2010年08月01日

肥満解消に食物繊維

食物繊維は人の消化酵素では消化されない、食事中の難消化成分で水に溶けない「不溶性食物繊維」と、水に溶ける「水溶性食物繊維」があります。

肥満改善に効果が高いのは、主に植物の細胞壁を構成する不溶性食物繊維で、これを含む食品はよく噛まなければならないことと、消化されないために胃の中に留まる時間が長いことから、満腹感を得やすく、食べ過ぎを防ぐのに役立ちます。

これがおすすめ食材

●大豆(乾燥)‥‥栄養の宝庫。不溶性食物繊維のセルロース、ヘミセルロース、リグニンなども豊富で、肥満や便秘対策に有効。大豆以外の豆類や、きな粉などの大豆製品にも食物繊維が多い。

●ごぼう‥‥和の代表的根菜。食物繊維の豊富さが注目を集め、健康食材として人気に。豊富なリグニンやセルロースなどの食物繊維は、肥満防止や有害物質を排出する働きを持つ。

●こんにゃく‥‥特に注目すべき栄誉素は含まない超低カロリー食材でダイエットに人気。グルコマンナンという食物繊維が多く含まれ、腸内の老廃物を体外に排出する働きにすぐれている。

食べ方ひとつで効果倍増

じつは、不溶性食物繊維は穀類、いも、豆、野菜、きのこなどに豊富。殻や皮に多いので、玄米、胚芽米、全粒粉のパンなどを主食にすると、自然に摂ることができます。

さらに、セミロース、ヘミセルロース、リグニンなど、種類が豊富な食物繊維。それぞれ働きが違うので、できるだけ多くの種類を摂るのが、健康のために必要です。

ちなみに、一般に洋風料理より和風料理の方が食物繊維を摂れます。根菜や乾物、海藻、きのこなどを使ったいわゆる「おふくろの味」は、日々の食卓におすすめ。

とのことですが、大豆やこんにゃくが、昔から大好物だったのは、肥満の要素が高かったからなんでしょうか‥‥

まだ、摂取がかなり不足しているみたいなので、より一層食べる様にしたいと思います。(笑)
人気blogランキングへ←応援よろしくお願いいたします

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/seitaisikoyuri/51764739
この記事へのトラックバック
ちょっと少なめのレトルト食品『マイサイズ』シリーズが登場‎6 時間前‎ 同社が販売しているこんにゃく加工食品『マンナンヒカリ』と合わせて食べて...
こんにゃく ダイエット ごぼう情報【ダイエット情報収集局】at 2010年08月04日 19:42
この記事へのコメント
ゴボウやコンニャクなどは大好きです。私の場合は基本的に何でも食べるので量が問題かも。
Posted by 鍼医K at 2010年08月01日 22:11
鍼医Kさん、本日、仕事の合間を縫って実家の父親を脳外科に連れて行ったら、何人もの糖尿病の人が食生活を注意されてました。

将来、そうならない様に努力しようと心に誓いましたが、二人の男性が、どちらも奥さんが「せっかく作ったのに残すな」と言明するので、量を摂り過ぎたのかせイケナイんでしょうねと言ってました。

残させない代わりに、夫を糖尿病にする妻って‥‥
Posted by koyuri at 2010年08月02日 21:22
 
にほんブログ村 健康ブログへ