2018年07月03日

結局、何が問題なのか

森友問題や加計学園問題など、疑惑が出てはウヤムヤのままだったりするけれど、罪に問われるコトは全くナイのか、それともいう部分が大切なのではないか。


国家公務員を首相夫人が勝手に秘書として選挙応援を手伝わせるというのは、『国家公務員違法』だろうけれど、日本とという国では、政権関係者はホトンド犯罪では捕まらない。

田中元首相が、ロッキード事件で捕まったのは、何故なのかというのは、昨日の本に書かれていたが、アメリカの要請と違うコトをしたからだろう。

故に、愛国を唱える現首相はアメリカ様の前なら何度でも尻尾を振り続ける。

ともあれ、余りに問題が山積していて、逆に判りづらくなっているので、こんな感じで本に整理されると理解しやすい。

戦前に回帰したがる人々は、特権階級は何でも許されていた時代が懐かしいのかも。

自由が無かったあの時代に戻りたいと考えるのは、時代錯誤以外にナイと断言出来るのだけど。

ともあれ、真面目に歴史を学ばない人々にしてみれば、古代から続く日本の歴史の真実に対してホトンド無知なので、声高に主張する人達の意見だけが通って行くのは、とても残念である。
人気blogランキングへ←応援よろしくお願いいたします

Posted by seitaisikoyuri at 22:38│Comments(0)
 
にほんブログ村 健康ブログへ