2012年08月24日

認知症は65歳以上の1割では済まない

認知症高齢者は現時点で300万人を超え、2002年の149万人から、この10年間で倍増しているというが、おそらくそんなものでは済まないと思う。

何故なら、完全に認知症になったお年寄りを見て、『あぁ、数年前の変な出来事は認知症の始まりだったのだ』と思うコトは、何度もあるからだ。

早期発見、早期治療とガンみたいに言われているけれども、どちらも早期治療しても治り難い。

おそらく、最低でも倍以上の認知症患者は存在すると考える。

何故ならば、自分がボケているコトに気付かないのが認知症。

認知症かもしれないと、本人が受診しようとは滅多に思わないのだから。

周囲の人が、何度も何度も同じ話を繰り返すのに気付いて、受診させるにはかなりのライムラグがあると思われる。

歳をするのは、誰もが避けられないコト。

細胞が老化する限り、おそらく認知症も避けられないと思う。

寿命が先に来て、認知症にならずに亡くなるコトが可能か否かだけの問題で。

その辺を理解しなければ、認知症を在宅で介護なんて、簡単に言えるとは思えない。

認知症の大変さは、身をもって経験しなければ判らないコトの一つに挙げられる可能性が高いのだから‥‥
人気blogランキングへ←応援よろしくお願いいたします

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/seitaisikoyuri/52096816
この記事へのトラックバック
認知症 に関する最新情報
認知症 最新情報 - 知識陣 (健康 介護)【知識陣 健康】at 2012年08月25日 05:41
この記事へのコメント
認知症になったらどうしましょう。
薬の飲み忘れ…非常に現実味があります。

ジャーナリストを標的にした政府軍の狙い撃ちだったようですね。
シリア情勢を国外に知られたくなかったのでしょう。
これは明らかに犯罪なので、日本政府は毅然とした対応をするべきです。
Posted by 俊樹 at 2012年08月25日 20:00
俊樹さん、誰しも忘れるコトはありますが、簡単に言えば他人に迷惑が掛かる様になったら、問題だというコトでしょうか。

外国には外国の方式があるので、正義が必ずしも通らないのは、本当に残念です。
Posted by koyuri at 2012年08月25日 21:37
 
にほんブログ村 健康ブログへ