2006年08月09日

カルトはアナタにこう近付く‥‥

では、今朝の本の続きです。

カルト集団に入った人を「何であんなのに入るんだ!!」とか「バカみたい!!」と言うのは簡単です。でも、「オレオレ詐欺」に引っ掛かる人は、判っているハズなのに引っ掛かってしまいます。それでも、カルトがどういう勧誘するのかを知らないでいるよりは、知っている方が引っ掛かる可能性は低くなると思うので書き込みます。

例えば、彼等は個性の中から特殊なものを選り分けて欠点だと言いかえ、欠点ではないものに罪悪感を引き起こそうとします。大したコトではナイものも、そう言い出した人が、いかにもそれらしく堂々とそれらしく話をすれば、あなたはきっとその言葉を信じはじめるでしょう。

誰もが、なぜ人生は思いどおりにならないのかを解明するかぎを求めているので、大変です。気にいらないことの一つや二つ、誰でももっています。ボスが気に入らないし、財産も気に入らないし、その他の不満もいろいろあります。私たちはみんな人生はもっとよくなるはずだと思っていますから、誰かがやって来て、どうすればもっとすばらしい人生を送れるか自分たちは知っていると話す時、すでにあなたは、彼らに関心をもっているのです。そして彼らは、霊性、エネルギーといった効果的な言葉を使って話しはじめます。それらは強烈なものですから、印象的に聞こえます。あなたは、彼らが話していることは彼らが実際に知っているにちがいないと確信します。誰でもそんな言葉を使うことはできます。もし、あなたがその気になれば、明日からでも自分自身の教団をはじめることができるでしょう。

つまり、巧妙に近付いて来るワケです。詐欺師は、誰も自分のコトを詐欺師だとは言いません。普通に暮らしている人のトコロに、ハメテやろうと思って来るのです。普通の人は、他人に対して、そんなに身構えていませんから、「イイ人」だと思って付き合い出します。そして、ある時点まで行った途端に、豹変するのです。大阪で監禁されていた女性達も似た様な経過で、洗脳され、憎むべき相手を「御主人様、旦那様」などと呼ぶようにさせられてしまったのでしょう。

前に書き込んだ「オペラント条件付け」もそれに利用されます。だから、我々は決して「カルト集団」や「洗脳」・「詐欺」などを自分とは無関係だとあなどってはイケナイのです。

悪魔はソコに手を広げているかもしれません。他人の全てを疑っても困りますが、全ての人がアナタに意味もナク親切にしてくれるとは限りません。その辺りをヨク見極めるコト。イザとなったら、親など世代が違う人の意見も聞いてみましょう。≪諫言は口に苦し≫と言います。アナタに小言を言う人の方が、ズッとアナタを思いやっているかもしれません。優しい言葉のみで近付く人は、アナタを利用してやろうと思って近付いているのかもしれません‥‥
人気blogランキングへ←応援よろしくお願いいたします

この記事へのトラックバックURL

 
にほんブログ村 健康ブログへ