2017年06月28日

親鸞の真実

昔からある宗教の教祖の方々は、あまり瀟洒な暮らしをしてナイのに、今の宗教家の方々の中には、贅沢三昧の暮らしをしている方々も多い。

ともあれ、浄土真宗の開祖である親鸞上人の一生を、既存の方法からではナク、フイールド・ワークを駆使して、新たな説を説いた本がこちら。


宗教界にも、色々な忖度があるのではないかと思うが、それと無縁だからこそ書かれた大胆な仮説。

タダ、様々な裏付け資料もあるので、仏教を学ぶ方々には、真剣にこの本が間違っているのか、それとも真実なのかを研究して頂きたいモノ。

親鸞は源頼朝と従姉妹であり、『玉葉』で有名な九条兼実の七番目の娘と妻帯したという事実を巡って、各地を訪ねる本は、まるでミステリーを読んでいるかの様に、とてもワクワクする。

宗教に関心が有る人も、無い人も読んで見る価値は満載です。

少なくとも、この本に描かれた人間味溢れる親鸞の方が、今までの話よりもしっくり来ます。

おそらく、浄土宗の開祖である法然上人も、親鸞上人と共に、今の日本の宗教の現実を嘆いているのではないかと思います。
人気blogランキングへ←応援よろしくお願いいたします

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/seitaisikoyuri/52244746
 
にほんブログ村 健康ブログへ