2010年06月12日

とりあえずビールのワケ

今の若者にとっては、「とりあえずビール」ではナイらしいのだけれど、でも、何故「とりあえずビール」なのかは、ビールがスッと出るからという理由だけではナイという話をネットで見つけて、ビックリ。
暑い日や、運動をした後など、のどが渇いた時に無性に炭酸飲料を飲みたくなることがある。普段はそれほど炭酸飲料が好きでなくとも、のどがカラカラになるとやってくる、炭酸飲料の不思議な誘惑。
について、コメントされていて、
のどの渇きについて、炭酸飲料と水とを飲んで比べた場合、のどがどう動くかという変化を実際に調べたデータが存在し、
のどに測定する機械をつけ、筋肉の動きを比べると、炭酸飲料を飲んだときのほうが、『水を飲んだときよりも『ゴクゴク』というのどの動きが規則的な波型になるという結果が出ています。水を飲んだときよりも、のどを通るときのいわゆる『のどごし』が良い
のどが渇いて、カラカラに水分がなくなっているときには、のどの筋肉の動きの波型が乱れた状態になっています。そのとき、水が入ってくると、乱れた波型の動きがさらに不規則になり、スッキリしません。一方で、炭酸飲料は、そんな乱れた動きを規則的に変えてくれ、感触が良い
炭酸飲料に含まれた甘味料による「丸みのある甘さ」が、のどの筋肉の動きの波型に影響するということも推測される
のだという。

正に、目からウロコ。子供のコロからサイダーが大好きで、そんなに喉がカラカラではナクても、炭酸系を飲んで来たのだが、水と炭酸水にそんな違いが存在したのだとは全く知らなかった。

何気なくしているコトにも、それなりに理由があるのだと判ると、何だか得をした気分になる。
人気blogランキングへ←応援よろしくお願いいたします

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/seitaisikoyuri/51717755
この記事へのトラックバック
【戦争の体験談を語るわ その1】 【戦争の体験談を語るわ その2】 【戦争の体...
マジックスティック【【小人閑居シテ駄文記ス】】at 2010年06月13日 23:33
この記事へのコメント
へぇ、そんなデータがあったんですね。確かに炭酸飲料ののどごしはすっきり感がありますもんね。ジュース類は飲みすぎには注意ですけど、ビール以外にチュウハイやサワーの類も炭酸ですし、ビールじゃなくなってもやはり炭酸ののどごしは求められているのかもしれませんね。
Posted by 鍼医K at 2010年06月13日 21:26
鍼医Kさん、ちょっと目からウロコですよね。

喉が渇いた時に、水だとかなり飲まないと満足した気分にならなかったりするのは、このタメだったんですね。

単なる炭酸水(ノンシュガー)とか、スポーツ飲料の炭酸系などが、より商品化に力が入るかもしれませんね。
Posted by koyuri at 2010年06月13日 21:38
ビールは結構好きなんですが、夏場の水分摂取量は1.5リットルまでです。厳しい夏がやってきます。
心不全は一応回復しましたが…体重を落としすぎました。

隼…日本の戦闘機でしたが、はやぶさは鳥からきてるのでしょうね。
Posted by 俊樹 at 2010年06月16日 19:15
俊樹さん、大丈夫ですか?

日本人が「はやぶさ」好きなのは、「隼人」が古代から受け継がれているコトからも証明されてますしね。
Posted by koyuri at 2010年06月16日 21:43
 
にほんブログ村 健康ブログへ