2008年07月02日

食物繊維で血糖値改善

今月もカレンダーからの「食べ物が作る健康」情報です。

食物繊維とは、人の消化酵素で消化できない食物成分のことで、消化管の働きを活発にしたり、有害物質を体外に排出する作用があります。水に溶ける水溶性食物繊維と、水に溶けない不溶性食物繊維に分けられ、血糖値改善の働きは、粘度の高い水溶性のほうが大きくなります。水溶性食物繊維が多いと、糖の吸収速度が遅くなるので、食後の急激な血糖値の上昇を防ぐことができるのです。

これが、おすすめ食材

●寒天‥‥海藻のてんぐさを原料とする寒天は、成分のほとんどが食物繊維。煮溶かして固めた寒天は、大量の水分を含んで腸内を移動するため、糖の吸収スピード低下、コレステロール排出、便秘解消などに役立つ。

●干しあんず‥‥あんずはクエン酸、ブドウ糖、リン、鉄などを含む。乾燥品は成分が凝縮され、生よりも栄養価が上がり、食物繊維も特に豊富。ドライフルーツ類は食物繊維は多いがカロリーも高いので、摂り過ぎに注意。

●ごぼう‥‥100g中に水溶性食物繊維を2.3g、不溶性を3.4g含み、食物繊維の一種イヌリンには血糖値の上昇を不防ぐ働きが。薬効成分は皮の下に多いので皮はこそげる程度に。

食べ方ひとつで効果倍増。いろいろな食品から多種多様な食物繊維を。

じつは、食物繊維は種類によって働きが違うので、できるだけさまざまな食品から摂ると、健康効果が上がります。豆、野菜、きのこ、海藻、果物などに豊富です。

さらに、水溶性食物繊維は、海藻や果物に多く含まれます。粘り気のあるものや、ヌルッとしたもの、プルプルと固まるものなどに豊富。

ちなみに、精製された穀類には少ないので、白米は玄米や雑穀米に、パンなら全粒粉やライ麦粉の製品にすると、かなりの量を摂ることができます。

というコトなので、血糖値に不安がある皆様、お試しあれ。
人気blogランキングへ←応援よろしくお願いいたします

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
ありがとうございます。
左手と比べるとまだかなり腫れているようです。
元に戻るのかな?
食生活、塩分7グラム以下なので、麺類は汁飲めないですね。
Posted by としき at 2008年07月02日 22:28
としきさん、色々と大変かと思いますが、お子さんも小さいコトですし、とにかく大事になさってください。

『元に戻してやる!』という気力がマズ必要かもしれません。それが、戻れば元気というコトなんですから、スグにとはいかないかもしれませんが、少しづつでも良くなれば、何時かは元に戻りますから、それを信じてゆっくり静養してください。
Posted by koyuri at 2008年07月03日 20:21
 
にほんブログ村 健康ブログへ