2018年11月12日

身体のゆるめ方

片山洋次郎さんの本の中で、一番しっくり来る本がこちら。


ちなみに、女性でナクとも、身体へのケアは行えるので、無理に女性向きにする必要があったかどうかは、ビミョウですが。

足の指と指の間を押すというのは、男性でも充分体調を良くするのに有効です。

一日の終わりに、身体を弛める習慣として行うと良いと思います。

ちなみに、身体が疲れて来ると、ついついだらだら食べてしまいがちになりますが、これは冷えから来ていると書かれてます。

疲れて、体液の巡りが悪くなると、内臓が硬くなりやすく、結果として冷えが生まれるのではないかと思いますが、確かに食欲に走るのは良くナイでしょう。

ちなみに、個人的にはあまり疲れてしまうと、しっかり食べて、お腹を壊して、スッキリさせるという、過激なショック療法をしてしまう時もありますが‥‥

いわゆる、野口整体の「風邪と下痢は身体の大掃除」というのを、無理やり実践しているのです。

ともあれ、男女共に一番参考になりそうな言葉として、まずは、自分自身を「これでいいのだ」と認めてしまいましょう。自分を認めることで、人づきあいも楽になることが多いものという考え方には、とても賛同します。

自分を信じるコトが出来てこそ、自信につながるのです。

自分で自分が信じられなくては、どうして他人が自分を信じてくれるでしょうか。

それ以外にも、色々と人生へのヒントを与えてくれる良い本だと思います。  

人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 21:44Comments(4)

2017年12月17日

七日間で突然目がよくなる?

かどうかは、マダ判りませんが、ねこ背の方には、とても効きそうな運動が色々と書かれてますのでオススメ。


読んだばかりなので、マダ何日も試してませんが、姿勢が良くなれば目が良く見えるというのは、よくあるコト。

我が家でも、施術が終わって起き上がった時に、「世の中って、こんなに明るかったかしら」とビックリした様なお言葉を頂戴するコトが、度々あります。

身体がほぐれると、目が大きく開くので、良く見えるだけでナク、視神経も緩んで視力が回復するのではないかと思います。

バスタオルと輪ゴム3本を使って、背のばし枕を作ってストレッチしたりするだけなので、誰でも手軽にチャレンジ出来ます。

それ以外にも、色々な方法が書かれているので、目を良くしたいという方には、かなりオススメの一冊。

全部をチャンとやり切れるかどうかと思う方は、せめて傍にある枕で良いので、ある程度固めなモノなら、背骨に当てて、仰向けになって、背伸びして下さい。

その時に、とても気持ちが良いと感じたなら、それは背中が凝っている証拠。

せめて、その運動だけでも毎日続けて頂きたいと思います。  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 20:17Comments(2)

2016年07月05日

骨盤を弛める技術

整体に感心がある人なら、『なるほど』と思うコト請け合いだが、自分で身体を弛めたい人には幾つもの体操のやり方が書かれているので、試して頂きたい本がこちら。


少しやってみるだけで、身体がポカポカして来るのが判ると思います。

中でも、手軽に出来て、効き目が速攻で確認出来るものを一つ。

(鼻柱や椅子につかまって立ち、片足の踵で他方の足の甲に乗ります。

△修両態で、下になっている側の足の踵を上げ下げしたり、左右にねじったりして、刺激します。

というダケ。

但し、余程柔軟な足の持ち主でなければ、これだけでもかなり痛いと思うハズ。

ちなみに、この部分を柔らかくしようとすると、ホトンドの方々が痛がります。

それでも、自分でやれば本当に痛くて我慢が出来ないというコトは無いと思うので、徐々に体を柔らかくして行くつもりで、少しづつでも刺激を増やしつつ、毎日行えば、かなり体調が上がると思います。

そして、この本の素晴らしさを実感してから、他の体操をしても遅くはナイと思います。

皆様の体調がアップする事を祈ってます!!  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 22:57Comments(6)TrackBack(0)

2016年03月08日

身体をゆるめて健康に

今日、昼前の仕事の合間に、「テレビ体操」でラジオ体操第一をやっていたので、見習ってしっかり身体を延ばして体操をしてみたら、腕を上げるのが大変。

やはり、チャンとやるとラジオ体操も、かなりの運動だと実感しました。

で、本日の本はこちら。


ちなみに、この本で指摘されている腿裏の筋肉がすっかり縮んでしまっている人が、腿裏ストレッチで少しづつ腿裏の筋肉を動かせば、だんだん動くようになるのかというのには、多少の疑問がありますが‥‥

ともあれ、何事も軽い症状の時は、反復力が高いので、すぐに良くなるとは思います。

しかし、自力で良くなる努力は大切ですが、ある程度を過ぎてしまうと簡単には治り難い身体になってしまいます。

そうなった時に、協力して治せる施術者と出会えるかどうかが、最大の難問かと。

施術者で無くとも、本人がもう無理だと思う限度から、少しだけ強く伸ばせるかどうかで、身体は変わる可能性があると思います。

この手の本を読んで、互いに身体を緩めるコトが出来る様になる相手を見つけて、実行するのが良いのではないでしょうか。

気を付けるだけで、正しい身体の動かし方が可能なのは、ある程度健康な人だけだというコトは忘れないで欲しいモノです。  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 21:48Comments(0)TrackBack(0)

2015年12月29日

疲れ果ててます

休みだというのにと言うべきか、休みだからと言うべきか、溜まっていた雑用が色々あって、本当に目が回りそうです。

やっと、一段落して読んでいるのが、こちらの本。


ココに書き込もうとしたら、古書というコトで、かなりの高値が付いていて、ビックリしましたが、借りて読んでいるだけですが、とても良い本で、心が洗われます。

今まで読んだ野口晴哉さんの本の中でも、一押しかもしれません。

読んでいて、納得するコトが色々とあります。

でも、書き込むには本当に疲れてしまっているので、申し訳ありませんが、これで失礼します。  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 23:29Comments(2)TrackBack(0)

2015年11月23日

ライオンあくび健康法

あくびと、貧乏ゆすりは、身体を柔軟にするのに、有効だという話は何度かこのブログで書きました。

その中でも、あくびに特化して健康法を説かれた方の本がこちら。


やってみたら、単にあくびをするよりも首が柔らかくなった感じがします。

で、ググッてみたら、その方のページがネットに存在してました。

しかも、ライオンあくび健康法を説明したページも存在してました。

お試しになりたい方は、そのページを見て行ってみると良いかと思います。

どうして、身体に良いのかを知りたい方は、本を読んでじっくり納得してから、されるのが良いかと。  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 21:34Comments(2)TrackBack(0)

2015年11月16日

身体から見た人生論

マタマタ、片山洋次郎さんの本ですが、今回のはちょっと今までと、かなり毛色が違ってます。


ちなみに、手首が柔らかい人は指の関節も柔らかいというのには、同意しますが、今の若い男性の手首が柔らかいのは、昔と違ってホトンド力仕事をしなくなったからという気がするのですけども‥‥

それはさておき、我慢と欲望について、正反対に思うけれども、欲望があるから我慢できるのであり、我慢できるということは欲望があるということに他ならないというのは、名言ですね。

骨盤の動きをもって説明されてますが、もっと近代化について、深い部分から発言されている感じです。

「ほしいものが、ほしいわ。」というのは、バブル時代の名コピーですが、それに対する考察も、それが今の時代に繋がっているという考え方も、正に目から鱗。

我々は、欲しいものが在り過ぎる世の中に存在し続けて来たが故に、何が本当に求めているものかが判らなくなくっているのでしょう。

整体の本であると同時に、今の時代というモノを、見事に解説してくれる本と言えます。  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 23:10Comments(2)TrackBack(0)

2015年10月09日

自分で疲れをとる

既に、何冊も紹介している片山洋次郎さんの本です。

ついに、カテゴリーに「整体の本」というのを作ってしまいましたが、本来なら以前の本もココに入れておくべきだったかもしれません。

時間が出来たら整理してみますが、確約は出来ないので御了承下さい。


読んでいると、「なるほど!」と思うコトが沢山あります。

世界中に、朝「顔を洗う」習慣があるのは、顔の筋肉を持ち上げてはゆるめるコトで、頬や額をマッサージする様に目や鼻の周いをちょっとこするという動作は、それだけで覚醒効果があるから。

目に集中するより、耳に集中するほうが緊張がゆるみやすい。(音楽を聴いてリラックスするのは、このタメでしょう)

アレルギーが午前中のほうがひどいのは、午前中に頭が熱くなっている人が多いから。本来、目覚めたときにスッキリするはずが、疲れが抜けないと、頭の熱い状態がなかなかとれないが、活動しているうちに、だんだん頭に詰まっているものがとれてきて、午後になると少しましになる人が多いから。

などなど、実際にやってみると、スッキリする方法が多数書かれています。

疲れが抜けないと思われる方、是非とも一読されるコトをオススメします。  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 22:19Comments(4)TrackBack(0)

2015年08月09日

生き抜くための整体

何時もは、一人で行く図書館に子供達と一緒に行ったら、ヤングアダルトという場所に、何冊も読んでる人の本があったけど、借りてみようかと聞かれて、借りて貰った一冊。

何で、ヤングアダルトの場所にあるのかと思っていたら、「14歳の世渡り術」というシリーズの中の一冊だったからだと判明。

対象は、中学生以上大人までらしいが、誰にでも判る様に書くというコトは、逆に難しいモノ。

なので、他の本よりも著者の真意をじっくり感じるコトが可能になると思って、超久し振りの「超オススメ健康法」のカテゴリーに入れました。


14歳というと、人生でもしかしたら一番大変かもしれない時代。

今でも、ドコの出展かは全く思い出せないが、「14歳の時に、人生のありとあらゆる問題をどっさり考えた。それから、少しづつそれを忘れて行った」といった感じの警句を、確かにそうかもと思ったコトだけは覚えている。

要するに、不器用だから様々なコトを色々と考えてしまうのだが、中には考えるととても大変な問題になるのだと判って、大人になる度に少しづつ面倒なコトを考えない方が楽になると忘れてしまうダケなのだが。

おそらく、そうした傾向から書かれたシリーズだと思うので、この本以外も読んでみたいモノ。

ともあれ、この本には体調を整える方法が、図解付きで幾つも書かれているし、生きるヒントになりそうな話も書かれている。

全てを短く書くには、至難の業だし、とにかく著者の本の読んだ中で一押しなので、是非とも手に取ってみて欲しい一冊。  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 21:41Comments(4)TrackBack(0)

2015年04月30日

自分で出来る整体

この方の本は、何冊も読んでますが、おそらく一番明快で判りやすいかも。


ちなみに、本当に凝り固まった方では中々結果は出ないと思いますが、そもそも、ヨガなども含めて自分で身体をしっかりさせるのが可能という時は、そんなにカチカチでは無いので。

特筆したいのは、「あくび」をすると身体がとてもゆるむので、しっかりあくびをするのが良いとのコト。

以前から、疲れると「あくび」してましたが、どちらかというとコソコソすべきものと思われてましたので、遠慮がちにしていたので、これからはしっかりしようと思います。

文庫本なので、値段も手軽ですから、出来れば古本でも構わないので、是非、一家に一冊おいて欲しいものです。  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 21:32Comments(4)TrackBack(0)