2006年08月25日

詐欺への効果的な撃退法

では、引き続き撃退法に移ります。

,修鵑覆海箸できるんなら‥‥
預言者ならば、どうして競馬や株で稼がないのだろうとか、霊視が出来るのならば失踪者の居場所の霊視が出来ないのは何故? とか、そんなにうまい話を独占しないで、なんで私に教える気になったんだろうと考えましょう。

⊆他擇靴討澆討叩
英語をペラペラしゃべれるという英会話教材の販売者には、「ペラペラなトコをみせてください」と頼んだり、スゴク儲かるという人には「所得証明を見せて!」などと言ってみるのも手です。

ともあれ、「丁重さ」や「礼儀」に欠けようと「結論をあいまいにせず、明確に断ること」が一番です。

性格的に無理という人には、今は居ない家族の誰かに許しを得ないと、後で自分が困るという断り方も有効です。

この話を書こうとしているのを知らずに、本日、施術している最中に、電話が掛かってきて出ようとしたら、人影が見えました。受話器を取って話しながら、電話しているので少し待って貰おうと、戸を開けたら、ワタシが受話器を持っているのが見えているだろうに、若い男性は名刺を出して挨拶しだしました。電話で会話中でしたから、手で静止して、電話の話を終え、「今、忙しいのですが、何の御用ですか?」と聞いてもはっきり答えません。「御客様が待っていらっしゃるので」と話を打ち切ろうとしたら、やっと、「商品取引」だとか言い始めたので、即座に断って、施術に戻りましたが、マナーすらナイ方が増えてらっしゃる様で‥‥

ともあれ、自分の人生を生きるのは自分自身にほかならないのだから、誰かに寄りかかって生きるのではなく、自分で歩く道は自分でよく見きわめて歩む主体的な生き方が大事です。

事が起こるには必ず理由がある−−このことを深く肝に銘じ、理由もなく「霊のたたり」のせいにして怪しげなカルトに身を寄せたりせず、なぜそんなことが起こったのか、その原因を探り、それを取り除く誠実な努力を積み重ねよう。

と筆者は述べています。結局、そういうコトなのです。
人気blogランキングへ←応援よろしくお願いいたします

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
こんにちはkoyuriさん。昨夜から急に涼しくなってまいりました。秋がそこまで来ているようです。
さて人間の欲望はなぜか限りがないようですね、私も含めまして・・。何度かの失敗の経験を思い出し読まさせて頂きました。
欲が深いとダマサレやすいし又、欲が無いと進歩がありません。要はバランス感覚ではないのでしょうか。パソコンを始めて驚きましたのか毎日送られてくる多数のメールです。そのほとんどが、一攫千金みたいのと出会い系と言うのでしょうか、その類なので結局は欲に繋がるものですよね。このような商売があるということは購入者がいるのでしょうか。若い方が騙されないかと心配なのです。近頃はダマシのテクニックも高度化したようですね。
楽してお金を得る最近の傾向に心を痛めている私です。
Posted by takachan at 2006年08月27日 15:43
takachanさん、そうですね。

全くの無欲になってしまうと生きていかれなくなってしまいますが、欲望を制御出来なくなると破綻してしまいます。

ワタシも若い頃は失敗したりしてますから、それはそれでイイ経験になるならば構わないのだと思いますが、それには挫けた時に再び立ち上がろうと思う気力が必要なんだと思います。

今の若者は、『その辺に脆さがあるのでは?』と思います。傷付いても、人間には治す力があるように、失敗してもやり直しさえできれば、それはそれで後の人生に役立つコトもあると思うのですが‥‥
Posted by koyuri at 2006年08月27日 20:44
 
にほんブログ村 健康ブログへ