗する」のだから、その後、どうなるかというのも関心はあるが。

人間、多少は叩けばホコリが出る身体だとしても、政官癒着がココまで進んでいるとはという気分にさせてくれる。

証券会社や銀行に対する金融庁の査察もかなりのモノになるだろうから、いわゆるモラトリアム法も、可決すれば任意とは言ってもホボ強制になるのだろう。

ちなみに、続編の方は、日本の外国に対する援助のドロドロとした裏側が加味されてます。
人気blogランキングへ←応援よろしくお願いいたします

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/seitaisikoyuri/51326534
この記事へのトラックバック
早朝の兜町の裏通りは、濡れて黒ずんだアスファルトに水溜りを抱え、ダークスーツの一行の影を映している。緊張した 面持ちの12人の男たちが、村岡証券本店の社員通用口に詰め寄っていく。「金融監督庁検査部です!長官命令で立ち入 り検査に参りました。ドアを至急開けなけれ...
証券検査官?? インサイダー【投資一族のブログ】at 2010年08月05日 21:11
この記事へのコメント
今回の政権交代で腐ったうみを出し切ってほしいものですね。

こんど私のブログテーマにしたいのが

 「官製ビジネス・国家資格商法の旨み」

国家資格や公的資格の受験の講習会やテキスト販売を手がける財団法人。ここにお役人さまが天から舞い降りてきて高額報酬を
頂戴するシステムなのです。

こんどkoyuriさん(財)ブロガ−コーディネーターでも作りましょうか(笑)文部科学省からお呼して・・・・・。
Posted by takachan at 2009年10月01日 10:20
takachanさん、資格を取るのも大変でしょうが、資格を活かしてお金を儲けるのは、もっと大変だというコトに気付かないと、資格商法に引っ掛かりますよね。

今や、弁護士資格があっても、格差社会の時代ですからピンキリの所得の差は天と地ほどもあるそうですし‥‥
Posted by koyuri at 2009年10月01日 21:04
 
にほんブログ村 健康ブログへ