2018年11月16日

賃金の減少こそが諸悪の根源

既に、言い尽くされたコトではあるが、「実質賃金が低迷を続けているから、結婚が減り少子化になっている」のだが、その原因は財務省が頑なに維持しようとする緊縮財政だというのが、こちらの本。


財務省が介護報酬の引き下げをしたので、介護サービスから人材流出が加速して、人手不足にもかかわらず、賃金を上げられない。結果的に、介護業界における「外国人労働者」の導入が始まっているという。

そもそも、外国人は奴隷ではナイ。

格安の労働をと期待しているのであれば、必ず日本人の賃金に跳ね返って来たりして、自分達の首を自分達で絞めるコトになりかねない。

加えて、税金が不足していると言いながら、国有地を何億も値引きして売ろうとしたのが、財務省ではないか。

お手盛りの行動なのは、それ以外にもある。

障害者雇用を誤魔化していても、民間はペナルティがあるというのに、官だと御咎めナシだという。

国民皆保険も将来的に有名無実化しようとなれば、マスマス国民は消費を抑制して、デフレになるだけである。

マスコミなどは、軽減税率のタメに政府の広報となりつつあるけれど、今後、税率が上がれば新聞の税率が上がらなくても、読まなくなる人が増えるのは間違いナイ。

そもそも、消費税が上がっても、法人税の減税や輸出企業への還元などで、税額は増えてナイからこそ、社会保障費を減額しているのである。

この先、国民の生活がダメになるのにも関わらず、間違ったプロパガンダに惑わされて、消費税を上げたり、外国人労働者が多数入ってくるのであれば、日本の息の根が止められかねない。

我々は、そうならないタメにどうすべきなのかを、真剣に考えるべき時が来ている様である。  

人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 20:45Comments(2)

2018年11月14日

未婚当然時代

最早、少子化ではナク、超少子化なのだという。

結婚しなくなり、子供の数も減っているのだから、当然の帰結なのかもしれないが‥‥


地方の少子化は加速しているらしく、少し前に来た高校の会報には、十数年後に長野市周辺の高校は、六クラス程度の規模の六つの高校が閉鎖しなければナラナイ状況に追い込まれていると書かれていた。

今後、急速に子供が産まれでもしない限り、当然、そうなるだろうし、下手するとそれでは済まない可能性も残っている。

そもそも、就労の機会が都会ほど多くはナク、賃金もさほど高くナイのだから、当然のコトと言えばそうなのかもしれないが、人口の流失は特に若年層に限ると、増えているのではないかと思う。

定年退職後に豊かな自然を求めて、移住して来てくれたとしても、子供の数は増えないと思うし。

ともあれ、長年夫婦を続けて来た人達に秘訣を聞くという番組などがあると、決まって「忍耐」という言葉を出す人が居る。

そもそも、結婚するまでは、全く別の人生を歩んで来ているのだし、その家にはその家の決まり事や習慣が有るのだから、結婚したら全てが上手く行くなんてコトは、夢の又夢。

何処かで手を打たなければ、とても無理に違いナイ。

加えて、昔と違って、人生は自由に選択可能になっているが故に、簡単には決められナイというコトも出て来るだろう。

商品だって、あまり品数が増え過ぎると、逆に買う人が迷ってしまって、売り上げが伸びないと言われている。

つまり、結婚出来そうな相手が居過ぎて、逆に絞り込めないという可能性が高いのだ。

今は、ネットなどを使えば、広い地域から選択可能になるけれど、昔となれば何かで巡り合わない限りは、近くに住んでいる人の中から選ぶというコトになるのだから、当然、分母は絞られる。

今という時代の、結果として未婚になっているのだから、確かに「未婚当然時代」なのかもしれないと、妙に納得してしまった。  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 22:23Comments(2)

2018年11月05日

全く変わり映えしない日本

既に、二十年も前に書かれた本の中に、今もそして今後も続くだろう日本と言う国の政府の対応が書かれていて、実にガックリした。


問題が起きても、右往左往するだけなのに、政治家は自分達の懐への旨味が発生しそうだと思えば、利権確保に目の色を変える。

現場で真面目に働く人と、中枢で他人から利益を掠め取ろうとする人との対比が、実に上手く描かれている。

正直、読み終わって奥付を見て、本の書かれた時期を見て、ガックリ来た。

失われた二十年とか、三十年と言うけれど、本当に昔のダメなまま、月日だけが経過して、より絶望的になっているのかもしれない。

「嵐が吹き荒れた晩の翌朝、海岸に突如、身長100メートルはあろうかという巨人が現れた」という設定の元に書かれた小説なのだが、面白くてやがて悲しい日本の現実を突きつけられる小説と言うべきか。

著者の小説としては、初期の作品というコトもあって、粗削りではあるモノの、スケールの大きさは今の小説とは比べ物にナラナイ。

この手のスケールの作品をもう一度読みたいと思った一冊。  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 21:38Comments(4)

2018年11月01日

技の伝承

日本は、明治を境に「和魂洋才」で来たけれど、やはり「和魂和才」で無ければダメなものも存在する。


各分野のトップクラスの人々との対談集なので、特定の分野に詳しくナイ人にとっては、理解し辛い話になっているコトもあるが、自分の好きな分野や人との対談を楽しめば良いのではないかと思う。

総合的に読み込めば、日本人の身体の特性が理解出来る様な感じになっているが、それを知る必要性があるかどうかは、その人の人生観にもよるので、無理にそれを意識する必要性はナイと思うので。

ともあれ、身体を触るという仕事を生業としていると、とても面白い本ではあった。

加えて、「バカボンド」の解説本にもなりかねない部分もあり(著者との対話と別の方との対話を総合すると)、なるほどと思ったりした。

それにしても、体育会系の中には、未だに根強い暴力的支配が残っているのは何故なのかというコトにも、明治維新の名残と結論付けているのだが、実際に、必ずしも明治という時代が素晴らしかったのかどうか。

過去を良きモノとしか捉えられない単純な思考の人達には、明治という時代は素晴らしいと感じるのかもしれないが、江戸時代の方が良かった部分もあるし、物事には良い部分と悪い部分が同居している。

そうした複眼的な思考をするタメにも、幅広い読書とか、見分を広めるコトは、とても大切な事であると、何時も思っている。  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 23:09Comments(2)

2018年10月20日

日本の平和は続くのか?

幸いな事に、まだ日本では大規模なテロ事件は起きてないけれど。将来は判らない。


こちらの小説は、著者の今までの小説と比べると、とても良いとは残念ながら、言えないけれども、もしかしたら、近い将来には、日本でもテロがある可能性は高いのではないかと思ってしまった。

このまま格差社会が進めば、犯罪だって、金銭で依頼という可能性もある。

まだ、小説での話でしかナイけれど‥‥

サウジアラビアの記者殺害もそうだが、世の中には色々な国があり、色々な考え方の人が住んでいる。

日本は、まだ単一民族的な国という発想でしかナイけれど、過去から考えれば移民と混血しつつ、単一民族化しただけの様なモノである。

全ての人類の根っこは一緒だとしても、その人その人のボックボーンは、既にかなり違って来ている。

そういう意味でも、日本という国も、もう少し自国という意識にばかり囚われないで、他国との付き合い方や、風習の理解など、真の意味のグローバル化が必要なのではないかと、本とはあまり関係の無い感想を持つに至った本である。  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 23:30Comments(4)

2018年10月17日

バラ色の夢の後には

トンでも無い未来が待っているかもしれないという本がこちら。


こちらは、近未来を想定して書かれているが、現実にも類似の話があるという。

それが、『アメリカで報じられた安倍首相「カジノ疑惑」 日本でのカジノ合法化の裏に何があったのか』というネットでの、スキャンダルの暴露記事。

そもそも、日本では既にギャンブル依存症になっている人々が大勢存在している。

主人の知り合いでも、何人かのパチンコ依存症の人が居ると、現実に聞いているし‥‥

にも関わらず、強引にカジノを合法化したのは何故なのか。

日本の富を海外に売り渡そうとしているのは、誰なのか。

本当に、日本と言う国を愛しているのならば、そんな理不尽なコトはしないハズなのだが、消費税増税は国民のタメというおためごかしを言いながら、富裕層や大企業を優遇している政府のやり口を見ていれば、とても我慢が出来ない。

おそらく、上記の話を知っていた上で、書かれた小説てはないかと思うのだけれど‥‥

依存症というのは、ギャンブルであれ、麻薬などであれ、一度なってしまえば、離脱するのはとても難しい。

ほんの少しの人間がなるだけだから、などと言ったとしても、既に大王製紙の創業者一族の人が、下手をすると会社まで傾きかねない事態になったという話も、まだ記憶に新しい。

我々は、事件の時は大騒ぎするけれど、健忘症になるコト無く、色々な話題を覚えておいて、ダメな物はダメなんだと言い続けなければナラナイ。

将来、自分の身内の中から、大変なコトが起きる様になってからでは、遅過ぎるのだから。  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 22:00Comments(2)

2018年10月16日

忘れているけれど

日本人は忘れっぽいので、東日本大震災の前に、同じ柏崎原発で放射能漏れの事故があったコトを、どれだけの人が覚えているだろうか。

その当時、新潟の農作物が汚染されたのではないかと言われていたけれど、何時の間にかウヤムヤになり、福島原発の汚染の後からは、ホトンド忘れ去られようとしている。

ちなみに、当時、新潟の農作物を取り扱っていたので、こちらはとても忘れられナイのだけれど、その当時、専門家が、中越地震では想定震度より強い揺れに見舞われたけれど、安全に停止し重大事故に至らなかった。それこそが、原発の安全性を証明した。日本の原発ではメルトダウンするような大事故は絶対に起きませんと証言していたハズなのに、福島原発の事故は起きた。

それを痛烈に思い起こさせてくれる小説であり、今後の日本の介護問題を考えさせてくれる一冊のミステリーがこちら。


少し前に、この作家の「絶叫」に驚いて、次作として読んでみたのだけれど、ミステリーとしての完成度は新人賞を採った作品らしいので多少低いけれど、社会問題として訴えかけているのは、こちらの方が大。

結局、我々は考えたくナイ問題は、なるべく見ないフリをして、先延ばししているだけなんだろうと思う。

消費税が上がっても、おそらく政府の言ってる様には、国民に配分されるとも思えない。

既に、消費税が大企業優遇のタメの法人税減税や、輸出企業に消費税を還元さているコトによって、使われているコトを知っているからである。

真面目に働いていても、報われない人々の心が病んで行く現状を、どうにも出来ない我々の罪というモノを、誰もが自覚し、行動すべきなのだというコトを、突き付けられている様にも思うのだけれど‥‥(ミステリーなので、深く書けないのですが、今後の日本を考えるタメにも、是非とも読んで欲しいミステリーです)  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 22:06Comments(4)

2018年10月08日

夕張を考える

少し前に、日本は破綻するのではないかという小説を読んで、真面目に「夕張」について考えてみようと思って読んだのが、こちら。


それにしても、無理に無理を重ねて借金した結末に待っていたのが、財政破綻なのだけれど、おそらく誰でもどうしてそうなるまでと思うのではないか。

不適切な会計処理まで行って、借金だらけになっても、平気で貸し込んだ銀行にホトンド懲罰が無いというコトに全く驚く。

リゾート法などにより、バブルが生まれた時代に、大企業のグルーブ会社である松下興産が民活による観光事業の成功例として騒がれていたのは、薄々記憶がある。

思えば、バブル時代に国中で観光に対して、過剰な期待を寄せたけれど、働き蜂の国で、そんなに上手く観光客が流動化するのか、とても疑問に思った。

そもそも、争うように投資したとしても、大型連休など休みが続かなければ、動きたくでも動けない人が大勢居るというのに、どうして楽観的な予想出来るのかが不思議だった。

無論、観光地である信州に生まれ、観光業で生きていたので、あのバブルの時代の活気には圧倒されたのだけれど、あの状態が何十年も続くとはどうしても思えなかった。

結果、バブル崩壊後、赤字になったら、無理やり松下興産は夕張市に観光施設を買い取りさせるコトによって、市は約130億程度だった赤字が一気に倍になった。

銀行は松下興産の不良債権処理のタメに、地方自治体への貸付という融資変更によって、リスクをゼロにした。

その上、国が事業費の半分を補助金、残りを財政資金の借り入れとしたので、借金が膨れ上がったと思うと、「追い貸し」の張本人である国や道、そして銀行の道義的責任はどうだったのかと思う。

結果、道が360億円の低利融資に落ち着いたのだけれど‥‥

それにしても、銀行がバブル崩壊後に一番有利な処置をされ、夕張市民が貧乏クジを引き、結果、国民が分散して税負担をしている様な気もする。

かなり前に、読んだ、


の著者の目は正しかったと言わざるを得ない。

日本が借金大国となるのには、それだけの理由が存在していたのだ。

そして、政治に無関心だった我々国民が、その結果を受け入れて、貧しくなって行くのは、結局、自分達の責任であり、もう少し世の中に対して、関心を払って、自分達が豊かになるタメの真面目な努力をするべく、政治家や行政に対して、しっかり監視すべきなのだというコトだけは理解した。  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 23:26Comments(0)

2018年10月02日

近未来の街で

本日は、初めて読んだ著者の本。

ある意味、奇想天外なれど、近未来ではこんな感じになりかねないという怖さもある。


おそらく、介護などでロボットや、筋力を上げる装置は標準化されるというか、されなければ人出不足は解消しないだろう。

ちなみに、その辺は

最近、シリーズを通して読んでいる


の方が小説としては面白いかもしれないが、とにかく、上記の本の斬新さには驚いた。

現代は、傲岸不遜な行動を続けている人間という存在に対して、地球が怒っているのではないかという、古代なら確実に存在した恐れが、喪失しつつある。

だが、天変地異が世界的に起きているコトも考え合わせると、何れは上記の本の様な事態になったとしても、不思議はナイのかもと、まだ来ぬ未来について思ったりするのだが‥‥  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 22:04Comments(2)

2018年09月25日

縮んで行く現実を受け止める

人口が減少するという現実を受け止め、今後拡大するにはどうすれば良いかというコトを考えるだけではナク、今後どうなろうと、チャンと生きて行くにはどうすべきかを考えようという趣旨の本がこちら。


地方で生きるというのは、金銭的には大変かもしれませんが、色々とゆとりある暮らしが出来ます。

無論、それは計画的に生きていれば可能なのかもしれませんが‥‥

それにしても、「田舎の人口が減るのは、田舎が経済的に負けた結果。経済的な敗者が滅びるのはしかたないのではないでしょうか」と大真面目に言う大学生が居るというのは、驚きです。

そもそも、大企業のホトンドは本社を東京などの大都市に置き、地方では安い賃金で働かせ(なるべく非正規で)、儲けを本社に持ち帰り、それを大都市の正社員に分配しているから、という経緯を省略してしか考えられないのが、最大の謎。

この本の対談している方々も、地方から若者を集めるという人数的な話だけをしているけれども、富も人口も都会が地方から搾取しているという感覚がナイのに驚きます。

借金が山の様にある時代に、もし日本が破綻したとしたら、おそらく円安になって、食糧難になるのは必然でしょう。

都市の方々は、戦前戦後の食糧難で大変な思いをしたのを忘れているのだと思いますが、万が一に備えて農家の人々と良好な関係を継続的にしようというリスク管理が出来ている人は、そんなに多くナイのでは。

親戚に農家は居ても、非農家で生まれると簡単には作物を造るのは無理なのだというコトを身に染みて知っていると、食べ物はお金さえ出せば簡単に手に入れられるという考えに毒されないで済みますが、都会ではそんな人は少ないでしょう。

例えば、大地震のあった北海道の農業が壊滅的打撃を受けたら、日本の食糧自給率はとんでもナク下がります。

シンガポールみたいに、自分達では農業をしてナクても、マレーシアと陸続きというトコとは違うので、何かが起きてしまった時に、海外に脱出出来なければ、飢え死にという可能性も有るというのに‥‥

そもそも、今はマダ過去の遺産が多少は残されているけれど、やがて来る老人大国の時にどうなるのかという問題を抱えた日本にとって、考えるべきコトは多数存在し、その時に備えているかどうかで、人生は激変する可能性があると思っていなければ、未来は暗転してしまうかもしれません。

その時に備える意味では、読んでおきたい一冊です。  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 21:39Comments(2)

2018年09月23日

何時か来る破綻

既にジャブジャブの借金漬けの財政なのに、平気で外遊先でお金をばら撒く国、日本。

その近未来的な小説がこちら。


ともあれ、この小説が最良の処方箋を書いているかどうかは別で(まずは、高給で天下りしている官僚の月給をまずどうにかすべきではとも思いますが‥‥)、既に日本国債の入札が不調で終わっているという意味を、もっと深刻に考えるべきではないかと。

ともあれ、寓話としても読めますし、現実にも富裕層は子供を外国の学校に入れたりして、日本脱出を計画しているので、想定内の話なのかもしれません。

無駄な箱物ばかり造り出している今の現状を改めない限り、どうにもナラナイとも思います。

東京五輪の施設だって、無理に新築で造って良かったのかどうか。

今日は、昨日の心配と裏腹に、主人の母は嫁と二人なので遠慮していたのか、あまり手も掛からず、娘が帰って来てから、三人で日帰り入浴に行きました。

行く途中で、長野五輪の過去の遺産となってしまったスパイラルの横を通って行ったのですが、結局、このまま朽ち果てて行くしかナイのだと思うと、実に残念です。

建物は、建設費の他に維持費も必要になるので、造ってしまうと後に禍根が残ります。

小説みたいに一気に大ナタを振るおうとすると、逆に反発が生まれてしまうと思いますが、少なくとも消費税を福祉税に回さずに、公共事業に使ったり、国の財産を私人に融通したり、外国に良い顔をするタメに散財している様では、破綻は目の前。

それにしても、「カジノミクス」とは上手い命名です。(それは何か知りたい方は、是非お読み下さい)

長野市の隣の千曲市でも、場外車券を売る場所を作ろうという動きがあります。

長野県には、競輪や競馬などの公営ギャンブル場や車券、馬券などの場外売り場すら無いのですが、結局、依存的な人から巻き上げるのが、一番楽というコトになってしまうのかも。

でも、もうそんなレベルでは、とても日本の財政赤字には間に合わないと思うので、小説のラストみたいになって後悔しない様に、国民がチャンと考えるしかナイかもしれませんね。  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 20:22Comments(4)

2018年09月20日

団塊絶壁

人は誰も歳を取るのが、止められナイけれど、それにしてもドンドン日本の高齢化は進んで行く。

たった三年間位で、1000万人近くが生まれた時代の人々が、70歳代になり、去年生まれた赤ん坊の数は、ついに100万人を割った。

年金は、65歳から下手をすると70歳とか、75歳に引き上げられるかもしれない時代になろうとしているが、少なくとも団塊の時代の方々が今の100歳近い老人まで生き続けるとしたら、おそらく国家の財政の崩壊は免れないだろうという気もする。


結構面白い本ではあったが、団塊の時代の方々が絶壁だったとしたら、おそらくそれ以降の世代は、もう滑落するしかナイのかもしれない。

常々、団塊の世代より一世代若いのだから、老人になったとしても介護の人手は、こちらには回されないだろうし、年金も支給が五年は遅らされてしまったしと、団塊の世代よりも、老後は真っ暗。

自分のコトは、自分で最期まで出来る様に、ピンピンコロリを目指して生きる以外に、選択肢は残されてナイ。

「安楽死」も、上記の本では取り上げられているけれど、悲惨な運命の中で晩節を生きるしかナイのであれば、おそらく我々の老後には、「安楽死」すら、選択肢になって来るのではないかと、嫌な気持ちになってしまった。

ともあれ、先のコトなど考えて暗くなっても仕方がナイので、「なるようになる」と気持ちを切り替えないと、今後の何十年かが、辛くなりそうで怖い。

日々、少しでも楽しみを見つけて、楽しく生きる努力をする以外にナイのかも‥‥  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 22:18Comments(4)

2018年09月17日

時代に付いて行けない人々

この先、老人がドンドン増えて行くとなると、よりこうした事態が頻発するのだろうなと思ったり‥‥


この本が出版されてから10年。

団塊の世代も、より高齢化している。

ともあれ、時々、実際にモンスターなのかという人を、見掛ける様になった気も。

デパートで買い物をしていて、店員さんがお会計でモタモタしていると、気合をいれていたりとか。

道路を車で走っていれば、さほど広くもナイ道幅なのに、堂々と真ん中を走って来るのだが、軽自動車なら何とかすり抜けられるけれど、退職金で買ったのか、ピカピカの3ナンバーだったりするので、『大きい車は、腕のある人以外は、運転手付きで運転して貰ってくれ』と願う日々。

無論、こちらも歳をしていくのだが、歳をして運転が下手になるのなら、自動車はスモール・ダウンすべきではと思うけれど。

そういう不満は、こうしたもっと大変な老人の話題でも読んで、現実にはもっとスゴ過ぎる老人も居るのだと割り切るしかナイのだろうか‥‥  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 22:13Comments(2)

2018年09月11日

自動運転車はどうなる?

何れは自動車は、運転手が不要の時代がやって来るのではと言われているが、中々、その道は険しそう。

ちなみに、運転するのは嫌いな方では無いし、長距離なら電車などの方が早いので、当然そちらを選択してしまうけれど、今後、高齢者になってしまえば、自動運転の方が良くなる可能性は無くはナイ。

但し、高齢になって自動運転というコトになれば、タクシーの方を選択するかもしれない。(無論、タクシーも自動運転になっているだろうが)

ともあれ、日本では今後、どうなって行くのかは判らないけれど、少なくとも、完全自動運転よりも、運転の補助としてドンドン活用されるのは間違いナイだろう。

というか、高齢者の運転に関して言うならば、ある程度危険を察知して停まる車でなければ、駄目という方向性になって欲しいかも。

で、読んでみたのが、こちらの本。

会社員というのは、本当に大変だなという気もしてしまう。

多少のミステリーぽさも有るけれども、基本世の中の仕組みが判る。

自動運転について知りたいけれど、難しい本はちょっとという人には向くと思う。

ともあれ、こうした本を読むと、会社員の生活というのは、とても自分には出来そうもナイと思ってしまうのだけれど‥‥  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 21:30Comments(0)

2018年08月25日

新聞というメディア

ネットの進展によって、新聞の購買数は激減しているという。

元新聞記者だった作家による、新聞社の裏側を書いた作品がこちら。


ともあれ、歳をすると紙の方が目に優しいので、当然ながら地方紙は購読している。

チラシを読むのも、ネットで特売情報を得るより楽なので。

タダ、将来的には紙の新聞が継続するかどうかは、全く判らない。

本も場所を取るからというコトで、図書館で借りているけれど、少なくともパソコンで読むのでは、今のペースでは絶対に読めないと思うし、目が疲れて無理だと思う。

昔から、おそらく本の読み過ぎで、視力はホトンド無いに等しいのだけれど、矯正が可能なので、普通に生活しているが、これ以上パソコンなどで酷使すれば、間違いなく目に問題が出るのは仕方がナイと思っている。

それも、習慣になっているから、どうしても紙で読みたいだけなのかもしれないが‥‥

ともあれ、マスメディアの内情を知るには、良い本かと。

しかし、広告主の横槍に負けたり、記者クラブによって、横並びの記事が続くのでは、このまま新聞の緩慢な自殺というコトになりかねない。

権力におもねる様な取材姿勢では、今後の発展は見込めないのではなかろうか。

ネットニュースは、今後益々力を付けて行くのは間違いないだろう。

印刷された新聞が、今後どうなるのかという問題は、何れ答えが出るとは思うのだけれど。  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 22:38Comments(0)

2018年07月25日

七十歳死亡法案?

タイトルに驚いて借りた本がこちら。


流石に、最後は収まるトコに収まった感じなのですが、それでも結構面白かったです。

ともあれ、どうも本当に自分に身近な出来事にならないと、傍観者で居る人は多いですね。

この手のショック療法が良いかどうかはともかく、もっと未来の日本について真面目に考えなくてはダメだと思うのですが、今の生活に手一杯になってしまうと、もう先の話などどうでも良いという人が増えてる様に感じます。

それでも、将来をある程度信じられれば、今の大変さも乗り越えられると思いますが、今も大変、将来はもっと暗いというのでは、どうにもナラナイのでしょう。

ともあれ、小説だから収まるトコに収まるのですが、そう簡単には行かないのではないかと。

少なくとも、歴史的金融緩和が、どう着地出来るのか否かでは、日本の財政や未来など、完全に違って来るという、あまりに単純な恐ろしい現実を直視しないでいる人々が、多過ぎだと感じます。  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 22:36Comments(2)

2018年07月04日

反知性主義は怖い

というコトを、実に丁寧に教えてくれる本がこちら。


今年、官僚志望の人数は、去年より減少したとニュースで聞いたと思うけれど、少子化だけではナク、多分、政治家に盲従するのが嫌になったという人も居るのだろう。

今の政治家や、点数だけ取って官僚になった人々に対して、かなり厳しい意見がそこここに見受けられる。

こういう話は、実際に経験しないと出ない部分もあるので、著者が官僚生活をドロップアウトしてくれた事に、将来のエリートは感謝すべきかもしれない。

無論、全くエリートとは無関係な人だって、世の中ってこういう仕組みになっているのだとか、あまりに理不尽であったとしても、受け入れなければナラナイ生活を自らエリートが志すというのは、大変なコトだと知っておいた方が良い。

現在に於ける歪みを知らなければ、より将来の歪みにも気付かず、いよいよ大変なコトになってから、気付いたのでは、自分がどう軌道修正すべきか考える時間もナイだろうから。

是非とも、自分とは無関係と思わずに、一読するのをオススメする。

今まで読んだ著者の本の中で、一押しの一冊。  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 23:44Comments(2)

2018年06月27日

2025年をどう迎えるのか

昔から、2025年に日本はどうなるのかというコトが色々と議論されているが、この年は高齢者人口が最大になると言われている。

団塊の世代が、後期高齢者になり、年金や介護保険、医療保険がどうなるのかと言われ続けていたが、もうたった7年しかナイ。

それなのに、再来年は呑気にオリンピックなどするという御気楽さ。

おそらく、次の本のタイトル通りになる可能性は高い。


ともあれ、ケア・コンパクトシティで全ての問題が解消するとも思えない。

今から子供が産まれても間に合わないとしても、せめて出生数が回復して行けば、未来への希望は生まれるかもしれないのだが‥‥

島根県には、「日本一の子育て村」を目指すという理念に基づいて、合計特殊出生率を2.65まで高めた村があるという。

保育料を国の基準より安くし、待機児童はゼロ、病児保育などの充実や放課後の児童クラブもあり、フルタイムの共働き世帯も安心な上、医療・福祉事業で働こうとする若者に奨学金制度も設けている。

加えて、移住環境の整備など、日本全体で見習うべき施策は多い。

国会議員の御歳の方々が、「子供は三人以上」だの、「産まないのはダメ」だのと産める状況にナイ人達を否定ばかりしているが、そもそも、「産みたくなる環境の整備無くして、子供を産むのは無理」という人に対する意識の薄さが、今の少子高齢化を招いているという自覚の無さがハンパない。

日本という国が企業の筆頭株主になるだけの資金があるのであれば、もっと社会構造を良くするタメにお金を回すべきなんじゃないかと思ったりするのだけれど‥‥  
人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになります。
Posted by seitaisikoyuri at 21:55Comments(4)