2011年01月19日

悪は形式主義のウラを狙う

日本という国の、許認可事業の大変さというのは前から聞いてはいるが、それも買収という手段を使えば簡単にすり抜けられるというコトが露呈した事件かも。

コミュニティーFM放送局を買収し、世界の経済動向を予測できる「六本木の巫女」と称して自ら出演し、著作や講演活動にも精力的で「国内経済は破綻する」「食料は配給制になる」と不安をあおるような予測を語り、外国債の購入などをあっせんするなど、架空の投資話で資金をだまし取った事件、過去にも宗教法人など色々な問題もあったが、ついにマスコミも買収という手を使えば、さほど面倒なコトもナク、詐欺師とて経営権を手に入れられるという見本かと。

日本人は、権威に弱いという部分もあり、付け込まれたのだとは思うが、買収されたのが、宗教法人だったとしたら、もっと深刻な話になりかねない。

「信じる者は救われる」とは言うものの、とにかく、宗教にハマった人は宗教のタメならば、時間もお金も湯水の如く投入してしまう。

何でもそうだが、日本という国は最初の立ち上げという一番大変な時に、嫌がらせかと思うホドの許認可を必要とするのに、一度、その特権を得てしまうと、その後はホトンドお構いナシという場合が多い。

本当に大事なコトは、許認可制度をもう少し緩やかにしつつ、時々は本質的な部分はチェックするという姿勢が必要なんじゃないだろうか。

世の中には、他人を騙してでも色々なモノを手にしたいという人は、必ず一定数は存在する。

だとするならば、事後のチェツクというモノも、あまり複雑にしないでタマには抜き打ちで行う必要もあるだろう。

特に、今の不況を考えれば、宗教法人は全て無税というのも、如何なものか。

せめて、数パーセントだけでイイから、税金を貰えるコトが出来るのであれば、かなり税金の不足は補えるハズ。

でも、おそらく、そういう方々から、政治家の方々は資金を提供されている場合もあるだろうから、そういう税制にはナラナイとは思うけど‥‥

税金は取りやすいトコから取るという制度の、行き詰まりはもうソコまで来ていると思うのだが。
人気blogランキングへ←応援よろしくお願いいたします

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/seitaisikoyuri/51906186
この記事へのコメント
いろんなところで国の制度の脆弱性というか問題点が浮き彫りになっているようにも感じます。悲しいことですが裏の裏さらにその裏まで考えていかないといけないような社会なんでしょうね。
Posted by 鍼医K at 2011年01月20日 00:01
鍼医Kさん、世の中には一定割合で悪い人も存在するという視点で、世直しをすべき時が来ていると思います。

性善説では、立ち行かなくなって来てますから‥‥
Posted by koyuri at 2011年01月20日 21:56
こんばんは!

以前、報道番組でもう廃業している宗教法人を

高値で売買している業者があるとの特集をしていましたが

大金持ちはその宗教法人を買い取って脱税の隠れ蓑に

しているそうです。。。まるで映画のマルサの様ですね。。

私もある程度は宗教法人からも納税させる制度には

賛成です! 宗教法人だけ特別扱いはもはや時代遅れの

感が否めません。人間の弱みや不安を煽りお金を騙し取る

とはまさに祟りにでも遭う諸行ですね。。。
Posted by 根無し草の風来坊 at 2011年01月20日 22:47
根無し草の風来坊さん、現世の金銭に執着する方々が、宗教を説くというのは、完璧に矛盾していると思うのですが‥‥

別に、宗教法人にだって、当然、必要経費は認めようと思えば認められるワケですから、何も全額非課税にする必要はナイかと。

おそらく、そうなって困るのは一部の悪徳な方だけで、そんなに悪影響が出るとも思えませんが。




Posted by koyuri at 2011年01月21日 21:21
 
にほんブログ村 健康ブログへ