2007年09月01日

不幸にならないために

長野はもう、すっかり秋の風です。あんなに暑かったのが、嘘みたいな毎日。終わってみれば、今年も短い夏だったのですね。さて、本を手にして、前にブログに書いたコトがある本の著者だと思って借りて来ました。
ハッピーティーンエイジャー―10代の子どもをもつ家族が奇跡を起こす法
当然前の本と重複する部分もあり、詳しい話は、前に書いた話題はコレと同じ「リアリティセラピー」のカテゴリーに入っているので、そちらを参照してください。

10代の子どもを持った家庭の話に実際あった話は限定して書かれていますが、それは広く多くの世代にも通じるコトです。何故なら、我々は幾つになっても両親の子供なのですから、もし両親が変わるコトを望めないならば、自分で変わるしかありませんし、子供が幼児であれ、自分を見下ろす様な体躯の大きな成人であれ、対応すべきコトは一緒です。
不幸はいろいろな違った形で経験される。あなたは幼い頃から、このことに気づいていると思う。例えば、怒る、心配する、恐れる、緊張する、疲れる、具合が悪くなる、あるいは精神に変調をきたすこともある。また、頭、腰、腹がひどく痛むかもしれないし、不眠や四六時中疲れるということもあるかもしれない。また、背中に思い荷物を背負っているかのような重い感じがするかもしれない。
しかし、それは全て貴方が選択した結果に過ぎないというのである。だから、そうした場合、自分の行動は変えられるが、他人の行動は力で変えられるのではナイと認識して、対応するしかない。

人間関係をダメにしやすい致命的習慣として挙げられた最大の七つの習慣を排除しさえすれば、貴方は不幸に「さよなら」を言えるかもしれないのだとしたら、チャレンジしてみるしかない。

・批難する
・責める
・文句を言う
・ガミガミ言う
・脅す
・罰する
・相手を自分の思い通りにしようとして、ほうびでつる(こ
 れをしてくれたら、これをするといった条件付き全て)


そんなコトだけでと思う前に、自らチャレンジすることだ。人生が今より幸福になれるのだとしたら、試してみない手はナイと思う。身体のタメにも、例え精神的に問題がありそうと思っても、薬物療法の前に、一度は試して欲しいと思うのだ。
人気blogランキングへ←応援よろしくお願いいたします

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
>自分の行動は変えられるが、他人の行動は力で変えられるのではナイと認識して・・

そうなんですよね。
なのに、自分の行動は気がつかなくて人の行動はすぐ気がついてしまったり。
まずは自分を振り返らないといけないな、とつくづく思っていたところです。
Posted by セサミ at 2007年09月02日 00:07
なんとか七つともあてはまらずに済んでるみたい^^

でも若干ストーカー傾向あるから気をつけねば(笑)
Posted by 小太郎 at 2007年09月02日 00:36
セサミさん、そうですね。誰しも、自分に甘く他人に厳しいモノですから‥‥

ワタシも、「ガミガミ言うな!!」とタマに、息子に言われます。こっちは、ちょっと注意しただけのつもりでも、本人がそう思ってしまうならば、やっぱりそういうコトになるのだろうと、これから反省するつもりです。
Posted by koyuri at 2007年09月02日 11:57
小太郎さん、それはスゴイですね。

お子さんや御兄弟のお子さん達と仲良くやってください。
Posted by koyuri at 2007年09月02日 11:58
はじめまして。
ブログ応援サイトのファイブスタイルです。
ブログの記事、拝見させていただきました。

当ファイブスタイルでは、5つのスタイルの
カテゴリからブログをご紹介出来ればと考え、
担当者の私が1つずつ訪問しご紹介させて
いただいております。

是非、訪問していただければと思います。

詳しい説明はこちら⇒ 
http://www.fivestyle.biz/info/guidance

最後になりましたが、不快に思われた方、および
既にご案内を受けた方にはお詫び申し上げます。

ファイブスタイル
http://www.fivestyle.biz
Posted by reiko at 2007年09月03日 10:39
reikoさん、御訪問ありがとうございます。タダ、タグを貼り付けるのとか、自分では残念ですが出来ないので、誰かパソコンに詳しい人が来てくれた時に、頼めたら登録させて頂きます。

未だに、ワープロの延長でしか使いこなせてナイので、スグに登録出来ずにスミマセン。
Posted by koyuri at 2007年09月03日 16:26
 
にほんブログ村 健康ブログへ