2008年07月13日

人生を楽しくするには

さて、もう少しカーネギーにお付き合い頂きましょう。この方法は、セールスの方法とダブります。今の自分の生活をもっと良くしたいと思ったら、真似してくださいね。

人を動かす3原則

“麁颪鮖澆瓠∩蠎蠅離廛薀耕未肪輒棔邸顛佑蓮他人から非難されればされるほど意固地になり、自らを正当化することに躍起になる。非難の矛先を向けられた本人は、自尊心を傷つけられたことを逆恨みすることもある。非難するよりも、どうしてそうしたのかという相手の状況を理解し、長所に目を向けよう。

∩蠎蠅亮尊心を尊重する‥‥「人間の最も根強い衝動は『重要視されたい欲求』であり、他人に認められることを切望する気持ちが一番強い」自分の長所や欲求を忘れて、他人の長所を考えてそれに最大限の敬意を払うと、人は不思議なくらい賢明な努力でそれに答えようとする。長所のみを考えれば、心からの賞賛になるので、お世辞の必要も無くなる。

A蠎蠅帽腓錣擦討澆襦邸伝蠎蠅領場から物事を見れば、解決の方法は見つかりやすい。相手の好むものを問題にし、それを手に入れる方法を教えよう。自分の希望を押し付けるのでは無く、「相手の利益」を念頭に置いて話せば、相手の理解が得られる。

人に好かれる6原則

〜蠎蠅亡愎瓦魎鵑擦襦邸顛佑麓分に誠実な関心を示してくれる相手に、好意を振舞う。相手の関心を「引こう」とするよりも、関心を「寄せる」方が有益だ。

⊂亟蕕鮟慣に‥‥言葉よりも、表情等の外観の方がはるかに相手に真意が伝わりやすい。微笑めば「あなたが好きで、おかげでとても楽しく、お目にかかけて嬉しい」との思いが伝わる。相手の立場を優先して、悪口を言わなければ、成功の鍵を握ったと同じ。

L樵阿魍个┐襦邸徒樵阿鯊砂鼎垢襪函⊆分の人格を認められたと思うもの。人は自分の名前に関心を覚えても、他人の名前には無関心な人が多い。だからこそ、相手の名前を大事にすることは大事である。

つ阿側に回る‥‥相手の言葉に大きく頷いたり、相手の言葉をそのままオウム返しにしたり、わかりやすく言い換えると、相手は話を聴いてくれていると思う。双方に信頼関係が生まれてこそ、こちらの話も聴いてもらえるのだ。

チ蠎蠅隆愎柑を話題にする‥‥人は自分の関心事について話している時が一番楽しい。相手の関心事に話題の焦点を絞ろう。

λめ上手になる‥‥人は褒め言葉に飢えている。褒めることは、相手の信頼を得る近道だ。相手に重要感を与えれば、その相手から報いたいという感情を引き出せるものだ。

タダ、これをあまり意識してやると、嫌味になると思います。マタ、相手に好かれても、テクニックを弄しているからだと自己嫌悪に陥る場合もあると個人的には思います。でも、ココぞという時に、上手く行かない相手と仲良くなりたい時には、役立つと思います。無論、自然にこういう人間になれるのならば、当然その方がイイのですが。凡人なので、この辺を何時も実行するのには、ワタシには少し無理があります‥‥
人気blogランキングへ←応援よろしくお願いいたします

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
苦手な人や、上の立場なのだけど、どうしても尊敬できない人、許せないとまで思ってしまう人もいます。

でも、自分の「いやだいやだ」と言う気持ちに取り憑かれていてはダメですね。
人間小さいですね。

どう乗り越えるかを具体的に教えて頂いたようです。
そして、これは自分をどう乗り越えるかですね。
Posted by セサミ at 2008年07月13日 22:33
この記事の内容をむかしから実行してます。
そのうち、酸素もお金で買う時代がやって来そうな気がしますよ。
病院で新鮮な酸素吸ったら美味しかった。
Posted by としき at 2008年07月13日 22:40
始めまして、意味深い記事ですね!

頑張って下さい。
Posted by koquim2go at 2008年07月13日 23:27
セサミさん、皆が「自分をどう乗り越えるか」に迷っているので、そして、簡単には出来ないので、未だにこの本がロングセラーされているかもしれません。

タマには、嫌な相手を立ててあげるコトも必要ですが、本当に大変な相手に好かれるというのも、かなり大変な場合もあるので、世の中はケースバイケースかもしれません。
Posted by koyuri at 2008年07月14日 11:39
としきさん、昔から実践してるのはスゴイですね。

昔は岩盤浴、今は酸素の機械の売込みが多い様に感じます。どちらも試している時間がナイままにおりますが‥‥
Posted by koyuri at 2008年07月14日 11:42
koquim2goさん、初めまして!!

コメントから、ブログにお邪魔したら素敵なブログ書いてらっしゃいますね。御意見に賛同するコト、多数あります。

時々、お邪魔させて下さいね。
Posted by koyuri at 2008年07月14日 11:47
 
にほんブログ村 健康ブログへ