2008年07月03日

相場で儲けるのはキビシイ!!

エビの養殖で、一年でお金が倍になるという信じられない話でダマされた人々には、お気の毒ではあるが、過去に類似の話が何度もあったのに、どうして易々と騙されてしまったのかと不思議だったりするのだが、個人のお金ならばソレも仕方ナイとは思うが、これが公金となれば黙っていられない。

NHKスペシャル マネー革命〈1〉巨大ヘッジファンドの攻防 (NHKスペシャル)
このシリーズは、くになかさんが薦めてくれた本なのだが、ノーベル賞を受賞した経済学者のファンドがダメになってしまったりして、正に「相場は水物」といった感じの話が続々とある。そしたら、お昼のおそらくNHKニュースで自民党の一部で公金を10兆円ほどを資金運用しようと画策しているという話を聞いて、このシリーズの中でアメリカのオレンジ郡が運用を失敗して破綻したという話を読んでいたので、『何を考えているのか?』と思っていたら、案の定、こんなニュースが‥‥

国民年金と厚生年金の積立金の市場運用で、07年度は年間で約5兆円の赤字だったことが3日、分かった。運用主体の「年金積立金管理運用独立行政法人」が4日、発表する。赤字は5年ぶり。同法人の前身である特殊法人「年金資金運用基金」が市場運用を始めた01年度以降では、最悪の赤字額となった。国内外の株価下落が響いた。今後も市場低迷が続けば年金財政の圧迫要因になりそうだ。

『日本は金融という分野で、必ずしも成功しているとは言い難い上に、何を無謀な』という思いを、おもっいっきり強くさせて頂いた。

「約5兆円の赤字」をこれからどう埋めるというのか?

福祉のお金を2000億円を削るだけで、世の中を上を下への大騒ぎになっているというのに、その25倍の赤字を出してしまってどうするのだろう。

相場というモノは、得も損も一瞬で莫大な金額が動く。そして、多くの人が散っていくのが普通なのだ。そんなコトすら判らない人々が、相場で失敗しても責任はとらないママ、運用する位ならば、何もしない方が間違いナイ。少なくとも、元本だけは保持出来るのだから。

大和銀行の大規模な損失も、ある意味外資にハメられた部分もあり、巨額な運用を成功させるのは、とても大変なコトだというこれまた過去に例がやたらある話を再確認して欲しいと思うのだが‥‥

世の中には、懲りない人々が多過ぎると思った、今日一日。
人気blogランキングへ←応援よろしくお願いいたします

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
お久しぶりです!

このニュースは今朝のテレビでしりました。
被害に遭われた方には申し訳ない言い方をしますが
「美味しい話には裏がある」
“金もうけ”という卑しい考えを起すから、この手の詐欺に引っかかるんだと思いますよ。
人間、コツコツと地道にやっていれば、儲からないけど、騙されて、大切な財産をなくすことはないんです。


※長らくmixiでお世話になりましたが、昨日退会しました。
 管理人の件ではお役に立てず、申し訳なく思ってます。
 今後はこちらだけのお付き合いになりますが、よろしくお願いします。
Posted by BOOちん at 2008年07月04日 00:11
moneyシステムは、世界規模で見ると制御不能状態になってしまっているように思えてなりません。moneyは概念でしかなく、実体経済を円滑に動かすためのシステムでしかない。今にして思えば、不況脱出を理由にじりじりとシステム管理のたがをはずしてしまった局面があそこにもここにも........人智はあともどりをする選択ができるでしょうか?
Posted by あきこ♪ at 2008年07月04日 12:43
BOOちんさん、お久し振りです。

この前ブログにお邪魔したら、お元気そうだったので安心してそのままにしてましたが‥‥

有り得ない話の方が人間、引っ掛かってしまうんだそうで。個人資産はその人が巻いた種というコトでイイですが、公金は無関係な人も巻き込まれるので困りますよね。

ブログのお付き合いをこれからも宜しくお願いします。
Posted by koyuri at 2008年07月04日 14:24
あきこ♪さん、正しく「制御不能状態」になってしまっているのです。

だからこそ、もう少しギャンブル的なモノを排除するしかナイのに、『何を考えているの?』という話を平気でする人の感覚に付いていけません‥‥
Posted by koyuri at 2008年07月04日 14:27
 
にほんブログ村 健康ブログへ