2009年02月26日

その後の続報を短く

本日付けの、信濃毎日新聞によると、昨日書いた長野県の参事のニュースの続報として、遺書というほどのモノでは無かったものの、自殺を詫びるメモ用紙が自宅にあったそうなので、自殺の可能性がより高くなったみたいです。

東京地検特捜部が、2006年の長野県知事選に初当選した前後に、知事の周辺に一千万円以上の現金を提供したと、西松建設の関係者が自供したタメに、事情聴取をしたとのコト。

全国版では、ホトンド取り上げられて無いニュースなので、昼休みに軽く続報を書き込んでおきます。
人気blogランキングへ←応援よろしくお願いいたします

この記事へのトラックバックURL

 
にほんブログ村 健康ブログへ