2018年07月04日

反知性主義は怖い

というコトを、実に丁寧に教えてくれる本がこちら。


今年、官僚志望の人数は、去年より減少したとニュースで聞いたと思うけれど、少子化だけではナク、多分、政治家に盲従するのが嫌になったという人も居るのだろう。

今の政治家や、点数だけ取って官僚になった人々に対して、かなり厳しい意見がそこここに見受けられる。

こういう話は、実際に経験しないと出ない部分もあるので、著者が官僚生活をドロップアウトしてくれた事に、将来のエリートは感謝すべきかもしれない。

無論、全くエリートとは無関係な人だって、世の中ってこういう仕組みになっているのだとか、あまりに理不尽であったとしても、受け入れなければナラナイ生活を自らエリートが志すというのは、大変なコトだと知っておいた方が良い。

現在に於ける歪みを知らなければ、より将来の歪みにも気付かず、いよいよ大変なコトになってから、気付いたのでは、自分がどう軌道修正すべきか考える時間もナイだろうから。

是非とも、自分とは無関係と思わずに、一読するのをオススメする。

今まで読んだ著者の本の中で、一押しの一冊。
人気blogランキングへ←応援よろしくお願いいたします

Posted by seitaisikoyuri at 23:44│Comments(2)
この記事へのコメント
こんにちは

世の中こういう仕組みになっている・・・・
知っておくべきことでしょうね

レビュー見てきました
面白い本のようですね タイトルをコピーしました

凸凸!
Posted by k-hirata at 2018年07月05日 15:29
k-hirataさん、かなり面白い本です。

読んでおいて損はナイかと。
Posted by koyuri at 2018年07月05日 17:48
 
にほんブログ村 健康ブログへ