2009年12月20日

年末は忙しいのに‥‥

「のだめカンタービレ」を子供達と見に行ってしまいました。

映画「のだめカンタービレ最終楽章前編」ガイドブック (講談社MOOK)映画「のだめカンタービレ最終楽章前編」


昨日がハードでバテバテになっていたのですが、かなり笑ってスッキリしました。音楽も、本物のオーケストラというだけあって、とても素敵なハーモニーだったし。

年賀状も、ほんのちょっとしかやってないし、大掃除も。やらなくてはナラナイことがテンコ盛りなのに、やる気力と体力の減少を年々感じます。

若いってイイなと思ってしまう映画ですね。予告に昨日の作者が原作の「ゴールデン・スランバー」を見ましたが、どうも子供連れでナイと、中々映画館に行くのも腰が重くなってしまって、見れるのかしら。

見たいと思いつつ、見ずに終わってしまう映画も増えて来てます。

なんというか、昨日の小説とか、本日の映画みたいに、青春の物語というのは、丁度その頃というのも、見てて楽しいのでしょうが、遥か昔になってしまったがゆえに、かなり第三者的に感じる時代になって、「あんな時代もあったのだ」と思いつつ鑑賞するというのも、楽しいモノで。

今だと、まだ一回だけですが映画館でやっている「沈まぬ太陽」とか「ゼロの焦点」なんかも見に行きたいのですが、時間と体力に余裕がナク。

映画ばかり見ていられた、大学時代が懐かしいです。お金にゆとりが無かったので、「祇園会館」あたりで三本立てあたりが主でしたが、今では一日に二本見るのも大変かも‥‥

ともあれ、「妄想の森」の中では、若かりしコロに戻れるので、面白い青春映画は大好きです。
人気blogランキングへ←応援よろしくお願いいたします

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/seitaisikoyuri/51408507
 
にほんブログ村 健康ブログへ