2009年02月06日

ココまでやるのかCIA

という感じの本でした。世論は、こうして形成されるのかもしれませんが、日本の政権交代もある程度、自由自在に操られるかもしれませんね。こういう本を読んで、学習しておかないとマズイと思わせて頂きました。

龍の仮面(ペルソナ)

ラブ・ロマンスの味付けで、政治の裏舞台を普通の人々に、判りやすく解説くれているので、かなりの長編ですが、しっかり読んでしまいました。

日本という国の立場も、本当に微妙な立場で。憲法九条というのは、ドコまで換骨奪胎出来てしまうのかとも思ったりもしましたが、危機という名の「世論操作」には、十分注意が必要なのだと思いましたね。

中国という国の理解にも役立ちます。中国は近くて遠い国でしたが、今や近くて真剣にどう交流すべきか、考えるべき国ですしね。

それにしても、今の日本の政治にはホトンド期待が持てませんが、コレもCIAの仕組んだコトなのか、それとも単なる役者不足なのか、どちらなんでしょう‥‥
人気blogランキングへ←応援よろしくお願いいたします

この記事へのトラックバックURL

 
にほんブログ村 健康ブログへ