2007年09月18日

病気に負けないタメに

『人間生きていてこそなんぼ』だと思うのですが、いじめ自殺のニュースの続報を読むと、ガックリ来ますね。私立の中高一貫でも、「いじめ」は当然存在しているワケで、TVで馬鹿げた校長や教頭の対応を見ていると、来年は志願者がかなり減ると思います。

問題児を退学させて、コト無かれとしてきた多くの私学も、さすがに生徒に死なれてしまっては、最早、言い逃れできないと思いきや、「知らなかった」で済ましてしまうのでは、ありえない話でしょうが、自殺に追い込んだ張本人を「友人」だからと、お棺を担がせてたなんて話もあり、自殺した生徒にしたら、正に「恨み骨髄」の仕打ち。せめて警察にチャンと捜査して欲しいモノです。そして、監督不行き届きの学校といじめた生徒は、自殺した生徒の親族に賠償すべきでしょう。そうでなければ、再び、類似事件も起きるでしょうから‥‥許すべきコトと、許されざるコトは、キチッとしておかないと。日本は曖昧にするから、何時までも「いじめ」が蔓延するのだと思います。御金で生命は戻りません。しかし、「子供の死を金銭に換えた」という中傷がイヤで、賠償を請求しないから本当の反省が促されないのだと思います。

謝罪には補償が必要というのは、それこそグローバル・スタンダードなのですが、日本では都合のイイ時だけ、グローバル・スタンダードという言葉が使われます。『拉致を解決したかったら、戦後補償をチャンとしろ!』というのは、頭に来る話ではありますが、それがグローバル・スタンダードなので、米国が日本のタメばかりを思ってくれると思ったら、大きな間違いです。

さて、昨日の本の中から、ナチュラル・キラー細胞というガン細胞を殺すNK細胞を強くする日常の簡単に出来る方法を。ガン治療中の人も、将来ガンに罹らないタメに、健康に過ごしたい人には是非オススメしたいモノです。
)萋七〜八時間の睡眠をとる。
⊃歓販礁未任離好肇譽后過労をさける。
心配、不安、悲しみ……は、なるべく短く乗り越える。
ねうつ感が長く続くとき、専門医に相談し回復をはかる。(注・必ず名医に限る。その理由は既に以前のブログに書いてあります)
ヅ度な運動を毎日(少なくとも週三回)実行しよう。
好きなことにうちこむ(カラオケなど)。
Дラー細胞がガンを食いつぶすイメージトレーニング。
┐い弔眈亟蕕鮨瓦け(面白いことがなくても)。
楽しく笑う(おかしさ発見!)。
ブラス思考(いい方向に考える)。
強い気持ちを持ってもらって、自殺などせずに生きていて欲しいと思います。全ての人に。
人気blogランキングへ←応援よろしくお願いいたします

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
私も自殺だけは絶対にしてはいけないと思います。
しかし、子どもたちに生命の尊さ、大切さを教えていかなければ
ならない大人(教師)が、学校の体裁のため「いじめ」の事実を
ひた隠しにする・・・
そんな大人の言うことを信用する子どもがいるでしょうか?
大人の意識が変わらない限り、こどもの「いじめ」をなくすのは
難しいでしょうね。
では、応援して帰ります! また来ますね!
Posted by NOBU at 2007年09月19日 02:23
私にかけてるのは7番と10番だぁ。

こころがけよっと
Posted by 松 じゅん at 2007年09月19日 08:12
私学の生徒が自殺した事件ですが、この学校、モロ地元なんですよね。結構、歴史のある学校で、学力も優秀です。まぁ有名私立には及びませんが。
しかし、ほんとに、いじめは無くなりませんね。まぁ、完全に無くなることはないのでしょうけど、自殺者が出るというのは、やはり異常としかいいようがありません。しかし、そこまで追い込んでしまうバックグラウンドが実際に存在しているのでしょうね。
ほんとに抜本的な対策が必要だとおもいます。親も学校も社会も知らなかったじゃ済まされないと思います。
Posted by 鍼医K at 2007年09月19日 13:34
NOBUさん、連日のコメントありがとうございます。

>大人の意識が変わらない限り、こどもの「いじめ」をなくすのは難しい

正にその通りなんです。子供をダメにしているのは周囲の大人達、TVに映る政治家などなどの無責任な行動です。

清貧とまではいかなくても、真っ当な人生をチャンと歩んで、子供達にその後姿を見せてさえいれば、それだけで、一番の教育になると思います。

「教育改革」を声高に叫んだ当人が、病院に逃げ込んで、責任を放棄するのでは、ロクな教育になるハズもありませんよね。
Posted by koyuri at 2007年09月19日 17:34
松じゅんさん、二つだけなら、かなり健康というコトですね。

ともあれ、これから我々が老いて行くコロには、「老人医療」も「介護保険」も当てにはなりません。

お互いに健康になる自助努力をして、「ピンピンコロリ」を目指すしかナイですね。
Posted by koyuri at 2007年09月19日 17:37
鍼医Kさん、確かにそんなに関西に詳しくナイワタシでも、昔、聞いた覚えがある様な学校名でしたね。

長野県は、公立高校が昔はハバを効かせていたのですが、最近は私学もかなり本気になっています。

タダ、話を聞いてみると、校則で生徒を縛り、違反すると即、退学だったりするんですよね。そんな感じのトコって、裏でコソコソ悪いコトをしたりするモノです。

愛知で五千万円をカツアゲされた中学生を救ったのは、親がヤクザだった若者という事件を思い出させます。その時も、学校側は見て見ぬフリをしてました。チャンと反省せずに、同じコトを繰り返すのは、最低だと思うのですが、日本人は物事をナアナアで済ませてしまいますからね。
Posted by koyuri at 2007年09月19日 17:47
 
にほんブログ村 健康ブログへ