2010年12月01日

誇大自己症候群

同じ著者の二冊の本を読んで、歌舞伎俳優市川海老蔵大けが事件の続報で大騒ぎしているマスコミのニュースを聞いていると、おそらく市川海老蔵という役者も、誇大自己症候群の一人かもと思えてくる。

誇大自己症候群 (ちくま新書)誇大自己症候群 (ちくま新書)


アベンジャー型犯罪―秋葉原事件は警告する (文春新書)アベンジャー型犯罪―秋葉原事件は警告する (文春新書)


一人っ子で大事に育てられたという報道もあり、当然、格式ある家を継ぐ身としては、厳格な稽古は必要だったろうと思うと、「世界の中心にいる自分」という考え方や、破壊性・傷つきやすさ、回避のタメの攻撃など、現代社会が持つ病理なのかもしれないとすら思う。

前に、別のかなり有名な歌舞伎役者の方が、TVなどの快活な姿と、全く違うかなり偏屈な感じの人だったという話を聞いたコトもあり、二面性があるんじゃないかという気がしていたのが、やはりそうだったのかという気分にさせられたコトがありますが‥‥

ともあれ、「落ちた犬を叩く」のが好きなマスコミの格好の餌食にされそうですね。

何というか、日本社会というのは、嫉妬社会なので、成功している時には手出し出来ないのに、一旦、ダメになると叩くという、正に「いじめ社会」の縮図を見る思いがします。

普通の若者だったら、見過ごされる話題も、有名人として勝手気ままに振る舞っていただけに、何倍にもなって帰って来るんでしょう。

ともあれ、こうした挫折体験なくして、人間の器の成長もナイわけで、無謀な人々が互いに争ったという話題が、ここまで大きな話題として取り上げられる方が、逆に変なのでは。

アメリカのダウも大幅に下落したりしているのに、日本という国は平和だなと思ってしまいます。
人気blogランキングへ←応援よろしくお願いいたします

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/seitaisikoyuri/51869536
この記事へのコメント
連日、そこまでニュースにする意味があるのかと疑問ですね。マスコミの格好のネタなんでしょうけど、もっと大事なことがあるんじゃないかと。まぁ、酒癖は悪かったようなので、そういうことも影響したのかもしれませんね。
Posted by 鍼医K at 2010年12月01日 23:05
鍼医Kさん、酒癖が悪いと知っているのなら、もっと早く警告の意味でマスコミが暴露してれば、ココまで大事にならなかったのかも。

マスコミの手のひら返しにあって、どう成長するかが、逆に関心が向きます。
Posted by koyuri at 2010年12月02日 22:34
誇大自己症候群・・自己愛性人格障害なのでしょうか・・

確か市川海老蔵はNHKの大河ドラマ「武蔵」で主演を

演じていましたが撮影現場でもその酒乱振りは悪評だった

そうで。。。酒癖が悪いのはまさに天性でしょうか。

世界の中心に自分がいるという考え方とそして落ちた犬は

徹底的にたたくのが大好きなマスコミの餌食という表現には

納得してしまいます。加害者はたかがと言ったら誤幣が

あるかもしれませんが傷害犯なのに、テロリストの様に

扱われている報道に疑問を感じます。

どこの番組もこればかり・・だと・・。
Posted by 根無し草の風来坊 at 2010年12月02日 22:41
根無し草の風来坊さん、天性というよりも主に育て方の問題として、取り扱われてます。

ちなみに、「人格障害」の様な「境界」の方が治療が困難だとも書かれてますが‥‥

ともあれ、結果として巨額な経済的損失があるとはいえ、普通だったら、たんなる酒の上の争い事をココまで、公共の電波を長々と使って流すマスコミの方が、正常な神経が麻痺している様に思います。
Posted by koyuri at 2010年12月03日 22:31
 
にほんブログ村 健康ブログへ