2021年01月31日

久々に映画を

子供達のオススメで、「新聞記者」の監督の映画を見ました。


暴対法によって、ヤクザも格差社会になったというコトを、如実に描いてます。

とは言え、警察は「民事不介入」を建前としているので、暴力団と名乗らない勢力や、警察と握っている組織はお目こぼしに与るという変な風習が出来ているのを、暗に批判しているかのようで‥‥

一部の権力とも、以前から結びついているというのは、昔からの社会の常識ですけれども。

単純なヤクザ映画とは違ったテイストで楽しめます。

俳優さん達が、上手いのも良かったですね。

スクリーンに映し出されるからには、風格も大事。

昔の映画の先入観で、広島かと思ってしまいましたが、ロケ地は静岡の沼津市なんだとか。

ネットでググれば、回答がスグに判るなど、本当に昔と今では違います。

時の流れは、こんな所にも感じられますが‥‥  

Posted by seitaisikoyuri at 19:14Comments(6)

2021年01月22日

五輪の宿舎を一時的にコロナ病棟に

本当に開催出来るか判らないオリンピックなのだから、選手の施設を自宅待機者に開放すべきではないか。

丁度、六か月後に開催するのは、ホボ無理な状況に近付いている。

ホテル療養として借りても、このままズッとではナイのだから、消毒すれば使えるという判断だろう。

そう考えれば、仮に七月にオリンピックを確実に開けるとしても、四月まで自宅療養するコロナ患者に使わせれば少しは落ち着くと思うし、それ以外にも、危機を脱した人を療養するのもアリだと思う。

重症になっても、入院させて貰えない人も多いのだから、せめてその位は融通を利かせるべきなのではないか。

オリンピックが、どうなるか判らないのであれば、せめて国民のタメになる決断をして欲しい。

それならば、オリンピックが駄目になったとして税金を支出したとしても、国民の理解が得られるのではないか。

本来は、最善の道を探るべきかもしれないが、未来がどうなるか判らない時だからこそ、今、出来るコトについての、最良の方法を考えるべき時に、来ているのではないかと思うのだが。  
Posted by seitaisikoyuri at 22:38Comments(6)

2021年01月17日

謀略と売国奴

ハゲタカで有名になった真山仁さんの本です。

東京オリンピックが、去年、開かれる予定の時に書かれた本ですが‥‥





上下巻とも、読み答えがあります。

日本と米国、朝鮮半島の国々との、諜報合戦の話です。

ともあれ、やっとトランプ政権は幕引きになりそうですが、嘘をシレッと言ってしまう人が国のトップにいると大変なコトになるという話で、「権力は腐敗する、絶対権力は絶対に腐敗する」という感じの本です。

コロナで全世界が大変になってますが、時には謀略の世界も知ってナイと、本当に恐ろしい時が来るかもしれません。

全世界的に、良い政治をやろうとするよりも、私腹を肥やしたい人が、政権に就いて居る傾向が強くなっているので、市井の人々は騙されないコトが肝心です。  
Posted by seitaisikoyuri at 20:49Comments(6)

2021年01月11日

想像力の欠如は恐ろしい

最近は、あまり立腹しなくなって来たので、『立腹日記』の出番は少なくなって来ましたが、流石に又も「高速道路の立往生」には信じられないという思いで一杯です。

少し前に、群馬や新潟で起きたばかりだったと思いますが‥‥

しかも、大地震などなら仕方ナイと思いますが、天気予報でも大雪が降ると言っていたのだから、早目に停めれば良かったのではないかと。

道路公団の人々は、想像力も無く、以前の状況に何も学ばないのだろうか。

ともあれ、日本のトップの首相がコロナに対しての質問にも「仮定の質問には答えられない」と言い、「現実」になってもどうするのか方法を打ち出せない感じなのだから、仕方ナイのかもしれませんが。

普通は、高速道路を早めに閉鎖しておけば良かったと思うのは、当たり前だと思います。

昔、高校の名物教師が「人間だから、失敗は当然ある。でも、同じ失敗をみすみす繰り返す奴は馬鹿である」とクラス全体に対して説教されてからは、肝に銘じて来ました。

どうも、そうは思わない人々が、増殖しているみたいで心配です。

日本という国は、曖昧な集団体制によっているので、しっかり責任をとろうとしない弊害があり、間違った時に、なあなあで済んでしまうのが、怖いと何時も思ってはいるのだけれど。  
Posted by seitaisikoyuri at 21:16Comments(2)

2021年01月06日

薬よりも食材

既に、新年が始まってますが、やっとの更新です。

今年も、宜しくお願い致します。

健康は日々の養生からと言われてますが、そういう感じの本がこちら。


ともあれ、食だけでは無くてヨガの方法などや、簡単に出来る『せんねん灸』などを使っての冷え対策も乗ってます。

漢方の先生には、昔、薬よりも良い食材を使って、料理して食べる方が元気になると言われてました。

でも、忙しい時には無理ですが‥‥

エキス剤も、本当はお湯に溶かして飲む方が効果があるとも。

漢方は、的確に薬剤と症が合わなければ、病気は治らないのですが、こんな感じという症状にあった食材をオススメというのなら、試しにやってみる価値はあるのではないかと。

流石に、365日と書かれているので、簡単には読めないと思いますが、時々読んでみて、参考にしたら健康になるのではないかと思います。

色々と試せる方法が、沢山書いてあるので、誰でも中にはピッタリくるページが存在すると思います。

今年のトップを飾るに適した本が見つかって、本当に良かったです。  
Posted by seitaisikoyuri at 21:45Comments(4)