2022年01月29日

誰でも孤独に死ぬ時代

昔は大家族で住んで居たので、外で突然死する以外は誰かが看取ってくれたのだが、今は核家族化していて、高齢になっても働いている人も多い。

しかも、夫婦同時に死なない限りは、どちらかが先に死んで、残される人も居る。

なので、誰だって孤独に死んでもおかしくない。

ただ、大阪でも埼玉でも、今後独りで死んで行くのなら、いっそ誰かと一緒に死にたいと思ったのかどうなのか、医師などを道連れに事件を起こす人が存在した。

そういう身勝手な人は、これからドンドン増えて行くと思われる。

というのも、パソコンが身近になった時、「切れやすい人が増えた」と話題になったコトがあったと思う。

他人に何かを期待しても、そうなるとは限らないが、コンピューターは自分が入力しているのだから、結果的に期待に応える。

つまり、世界は自分の思い通りになると考えやすい人が多くなっていると思って間違いない。

誰でも一人で死ぬのだから、何時も覚悟持っているべきかもしれないし、ともすれば、事件に巻き込まれて死ぬかもしれないという覚悟も必要になるのかもしれない。

それは、とても淋しい事なのだが‥‥  

Posted by seitaisikoyuri at 21:01Comments(6)

2022年01月22日

漢方的おうち健診

今度は久々の「東洋医学について」というカテゴリーの話です。


東洋医学に詳しい人なら、大丈夫でしょうが、普通の人は顔を見ただけで、好不調やその時の養生法まで知っている人は少ないと思います。

そういう話が、色々と書いてあります。

又、自分の症状や体質を知り、どのようにすれば良いかも書かれています。

ついでに、食と暮らし方についての、アドバイスも書かれて居るので参考になります。

西洋の薬に頼るより、まず自分自身の生活を見直さないと、医原病に掛かってマズイと思います。

アメリカでは、今や医原病が死因の第一位だと知りました。日本はアメリカの後追いしてする国なのですから、そうナラナイ様に気を付けて下さいね。  
Posted by seitaisikoyuri at 20:03Comments(2)

2022年01月14日

しあわせとは

そういえば、「シアワセになる方法」というカテゴリーを作ったまま、最近は一向にその話題を書き込んでナイとおもったので、久し振りに投稿します。


という本を読んでみました。

正直、幸せと健康というのは、似たところが有って、失って初めて価値が判ると言う気がします。

もう、脳卒中になり二年を過ぎましたが、器用だったのにと思うコトはしょっちゅうです。でも、それを何時までも悔やんでいても仕方ないので、「過ぎたことは仕方が無い」と思って諦めてます。ただ、不幸と思うコトも無いかなと思っています。何故なら、仕事は好きではあったけれど、踏ん切りが付いたので、やりたいと思っていたコトが出来るようになったという利点があります。

ある程度の歳になると、人生は思う通りに行かないものと思っているので、落ち込む事もそんなに有りません。こっちに行って、ダメならば違う道を行くだけだと思うので。

上記の本について述べると、昔読んだ幸福論のおさらいが出来るので、幸福論を読みたい人で、読んだコトが無いひとは、要約を読んでから自分が読んでみたい本を探す一助にはなるかと。

この本に書かれている通り、幸せの形は個々人で違います。

個人的には、前に書いたかも知れませんが、パール・バックの書名は忘れた本の一節にあった「どうしても幸福になりたければ、世界の果てまで幸福を探しに行くか、自分が居る場所で幸福を造り出すしか方法はありません」と言う趣旨の言葉を若い頃に読みました。それよりも、グッとくる言葉をこれまで知りません。

小さい頃から、親の仕事を手伝っていたので、御金も無ければ不便ですが、御金が有っても不幸な人の存在も知って居ます。本当に色々なお客様に出会ったので。多分、上記の著者もその事は理解しているみたいですし。

多分、歳をしたら健康が一番幸福にとっての必須条件だとは思いますが、健康も失われて行きます。それでも、自分で何でも良いけれど、したい事が存在していれば、人生は楽しいのではないかと。食べることでも、遊ぶことでも、何でも良いですが、したい事が無くて、タダ存在するというのはつまらないと思います。

たった一つでも良いので、自分の何かを見つけて欲しいと思います。他人には、どう思われようと関係無いと思うので。  
Posted by seitaisikoyuri at 21:51Comments(8)

2022年01月08日

今年もよろしくお願いします

お正月も、既に一週間過ぎてしまいました。

少し古い本ですが、

を読んでみました。

十年前でもこんな感じなのだから、ついに日本は去年いよいよ先進国の中では、ジリ貧の国になっていると言われたのも無理はナイのだと感じました。

ついでに、

も読んだのですが、日本はアメリカに譲り過ぎているので、貧困になっているのだろうと。

日本の製薬会社では、塩野義製薬でワクチンや飲み薬の開発が進んでいるけれど、まだまだ。

そもそも日本政府に、開発や研究を整える気がなかったのが、一番の敗因かと。

米軍基地には「ノータッチ」なのだから、日本がアメリカに先駆けて特許を取るのにも消極的なのだろうと考えるより他ないので残念に思いました。

年末に読んだ

ではナイけれど、米国の言いなりにしなくてはならない、グァムと似た状況なのだと思い、日本が埋没して、治安が悪化しなければ良いがと、少々心配です。  
Posted by seitaisikoyuri at 21:38Comments(4)