2010年12月05日

海堂尊講演会・2

昨日は枕ばかりでしたので、ちゃんと本題について書いたたのですが、最近、ライブドアのブログが不調で、突然、書いた全てが違う画面に行き、ブログのバックアップを復元するというボタンを押しても、滅茶苦茶になるという事象が続いているので、書いたばかりの講演会の記事が全部ダメになりました。

なので、もう一度書き直すつもりではありますが、さっき書いた全てを書くのは大変なので、短かくしておきます。尚、録音もしてませんし、全てを書き込むのは無理なので、ダイジェスト版であるコトを始めから、御断りしておきます。

ともあれ、タダで借りているブログなので、仕方ありませんが‥‥(こういう「怒り」を抑え込む態度というのを海堂さんは御嫌いらしく糾弾してました)

本日、ココに来ましたのは、平成元年から一年間、須坂病院に千葉大学から派遣されていたというコトもありまして、過去の行状を知っているトコで講演するというのは、誠に居心地が悪いのですが、御世話になっていた当時の○○(知っているお名前ですがあえて実名はマズイかもしれませんので伏せておきます)院長先生もいらっしゃいますし、かなりプレッシャーではあります。

生まれも育ちも千葉県なら、大学も千葉大学というコトで、初めて生まれたトコから離れた場所で住んだのは、須坂市が初めてというコトで、第二の故郷と呼んでもイイ場所です。

当時、千葉大学の医局からは須坂病院に、二年目と四年目の医師が一年交代で派遣されるコトになっていて、二年目の派遣医として、一番下のランクで来るコトになったのです。

あの頃は、スバルのレックスという軽自動車に乗っていて、派遣が決まってソコに布団など、必要と思われる一切合財を全て詰め込んで走って来たのですが、碓氷峠の坂はキツく、排気ガスは黒々として、ダマしダマしやっとの思いで到着したのを覚えています。

それでも、新築のアパート一棟を病院が借り上げていてくれたので、その一部屋に住めるというのはラッキーだと思いました。

当時は、夏はゴルフで菅平に何度も通ったのですが、全然上手くならなかったので、金輪際ゴルフはしないぞと心に誓うコトになった思い出の地でもあります。

どれだけ下手だったかというと、せめてスコアが2ケタになったら続けるつもりはあったのですが、最高のスコアでも108という、正に人間の煩悩と同じ数だったので、諦めるコトにしたんです。

冬場には、手術が済んで病状が安定していると確認してから、「よませスキー場」に行って、一時間だけナイタースキーをしたりと、遊んでばかりでしたが、ソレを支えてくれるスタッフの存在もあり、幸せな時代にこちらに来るコトが出来て、スクスクと外科医として成長させて頂いたのは、本当に有難いコトでした。

千葉大学では、甲状腺腫の一例だけしかしたコトが無かった手術を、こちらでは色々とさせて頂き、最後には自分で発見した初期ガンを手術するというトコまでになりましたのは、本当に皆様が素晴らしかったからです。

と、こんな感じで持ち上げておくというのが、処世術の最たるものでして、こんな感じで世渡りをして参りました。(一同笑)

もっと、先まで書きましたが、書き直しというのはこの程度ですね。ともあれ、より詳しくなった部分もありますので、この続きはマタ明日。
人気blogランキングへ←応援よろしくお願いいたします

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/seitaisikoyuri/51872702
この記事へのコメント
ライブドアブログはジャバの関係か、スクリーンリーダーでは画面の解析がしずらくなってますね。スクリーンリーダーを代えたので、影響は少なくなってますけどね。ライブドアブログの運営先が変わったことも影響しているのかもしれませんね。
Posted by 鍼医K at 2010年12月06日 22:30
鍼医Kさん、おそらくそうなんでしょう。

それでも、URLを変えるのも大変なので、今のまま行くしかありませんから‥‥
Posted by koyuri at 2010年12月07日 16:43
 
にほんブログ村 健康ブログへ