2021年06月23日

色々な医師が居て‥‥

久坂部羊氏は、医療の内部について革新的な意見の方で、医療小説を2000年代になって次々発表してらっしゃる。


製薬企業の内幕を書いているのだが、同時に医師のモラルも問うた問題作。

折しも、東京都内にまん延防止等重点措置が適用されている最中に、政治資金パーティーに参加していたことが批判を浴びた日本医師会の中川俊男会長に文春砲が炸裂したみたいで有る。

ともあれ、小説には様々な医師達も存在して、色々なMRも登場する。

日本は、性善説によっている国だが、もう政府の対応を考えると無理だと思う。

赤木さんのファイルも黒塗りで、責任を取らない様にしているが、官僚を始めとして誰でも間違った判断をする。

間違った時に、どう責任を取るのかというコトを、チャンとして置かないと益々日本は間違った道に行きかねない。  

Posted by seitaisikoyuri at 19:33Comments(8)

2021年06月19日

今、読むと逆に斬新

今野敏さんの古い小説なのだが、マダそんなに売れていない時代のモノだったからか、初めて読んだ。

小説家は、ある程度時間が経つと、上手いけどインパクトが弱くなるので、初期の作品の方が面白いと言われても居るのだが、確かに粗削りかもしれないが、インパクトは強い。


ちなみに、単行本で読んだので、文庫本なら修正が加えられているので、文章が違うかもしれないが‥‥

日本とアメリカとの関係など、逆に今はオリンピックで色々なコトが出て来ているので、そうかも知れないという気分にされられる。

流石に、作品の解説をしてしまえば、面白さを台無しにしてしまうので、止めて置くけれども。

思いがけず、期待した以上の作品に出合えてラッキーでした。  
Posted by seitaisikoyuri at 20:17Comments(2)

2021年06月12日

ワクチンは大丈夫なのか

厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったという。

厚労省の「厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会」が9日に公表した死亡事例は今年2月17日から6月4日までで計196件。

ワクチンを加速して打つといっているのだから、もっと死亡する人が増えているのではないかと、疑心暗鬼になる。

それまでは接種日や発生日、死因などの一覧表に加え、その時の体温や死亡に至る経過や状況などが細かく記された資料が示されていたというので、心配な人は打つべきか打たざるべきか判断に困ると思う。

身近にも、打ったら調子が悪くなったという人が存在している。

一時、腕が上がらなくなったという程度なら、しょうがないのだが、かなり重篤みたいである。

流石に、身内ではナイので、詳しく聞くのは憚られるのだが、まだ良くなったという報告は受けてナイ‥‥

失敗しても、隠されてしまうのではないかという不安が有る。

政府は、恫喝が得意みたいなので、それも心配。

アレルギーが有っても大丈夫みたいなコトも言われているが、一度目にアナフィラキシーショックみたいになった人は、二回目をパスしたという話も聞いた。

「安心安全」などと、あまり根拠も無く言われてしまうと、更に心配になるモノ。

「嘘八百」と日本が世界に映ってしまうと、信頼は簡単には取り戻せない。

信用は、築くのは大変でも、壊すのは一瞬。

そうナラナイのを、期待したいのだが、どうも無理っぽい。  
Posted by seitaisikoyuri at 20:14Comments(4)

2021年06月06日

誰も責任を取らないから

日本の政治が、権力者の責任を取らなくても許されるというのが、腹ただしい。

第二次世界大戦でも、敗戦という言葉を用いて、何が悪かったのかと突き詰めるコトは無く、「終戦」という言葉に置き換えて、「国民全員が総懺悔」で終わってしまった。

確かに、「国民にも責任」は存在するけれど、旗を振った人達の責任は重大。でも、戦争裁判で戦犯になった人も、死んでしまえば英霊として祀られるというのは変。

それでも、それと認めているから、誤った政治判断をしても許されてしまう。

それが尾を引いて、「悪いコトをしても、議員を辞めたら許される」という風潮になっている。

オリンピックをやったとして、日本の医療が滅茶苦茶になっても、誰も責任を取るつもりは無かろう。

なので、政府分科会の尾身会長が「パンデミック」という言葉を使って、東京五輪の開催に警鐘を鳴らすというのは、「責任を取るつもりがあるなら良いですが、そんなつもりはサラサラ無いと思うのにやると言うつもりなのか」と言っているのではないかと。

そもそも、PCR検査など駄目だと言っていたのに、それで大丈夫なので有れば、国民が自粛生活などしないで良かったのではないか。

尾身会長を批判している竹中平蔵氏が率いる「パソナ」は本業の儲けを表す営業利益は過去最高で、純利益は前期比で10倍以上なのだから、どうしてもオリンピックが必要であろうが。

「国民は馬鹿にされて居る」というコトに気付かなければ、マスマス政治家は増長するだろう。

今年は、選挙がある年なので、再び国民の命が散らされても、それで良しとするならば、第二、第三の敗戦が将来やって来るに違いナイ。  
Posted by seitaisikoyuri at 20:19Comments(6)