2018年10月23日

何かとお騒がせの大阪府警

OBの方々の懸賞金が無事に払われて良かったと思ったり、逮捕時に容疑者が死亡してみたり、新幹線で拳銃を持った悪人に私服警察官が間違われたりと、ある意味、かなりの話題を提供してくれていますが、小説になるともっと面白い。

事実は小説より奇なりとはいうモノの、事実をもう一捻りしないと、エンターテイメントにはならず‥‥


今回は、マル暴担当コンビの堀内と伊達が、警察を辞めさせられ、競売専門の不動産会社に調査員として働くというお話。

流石は、大阪というコトで、バブルの時代にあれだけ大騒ぎした末野興産がモデルと思われる末松恒産なる企業も登場して、正に黒川ワールド全快。

ともあれ、障害者雇用の水増しでは、民間も真っ青の公的機関のいい加減さが浮き彫りになりましたが‥‥

正に「浜の真砂は尽きるとも 世に悪党の種は尽きまじ」の世界ですね。

この手の小説は、大好きではありますが、ホトンドこのブログには書いてません。

真面目な本を読んで疲れた時には、息抜きとして何冊も読んでいますが、読みたいと思う方のタメに、引用したり、あらすじを書いたり出来ないのですから。

大阪という土地は、ハチャメチャな部分もありますが、東京よりは人情味豊かな場所。

石部金吉の様な長野県人には、とても住めない場所ではありますが、友人も居ますし、訪れるにはとても面白いトコです。

食べ物も美味しいですし。

社会の裏側の勉強をしつつ、楽しい時間を過ごしたい時には、オススメの一冊です。
人気blogランキングへ←応援よろしくお願いいたします

Posted by seitaisikoyuri at 21:53│Comments(2)
この記事へのコメント
こんばんは

大阪府警、話題をバラまいてくれますね
新幹線での拳銃での一件は漫画の様に思えました

競売専門不動産会社の調査員、仕事柄気になります

凸凸!
Posted by k-hirata at 2018年10月23日 22:29
k-hirataさん、このコンビのシリーズは、とても面白いです。

マジに考えてしまうと、腹が立つコトも多いのですが、愉快に読みつつ、世の中の暗部を知るには、とても良いテキストと言えるかもしれません。
Posted by koyuri at 2018年10月24日 17:54
 
にほんブログ村 健康ブログへ