2008年07月22日

人を育てるスキル

長野は連続して猛暑日‥‥暑くて暑くて大変です。でも、しっかり休んだので、かなり本調子には近付いておりますが、明日はかなりハードに仕事が入ってますので、どうなるでしょうか?

さて、昨日の本からの抜粋になりますが、世の中には、人を育てるのが上手だったり、人の才能を引き出す能力を持っている人たち(ネーティブコーチと言う)が存在するものです。

彼らの持っている能力や技術を他の人にも使える様にしたのが、「コーチング・スキル」と言われるもので、それらは「(垢、聞き分ける ⊆遡笋鯀呂蟒个后´M徊召垢襦´ぞ鞠Г垢襦廚箸い辰織灰箸ら成り立っています。

コーチはスポーツ選手につくものというイメージが一般的ですが、アメリカの大統領にはスピーチのコーチが、企業の経営者には相談役やアドバイザーがいる様になっています。何故ならば、決められた時間で、成果を上げるには、綿密な計画と膨大な情報処理、そして最高のパフォーマンスを発揮しなくてはならないという意味で、彼らもアスリートと一緒なのです。

そして、今、企業は「自分で考えて、自分から行動を起こし、結果も自分で評価できる」想像力のある人材を求めています。従来の指示命令型のマネージメントでは、求められているタイプの人材育成は難しいでしょう。

「考える」ことのできる、「行動する」ことのできる人を育てるには、「一方通行」の指示命令ではなく「双方向」の会話を創りだし、創造性や自発性を引き出すべきなのです。「管理」ではなく、コーチングが大切です。

そのテクニックの中にどういうモノが有るかというと、例えば、プロの棋士のA級とB級の違いは、悪手に対する気持ちの切り替えの違いだと言います。A級棋士は、一度席を離れて気持ちを入れ替えて戻ったら、ミスを忘れて新たな気持ちで打てるのに、B級の棋士は、最後まで悪手を悔いてしまうのだそうです。

人間の視点を変えるには、「アソシエーション」と「ディソシエーション」の切り替えが大切です。

アソシエーションとは、何かに夢中になっている状態で、ディソシエーションは今の自分を客観的に見ることです。

つまり、物事に対して「主観的」になったり、「客観的」になったり、時と場合に応じてスイッチを上手に切り替えられる人ほど、人生を楽しくうまく生きるコトが出来る。そんなテクニックを、上手く伝えるコトが出来るというコトも大事です。

旧来の復古的な教育方法よりも、才能を伸ばす可能性があると思いませんか?
人気blogランキングへ←応援よろしくお願いいたします

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
「自分で考えて、自分から行動を起こし、結果も自分で評価できる」想像力のある人材を求める会社。
そうでなくては発展はないですね。

今の上司はかなり復古的な人で
「言われたことだけを言うとおりにやってろ。」みたいな・・。やる気そがれますよー。

しかし、ブツブツ言ってないで、上司が次の人に代わったときに備えて、今日のブログの内容をしっかり覚えておこうと思います。
Posted by セサミ at 2008年07月22日 23:58
こんにちはkoyuriさん。
東京も猛暑日がつづいてます。
企業が人材を育てるのは大変ですよね。特に現代では成果主義の会社が多いようです。
先日こんな光景を見ました。
道路沿いに中堅コンビニがありまして結構繁盛していました。そしたらすく隣に大手コンビニが大きく開店したのです。中堅が閉店してしまいました。
これがさる学者センセイのおっしゃる「市場原理」なのでしょう。
なんとも後味の悪い気持ちになったのです。
Posted by takachan at 2008年07月23日 16:49
セサミさん、「言われたことだけを言うとおりにやってろ。」みたいな・・。やる気そがれますよー。

こういう感覚が普通の感覚だと思います。自分に置き換えて考えてみれば、スグに判る話なんですが、人にはそういう要求をしたがる人、多いですよね。
Posted by koyuri at 2008年07月23日 17:03
takachanさん、東京も暑くて大変でしょうね。

とにかく、「市場原理」に淘汰されそうになっても、なんとかして生き抜いていかなければなりません。

だからこそ、相手の指示通りに動く人間では、将来が開けないでしょうね。
Posted by koyuri at 2008年07月23日 17:13
自分では気付いていない能力って結構あると思いますよ。
荒井由実、懐かしい名前ですね。
Posted by としき at 2008年07月23日 20:08
としきさん、「自分では気付いていない能力って結構あると」ワタシも思います。だから、ソレを引き出してくれるコーチが居ると居ないとでは、その人の人生が全く違って行くでしょうね。

それにしても、改名したのは1976年だったそうで、もうそんなになるんだと、時の流れを感じます。
Posted by koyuri at 2008年07月23日 21:03
 
にほんブログ村 健康ブログへ