2006年08月11日

夏向きの短編集

おはようございます。ちなみに、昨夜の本のような自己啓発本は、少しずつ拾い読みしていけば元気が出ます。一気に読もうとすると疲れてしまうかも‥‥

さて、最近凝っている作者の本です。でも、アト一冊くらいでしばらくはお休みするかも‥‥読みつけてない小説家の本はオモシロイと思ったら、ある程度何冊もまとめ読みして、大体の傾向が判ったら、アトは時々間を開けて気が向いた時にというのが、ワタシの読書パターンです。
眠らない少女―高橋克彦自薦短編集
という本を読みました。

怪奇ワールドが好きだとおっしゃっているだけに、その手の話が大半です。暑くてたまらない時に読むにはとても打ってつけの本です。

短編集なので、読みやすいとも思います。とは言っても、短編集こそ珠玉の作品が続いてないと、途中で読みたくなくなりますので、その点でも大丈夫です。東野圭吾さんの「秘密」などの長編小説が短編になったような話が載ってます。無論、東野さんの方が、後に書いてらっしゃるのですから、似た様な傾向というだけですけど‥‥ネタバレしては、読みたくなくなるでしょうから、これまたストーリーを書き込めないのが残念です。

昔は、短編集というものを好きな時期もありましたが、やはり長編小説の方が、それなりに作者の方々は準備されているので、どちらかと言うと全般的に長編小説の方が好きです。タダシ、新聞に連載した小説だけは、パーツを集めた感じなので、最後にどう修正加筆してマトマッタ小説にしてくださるかに、全てが掛かってますけれど‥‥

暑いからとクーラーの効いた場所に長時間いると、とても疲れます。なるべくクーラーは弱目にして、しっかり入浴したり、忙しかったら暑いシャワーとかを足に掛けるなどして、「冷え」過ぎない様に注意しましょう。夏こそ、油断しすぎると身体を冷やしてしまう大敵が潜んでいるのですから‥‥
人気blogランキングへ←応援よろしくお願いいたします

この記事へのトラックバックURL

 
にほんブログ村 健康ブログへ