2008年07月14日

人を変える9原則

相手とトラブルになる時って、有りますよね。そういう時に、つい感情的になってしまうと失敗するもの。コレも書いておいた方が、そういう時に有効かと思います。

人を変える9原則

,泙此∨めることから始める‥‥相手に苦言を言いたい時ほど、最初に褒めるという行為は、相手に麻酔をかけた様なモノで、相手に重要感を与えるので、本当は一番言いたいと思っている苦言を呈しやすく、相手の心に届きやすくする。

∩蠎蠅鮟つけずに注意する‥‥「褒める」→「注意点を指摘する」→「最期にまた褒める」というサンドイッチ方式は有効。タダシ、その言葉の接ぎ穂に「しかし」という言葉は、最初の褒め言葉を消してしまう。「そこで」という接続詞が望ましい。

「自分の過ち」を告げる‥‥相手の欠点を指摘する前に、自分の弱みを告げた上で話すと、相手の自尊心は傷付けられない。「私も人に言えるほどではないのだが」とか、「私もよく間違えるのだが」とか、「昔の私よりは今の君のほうがましなのだが」といった言葉が適切。

ぬ仁畍調はやめ、良い意見を‥‥相手に「こうしなさい」と言うよりも、「こうしてはどうか」とか「こう考えたらどうか」というアプローチが大切。

ァ峇蕕鬚燭討襦彁廚い笋蠅髻邸鼎燭箸┝分が正しく、相手が絶対に間違っていても、その顔をつぶすと、相手の自尊心を傷つけるだけに終わるコトを理解しよう。

小さなことでも、惜しみなく褒める‥‥褒められた方が、成功体験として心に残る。うわべだけのお世辞と思われないためには、具体的に褒めた方が相手も納得し、自分の伸ばすべき長所に気付きやすくなる。批判によって人間の能力はしぼみ、励ましによって開花する。

Я蠎蠅法崋分は期待されている」と信じさせる‥‥自分についてよい評価が与えられたら、その評価とたがわないように努めるのが人情である。相手に矯正したい時にも、「それについて優れている」からこそ、より期待していると告げた方が良い。

┠穃紊、人を成長させる‥‥相手の向上心を育むには、大いに元気づけ、「自分はできる」と思い込ませること。相手の能力を信じていると知らせれば、相手は自分の優秀さを示そうと躍起になる。

誘因を与え、喜んで協力してもらう‥‥人にものを頼む時には、その頼みが相手の利益にもなると気付かせること。

カーネギーの話は、読んだ時は「そうそう」と感動するのですが、しばらくすると「つい忘れてしまいがち」です。何度か繰り返すことや、上手く行かないとイライラする時に、読み返すとかなり心も落ち着き、成功へのキッカケが掴めると思います。
人気blogランキングへ←応援よろしくお願いいたします

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
人と上手に交流するためにはとても大切なことですよね。特に
「褒める」→「注意点を指摘する」→「最期にまた褒める」
は参考になりました。
私の送迎バスの反対番のオジさんなんですが時々窓を開けっぱなしで帰るのです。
早速、この方法でやってみます。

私のローカルブログの件ではお手数おかけいたしました。
Posted by takachan at 2008年07月16日 13:40
takachanさん、早速、使えそうで良かったです。

それにしても、パソコンに弱いと、少し変更されるとスグにお手上げです‥‥

来週には、チャンとコメント書き込める様になれるかな?
Posted by koyuri at 2008年07月16日 20:15
 
にほんブログ村 健康ブログへ