2022年06月21日

日本の地域性を考える

日本の古来の戦いは、類似の場所で起こっていたのだと判って、少々驚いた。


タダ、歴史は学んで、それを今後に生かさなければ、将来の発展は望めない。

この本で、導かれる答えの先に存在している日本人の国民性は、都と田舎の区別に起因している。

筆者は、東京都出身なので、東西対決構造は終焉したと捉えているが、都と田舎の問題は依然として終わってナイのではないか。

本社が東京に集まり、地方の人々は安く使われていたりする。

日本は、名家というだけで有難がって、二世や三世などボンボンを大事にする。

別にそれが国民を幸せにするなら良いのだが、例えば政治家は血筋だけで優秀とは限らない。

上記の本にも書かれているが、元首相が「下々の皆さん」と口を滑らす様な、世襲の議員に独占されているから、会社の社長も世襲だったりして、新しいチャレンジをしなくなり、日本が後進国になろうとしていると感じなければ、「湯の中のカエル」状態の日本はゆで上がってしまう。

歴史の本を読んで、将来を考えて教訓をどう活かすか考えて見なくては、何時まで経っても同じ場所で堂々巡りするだけだと思います。  

Posted by seitaisikoyuri at 18:25Comments(8)

2022年06月13日

ハイパーインフレーションは日本で起きる?

量的緩和政策を取り続けている日本は、ひょっとしてハイパーインフレーションが起きて欲しいと願っている人が、政府内に存在しているのかなとも思ってしまう。

日本の過大な借金も、ハイパーインフレになれば返しやすくはなる。

タダ、そうなれば国家的に行き詰る可能性の方が高い。

高齢者は年金が下がっているが、物価は上がっている。(日銀総裁みたいに、高級取りの人達は全く痛痒を感じないかもしれないが‥‥)

若い頃なら、働いて何とかするコト出来るが、高齢になればそうも出来ず、逆に認知障害が出て、誰かに世話して貰わ無ければ駄目になってくる。

既に、少子高齢化が問題になっているのに、全然手が打たれてナイ。

少子化はドンドン進むばかりで、若者が安定した収入が増えない非正規雇用や、ブラックで仕事以外の自由な時間を持てない人が増えて居れば、結婚する人も少なくなるばかりなのは当たり前。

このまま何もしないで、座して死を待つばかりなのか日本は。

来月に参議院選挙が行われるが、どうやったら良いのかという提案が、各政党に考えられているのだろうか。

例えば、非正規労働者が正規になれないのであれば、非正規でも安定した暮らしが出来る様にするとか、海外の労働者を安く働かせるのを止めるとか、様々な方法は考えられる。

このまま、コロナの嵐が過ぎ去るのを待っていても、現実は何も変わらない。

失われた二十年が三十年になっても終わらない様に、何もしなくては何も変わらない。

新しい資本主義より、内需主導の通貨経済に変える為に、政治家にはどうするかを考えて欲しいのだが‥‥  
Posted by seitaisikoyuri at 17:16Comments(4)

2022年06月06日

老中・大老の謎

江戸時代の繋がりで、読んで見たのがこちらの本。


最近、ブログには書いてませんが、結構な頻度で歴史関係の本は読んでます。

タダ、好きな人もいれば興味がナイ人もいると思うと共に、あからさまに本のアレコレを書いても悪いので、万人受けしそうな本で読んでおいて損はないだろうと思うモノだけをピックアップして、さわりだけを書いてますのでご承知おき下さい。

上記の本の話は、既に知っている話も有りますが、コンパクトに纏めてあるので面白いかと。

簡単に言えば、『老中・大老』という役職は、成るのが難しいモノだが、逆に余りに家の格式が高過ぎると任命されない。

というのも、幕府の忙しい仕事をさせるには、凄い大名は恐れ多いのだとか。

しかし、将軍の手足となって働く人の最高の地位でも有り、なりたいと思う人もいるが、それはそれなりに大変だったということも知るコトが出来る。

そもそも、将軍が変わったり、諫言したコトによって疎まれたりとか、様々な結果をもたらしている。

江戸時代にも、勤め人の苦労は絶えないのだと知るコトも、生きて行く上では必要かも知れません‥‥  
Posted by seitaisikoyuri at 19:11Comments(6)