2009年08月02日

老化予防に核酸

核酸は生物の細胞内に必ず存在して遺伝子を担当し、新しい細胞の修復に欠かせない物質です。人間の体には約60兆個の細胞があり、つねに新しく生まれ変わっていますが、この働きが滞ると老化が進みます。核酸は若いうちは肝臓で合成されますが、加齢と共に合成能力が衰えてきます。細胞を若返らせ老化を遅らせるには、核酸の補給が有効です。

これがおすすめ食材

●白子‥‥魚の精巣や卵巣のように細胞数の多い食品には、核酸が多く含まれる。ふぐ、たらなどの白子(精巣)は核酸の宝庫。もっとも核酸の多いさけの白子は、サプリメントに利用されることが多い。

●煮干し‥‥煮干しの原料であるいわしは核酸を多く含み、核酸の吸収を助けるビタミンEなどの栄養素も豊富。いわしをしっかり乾燥させた煮干しは、生のいわしの100倍以上の核酸を含んでいる。

●かき‥‥かきやはまぐりなどの貝は、比較的核酸を含む食材で、核酸の働きを助ける亜鉛も多く含まれる。スモークオイル漬けや、水煮にした缶詰のほうが、生のものより100gたりの核酸の量は増える。

食べ方一つで効果倍増

じつは、抗酸化ビタミンであるCやEには、活性酸素を除去して細胞が傷つくのを防止する働きがあります。合わせてとれば、細胞を修復する核酸の働きを助けます。

さらに、ビタミンB群は、細胞をつくるタンパク質の代謝に欠かせない栄養素で、細胞の成長を促します。核酸とビタミンB群を同時にとり、細胞の生成、修復作用を高めましょう。

ちなみに、細胞の修復に働く核酸は、ガンの予防や改善、脳や心臓、肝臓、腎臓などの機能回復維持、ニキビや日焼けでダメージをうけた肌の回復にも効果があります。

ウーン、今回の話題はかなり気になりますね。最近、やはり歳を感じるコトが、とても多いのでゼヒ心して、なるべく食べたいと思います。
人気blogランキングへ←応援よろしくお願いいたします

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
身近な煮干から攻めたいです。
まずは、肌の回復目指して。
Posted by セサミ at 2009年08月02日 22:33
今回のテーマで、かっての土光臨調の

  「土光さんの目刺」
           を思いだしました。

私たちの健康はやはり「食にあり」ですよね。
私も歳を日々感じていますので食のバランスに気を使ってます。
Posted by takachan at 2009年08月03日 08:10
セサミさん、映画「おくりびと」で美味しそうに白子食べてたのを思い出しました。

でも、簡単に手に入りそうなのは、ヤッパリ煮干しですよね‥‥
Posted by koyuri at 2009年08月03日 21:10
takachanさん、本当にそうですよね。

身体が資本ですから、良いモノを食べないと、ピンピンコロリは難しいですからね。
Posted by koyuri at 2009年08月03日 21:12
 
にほんブログ村 健康ブログへ