2007年09月11日

必要と善悪は別

著者の名前を見て、借りて来た本です。理想に走ると、現実はついてイケナイという部分もありますが、『ナルホド』と強く思った部分があるので、引用しますね。

こうすれば、「いじめ」はなくなる―いじめ社会の子どもたちという本で、仏教思想家のひろさちやさんと、小児科の藤本保さんの共著の中から。
わたしたちは、何か議論するとき、必要か不必要かで問題を考えます。
そこで忘れてならないのは、善か悪かという視点です。必要・不必要と善・悪を考えなければならない。ただ注意したいのは、必要か不必要かの次元と善か悪かの次元は、全く別の次元の問題だということです。それを一緒にしてはいけないのです。
別々に論じなければいけないのに、どうもわたいたち日本人は、この必要性と善悪の問題とを一緒に論じてしまう傾向があります。
わたしたちは、必要なものは善である−−と考えてしまう。当然、不必要なものは悪です。どうも、日本人は短絡的にそう考えてしまうようです。
でも、必要でも悪なるものもあれば、不必要でも善なるものがあるはずです。

日本人は、「必要ならば善」と考えてしまう。その対偶命題は「悪は不必要」です。「必要ならば善」というのと、「悪は不必要」というのは全く同じことです。日本人はこの原理でものを考えるのですね。
というコトで、「競争は悪」というコトや、「体罰は悪」と言うと、「日本経済の成長のタメなら競争は必要でいいこと」と反論する経営者や、「体罰があるから教育できる。体罰は必要。だから体罰はいいこと」と述べる人が居て、必要なものはすべて善と考える人が多いというのです。

だから、売春を公認している国に旅行すると、売春ツアーとして、集団で少しも恥じるコトなく集団で押しかけ、顰蹙を買う。公認されているのだから、いいことだと、少しも恥じないから。

無論、そういう国で外国人も買春するのだけど、悪いコト、恥ずかしいコトという罪悪感があって、隠れてコソコソやるというのです。

つまり、必要でも悪なコトもあり、不必要でも善というコトがあるのです。今回、問題になっている「テロ対策特措法」も、アメリカとの協調は大事だ、だから善なのだという論法がこれからマスマス増えるコトだと思います。

とはいえ、「いじめ」は不必要で悪だけど存在すると思うし、だから、「いじめ」ても仕方ナイとは言えない様に、物事は複雑だと思うのです。

一昨日の、かなりコメントを沢山頂いた光市の弁護団についても、『悪だから不必要だから排除せよ』という考え方をせずに、弁護は『悪だとしても必要なのだ』というのがワタシの考え方なのです。(本当に弁護団が悪かどうかは、マスコミからでは正確にジャッジ出来ませんしね)

「戦争は悪」なのですが、論理のすり替えによって、「戦争は必要だから、善なのだ」というコトを政府が言い出すのではないかと思っているから、この話をしているのです。

少なくとも、日本が無謀とも思える太平洋戦争に突き進んだのは、「戦争は必要だから、善なのだ」というコトを国民の多くが信じたからです。それと同じコトが今の学校教育で起きているから、「いじめ」も起きるのだというのが、上の本の主旨ですが、なし崩し的に現状を追認するとかなり危ない状態が再び訪れる可能性があると警告しておきます。どうも、前に書いた「密告」制度には、裏がありそうですし、ネットで徐々に問題になって来ているので、皆さんもゼヒ、目を光らせていて下さいね。
人気blogランキングへ←応援よろしくお願いいたします

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
善悪と必要不必要の関係ということですが、んー、難しいですね。善=必要という考え方は多かれ少なかれ、そう思っている人は多いでしょうね。
ほんと複雑ですが、必要不必要という観念なら、まだしも己にとって都合が良いか悪いかということが善悪と結びついている人も最近は多いような気がしますね。マスコミも政治家にしてもです。
いや、ほんとおいおいって突っ込みたい事があまりにも多いので、人間不信になってしまうのではと思うこともあります。そうやって人間不信になってしまうと、益々、誰かの思うツボに嵌ってしまうのかもしれませんので、気をつけたいものです。
Posted by 鍼医K at 2007年09月12日 01:39
鍼医Kさん、突っ込みたいコト山ほどある世の中ですが、全員一致しそうな時ホド、危ないと思わないとイケナイのかもしれません。

小選挙区制度って、本当に日本国民のタメになったのだろうかと思う、今日この頃だったりもします。

そっちの方が、政治に金は掛からないという話だったハズなのに、結局、どっちも掛かるみたいですし、日本人は過ぎたコトを忘れるのは得意ですが、ある程度時間が経ってから、本当にそうなのかという検証をしないとダメなんだろうと思います。

何となく、皆そう言っているから、というコトで自分の態度を決めるのが、一番怖いと思います。欲と善を結び付けようとする政治家にダマされないタメにも‥‥
Posted by koyuri at 2007年09月12日 16:08
必要=善、不必要=悪の理論は自分にも少なからずその傾向はありますね〜。
必要と思ってる死刑論でも”善”行為じゃないですからね。

給油の問題で言えば、給油自体は善よる行為だと思うし国際協調とかいう漠然とした言葉よりも拉致問題解決に手を貸し続けてくれるのなら必要行為と思ってますがそれが悪行為である戦争に直結してくるのであれば大賛成とは言えないんですもんね。
悪であろうと自国に必要になるならそれに加担しても広い目で見ればいいと思いますが・・考えちゃいます。
改めて戦争という人を傷付ける存在が嫌いになりました。。
Posted by 小太郎 at 2007年09月13日 18:50
小太郎さん、正にその辺に問題があるんですよね。

「悪」かもしれないけど必要な場合もあるし、「善」だから「必要」なんですよと言われて、その気になると「悪」が待ち構えていたりする。

ともあれ、世界中の戦争はホトンドの場合、侵略が目的とは、現代は言わないんですよね。あくまで「自衛戦争」だと言い張るのです。

アフガニスタンやイラクで殺生するのも、テロから身を守るタメと言うのですが、本当は石油の利権絡みなのは、ミエミエです。

そして、戦争の前線に立たされるのは、一般人。戦争で「濡れ手に粟」の人達は、後方で高見の見物。これでは、たまりませんよね。
Posted by koyuri at 2007年09月13日 21:50
 
にほんブログ村 健康ブログへ