2008年09月04日

行動しなければ未来はナイ

『今のママだと楽だけど、でもこのままというワケにはいかないんだよな。皆、歳を取ってしまうのだし‥‥』と思ったので、三十歳を過ぎて結婚したワタシが言えるコトではナイのかもしれませんが、人間ドコかで決断しないとそのままズルズルと歳月だけが過ぎてしまうのだろうと思ったのが、こちらの二冊。
老後がこわい (講談社現代新書)
と、父と娘のパラサイト・シングル (ベスト新書)
母親と娘が仲良し過ぎるのも考えものかなと‥‥

娘が大人になる時には、やはり母親に不満を抱いたりして、別の人生を歩もうと思うコトが大切なのかも。別に満足していても、自立出来ればイイのだけれど‥‥

「誰かイイ人居ないかしら?」こう聞かれると、つい色々と良さそうな人を見つくろおうとしてしまうのだけれど、中々上手くいかない。

男性も女性も、自分の考えている理想を現実に合わそうという努力が少なく‥‥結婚したら、微かな希望も現実の前に消えていく場合すらあるというのに、こんな感じじゃ無理かなと思う人が多く。

確かに、結婚しても必ず離婚しないとは限らないし、子供が生まれないというコトもある。とはいえ、人生の終りに家族が居ないというコトは淋しいコトだと思う。

どんなに家族が居ても、先立たれてしまう場合だってあるだろうけど、少なくとも努力はしたワケだ。親の元に産まれてくるのに努力は全くイラナイ。親の子供でいる努力は多少はするかもしれないけれど、基本的に親は血を分けた子供を極少ない例外以外は、愛しているのだから、子供のままなら愛情を受動的に受けて、それに多少のお返しをすればイイのだから楽なモノだ。

しかし、家族を作ろうとするコトは、努力が必要になる。ともあれ、家族というモノは、必ずしも血を分けている必要もナイ。配偶者は他人なのだし、子供だって養子という選択もある。

新たに家族を作る場合は、他人との共同生活を上手くやる努力が必要になる。でも、それをしない限り、歳を取る毎に家族の数は減る可能性が増えるばかりだ。

当たり前過ぎる、その真実を冷静に考えるべきだと思うのだが‥‥取り返しがつかなくなる前に。

人気blogランキングへ←応援よろしくお願いいたします

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
家族は作る努力をしないといけないですよね、やっぱり。身内も他人もどんどん、その関係が希薄になってきているような感じがして、互いに努力をしないでも、なんとでもなるようなものでもないでしょうし、難しいような簡単なような・・・・。
Posted by 鍼医K at 2008年09月05日 02:33
鍼医Kさん、独身でいる選択をしてもイイのですが、日本では他人の子供を養子にするという選択肢が少ないからには、自分の最期をどうするかというコトから目を逸らしてはダメだろうと思います。

全てが御金でなんとかなるとは思えませんし‥‥

Posted by koyuri at 2008年09月05日 17:27
血なんかつながってなくても家族と思えば家族ですね。
逆に思わなきゃ家族でも家族じゃないし

家族とは何たるかを本当にわかってる人は少ないでしょうがまったくわかってない人が家族だと悲しくなりますね。
その人を責めてもしょうがないことですから

選択には常に責任がともないますし
Posted by 小太郎 at 2008年09月05日 22:40
昔のように、男は所帯を構えていないと信用されず、女は経済力がなく、というわけではないので焦る必要はないのでしょうね。

弟が 度重なる見合いにも煮え切らず、旅行三昧の年月を過ごした挙げ句、40過ぎてあっけなく合コンで知り合ったお嬢さんと結婚したので、やっぱり結婚は縁かな〜と思っちゃいます。
Posted by あきこ♪ at 2008年09月06日 01:04
小太郎さん、血が繋がっているコトに甘えてても問題でしょうけどね。

ともあれ、日本人は「寄付」とかをあまりしたがりませんよね。

相手を信用しない性格なのかもしれませんが、富める者がその幸福を分けるというのは、世界では当然のコト。自分だけ良ければでは、通らないんですけどね。
Posted by koyuri at 2008年09月06日 16:16
あきこ♪さんの弟さんみたいに、合コンする気力があれば心配しないでイイのですが‥‥

行動力が欠如している男性も多く、時々周囲の方がイラついています。
Posted by koyuri at 2008年09月06日 16:18
 
にほんブログ村 健康ブログへ