2018年11月03日

眠りの悩み相談室

高齢の方の中には、結構、睡眠薬を飲むという方が、とても多い様に感じるけれど、本当に薬が必要なのかと思う方も存在する。

確かに、眠れないよりは眠れた方が良いに決まっているのだが、毎日、クタクタになるほど働いた時なら、深い眠りにつけるかもしれナイのだが、さほど身体も動かさず、昼寝もしているのに、夜はグッスリというのは、難しいのではないかと。

その辺を解説した本がこちら。


脳が疲れると眠くなるのだが、脳が疲れて無ければ、さほど眠くならないのは当然であり、本当に眠くなってしまえば、本人の意識に関わらず寝ている可能性が高いというコト。

「眠気」と「眠りたいという欲求」は違うので、無理に眠ろうとすると逆に眠れなくなるので注意が必要。

病気が潜んでいる場合を除き、普通は眠くなれば寝てしまうのだから、眠れない時は本当に眠くなるまで待つというのが、最大の解決法らしいです。

ちなみに、寝付きは悪く、明るい所では、中々眠れないので、意識的な昼寝というのは、上手く出来ないのですが、本当に疲れたと思う時には、電燈が点いていたとしても寝てしまう時というのがあります。

そして、そういう時には、夜になって眠れない時もあるのですが、基本的に横になっていれば、疲れは取れるので、そのままに居ます。

その内に眠くなる時もあれば、寝たのかどうか判らない時もありますが、それでも、次の日の睡眠で調整すれば良いと思って、基本的にあまり心配してません。

そんな感じの、ホドホド眠れば大丈夫という考え方が正しかったのだと判って、安心しました。

ともあれ、眠れない時は本当に眠れないのですから、あまり考えても意味がナイのだというコトだけは、知っておいた方が良いと思いますし、睡眠薬の眠りは浅くなる傾向が高いので、どうしても何かをするタメに絶対に必要という人以外は、無用かと。

関心のある方は、じっくり読んで、自分でどうするのが良いか、考えてみると良いのではないかと思います。  

人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 22:59Comments(0)

2016年12月10日

アルコールは睡眠の質を悪くする

疲れ過ぎていると、中々眠れないというコトはあるものだが、アルコールを飲んで眠らない方が良いそうだ。


上記の本によれば、アルコールは睡眠の後半を中心として、眠りの中断や早期覚醒、中途覚醒が起きやすくなるのだとか。

睡眠について、かなり詳しく書いてある本です。

ちなみに、「寝だめ」は無理でも、休みの日に「寝不足を解消する」というのは良い、タダ、睡眠時間を増やす時に注意すべきは、遅くまでダラダラ寝るのではナク、起きる時間は平日と変えず、寝る時間を早くするのがベター。

そうでナイと、休みに寝だめする人ほど、不眠や抑うつを訴える割合が高いとのコト。

寝だめの分は、レム睡眠が延びるだけでノンレム睡眠は延びないので、脳を休ませることは出来ず、逆に心臓に負担がかかるそうです。

覚醒時には、手足を動かして心臓のポンプ機能をサポートしているのに、就寝時は心臓だけで全身に血液を送らなければならない。

寝ている間は室温の調節も出来ず、水分補給も出来ない上に、一日の中で一番早く心臓が拍動するのも、ゆっくり拍動するのも就寝中なので、心臓に負担が掛かって、突然死が一番多いのも就寝中。

ゆえに、寝だめと称して十時間以上寝るのは、避けた方が心臓のタメにも、止めた方が良いそうです。

良い睡眠を取るタメには、色々と知るべきコトが多そうですね。  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 22:52Comments(4)TrackBack(0)

2016年11月28日

睡眠の大切さ

不眠症になると大変だけれど、本当の不眠症な人というのは、全世界で40家系しか存在してナイのだという。

「家族性致死性不眠症」と呼ばれるのだが、普通の人は無理に眠らないでいると、一過性の精神の異常を来しても、眠ると回復するらしい。

という、最新の脳科学から解き明かされる睡眠の謎に迫る画期的な一冊がこちら。


ノンレム睡眠は、「脳が機能を低下させている状態」なのだが、時として夢遊病を引き起こす場合もあり、中には、眠りながら殺人を犯してしまった人も存在する。

一般にノンレム睡眠時には、脳の休息とメンテナンスが行われ、必要に応じて寝返りなど、運動は可能な状態にある。

ノンレム睡眠中は、シナプスの消失が多く認められ、覚醒時につくられた過剰で冗長なシナプスがオーバーロードになるのを防ぎ、シナプスの最適化が行われている。

他方、レム睡眠時には、知的活動時よりも、さらに活発に活動している。全身の骨格筋は眼筋や呼吸筋などを除いて麻痺しているので、脳の命令が筋肉に伝わらないので、夢の中での行動が実際の行動に反映されることはない。

しかも、記憶を感情の重さで整理していて、重要度にそって階層化し、サムメールをつける作業をしているのだが、それが意識にのぼった場合に夢という主観的な体験になるのではないかと。

睡眠をとると、ポジティブな記憶がより残るのに対して、睡眠不足だと記憶力が全体的に低下するのに、ネガティブな感情に関わる記憶だけはしっかり残ってしまうのだという。

よく寝ると、嫌な思い出が消され、楽しい思い出や、学習の効果が残るというのだから、我々は良質の睡眠を取る努力をすべきなのかもしれない。  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 21:18Comments(6)TrackBack(0)

2015年05月18日

本日は‥‥

大好きな父が、突然脳出血で亡くなるというアクシデントがあったので、チャンとしたブログはお休みです。

「100歳まで生きたい」と常々言っていて、二カ月後には96歳の誕生日を元気で迎えられるだろうと思っていたので、家族全員大ショック。

明日も仕事を控えていて、チャンと眠れるのだろうかと、少々不安なのですが、こんな記事を見つけました。

1分で眠りにつくための呼吸法というもので、
まず、舌先を口の中の天井につけます。この状態ですべての呼吸を行います。

1. 「シュー」という音を立てながら、力強く口から息を吐きます

2.口を閉じて、4つ数えながら、静かにゆっくりと鼻から息を吸います

3.息を止めて7つ数えます

4.再び、「シュー」という音を立てながら、今度は8つ数えながら口から息を長く吐き出します。

5.鼻から息を吸います。

上記のサイクルを、3回ほど繰り返します。

※息を吸うときは鼻から静かに、吐くときは口から大きくを心がけます。
身体の緊張をほぐしストレスを軽減する効果があるそうです。

本当に1分で眠りに落ちるどうか、試しつつ寝ようと思います。  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 22:52Comments(2)TrackBack(0)

2015年02月17日

眠れない夜には

眠れない夜に瞬時に試せて、しかも即効性のある行動というコトで、「ため息をつく」、「口角を上げて微笑む」、「感謝してみる」、「水の音を聴く」のが、効果ありなんだとか。

確かに、怒っていたら、中々寝付けないからなと思うけど‥‥

本日、ネットで拾った「最高裁判所は政治家の圧力に屈して名誉毀損訴訟の認定基準を変更した」という話に立腹して、夜、安らかに眠れるだろうかと思っただけに、良さそうな方法を是非試してみたい。

それにしても、自公政権の意を汲みとった名誉毀損訴訟の基準変更により、裁判所は、公職である国会議員に対する報道の名誉毀損については高額賠償を認めることは少なかったのが、一転、一般人よりも高額な賠償を認容するようになったというのでは、ジャーナリストの国際団体「国境なき記者団」が発表した「報道の自由度ランキング」で、韓国60位、日本が61位というのも、無理なからぬコト。

週刊誌を中心とするメディアに対する締め付けにより、政財界のスキャンダルを追及する記事はめっきり減ってしまい、新聞やテレビ局などの言論機関の反応がきわめて鈍く、ドンドン締め付けが厳しくなっている日本を、内部から見るよりも、外国から見た方が客観的なのかも。

ともあれ、それでイライラして寝られなくても、仕事に差し支えるので、今夜はせいぜい、「ため息をついて」自律神経を整え、「口角を上げてにっこり微笑んで」副交感神経を活発にして、「感謝の気持ち」で全身の血流を良くして心と体のこわばりを緩めてみよう。

それでも、ダメなら「水の音」のCDも、持っては居るのだから。

最近は、踵にある失眠というツボを柔らかくするタメに、足をじっくり揉んでいるので、連日、先週より長く眠れているのだから、その成果を台無しにしてはイケナイし。  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 21:49Comments(4)TrackBack(0)

2014年10月26日

寝だめはダメ?

本日は、母屋の隣にあった貸家を壊して駐車場にするタメに、貸家に置いてあったモノを全て綺麗にする期限だったので、朝から大忙しでした。

それでも、昨日からの疲れもあってのんびり起きたのですが、どうも一度起きてしまうと布団の中でゴロゴロするコトは出来ても、チャンと寝るのは無理。

で、夜になってネットをサーフィンしてたら、寝だめは普段の休息のためにいいかと思いきや、少し寝足りないくらいで起きたほうが健康にはいいという記事が。

しかも、8時間睡眠は10歳以下の子供の平均睡眠時間ではあるものの、40歳で約6時間半、70歳以上になると6時間を切るという記事には、データはあくまで平均であり、一日3時間程度しか寝ないショートスリーパーもいれば、逆に10時間睡眠を取る人もいます。睡眠時間の個人差は非常に大きいことは明らかになっていますが、その人にとって理想的な睡眠時間がどのくらいなのか調べる簡潔な方法は確立されていません。睡眠というのは、まだ解明されていない部分が多いとも。

最近、6時間寝るとかなり眠れた気がするし、案外4時間半程度でも動けたりするのは、老化の証拠と思っているが、夜中に目が覚めるなど、何らかの不眠症状を訴える人の割合は、成人で40%だといわれているが、治療が必要なのは6〜8%程度というのだから、心配する必要はナイのかも。

ともあれ、何とか整理出来たので、これでスッキリ眠れると思います。

マダマダ、色々と落ち着かないコトはこれからも多いでしょうが、それでも、やっともう少しブログに集中出来る様になると思います。

ちなみに、目が覚めて、布団の中で読み終わったのがこちら。


懐かしい歌で、昔を思い出したりしました。

70年代の名曲が好きな人には、楽しいかも‥‥  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 21:41Comments(4)TrackBack(0)

2014年09月16日

安眠のタメに

マタマタ娘の持って来た本です。


本当に良い本なのですが、睡眠グッズの販売を目的としているのかもという気持ちが多少あります。

ソコを割り切ってしまうと、実に丁寧に睡眠の大切さを説いてます。

特に、筋トレよりも「貧乏ゆすり」の方が、継続しやすく、血行促進になるというのが、誰でも出来そうで良いかも。

ふくらはぎは、第2の心臓と言われている部分で、足腰に滞りやすい血液をポンプのように心臓へ送り返してくれる働きをしています。

ふくらはぎの筋肉を伸ばしたり縮めたり刺激することによって、筋肉が動き、血行を促進してくれ、たった5分で約2度も皮膚の温度が上昇するので、冷え症対策としても、有効
だというのですから。

加えて、就寝前に深呼吸すると、副交感神経が優位になり、心地よく深い眠りへと入っていくことができる。

深呼吸をするときのポイントは、息を吐く時間を長くすればするほど、副交感神経が優位になる
というのも良さそうですね。

おへその下あたりを意識して鼻から深く息を吸って、お腹をふくらませていき、お腹をへこませながら、鼻からゆっくり細長く息を吐くのを3回繰り返すと、副交感神経が優位になり、体内の酸素も新鮮なものに入れ替わるそうなので、是非、お試し下さい。  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 22:10Comments(2)TrackBack(0)

2014年07月30日

睡眠は健康にかなり影響

さて、昨日はブログもそこそこに寝てしまいましたが、少し前から我が家の改修工事をしているので、何時もより早起きしないとイケマセン。

なので、多少前より早寝しているのですが、元々寝つきが悪い上に、時々寝れずに困るという時があるので、昨日みたいに、どうしても寝なくてはという感じになるコトがあるのですが、本日は、「睡眠がとても大事」という話題を二つ。

「眠り」の悩みは、睡眠時間を増やすことよりも、睡眠の質を上げることで解決するのが現実的で、睡眠の質を上げることは、そのまま日中のパフォーマンスを高めることに結びつき、年収を変える可能性もあるという話と、精神的なストレス状態の人と、心身ともに元気だけど睡眠を奪われた人、それとうつ病の人、それぞれの脳をスキャンすると、程度の差はありますがみんな似たような構造になっていて、ストレスがなかろうが、うつ病でなかろうが、睡眠が奪われれば脳の構造はうつ病の人や強いストレスを感じている人と同じになるという話を読むと、改めて睡眠の大切さを知る。

されど、『寝なくては』と思えば思うほど眠れなくなるというのも、マタ真実で。

緊張していると、かなりお酒を飲んでも酔わないのですが、リラックスしているとさほど飲まなくてもほろ酔いになれるので、眠れない時は寝酒に頼ってしまいますが、毎日飲んでいると、肝臓も心配だし、アルコールへの耐性も出そうで怖いしというコトで、なるべく自力で寝ようとしてるけれども、本当に困ったら、上記の本を読んでみようかなとも思います。

ただ、原子力規制委員会が、原子力発電所事故など緊急事態の対処にあたる作業員の被曝線量が、現行の上限100ミリシーベルトが妥当かどうか改めて検証することを決め、被曝線量の上限の引き上げにつながる可能性もあるみたいなニュースを読むと、『福島第1原発事故の収束は大丈夫なのか』とか、『新たに、100ミリシーベルトを超える事故が起こる可能性は完全に否定できないのか』などと思うと、おちおち安心して寝てられないとも思ってしまうのですが‥‥  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 22:24Comments(2)TrackBack(0)

2014年02月15日

不眠症を克服する

本日も、仕事と雪かきで疲れ果てているので、前置き無しで‥‥


こちらの本から、頭へのマッサージ方法を。

まず姿勢を正し、身体と心をリラックスさせ、呼吸をととのえてから始めます。

[昭蠅鬚海垢蠅△錣察⊆蠅温かくなったら、両手の指を熊手のように広げて、まず髪の生えぎわに当てます。

△罎辰り息を吐きだながら、気を頭のなかにいれるつもりで指に力をいれて押し、息を吸いながら指の力をぬきます。これをくりかえしながら、指の位置を少しづつ頭頂部にずらしていってください。

生えぎわから頭頂部まで押すのを一回と数え、二十〜四十回くりかえします。夜寝る前におこなってください。


ふとんに入ってから、次の方法も効果があるそうです。

全身の力をぬき、リラックスして眼を閉じます。呼吸は、自然な呼吸法で細く長くゆっくりとします。頭のなかは、カラッポにして、意識をヘソの下三〜四センチメートルの丹田に集中します。丹田に集中しにくい場合は、足の親指へ意識を集中させると、足の方から睡魔がスーッと入りこみます。

どうぞ、お試し下さいませ。  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 22:12Comments(0)TrackBack(0)

2013年11月28日

歳をすると不眠になりやすい

特に、睡眠に特化した話題の本ではナイのですが、特に気になったのが睡眠の話題。



・人間は体温が下がると眠くなり、その変動幅が大きいほど強い眠気を感じるので、歳をすると最高体温が低く、変動幅も小さいので、眠気を感じにくい。

・一般的には、朝、体温が上昇するときに目覚めるが、歳をすると体温の変動サイクルが前倒しになるので、早く目が覚める。

・腎機能や膀胱の容量、夜間の尿量を抑えるホルモン分泌が低下するので、夜中に何度もトイレに行きたくなる。

・体温や血圧を下げ眠りへと誘うホルモン、メラトニンの分泌量は加齢とともに減少し、60歳になると若い時の約10分の1に。

年と共に、若いときのように熟睡できなくなるのは自然なこと。

気にすると、そのストレスでますます悪化する。

日中の活動量が減るので、睡眠時間が少なくすむので、加齢が原因の不眠はゆったり構えて「本でも読むか」と思っていたほうがすんなり眠れる。

健康な大人の場合、眠るとまず「ノンレム睡眠」に入り、うとうと→すやすや→ぐっすり→さらにぐっすりと眠りが深まる。

ぐっすり以上は体も脳も眠っている状態。

その後、体は眠っていても脳が活動している「レム睡眠」に移る。

ノンレム睡眠とレム睡眠で1セットのサイクルが約90分の繰り返し。

ただし、さらにぐっすりという最も深い眠りは、1回目の睡眠サイクルの時には40分程度なのに、2回目は約半分に、その後はいくら寝てもほとんど現れない。

眠りの後半では、ノンレム睡眠よりレム睡眠の方が多くなる。

30代後半からは、深い眠りが減って、どんどん眠りが浅くなるので、中年以降はより質のいい睡眠をとるための知識や、昼間の運動など工夫が必要に。

特に、夜10時~午前2時の「ゴールデンタイム」にしっかり眠ると眠りの質が高まるので、なるべく11時にはベッドに入るように。

同じ睡眠時間でも、長い目で見れば体調や肌の状態に大きな違いがでるという。

ともあれ、睡眠以外にも、老化予防の様々な知識が豊富な本なので、若くありたいと思う方は、一読されるコトをオススメします。  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 21:48Comments(0)TrackBack(0)

2013年05月21日

睡眠は調整可能

人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 22:27Comments(4)TrackBack(0)

2007年08月06日

睡眠はメチャメチャ大切

今、長野市は台風並みの突風と大粒の雨、雷の襲来を受けております。そのタメか、本日、とても忙しい一日でした。

ともあれ、こんな天気になる前に、一日の仕事が終わってとてもラッキーでした。昼間は35℃近くまで気温が上がったり、本当に異常気象なのかもしれないと思います。あまりイイ気になって、人間が地球の環境を破壊しているから、地球が逆襲しているのかも、なんて思ったりもしますが、人間も原始時代の様にしっかり眠るコトが、とても大切なのだと教えて貰えるのが、この一冊。
ヒトはなぜ人生の3分の1も眠るのか?―脳と体がよみがえる!「睡眠学」のABC
脅かすつもりはナイけれど、こんなに睡眠が大事だとは思わなかった。何故なら、眠りというモノが不足すると、それが「負債」になり、借金地獄みたいに「返済」をしないと、ドコまでも責め苛まれるなんて、全く知らなかった。

確かに、寝不足になると、眠いし大変だけど、それが何日も持ち越すものだなんて知らなかったし、体内時計を狂わせてしまうと、睡眠障害にまで発展するとは思わなかった。

どちらかというと、眠くて眠くてたまらない時は、とにかく寝てしまう方なので、まさか、そんなに睡眠が大事とは思わなかったし、タマに不眠症ぽくなったコトは過去にあっても、それが何日も続いた経験など無かったので、軽く考え過ぎてしまっていた様だ。

夢を見させナイとどうなるかとか、色々な研究があって、我々に教えられたコトは、とにかくきちんとしたライフサイクルを確立して、規則正しく寝る必要性です。

さて、雷も去り、インターネットにアクセス出来なくなった状態から解放されましたが、まだ少しゴロゴロ鳴っています。詳しくは明日書くコトにして、送信できる内に、短いですが、本日の更新してしまいますね。  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 17:18Comments(8)TrackBack(0)

2006年03月16日

金縛りはこうしてなる!

おはようございます。

昨夜は眠くて、本のオモシロイ部分に触れずに終わってしまいました。

「金縛り」はなぜ起こるかという大変興味のあるトコについても書いておきます。

寝入りばなや明け方に身体の動かなくなる夢を見るコトが金縛りなのだそうです。

寝室に化け物や人影が入ってくるなど、視覚性、体感性の幻覚があるのでパニックになるのだけれど。

世界中で見られる現象で、西インドではコクマ、カナダのニューファウンドランドでは鬼婆(old hag)と言い中国、メキシコ、ドイツでも同じような表現があるそうです。

金縛りとは逆説睡眠(昨夜のブログ参照)中の筋弛緩が意識化されることに原因があるそうで、通常入眠後六十分から九十分で出現するべき逆説睡眠が、夜勤や海外渡航など変則的な生活をすると入眠直後に出現することがあるそうです。

昼寝、昼夜逆転睡眠、睡眠時間のずれ、あるいは六十分覚醒三十分睡眠というスケジュールでもこのような状態が確認されているそうで、夜眠っている人をたびたび起して一定時間覚醒させたりすると多くが金縛りの体験をすることから、変則的睡眠・覚醒リズムが原因だそうです。

思春期に最も多く発現しその後減少することを考えると、思春期のホルモン・バランスの変化も関与しているらしい。

パニックにならないタメには、「今は夢を見ているだけで、そのうちに目が覚めるだろう」と自分に言い聞かせること。

ちなみにナルコレプシーは目覚めているのに、突然夢を見ている状態になる病気で、居眠り病とも呼ばれている。

どちらもキチンとした睡眠が大事で、あまりに心配だったとしたら、専門医に相談するのも必要と思われる。

「睡眠」も研究すれば実に奥が深いものだ。  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 08:13Comments(4)TrackBack(0)

2006年03月15日

安眠の敵は長期のストレス

平日なのに更新が遅れました。疲れて〈夜寝〉してました。

まだ眠いのですが、これだけ書いて食器を洗ってから寝ます。
ヒトはなぜ、夢を見るのか

この本を数日読んでいました。

よく「レム睡眠」とか「ノンレム睡眠」と言いますが、「レム」とは急速眼球運動を指すので、常にこういう運動が現れるわけではないので、ヨーロッパでは「眠っているのに覚醒していて、揺り起こしてもなかなか目覚めない不思議な睡眠」という意味で「逆説睡眠」と呼び、その時に人間は「夢」を見るのだという。

普通の眠りは、「ノンレム睡眠」と名づけられているが、ゆっくりとした脳波が見られることから「徐波睡眠」とも呼ばれ、「深い眠り」と言える。

夢を見る「逆説睡眠」は「浅い眠り」とも考えられるが、脳が覚醒しているような状態を示し、筋肉が完全に弛緩し、呼吸や心拍が不規則になり、勃起が見られるなど夢を見ているときに特有な現象が観察される。

軽いストレスの場合、脳内で副腎皮質刺激ホルモンのCLIPというペプチドが増え、逆説睡眠が増える。逆説睡眠はストレスから脳を守る機能を果たし、精神的にほっとしたところで夢が増える。

ところがストレスが長く続くと、副腎皮質ホルモンが脳下垂体から増え、覚醒を増やして夢を減らしてしまうのだという。

「夢」について関心のある方は、本を読んで頂くとして、熟睡したい方はストレスを軽減するコトが必須条件であるようだ。

「夢」は覚えてナイくらいでヨク眠っているのかもしれない。「夢」を見ながら、現実の記憶の整理とか様々なコトが行われているようだ。さぁ、食器を片付けてしっかりイイ夢を見よう!  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 22:22Comments(0)TrackBack(0)

2006年01月25日

眠くなるポーズ

今までのポーズのアトに、このポーズで締めくくるとヨイようです。

もちろんこのポーズだけでも、腰が緩み腰痛を緩和します。大地につく体の面積が広ければ広いほど、私たちは気持ちが落ち着きます。リラックスに最適なポーズです。

,Δ弔屬擦ら左ほおを床につけ、右手は上に曲げ90度。

∈玄蠅浪爾剖覆横坑暗戞

1Δ劼兇癸坑暗戮剖覆欧胴から力が抜けるようにします。

じを緩めて休みます。

ト紳仟Δ眛韻犬茲Δ砲靴萄険Δ廼囘に休みます。

何分でも好きなだけしてください。

さて、前に約束していた「納豆を夜食べる実験」は着々と進んでいます。
本当はあまり好きではないのですが、そんな感じでホトンド食べない人が食べた方がなおさらイイだろうと思ったからです。

まだ中間報告ですが、アレルギー鼻炎が若干ヨクナッタと思われるし、夜、深く眠れるような気がします。
まだしばらく実験を続けてみますが、もし深く眠れずに困っているのだとしたら、ゼヒ確かめてみてください。

ワタシも、もうしばらく人体実験を続けてみます。
毎日、晩御飯に1パックづつ食べ続けるだけなんですけど、慣れればそんなに我慢できなくもないです。  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 21:49Comments(0)TrackBack(0)

2006年01月22日

理想的な睡眠をゲットしたい人に

おはようございます。
日曜にしては、早目です。

超ローカル新聞の「週刊長野」の記事からです。

理想的な睡眠は、布団に入ったらすーっと眠りにつけて、朝までぐっすり眠れることです。その眠りの中でも特に大切なのが、眠り始めの2、3時間。この眠りが、深くいい眠り、すなわち質のいい眠りならば、多少睡眠時間が短くても疲れが取れ、気持ち良く目覚められるのです。

快適な眠りを得るためには、睡眠をコントロールしている体内時計が刻む生体リズムを整える生活習慣がポイントです。

 仝
生体リズムを整える最大要素。眠りを促すホルモン(メラトニン)は日中光を十分浴びることで夜に多く分泌される。

◆ ̄親
昼は活動的に、夜はゆったり休息というめりはりのある生活。週3回以上、軽い運動30分くらいを心掛ける。

 食事
規則的な食事で代謝リズムが整う。就寝直前は要注意。朝食では脳のエネルギー源になる糖質を十分取ると目覚めがすっきりする。

ぁ‖硫
ベッドに入るころに体温が低下する状態に。就寝直前の熱い風呂や激しい運動は避ける。

ァ’
就寝直前に脳を興奮させないよう、心身をリラックスさせる。

Α‘浴
就寝30分前のぬるめのお風呂は、交感神経を鎮め、発汗作用による体温低下で眠気を誘う。

А/臾牡超
寝室の最適温度は冬が18〜20度、夏が24〜26度。春秋はその中間。湿度は50〜60%。騒音・光・においなど眠りを妨げる刺激に注意。寝具は自分に合ったもので、特に枕選びが重要。

旅先では枕が違うと寝れないという人も多いように、枕選びも大事なようです。タオルやバスタオル等で枕の高さを調節したり、高過ぎる場合は体にタオルケットを巻いてみたりして、自分の首の湾曲に合わせてやるとヨク眠れるみたいです。
ゼヒ、お試し下さい。  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 09:44Comments(0)TrackBack(0)

2006年01月18日

眠くなるポーズ

東証が強制的に取引停止したみたいですが、モトモト大きなコトは金曜日の取引が終了してからが常なのに、月曜日にしたのですから、マ、当然の反応でしょう。
アナタが今持っている株数に変動はナイのですから、四日後に現金がどうしてもいるというワケではないなら、ジタバタしないコトです。

で、マスマス皆様眠れなくなっちゃうんだろうなというコトで、グットタイミングで「眠くなるポーズ」の三回目です。

年齢に関係なくストレスによる不眠に悩む人たちも増えているらしいし、統計によるとほかの国々に比べて日本人は、睡眠時間が少ないそうです。ワタシは『朝早起きしないで済んだら、どんなにいいか』と思いながら毎日寝てますが‥‥

弓のポーズ

,Δ弔屬擦ら両足を肩幅くらいに開き、左右の手で足先、あるいは足首をつかむ。

△△瓦鮠欧砲弔い涜を吐きます。

Bを吸いながらオナカ以外をできるだけ全て上げます。

ご蕕鮠紊欧藤隠亜腺横杏胆纏漾

イ罎辰り戻り、両手の上に頬を乗せて休みます。

「眠れない日もあるさ。眠くなるまで起きていようよ。これがヨガの考え方!」なんだそうですが、ワタシは布団に入るコトをオススメします。寝よう寝ようとしないで、『このまま体を横にしてさえいれば、寝たのとほぼ一緒!!』そう思っていただいて、ジッとしてればチャント朝になって布団から起き上がっても大丈夫。心臓も静かにしているウチに、回復してますから、マタしっかり動いてくれます。前回、前々回に引き続きお試しください!  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 20:28Comments(0)TrackBack(0)

2006年01月11日

眠くなるポーズ

長野は昼前あたりから、ヨク晴れたので、結局午後マタマタ氷割りをしました。

で、ワタシは眠いのですが、今朝のブログにも書いたように、十分な睡眠は体にも頭にも必要なようですから、先週に引き続き、「ゆるやかヨガレッスン」から、「弓のポーズ」を紹介します。

,Δ弔屬擦ら。

足は肩幅の2倍に開き、両手は顔の横に置きます。

あごを床につけ、息を吐きます。

ぢを吸いながら、おなかだけを残してすべてを床からできるところまで上げます。

チ以をしっかり見て、20秒静止。

Δ罎辰り戻って両手を重ねた上にほっぺを乗せて休みます。

といった感じだそうです。

先週、疲れ過ぎたのか、夜中に起きてしまい、その後、ナカナカ寝付けずに困ったので、そういえばと思って試してみたら、確かにヨク寝れました。
ただその時は、子供が休みだったのでヨカッタのですが、今回は明日も五時半には起きないとイケナイので、試せるかどうかビミョ〜です。

マタ、何時か試せたら感想も書いておきます。
もし、OKだったよという方は、チャレンジした結果をコメントに書き込みしてくださると、とってもウレシイです!!  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 21:39Comments(1)TrackBack(1)

2006年01月04日

眠くなるポーズ

明日から仕事と思うと眠くなってしまうワタシですが、どうも不眠に関するページが皆さんお気に入りみたいなので、「日本農業新聞」の「ゆるやかヨガレッスン」で、眠くなるポーズを教えてくれるそうですから、引用させていただきます。

暖かいカーペットの上で続けたら効果てきめんだそうですので、お試しください。

  コブラのポーズ

うつぶせで両足をそろえて、体を真っすぐにします。ひじから指先までを床につけて脇を締めます。あごを床につけて息を吐きます。吸いながら胸まで起こし、落ち着いて息を吐きながら目を大きく開けて天井を見ます。10〜20秒静止。ゆっくり戻って両手を重ねた上にほっぺを載せて休みます。

というコトだそうです。
家に帰って、雪かきをしたので、もうヘトヘトです。
肉体労働がイチバンの睡眠薬かもしれません。

ただ、あまり疲労が続き過ぎると体が緊張しすぎて、上手く休めなくなるので、そういう時は、ぬるめのお湯に半身浴で長い時間入ったりして、体をゆったりさせないとダメです。

何事も過度にやるコトだけは避けたいものです。
どんなに楽しいコトや、好きなコトでも‥‥
アナタしかアナタを健康に出来る人はいないのですから!!  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 20:24Comments(4)TrackBack(0)

2005年10月12日

牛乳で安眠ゲット!?

夜、眠れない人がとても多いらしいので、本日「日本農業新聞」に書かれていた記事を御紹介します。

牛乳には、カゼインと呼ばれるタンパク質があり、酵素の働きで分解されて、アミノ酸のオピオイドペプチドになり、これが神経の興奮を抑え、安眠を促すとされているらしい。

オピオイドペプチドにはモルヒネに似た作用があり、体内に吸収されると血液によって脳などに運ばれ、神経細胞膜にある受容体とくっつき、神経を興奮させる働きのアセチルコリンの分泌を抑え、リラックスした状態になり、眠気が促されるとのコト。

牛乳のタンパク質に含まれるトリプトファンも、代謝の過程で一部がセロトニンに変換され、その一部が眠気を催すメラトニンになるそうだ。

メラトニンは、夜間に分泌されるホルモンで体温や血圧を下げて眠りの準備をする。

二つの物質が体内で複合的に働いて、眠気を促進するらしい。

ナント、夜間に搾った牛乳を販売しているメーカーもあり、そのメラトニンは通常の牛乳の4〜5倍含まれているそうだ。

牛乳アレルギーとかの人もいるだろうから、一概にはススメられないが、牛乳は朝飲むモノというワケではなく、夜間に飲んでしっかり眠るコトができるモノだったようである。  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 20:34Comments(2)TrackBack(3)

2005年09月30日

「しっかり眠りたい」方に

一日のお仕事終了いたしました!!

昨夜のブログで、もう少ししっかり寝る方法が知りたい方もいらっしゃるようですから、知る人ぞ知る本を御紹介しましょう。
夜船閑話―白隠禅による健康法

この本です。

マーフィーにもよく眠れる方法を書いた本があるのですが、本の題名を思い出せません。マーフイーの本で読まれてもかまいません。ワタシがよく今昔、洋の東西を問わず一流の人の説くところは、主義主張を問わず似た結論に達すると思う傍証だと思ってください。

この本は白隠和尚の書いた方法と、ドイツの精神科医、シュルツ博士がヨーガからヒントを得てつくった自己催眠法とからめて紹介しています。
医学でも新しい考え方は「心は体に、体は心に、相影響し合っており、心と体を分けないで、一体であるというのが、その考え方で、現代医学の主流になりつつあります。」と書かれています。

抜粋するとその二つに共通の方法とは、

  1  ゆっくり腹式呼吸をして心を落ち着ける
  2  座っても横になっても良いからリラックスする
  3  体の一部分(例えば手、足など)から全ての部分がゆったりとして、あた
     たかくなるようにイメージする。全身の一箇所があたたかく感じられたら
     それに付随する一部分に移っていってください。
     全身があたたかくなったと感じればそれでOKです。

たったこれだけと思うかもしれませんが、自分が思ったところ(例えば右手の指)があたたかくなるのは、すぐできるわけではありませんが、何度もすれば必ずできるようになります。自律神経を整えるコトができます。

ここまで読んで、「あれ? 昨日の「すべてはゆるめること」の本にも同じように意識して各所をゆるめるコトができるようになればいいと書いてあったような気がするんだけど」と思われましたら、大正解です。

真理の山はどの方向からでも登って行けば、同じ頂上に立てるというワケです。
前にも書きましたが、宗教も皆目指すトコロは一緒なのです。
人類はアフリカで生まれたルーシーと名づけられた一人の女性をルーツにしている可能性もあるのです。同じルーツを持っていれば、同じ考え方をしてもちっともおかしくないと思いませんか?
なのに、地球上でこんなにイガミあって暮らしているなんてバカバカしいと‥‥
そう考えたら、全てのコトが許せたりできると思います。
そんな意識改革も熟睡への一歩ではないかと思います。

ともあれ、布団に横になっているだけでも、ケッコウ体は休まるものです。
眠れないからと何か行動するよりも、なるべく意識のスイッチをoffにするようにして、横になったままでいてください。それだけで充分、最低限の必要睡眠と同じ効果があります。 グッド・ラック!!

では、素敵な夜をお迎えください!  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 18:01Comments(2)TrackBack(1)

2005年09月29日

「眠れない夜」に

八時だというのに、眠くて眠くてしかたありません。

パソコン疲れと明日早起きしないといけないと思っているからだと思います。

なのに寝ないのは用事があるからです‥‥ツライ‥‥

それでも、寝れなくて困るという方が結構いらっしゃるのですから、シアワセなのかもしれません。

寝るのは、一番の治療法ですから‥‥

疲れすぎると眠れなくなります。御存知でしたか?

前のブログと逆な状態になって、ガチガチになってしまうからです。

そういう方の耳はとってもカタクなっています。

では、どうするか?

そうです。耳を刺激するのが正解です。

耳にはものすごく沢山のツボが集まっています。だから、耳ツボマッサージをなさるトコロもあるわけで‥‥

ただ、耳は自分でもみやすい場所ですから、やってみてくださいね。

面倒な方は、誰か探してマッサージしていただくか(しつこくオススメしてますが)、我々の同業者さんに行っていただくしかないですね‥‥(笑)‥‥

お金はかかりますが、ハーブの中に眠りやすくするサプリメントとかあります。
(セントジョーンズワートとかパッションフラワーとかが入っているのです)

お医者さんに行って睡眠薬をもらうのも、一つの手です。寝れずに困るよりは、寝た方がいいですからね。

健康的に眠りたかったら、太陽光を浴びるのもいいでしょう。
人間の体内時計は一日が二十四時間ではないので、太陽を浴びることで修正してあげるコトが必要です。

それでも眠れなかったら?

オフコースの唄でも思い出してください。(古いな。でも、「サヨナラ」より絶対にこの唄の方が好きです。大ヒットした曲はいいけど、どうもと思うヘソ曲がりなのかもしれません)

「眠れない夜と雨の日には忘れかけてた愛がよみがえる」と布団の中で思い出すのはケッコウ楽しいコトですけどね‥‥  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 20:54Comments(4)TrackBack(0)