2007年09月23日

損して得とれ

茶番劇みたいだった総裁選挙も終わり、日本も新たな時代に入っていくのだと思うけれど、最近話題になるコトの多くが、やっぱり「相手が得した」と思わせてこそ、世の中の商売は上手くいくんじゃないかと思うコトにつきる。

観光関係は特に、「一期一会」の場合が多いのだけれど、『ダマされた!!』と思った人々の恨みはとても強く、あちこちで「アソコは不快だった」という話をする。

正直、そういう話は聞いているこちらも、なるべく左の耳から右の耳へと移動させる様にしないと身が持たなくなるのだが、その大半が「取れるチャンスに取れるだけ取ってやろう!!」という魂胆が相手に伝わっている場合が多い。

長野県の中で地価が下落し続けている中で、一番有名な場所が「白馬」なのだが、本日、その付近を車で通ったら、「無料駐車場完備」と書かれたスキー場への道案内がやけに目についた。

一時は、スキーヤーの車が一日800円とか(もっとだったかもしれないけど、ワタシは冬の白馬に行ったコトがナイのでよく判らない)だったハズだ。昔から、ずっと駐車場はタダというスキー場もあったのだから、現在は最早そんなコトを言ってられなくなったのかもしれないが、スキー客はホトンド全てのスキー場で減少していると言っても過言ではナイのだから、タダにしないよりマシかもしれないが、おそらく有料の時代に無料の駐車場のスキー場を見つけた人々の多くは、それだけで簡単には戻ってくれるとは限らないのではないか。

別に「白馬」を貶しているワケではナク、逆に最近はそれなりに「白馬」も努力してますよと言いたいホドなのですが、「軽井沢」と比べると地価が下落しているのは、高速交通網に乗り遅れているからという単純な問題だけなんだろうかと思う。

「軽井沢」というブランドと、「白馬」というブランドを同一視し過ぎて、やり過ぎたんじゃないかとも思うからだ。

ともあれ、そんなコトは別のトコにもある。例えば、「65歳以上の人はシルバー料金」と書かれている施設に、75歳以上の人が入る場合に、見れば判るのに「証明書が無ければダメ」ですと言われて、正規料金を請求するような場所に、ソコまで行ったのだから、その時は仕方ナク入ったとしても、二度とそういう商売をする場所に行きたいと思うだろうか?

ニコニコと愛想は良かったが、他の店よりサービスがグッと悪かった場所には、人は二度と行こうとは思わないだろう。

おそらく、こっちが損したと思う位で、相手が得したと思うのが常だ。モチロン、本当に損していたら、商売は成立たなくなってしまうが、チャンと利がある程度で「得した」と思わせなくてはならない。「三方一両損」という話があるが、あれは本当はそうじゃナイはずだ。でも、そう思わせるコトで、名裁きというコトになっている。そして、商売はその逆の、「win−winの関係」と言われる様に、互いが得をしたと思わないと長続きしない。

何だか最近、各地各地の愚痴を聞きすぎたので、ココで憂さを晴らして、楽になろうとしております‥‥何時もの話題と全く違いますが、タマにはワタシにもスッキリさせて下さい。
人気blogランキングへ←応援よろしくお願いいたします

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
こんばんわ。ストレス発散は大切ですので、このような記事も大歓迎です。
ところで、観光業界もなかなか大変のようですね。まぁ、観光業界だけではないのでしょうけど・・・白馬は10年以上前に行ったことがあります。スキーはよく信州にでかけていましたので。
しかし、これからの商売はほんとによくよく考えて、相手が喜ぶ事をしなければいけませんね。物販にしてもサービスにしても、目新しいものは、あまりないですし、それどころか、需用人口が減少していく業界が多いですからね。
Posted by 鍼医K at 2007年09月24日 00:35
鍼医Kさんも、多分そうだと思いますが、我々の業種は如何に相手のストレスを緩和するかにかかっていて、中には当然のコトながら、相手に言えられなかったモヤモヤが沢山含まれています。

おまけに、商売柄知りえた情報は秘匿するのが義務だったりするので、気をつけていても、時々、こちらのストレスが充満する場合があります。

詳細は書けなくても、大筋を書いてストレス発散させて頂くしかナイ場合もあります。正に、「王様の耳はロバの耳! 王様の耳はロバの耳!」って感じです。

皆様をストレス発散に付き合わすのは、申し訳ナイとは思っているのですが‥‥ 
Posted by koyuri at 2007年09月24日 15:57
 
にほんブログ村 健康ブログへ