2019年07月14日

疲れて寝てしまいました

連休だと思うと、気が緩み、加えて今日は松本に御客様が絵画を出品した展覧会があるというので、見に出掛けたついでに、大町温泉に行きながら買い物をしたりと、結構ハードに車で動き回りました。

帰りに図書館の閉館時間にやっとの思いで間に合って、本を借りたりして、とても充実はしていたのですが、この前少し書いた本の続編を読んでいたら、ついつい寝落ちしてしまい、もうこんな時間です。


前にも書きましたが、村上主義者(著者はハルキストよりこちらをお好みなので)ではナイけれど、彼の小説はとても面白いので読みたくなるのですが、入れ揚げるコトは出来ずに今まで来ています。

その淡々とした文脈、次を読まずにはいられないミステリアスな感じに魅入られるのだけれど、おそらく面白過ぎるがゆえに、あまり筋を覚え続けていられないという不思議な作家だと思ってます。(無論、マダ少し前に読んだ第1部を忘れているほど、ボケてはおりませんが)

それにしても、タマに書いてますが、本の表紙の絵が有った方が良いかと、アマゾンを利用しているだけで、必ずしもレビューを読むとは限らないのですが、チラっと目を通したら、南京事件の表現があるというだけで星1をつけているレビューがあるらしく、やはりレビューの数ほど当てにならないものはナイと何時も思います。

ともあれ、大虐殺の程度はともあれ、虐殺があったコトは事実ですし、そんなコトが不満でレビューで貶すというのは、実にさもしい根性だと思います。

ともあれ、寝落ちしていたので、流石にまだ全てを読んではいませんが、明日の楽しみが出来たと思って、寝るコトにします。

本当に、日々の雑記で申し訳ありません。

ともあれ、簡単には読み終われない長編小説を読むのは、人生の中でもかなりの至福の時でして、それを味わえるのは本当に嬉しい限りです。  

人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 23:31Comments(4)

2019年07月07日

「村上主義者」ではナイけれど

前にも書いたが、何となく読んでいて、スグに忘れてしまうので、世にいう「ハルキスト」では無いのだけれど、つい読んでナイ本があると手が伸びる。

そんな一冊がこちら。


で、御本人は「ハルキスト」という言葉は嫌いなので、「村上主義者」でとおっしゃっている。

ともあれ、「もし若き日に芥川賞をとっていたら、違うスタイルの作家になられてたと思いますか」という質問に対して、「賞のひとつをもらったくらいで、生き方や書き方のスタイルが変わっているようじゃ、小説家をやっている意味がない」と明確に応えられているのは凄い!!

そうした決意の元で、書かれているから読んでしまうんですね。

と言っても、最近は読むだけで、買わずに居るし、歳のタメか読むのに忘却してしまうというダメダメの読者ですが‥‥

それでも、まだ少し前に書いた上巻だけ読んだ本のあらすじは覚えてますが(しかし、積極的に下巻を読もうとする努力はしてナイのが現状です)。

ともあれ、ココには書かないけれど、資料調べに忙しく、別に読んでいる本も多数存在していて、暇がナイのです。

何れ、それが何故なのかをお話する日も来るかもしれませんが。

というコトで、上記の本は結構沢山書かれているので、少しづつ楽しみながら読んでます。

小説だと、続きが気になるのですが、一問一答形式なので。

ともあれ、他の事で忙しく、もうこんな時間になったので慌てて書いているので、本当に申し訳ありませんが、本日はコレで、お休みなさいませ。  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 23:22Comments(2)

2019年06月26日

『騎士団長殺し』を読んでました

更新が遅くなったのは、タイトルの通りです。


図書館で、目にして借りて来たものの、随分長く読まずに居ました。

前にも書いたのかもしれませんが、村上春樹さんという作家は好きなのかどうか、判断に困る方なので‥‥

若い頃、おそらく最初の小説を読んだ時からかもしれませんが、読むと面白いのに、ホトンド内容を忘れてしまう作家というジャンルに入るかもしれません。

面白すぎて、ドンドン読んで行くのだけれど、筋を忘れてしまう方というのは、他にも何人も居るのですが。

無論、マダ読んだばかりの話を忘れてはいませんし、この続きを読まない内に忘れてしまってはどうしようもありませんし。

タダ、なので昔は必ず本を買ってたのですが、最近は借りてばかり(本が増え過ぎて、他の方のでも類似の傾向にありますが‥‥)なので、申しわけない気もしてますが、皆がワッと読んで忘れた頃にじっくり読むのが好きなので、本人的には別に待てなくはナイので。

タダ、かなりの本を読んでいるのですから、確実に嫌いではナイのは事実です。

ともあれ、こういう掴み所の無い話でありながら、確実にメッセージが込められている話なので、ブログに書くには難しい方なのは間違いありません。

二日続けて、変なブログになっているかもしれませんが、その辺は御了承願います。  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 23:41Comments(0)

2019年06月25日

本日は何だか

イマイチ、体調が良くありません。

一日の寒暖の差というか、朝晩は涼しいのに、昼間がとても暑いので、体温調節が難しくて、汗をかなりかいたりするのがイケナイのだと思います。

なので、色々とブログにどう書こうか迷いましたが、どうしても気分がのらないので、お休みさせて下さい。

ちなみに、今読んでいる本は、


ミステリー小説では無く、淡々と事実を積み重ねている感じなのですが、確かに事実は小説より奇なのかもしれないと思いつつ読んでます。

気になる方は是非。  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 23:32Comments(0)

2019年06月21日

流石に今週は

寒暖の差もあるのか、先週に引き続き珍しい方々がお見えだったりして、中々、忙しくて疲れました。

明日も仕事かと思うと、ブログをしっかり書く気力が無く‥‥

少し前に読んだ本ですが、


異色の本でしたが、それなりに面白く読みました。

ともあれ、これ以上、何かを書く元気が‥‥

とりあえず、今日は寝させて頂くコトにします。  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 22:33Comments(0)

2019年06月04日

お金があっても

必ずしも幸せにはナレナイというのは、決して綺麗事では無く、実際、相続税を払わずに済む辺りまでの財産は、増えるのと幸福度がある程度比例しているのだけれど、それ以上になると、あまり幸福とは限らないという調査結果がある。

今日、昼休みにお家騒動で揉めている会社の話題を、TVでやっていたので、ボーッと見ていたら、スッカリ忘れていたコトを思い出した。

あの会社って、このブログを始めたばかりの頃に、ステルス・マーケティングを持ちかけて来た会社だと。

その正確な文面は忘れたけれど、「1000円あげるので、新製品を送るから、3回ブログにヨイショ記事を書いてくれないか」という趣旨。

どう反応するか見たいと思って、「まず商品を送って貰って、それからどうするか決めたい」と返信してそれきりになったが、あまりに馬鹿馬鹿しくて、以来、その会社の商品を買う気が失せた。

世の中には、そんな条件でも飲む人が存在するからのコトだろうけど、PRなのに、PRだと言わずに口コミなどというのは、人間としての信義にもとるのではないか。

ともあれ、このブログは自分のストレスの発散として、気ままに思うコトを書けるから、日々更新する気力も湧くのであって、雀の涙のお金欲しさに何かを書くつもりなど、全くナイ。

少なくとも、ブログが衰退している今では、あり得ないだろうけど、心にナイ事を書く位なら、どんなにお金を積まれても、お断わり。

少なくとも、小さい頃から、お金を大事にして来たのは、自分のプライドをお金で売り渡したくナイからで。

プログ以外が隆盛になっても、頑なにスタイルを変えたくナイのは、書きたいコトを書きたいだけ書けるのが魅力だから。

幸いなコトに、それを理解して下さる読者の方々が居れば、それで充分です。


という本を読んだけれど、上手く行こうが行くまいが、自分は自分の生きたい様に生きてこそ、充実した人生が送れるのではないかと思います。

無理をすると、疲れるだけですから‥‥  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 22:00Comments(4)

2019年05月29日

もうこんな時間ですね

本日も、忙しくてつい寝てしまい、こんな時間になってしまいました。

ついさっき、かなり近くの横断地下道に、老人の車が突っ込んだと報じていたと娘が話していました。

世の中、何があるか判らないので、「外に出たら七人の敵」と思わずとも、ある程度何があろうと、緊急対応が可能になる様に、注意してないとトラブルに巻き込まれてしまいそうな時代になってますね。

それにしても、昨日の事件、事前に発生を未然に防げたかもしれないという流れになってますね。

行政も、何でも出来ないとは思いますが、それでも物事にはある程度前兆があるというのに、それを見過ごすと大変なコトになるという典型みたいです。

典型といえば、


の中の、「誰でもいいから殺したい」通り魔というタイプに、昨日の犯人も類似してました。

ファッション化する薬物使用というのも、載ってましたが、ストレス発散の為に手を出す人が増えているみたいです。

世の中が、類型化してますね。

生きて行くのに、注意が必要な時代になったみたいで、息苦しいですが、それでも自己防衛の意識は大事です。  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 23:52Comments(0)

2019年05月25日

本日は久々に疲れました

明日、しっかり書きますので、本日は御容赦願います。  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 22:47Comments(0)

2019年05月12日

久々に、忙しくて

眠くていたら、もう十二時を過ぎてしまいました。

日曜は休みなので、もう寝て、疲れを取るコトにします。

せっかく、御訪問頂いたのに、申し訳ありません。  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 00:06Comments(4)

2019年04月28日

本日休みでしたが

朝から、雑事で色々と飛び回っていたため、つい寝てしまいました。

明日は、しっかり書きますので、本当に疲れたので、申し訳ありません。  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 23:59Comments(0)

2019年04月24日

本日はあまりに忙しくて

仕事に追われて疲れてしまったので、お休みします。

何か、書こうと思っても、全く頭が回りそうにナイので、申し訳ありません。

明日は、頑張ります。  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 23:25Comments(0)

2019年04月06日

やっと、今週が終わって

ホッとしている所です。

というのも、火曜日に不注意で脚立から落ちてしまって、骨などには異常がナイものの、身体が痛くて大変でした。

それでも、何とか仕事を断らずに、全てをこなすコトが出来て良かったです。

一日、一日と、痛みは薄れて来ていますが、それでもマダ、寝ている体勢から起き上がるのには、激痛と時間が必要だったりして‥‥

仕事の時は、やらなくてはという気持ちがアドレナリンをバンバン出すので、火事場の馬鹿力で痛みも感じないのですが、こうやって終わってホッとしてしまうと、疲れがドッと出て来ます。

なので、申し訳ありませんが、本日のブログはお休みというコトで、お願い致します。  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 23:27Comments(2)

2019年03月27日

エッセイ二作

再び、こんな時間の更新です。

タイトルと、中身があまり一致しない本というのはあるもので。


正直、単なるエッセイ集です。

タダ、それでもこの本の中にも書かれてますが、出来れば読み出したからには、最後まで読んでみたいと考えるタイプの人間が存在して、読んで行くと後半で中々面白いという部分もあったりする。

ちなみに、著者は面白く無いと思うと、最近はスグに読むのを止めてしまうらしいが‥‥

ともあれ、「袖振り合うも 多少の縁」と考えるので、本当に全くつまらなければともかく、世の中の色々な意見を読まないと、意見が偏りがち。

とはいえ、そうでナイ方には、絶対に面白いからとオススメ出来るかというと、疑問。

そういう意味では、


こちらの本は、とにかく愉快です。

何かのタメになるかどうかは、少々疑問ではありますが。  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 23:47Comments(0)

2019年03月18日

主人の母が退院しました

かなり高齢ではありますが、下手をするとこちらより身体が頑丈な部分があるのではないかと思うホド、根が達者なので、当初の予定を繰り上げて退院するコトになりました。

御心配頂いた皆様、本当に有難う御座いました。

何しろ、内出血などでも、我々が下手をすると二週間程綺麗になるのに必要な程度でも、一週間もあれば綺麗になってしまうので、やはり大正生まれというコトもあり、我々昭和の人間とは鍛え方が違います。

そんなこんなで忙しかったので、本日は本の話題もササッと。


著者とは、多少の見解の違いはありますが、面白い本だと思います。

ともあれ、日本という国は、他国からの亡命者などを受け入れ、混血して来たのですから、あまり他国の悪口を言わない方が良いかと。

そもそも、今の天皇家が朝鮮半島の王族と婚姻しているコトは、天皇家自身で認めているコトですし。

ヘイト的な発言をしている人達には、読んで欲しいと思います。  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 22:57Comments(0)

2019年03月14日

本日、主人の母の手術が

無事に終わりました。

ちなみに、そういう時に限って、朝から大雪。

太陽が照れば、スグに消えると思っても、流石にかなり積もったので除雪するワケにも行かず。

息子が昨日から付き添ってくれていたので、安心して仕事に励みました。

タダ、去年もそうでしたが、主人の母が入院している時に限って、面会ギリギリまで仕事が‥‥

何とか、数分だけ面会しようと行きましたが、もう疲れたのかしっかり寝てました。

主人の妹が、今夜から付き添ってくれているので、安心しつつも、慌てて面会終了前に帰って来ました。

というコトで、何だか疲れてしまって、ブログを書く元気がありません。

明日は、頑張りますので、申し訳ありません。  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 23:24Comments(0)

2019年03月06日

疲れて寝てしまいました

なので、本日は色々と書く元気がありません。

それにしても、今日はカルロス・ゴーン前日産CEOの保釈と、元森友学園の夫妻の裁判の時間がホボ丸被りなのに驚きました。

何だか意図的なモノを感じます。

我々の思考を、コントロールしようと誰かが画策しているかの様で。

ともあれ、明日も仕事があるので、色々と書き連ねるコトを止めて、もう寝ます。

明日は、何とかしっかり書きたいと思ってますので、お許し下さい。  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 23:40Comments(2)

2019年02月24日

本日は休養日

昨日が、終わってみれば、結構忙しい一日になったので、買い物などに出掛けた位で、ボーッと過ごしました。

で、会員登録が切れるというので、借りて来たのがこちらのDVD。


『なんで、旧姓なのかな?』と思ったので、懐かしい感じで借りて来ました。

中でも、サディスティック・ミカ・バンドの「タイムマシンにおねがい」が聴けて、ラッキーでした。

皆さん、とてもお若いし。

主人と、最初の一回目はしっかり聞いてましたが、二回目は一人で聴きつつ、最近、ハマっている井岡瞬さんの小説を読みつつ。

その時に、読んでいたのは、

でしたが、この著者の本の今まで読んだ中では、「代償」が一番グッと来て、読み出しました。

それと類似の「悪寒」も良かったです。

短編集でシリーズにして一冊の小説も面白いですが、長編小説の方が読ませます。

ここ何日かで、何冊も読みふけってしまいました。

ともあれ、先週の疲れを癒すタメに、一日使ってしまった感じなので、本日はしっかりブログを書く元気が出ません。

明日は大丈夫だろうと思いますが、簡単ですけど今日はもう早目に休みます。  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 20:33Comments(0)

2019年02月16日

申し訳ありませんが

本日も、少々忙しくなりまして、昨日からの疲れと相まって体調がイマイチなので、簡単な本の紹介だけで失礼します。


前回の『悪党芭蕉』より洗練されているのですが、正直、前回の方が勢いがあったかと。

連載していた本との兼ね合いもあったのだろうとは思いますが、こちらの方が良く纏まっているのですが、逆にこじんまりしてしまったかもしれません。

それでも、芭蕉について知りたいという方には、良い本ではないかと。

かなり前作と似通っているので、好きな方をどちらか読むというのでも良いまではないかと思います。

では、本当に体調が悪いので、本日はコレで失礼します。  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 22:53Comments(0)

2019年02月10日

川崎大師に行って来ました

去年、初めて川崎大師に行ったのですが、御利益がありそうだったので、今年もお参りに行きました。

去年は、ゴールデンウィークの平日で、さほど混んでませんでしたが、流石に本日は連休の中日とあって、かなり混んでいました。

それでも、少し早めだったタメか、帰る頃と比べると、まだ空いていたので、ゆっくりお参りできました。

タダ、帰り道にはビルが売り出されていたり、去年よりも、お土産を買っている人が、少なそうだったりしている様に感じました。

ついでに、疲れている感じなので、運気を上げようかと、横浜中華街に出掛けて、開運グッズを求めましたが、そこの店長さんと、息子の住まいが、近所だと判りまして、互いに驚いたのですが、最近は、めっきり街が寂しくなったと、仰ってました。

長野辺りと比べれば、そうでもないと思いますが、以前から住んでいると、そう思うのでしょう。

長野の中では、込み合っている小布施の方でも、そう仰ってますし、世の中の景気は下向きなんだろうと思います。

おそらく、そう思わせたくナイのは、政府だけなんだろうと、残念な気持ちになりました‥‥
  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 21:49Comments(0)

2019年01月30日

三寒四温と言うけれど

今週は、天候によってか、体調を崩す方が増えている様に感じます。


盲目でありながら、将軍綱吉の御典医まで上り詰めた杉山和一の物語。

かなり大胆な仮説で、物語をドラマチックに仕立ててあります。

鍼灸を志す人なら、誰もが知っている人物であり、子供達の影響で名前だけは知ってました。

史実はさておき、とても波瀾万丈な長編小説でした。

かなり長いのですが、仕事の合間にしっかり読んでしまいました。

歴史小説に興味がある人には、是非とも読んでみて頂きたい小説です。

ともあれ、明日は朝から本当に大変なので、短いですが、本日はこんな感じで失礼させて頂きます。  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 22:36Comments(2)

2019年01月19日

再びの古典

昨日に引き続き、読んでみたのがこちら。


思えば、若気の至りというコトか、仏教が主体の大学とも知らず入った為に、寮に入っては早朝にお仏参という行事をせざるを得ないと知り、最終年度には仏教学が必修とも知り、ホトンド出席しないという暴挙に出てしまったので、歎異抄を現代訳であれ全て読んだのは、初めてかもしれない。(流石に、可で卒業させてはくれたけれど‥‥)

ともあれ、十代の頃から、おそらく古典の中では「方丈記」に一番心を惹かれ、それでもそれを卒論にする気はさらさら無く、という正にひねくれ者みたいな選択をしたのだけれど、今の年齢になっても、おそらくもう一度同じ時期に、同じ状況になったとしたら、やっぱり同じ事をしたのではないかとすら思ってしまう。

若いというコトは、そういうモノなのだろう。

タダ、感性というのはあまり変化しないので、「方丈記」の無常感は未だに根強く心に息づいている。

それでも、この世に生まれて来たからには、何れ滅び行く生の時間を、書物と一緒に生き続けて行きたいものである。

そして、時々は幾世代をも超えて生き残っている古典に触れ、過去の自分を思い返してみたい。

話題は変わりますが、今年もセンター試験の時が巡って来ました。

雪国のコトを思えば、天候で開始時間が左右されたりしないで済む時期に、行って欲しいと思います。

せめて、一月だけでも前倒しして貰えば、雪の無い場所との地理的な不公平を減らせるのではないかと。

お正月に勉強した成果を見たいというのなら、二次試験を強化して選抜すれば良いと思うのですが。

雪国に住む者だけが、感じる不公平かもしれませんが、あまりその手の論調を見掛けません。

地方重視というのは、口先だけなんだろうと、ついつい思ってしまいます。  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 23:19Comments(2)

2019年01月13日

厄払いに行きました

今日は、少し離れた中野市というトコに、行って来ました。

「勝徳院」という、信濃高野山という真言宗のお寺です。

我が家は、真言宗ではありませんが、兄が以前祓って頂いたら、何事も無く過ごせたと聞いたので。

それから、近くにある「日本土人形資料館に行きました。

入館料は200円なのに、冬場は訪れる人が少ないからか、館内を観覧された方全てにに「願い兎」をプレゼントして下さるというので、とてもお得でした。

加えて、抽選で土鈴まで下さるというので、クジを引かせて頂いたら、見事、当選。

御祓いをして貰っただけのコトが、早速あってビックリしました。

中野土人形をはじめ全国の土人形2000点余を収蔵・展示していて、今は全国の童謡の土雛とか、加藤清正の土雛とかが展示されてました。

遠出をしたら、疲れたので本日はコレで失礼させて頂きます。  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 22:19Comments(2)

2019年01月04日

やっと、一息

何はともあれ、夕方までに全ての計算とプリントアウトが終了しました。

ホッとしたら、眠くなって来ました‥‥

これで、やっとのんびり出来ます。

日々、コツコツやれば良いとは思うのですが、中々、仕事で疲れているとやる気にはなれず。

後は、後日、確定申告を計算するだけになりました。

ともあれ、そちらはまだ時間的余裕がありますし、そんなに時間も掛からないので、ボチボチやって行こうと思います。

そんなワケで、連日回っているお仲間のトコへも、行けたり行けなかったりしていて、申し訳ありませんでした。

コレから、しっかり回ろうと思っています。

尚、チャンとしたブログは、明日までお待ち下さいませ。

まだ、ソコまでの体力が復帰してません。  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 22:59Comments(4)

2019年01月03日

ホボ終わりました

なので、パソコンを借りての更新です。

花 (中公文庫)

今年になって、やっと読めた一冊です。

早く、普通の生活に戻りたい。

ともあれ、初期の林真理子さんと言えば、エッセイストという感じだったので、人というのは変われば変わるものだと思います。

人間は歳と共に、変化出来ますが、良い方に変化する人もいれば、逆になる場合もありますが、出来れば良く変化したいものですね。

今年も、新年早々、熊本で大きな地震があり、大変な年になりそうですが、皆様が安心して暮らせる世の中になって欲しいものです。  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 21:54Comments(0)

2019年01月02日

数字に頭がおかしくなりそう

朝から晩まで数字と向き合っていると、頭の中がガンガンします。

平素から、チャンとやっておけば良いとは思っているのですが、やはり面倒なので、ついつい後回しにしたツケが回ってます。

言い訳させて頂けば、経理は特殊なので、タマにやるのは大変なので、やる気を出すのが難しく。

お正月になれば、追い込まれた気分になるので、違うのですが‥‥

ともあれ、こんな時間になっても、まだ、今日の予定が終わってません。

ダメダメなご報告ばかりで、本当に申し訳無く思っております。  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 22:24Comments(0)

2019年01月01日

青色申告の日々

皆様、明けましておめでとうございます!

お正月になって、休めるといいのですが、中々、そうは行きません。

我々、自営業者には、青色申告が待っています。

仕事とは、全然違うので、休み集中してやらないと、上手く行かないので‥‥

一年経つと忘れているコトも多く、一からやり直しばかりです。

そして、コツを掴めたと思うと、終わりというのを繰り返しているのですが。

特に、今日は初日なので、とても疲れました。

昨日は、天気が変わりそうだったからか、良く眠れずにいたので‥‥

チャンとしたブログは、本日も書けそうにありませんが、お許し下さいませ。  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 21:46Comments(4)

2018年12月31日

今年も有難う御座いました

休みに突入しているモノの、昨日から慌ててお節料理に取り組んでいるので疲れました。

それでも、大掃除はホボ主人と子供達がやってくれたので、何とか明日の朝に「蓮根の辛子明太子絡め」という御目出度い紅白の一品を作れば予定した料理は全て完成となります。

今年は、小豆から餡子も作ったりと、結構、頑張りました。

なので、何か書くタメに読もうと思ってたのですが、一寝入りしてしまい、加えて寝起きなので、あまり上手い話が出て来ません。

それでも、今年からは無理せずに書こうとしてましたが、ホボ毎日ブログを更新出来たのも、皆様の応援あればこそです。

今年の最後に、改めて感謝申し上げます。

年々、パワーが落ちて来ているのを感じます。

若い頃では考えられないコトが増えて来てますが、生きている中で今日が一番若い日と思って、これからも気をしっかり持ちつつ行きたいと思っています。

ともあれ、ネットを見ていたら「平成最後の年末年始「突然、路上生活を強いられる人々」の厳しい現実というページが目に入りました。

もし、何かの流れで、このブログを読まれている方で、お困りの方は

■全国

よりそいホットライン (24時間365日の何でも電話相談)

一般社団法人 社会的包摂サポートセンター

TEL 0120-279-338

というコトです。

そういう活動をされている方々が、日本に存在しているというコトを知ると、マダマダ日本も捨てたモノではナイと思いますが、本当は公的な機関が為すべきコトではないかと思います‥‥

ともあれ、仕事が休みになって、気が緩んだのか、疲れがドッと出て来ている上に、お正月のタメに色々と動いたので、早いですが、もう休みたいと思います。

皆様、良いお年をお迎え下さいませ。  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 21:31Comments(2)

2018年12月23日

本当に暖かい冬

例年なら、雪になるハズなのに、気温が高いので雨。

時間が取れる休みの日は、主人の母を大きな湯船でしっかり入浴させるタメに、家族で日帰り温泉に行くのですが、何時もなら雪道になるので近くしか行けないのですが、大丈夫そうなので大町温泉郷に行きました。

途中、少し前に降った道路の雪が除雪車によって、道端にドカされたであろう雪の片鱗が残っているきりで、路面は雨に濡れているだけ。

本来なら白くなっているハズのアルプスも3000m級の山々の上部は雲に隠れているけれど、おおよそ1500mあたりまでは霧が立ち上っているだけで、雪の気配が感じられず‥‥

本当に標高が高いスキー場以外は、まだ滑走不可なのかも。

帰りの自宅近くの道路沿いの温度表示は、午後五時を過ぎて真っ暗だというのに7℃。

暖かいのは嬉しいけれど、観光県の人間としては、喜んで良いのかどうかと思ってしまいます。

さて、昨日書こうとした本がこちら。


三人による対談集というのは、あまり多くはナイと思いますが、二人の時よりも思わぬ展開があったりして、中々、面白いと思いました。

シリーズになっているというのは、知りませんでしたがチャンスがあったら、他の本も読んでみたいかも。

「悩み力」をつけようというのが、個人的に一番面白かったのですが、ヤクルトで活躍された荒木投手の話はかなり意外でした。

そもそも、野球選手というのは、現役時代は注目されても、その後は目立たないままという方がホトンド。

対話の中でも、カウンセラーの方の話で、特に頷けるモノが多く。

一生懸命にやって壁にぶつかると、初めて自分の力を確認できます。

困難や逆境こそ、新たな自分に生まれ変わるチャンス。

という二つの言葉を知るだけでも、この本を読んだ甲斐がありました。  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 21:18Comments(4)

2018年12月22日

息子とアニメを見ています

本日は、結構忙しく‥‥

本のコトを書こうとは思うのですが、中々集中出来ません。

息子が帰って来て、「中間管理録トネガワ」のアニメを見ているので、タマに横から見ながら笑ってストレス解消しています。

明日からは、久々の連休ですので、頑張って書こうと思いますので、本日はコレで失礼します。  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 23:40Comments(0)

2018年12月21日

年末の日々

年の暮れというのは、何かと気忙しいですね。

今日は、仕事の合間を見て、年賀状を制作してました。

ともあれ、一年なんて過ぎてしまえばアッという間。

歳と共に、その速さに加速度がついている感じです。


柳原白蓮の伝記は既に読んだコトがありますが、子供の頃からの伝記好きとしては、読みたくなって一気に読んでしまいました。

過去に読んだ本は、駆け落ちして後の話に重点が置かれてましたが、こちらは二度目の結婚のコトについてに、重点が置かれていて、又、違った意味で面白かったです。

九条武子さんの話も書かれていて、少し驚きましたが、そういうコトもあったのかもしれませんね。

興味の有る方は、お読み頂くと良いかもしれません。

そちらは、実を言うと数日前に読んだのですが、本日は忙しくてあまり読書の時間も取れなかったので、書くつもりは無かった小説の話になりました。

年末というコトで、お許し下さい。  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 23:41Comments(2)

2018年12月17日

ユーミンの唄

こんなに遅く更新になってしまったのは、こちらの本を読んでいたからです。


というのも、歌詞が書かれていても、曲名は覚えているのに、メロディが浮かんで来ない。

CDを探してかけようかとも思ったけれど、それよりネットで捜して聴いてみようなどと思ったのが、間違いの元。

ついつい、思い出せなかった曲を次々と聞いてしまいました。

聴けばスグに思い出せるのだけれど、どうしてもゴチャゴチャになってしまうのは、曲調が似ているのと、CDを通して聴いてたので、一曲一曲をしっかり思い出せなかったりするタメ。(無論、老化しているというのもあるとは思いますが‥‥)

ともあれ、この本を書いた方は、「負け犬の遠吠え」を書いた方なので、「罪」と書いたのでしょうが、我々の世代だと若かりし日を思い出すだけという気もしなくもナイ。

そもそも、ユーミン自身が、年代的に若くして結婚された方ですし。

我々の一世代上の方ですから、それも当然かもしれません。

著者は、逆に我々の一世代下の方ですから、かなり影響を受けられたのかもしれませんが。

今日は遅くなったので、CDを探す元気は出ませんでしたが、明日にでも、チャンと探し出して聴いてみようと思いました。

やはり、ネットで聴くよりも、チャンとした音源は有るのですから、そちらで聴いた方が絶対に良いでしょうし。

というコトで、本日は全く何時もと違った話で終わってしまいましたが、お許し下さいませ。  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 23:14Comments(2)

2018年11月19日

いよいよ冬将軍が

来そうな感じになってます。

その為か、何だか体調がイマイチで『天気痛』なのかもしれず、今まで寝てしまいました。

そんな感じなので、あまり硬い本の話は無理なので、書かないでおこうと思ってましたが、最近の気晴らしに読んでいるミステリーの話を少し。

というのも、大体、ココに書く本はある程度オススメの話題の本になりますが、図書館に行った時には、小説もかなり借りて来ます。

で、特に凄いと思った場合だけ、紹介してますが、ミステリー関係はネタバレは不味いので、どうしても割愛せざるを得ないコトが多いモノ。

ちなみに、今回は、返って来たばかりの本の中に、西村京太郎さんの本が何冊もあり、全部は読んでナイ作家なので、ついでと言っては失礼ですが、何冊も借りて来ました。

で、その中で一番おもしろかった本がこちら。


全国縦断長篇ベスト選集全47巻完結というコトで、巻末に年譜を収録してあり、それを読んでいたら、前に読んでとても興味深かった「女流作家」の続編として、「華の棺」という作品が書かれていた事を知り、とても読みたくなりました。

ちなみに、上記の話は、あまり京都という舞台はさほど関係無いけれど、実に複雑な話の仕立て具合になっていて、とても面白かったです。

ともあれ、今は昔と違って、列車を使ったミステリーというのが、難しくなっているのかもしれないと感じました。

それは何故かというのは、おそらく読んでみると判ると思いますが、時の流れを感じます。

体調が万全ではナイので、本日はこんな感じで失礼します。  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 23:09Comments(2)

2018年11月11日

臥竜山の菊祭に行って来ました

先週は、本当に忙しかったので、今も少し疲れが出て寝てしまいました。

長野市の東隣りにある須坂市の臥龍公園で行われている菊祭に昼過ぎから、行って来ました。

先々週から始まって、明日までというコトもあり、少し咲き終わりそうになっている菊もありましたが、今年も見事に咲いてました。

例年と違ったのは、今までは『どうして、こんな風に出来るのかしら』と不思議な感じが先に立ったのですが、今年は、『巴錦』という菊をいじっていて、夏に雨が少なかったので、挿し木があまり上手に出来ませんでした。

でも、その結果として、意図せずに色々な形の菊が出来たので、『もっと突き詰めてやれば、こんな風に出来るのかも』と思ったり。

あくまでも、空いた時間で手入れしているだけなので、上手に造るつもりはありませんが、やはり何事も時間を掛けて、少しづつやっていると、コツという物が身に付いて来るのだなと思いました。

加えて、毎年見ていると、菊にも流行り廃りというのがあって、今はスプレーマムの様な小菊にブームが行こうとしているのかもなどと。

さて、読書の方は、

上記シリーズも無事に全て読み終わり、

昨日の本の流れを汲んで、
という本も読んでみました。

ジブリの本は、対談集としても面白く、映画の裏側のエピソードが満載なので、ジブリが好きという方々には、オススメです。

下記の本を読んでみると、どうも日本の労働問題ほど、胡散臭いモノは無いのだと感じました。

というのも、いわゆる欧米の「同一労働同一賃金」とは違って名ばかりで、聞こえだけは良くとも、労働者に不利な改悪が進められているのではないかという気がしてます。

外国人をより使い勝手が良い様に、ドンドン入れて、企業に安く人を使えるシステムが出来上がれば、ますます日本の労働者の待遇は劣化するのは、目に見えています。

「企業栄えて、国滅ぶ」なんてコトが無ければ良いのですが。  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 22:23Comments(2)

2018年11月09日

ジブラーでは無いけれど

今週は、水曜日の多忙が響いて、何時もより疲れが出ています。

そんな心の疲れを、取ってくれているのが、こちらの本。


1〜5巻まで出ている対談集を借りて来ていて、現在、2巻まで読み進んでいます。

ジブリ作品の裏側とか、昔のアニメの裏話なんかが読めて、実に面白い本です。

この先、後三冊を読んで行くとなると、明日からの本はどうなるのかという気もしますが‥‥

とりあえず、それは明日考えるコトにして、今はドップリとその世界に漬かって、明日の仕事への活力を復活させたいと思っています。

ある意味、読書は自分の中にパワーを蓄えるきっかけになりますし、体調が悪い人と対峙するには、自分のパワーが枯渇していると、太刀打ち出来ないので。

別に、読んだ本の話をしているワケではありませんが、気力の有る無しが施術の効果を左右します。

というコトで、本日のブログは、現状報告で終わってしまってますが、お許し下さい。  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 22:02Comments(0)

2018年10月27日

今週は色々と疲れました

夏が完全に終わり、本格的な秋というよりも、冬近しを思わせる季節になって来たからか、久し振りの方が多く、忙しかったので本当に疲れました。

昨日は、久々に出張施術もあり、今日はしっかりブログを書く予定でしたが、とても無理そうです。

ともあれ、そういう時には笑いが一番というコトで、読んでみたのがこちらの本。


こちらを読んで、笑うしかナイのかも‥‥

昨日に引き続き、大したブログを書けなくて、申し訳ありません。

何とか、明日は頑張ります。
  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 22:59Comments(4)

2018年10月26日

本日は仕事で

娘のスマホを使って、書き込みするコトになってしまいました。

今だ、ガラケーの上に、ほとんど不携帯の状態故、パソコンでブログを書いて居るので、頂いたコメントの一つを誤って消してしまいました。

故に、本日は頂いたコメントにも、コメント返しが怖くて出来ません。

この後、八時から仕事なので、チャンとしたブログが書けるか微妙です。

書けたら書きますが、期待しないで、お待ち下さい。  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 19:37Comments(2)

2018年10月07日

本日は中学の同級会

で、かなりビールを飲んで来たので、硬い話は無理だと思います。

但し、アルコール中毒では全くナイので、酒が無くてはダメというコトは皆無ですが、とにかく若い頃からお酒には強いので、かなり飲んでもあまり変わらないという体質で、水とは違うのですが、ビールならトイレに行けば、それである程度解消してしまうという感じなので、ブログを書くにはそれほど差し障りはナイかと‥‥

というか、そういう体質なので、お酒を飲んでも勿体ないですし、飲み放題みたいな時には痛飲しますが、普段は全く飲みません。

そもそも、子供を産んだり授乳したりと三年ホド、禁酒していたので別に飲まなくとも何ともナイですし。

要するに、意思が強いので、アルコールの摂取はどうとでもなるという特異体質なのかもしれません。

実際に、ブログを書いていると、ドンドン醒めて来るのを感じますし。

というコトで、既に用意してあった本の話をしたいと思います。


最後に書かれている運動は、とても役に立つと思います。

加えて、三日坊主を繰り返した方が、良いと書かれているのも、もしかしたらとても良い方法なのかもと思います。

というのも、ムキになって健康法を極めようとするのも、逆に不健康になりかねません。

要するに、何でもホドホドが良いのではないかと。

中庸という考え方は、決して新しいモノではありませんが、結局、そうした考え方は不変なのではないか。

あまり、突き詰めて考えるよりも、いい加減に生きた方が良いと思います。

人生には、必ずしも正解があるとは限りません。

それでも、生きていてこそであって、死んでしまえばそれまでです。

あまり、他人がどう思うかというコトに縛られず、生きたい様に生きた方が良いのではないかと、歳をするにつけてそう思います。

若くして、亡くなってしまう人も居れば、淡々と長生きする人も居て、全てはその人が選んだ人生の結果なんだろうと思ってしまいます。  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 21:31Comments(2)

2018年09月13日

秋の長雨というけれど

天候不順だと、仕事も忙しくて、本日は疲れました。

なので、書こうとしていても、眠くて仕方がありません。

とりあえず、本日の本は、


相手のタメでは無く、自分のタメに皆を許して、幸せになった方が良いというコンセプトで書かれた本です。

誰かを恨んだり、怒ったりしても、自分が疲れるだけ。

皆を許して、心が自由になった方が、良いという考え方を説明しています。

最近は、あまり長く誰かを怒る気力も無くなって来ました。

歳というコトなのかもしれませんが、それも良いのかもしれません。

ネガティブな感情は、自分を毒するだけですし。

イライラしてしまう人にはオススメです。

とても簡単ですが、本日はもう無理なので、コレで失礼します。  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 22:12Comments(2)

2018年08月26日

医学は万能なのか

本日、読んだ本はこちら。


そして、朝一番で見て来た映画が、こちら。


ちなみに、三つの短編映画では、「透明人間」が一番映画らしい映画だったと思います。

でも、上記の本を朝に読んでいた為か、「サムライエッグ」の経口減感作療法については、極少数とはいえ重篤な症例もあるというのを知っていたので、少し違和感が残りました。

必ずしも、医療が人間を幸せにするとは限らないのではないかという疑問を、多少は持っていなければならないのではないかと。

そもそも、まだ人間には世の中の色々なコトについて、全ての正解が判っている訳ではありません。

全てを理解したつもりになるのは、とても危険だと改めて思います。  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 22:42Comments(0)

2018年07月28日

人生はままならぬモノ

台風は、水害の遭った地域に向かって進んでいる様なのだが、我が家の周辺は水不足で農業などは、大変な感じになっている。

今日も、申し訳ばかりの雨が降っただけで、地面はカラカラに乾いている。

ともあれ、人生に苦難は無い方が良いに違いないのだが、生きていれば色々なコトも有る。

本日、読んだ本がこちら。


良く言われるコトだが、人間はある程度気持ちの整理が出来ないと、辛い思い出を思い出したくないと蓋をしてしまうという。

拉致事件が、多少なりとも解決したとはいえ、未だに未解決の人々も存在しているし、まだ割り切れない部分も多いので、断片的ではあるけれど、拉致されたという年月を振り返って書かれたモノである。

ナチスドイツ強制収容所体験を生き延びたユダヤ人精神分析学者の『夜と霧』を思い出させる様な部分もある。

絶望しそうになりながらも、僅かな光明を求め、微かな出来事にも喜びを見出せる人の方がしたたかに生き延びられる可能性が高いと感じる。

タダ、上記の本も『だから北朝鮮は』と単純に読むのではナク、それなりに人民の為に頑張ったと尊敬されている金日成、そして子供の金正日、そして孫の金正恩と、代を経るに連れて、自分達だけが特権階級として君臨し、国民をないがしろにするので、生活が窮乏し、心が離れて行く感じは、今の日本とも類似してないか。

徐々に変質している自国を振り返って考えるという意味でも、読んでおいて損はナイ一冊である。

人は、どんなに辛くとも希望を捨ててはダメなのだと、実感した。  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 22:41Comments(2)

2018年07月23日

大暑とは言うけれど

本当に、連日暑い日が続いてるので、身体が参りそうです。

涼しい場所で生まれて、その環境に馴れてしまったので、何とか我慢は出来ますが、それでも暑さにはとても弱く。

こういう時に、暑い国の話を読むと、確かに作物も中々生えにくいだろうし、水を得るのも大変だろうと、その地域性にも理解は可能にはなりますが。

やっと、書くコトが出来るのは、こちらの本。


マムリアなんて国はあったかなと思いつつ、多少涼しくなって頭が冴えて来ると、おそらく世界汚職国家ランキングのトップとも言われているソマリアが、モデルに近いのかもと思いますが。

国の富を、自分達だけで横領したいという欲望に負ける政治家というのは、ドコの国にも居ます。

日本も、「他山の石」としてトップの汚職に鋭敏になってナイと、何れ国民にしっぺ返しが来るのは間違いナイのではないかと。

思えば、国防費はGNPの1%以下と言っていた時代の日本は繁栄していたと思います。

国民が貧窮してでも、国防にお金を支出する様になると、社会の歯車が狂って来るのですね。

今の北朝鮮を笑えなくなる日が、来なければ良いのですが‥‥  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 21:42Comments(2)

2018年07月21日

御嶽海が初優勝!

江戸時代に、伝説の雷電という素晴らしい力士が居たというけれども、長野県は昔からあまり強い郷土力士が昭和の時代から居ないので、三役に定着しているだけでも、もの凄いコト。

北海道など、横綱を何人も排出している地域の方々とは、感覚が全く違うのではないかとすら思っています。

なので、本当に御嶽海が優勝するなんて、夢みたいです。

おまけに、娘と同じ歳だと思うと、感慨も深く。

というのも、子供達が保育園で通っていた時の同じクラスの男の子達が、近くにある大豆島(マメジマと読みます。長野市にある、難解な読み方の中では初級クラス。知らなければ絶対読めない地名も、他に幾つもあります)という地域で、相撲が盛んだったので、高校は篠ノ井にある更科農業高校で、かなり活躍したのですが、御嶽海の居る木曽青峰高校がとても強くて、県大会に行けば必ず準優勝だったのを覚えています。

でも、大学に行って、学生横綱になり、アマチュア横綱にまでなったので、もしかしたらもしで角界で活躍してくれるのではと期待してました。

特に、四股名になった、木曽の名峰である御嶽山(こちらはオンタケサンと読みます)は、突然の噴火で登山者を多数亡くすという自然災害に見舞われているだけに、木曽地方の方々にとっては、本当に何よりだと思います。

最近の日本は、思いもよらない自然災害も多く、一度災害に遭ってしまうと、簡単には復興出来ない地域も多く存在します。

おまけに、最近は長野県の観光地もあまりパッとしないので、久々の県内の嬉しいニュースになりました。

今日は、もっと違う話を予定していましたが、あまりに長野県人として御嶽海の優勝が嬉しかったので、そちらの話は明日にでも延期させて頂きます。  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 22:12Comments(2)

2018年06月19日

何を書こうかと思いつつ

別室から聞こえるサッカーの試合の様子を、気にしながら時間だけが過ぎて行きます。

しっかりTVを見ていると、疲れてしまいそうなので‥‥

最近、スポーツをしっかり見るだけの気力が中々出て来ません。

若い時は、手に汗握るというのが大好きでしたが、今はどうも。

というコトで、実用的な本を一冊紹介しておきます。


「嫌われる勇気」がヒットしたので、関連本というコトなんでしょうが、アドラー心理学は素晴らしいと思ってます。

ちなみに、「嫌われる勇気」よりは読みやすいかと。

こう言われたら、こう返すといういわゆるハウツー本なので、こういう時にはどう対応するのが良いかを考えるにはヒントになるかと。

口下手な人にはオススメです。

人間関係を良くするには、相手を責めないというコトが大事。

加えて、相手に上からではナク、対等な関係を築こうとする努力が必要だというコトでしょうか。

サッカーは、追加点が入ったので、少し安心しました。

どうなるか判りませんが、もう今日は集中出来そうにナイので、この辺で。  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 22:32Comments(0)

2018年05月15日

昨日は申し訳ありませんでした

あまりに疲れ果てていて、途中まで書いた所で、寝落ちしてしまいました。

慌てて、数行追加しただけでアップしましたが、もしかしたら、「利休は、本能寺の変の裏側の確たる証拠の可能性を知ったタメに切腹させられたのかも」という斬新な説が書かれていて、とても面白い小説でした。

面白いと言えば、今朝、朝風呂の中で一気に読み終えた本がこちらなのですが、


人間の馬鹿げた行動を、実に鮮やかに描いていて、逆に考えさせられる一冊。

男性の方々は、是非とも反面教師にして頂きたいかと。

ともあれ、ニートだった次男が非正規でも働こうとするのは良かったですね。

世の中には、親によって自立を阻まれている人が、結構存在したりします。

どんな仕事であっても、何かをして自分でお金を稼ぐ大変さを感じつつ生きるというコトは大事かと。

読後感は、あまり良いとは言えないと思いますが、ストーリー展開はとても下世話で面白いです。

つくづく、小説というのは、中々、善人の一生を書いていては面白くナイのだなぁと思います。

ちなみに、昔から伝記が大好きなので、品行方正な話は嫌いではありませんが、時には、こういうクズな人の話というのも、気分転換にはなります。

無論、この手の人とは絶対に御近付きになりたくはありませんが‥‥  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 22:24Comments(2)

2018年05月14日

疲れが出まくりで眠くて

眠くて仕方がありません。

休み明けで仕事も多かったですし。

昨日、読んでとても面白かった歴史小説がこちら。


利休と秀吉の新たな確執が見えて来ます。
  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 23:40Comments(0)

2018年05月13日

今日は大町へ

行って、日帰り温泉入浴して来ました。

昨日、結構強い地震があったので、どうかなとは思いましたが、土砂崩れがあったらしい道などは、避けて行ったので、大丈夫でした。

それにしても、火山の噴火とか、天変地異が続きますね。

地球が不安定になっているのだろうと思います。

そういう時だからこそなのか、人を騙す様な事件も増えてます。

映画を観たいと思いつつ、忙しかったので、原作を読んでみました。


それにしても、コレが黒川博行による直木賞受賞第一作なのかと改めて知って、逆にビックリしました。

既に長年好きで読んで来ている作家なので、とっくに直木賞あたりは受賞しているのだと思ってましたし、最近は芥川賞も直木賞も、あまり注目してナイので‥‥

賞の選考基準とかが、あまり明確になってナイと、信頼というのも徐々に薄れてしまいますし、そもそも日本で今、ノーベル賞(こちらも今、問題を抱えてますが)に一番近いのではと言われている方も、どちらも受賞してませんし。

太宰治が、賞を獲っていたら、あんな最期ではなかったのでは、という時代では全く無くなってしまったというコトでしょうか。

本は売れなくなりつつあります(そういう私も本の収蔵に耐えられず図書館で借りてばかりです)し、出版界も変わって来ているのでしょう。

世の中の変化というのは、予想をイイ意味でも悪い意味でも裏切るモノだと、改めて思います。  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 23:18Comments(2)

2018年05月07日

それにしても政治は

裏で色々とあるのだなぁと、改めて思ったのがこちらの本。


それにしても、普通の感覚では、とても大変そうでやってみたい職業ではナイのだけれど‥‥

今、改めて読んでみると、昔の人は、戦争時代を実際に知っていたので、肝が据わっていたという気もしなくはナイのですが。

ともあれ、今の時代なら、とても当選しなかった人物かもしれません。

それでも、破天荒な人でもなれたというのは、必ずしも駄目なだけとは言えないのかも。

ある意味、夢のある時代だったのかもしれません。

そして、堅実になっただけ、せせこましくなったのかも。

もっと大胆で、もっと清廉な人にこそ、政治家はなって欲しいとは思いますが、中々、理想道理には行かないモノ。

今はイメージが先行しているだけに、もっと政治家選びが難しくなっているのかもしれません。

読んだから、何かを得たというよりも、昔の政治のあり方を知って、驚いたというのがビッタリ来る感じでしょうか。  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 23:17Comments(2)

2018年05月04日

今日は少しだけノンビリ

午前は再び主人の生家の草取りに、行って来ました。

午後から、自分の生まれた家でゆっくりさせて頂いてます。

再び、娘のスマホにての投稿なので、上手くは書けません。

でも、久々に読書はしっかり出来てます。

明日は、色々書けそうなので、今日はお許しを。
  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 22:17Comments(0)

2018年05月03日

何を書こうと思いつつ

何冊か、読んではみたのですが、中々ピンと来るものがありませんでした。

ともあれ、それとは別に、読んでいる途中なのが、こちらの本。


大正12年、関東大震災の混乱に乗じた甘粕憲兵大尉の手によって、無政府主義者・大杉栄、その6歳の甥とともに虐殺された伊藤野枝について書かれた小説です。

以前から、読みたいと思いつつも読まなかったので、そういう本は少々時間を掛けて読む傾向にあり、まだ最後まで読み終えてません。

タダ、時代の空気というのが、案外、今の日本が類似して来ているのではと思います。

東日本大震災の後、何となくふわふわとした空気の中で、物事が進められて来ている様な‥‥

戦後の日本国憲法があってこそ、勝手に誰かを虐殺出来なくなったというのに、大日本帝国憲法に回帰したがっている様な、今の政治は変。

我々は、過去の現実を振り返って、今の現実がある程度不満だったとしても、まだ大日本帝国憲法の時代よりは、ズッとましなのだというコトを痛感しなくてはなりません。

自衛隊が軍隊になってしまったら、今みたいに、こそこそとPKOに行くのではナク、もっと盛大に見送られて戦場に赴き、そして、大量の戦死者を出すコトは確実です。

そういう時代には、絶対に戻って欲しくはナイと、憲法記念日に改めて思います。  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 23:24Comments(0)

昨日は記事を書いたつもりだったのに

二日続けて、主人の生まれた家の草取りをしていたので、疲れてしまって書き忘れてしまったみたいです。

これから、こんな感じで忘れてしまったというコトが増えてしまうかも‥‥(歳ですね)

本日のブログは、もう少ししたらチャンと考えようと思ってますが。

今日は、家族全員で「まだらおの湯」に日帰りで入浴だけしに行って来ました。

まだ、チューリップが少しだけ咲きかけていて、春という感じでした。(我が家のは、急ぎ足でパパッと咲いて、スグに散ってしまいました。残念。)

本当に、今年の春は慌ただしくて、もう初夏みたいでビックリします。

地球温暖化は、Co2の問題よりも、原発で海水を温めているのが原因なのかもという気もします。

南極の氷が融けたり、異常気象だったり、全世界で地球を汚染しまくっているツケが回って来ているのかもしれませんね。  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 18:45Comments(2)