2009年08月30日

コレで少しは安心か?

総選挙が終わって、初めての自民党の大敗北が決定的になり、日本にも新しい風が吹き荒れようとしている。

何度も書いているのだが、完全無党派であり、少しでも世の中が良くなりそうな党に投票をし続けて来た。

民主党になったら、全てがバラ色の社会になるとは限らないだろう。でも、自民党のままでは、この社会が富める者にばかり優しい社会になりそうだと思い続けて、十年以上が過ぎた。

前回の郵政選挙の時も、民営化の危うさを説きまくったが、民意はホボ自民党一色になってしまった。

とはいえ、あの時はそんなに自民党への得票が多かったワケでは無かったのだから、今回にはかなりの期待があった。

とはいえ、小選挙区は死に票にならないタメに民主党に投票したが、比例区はバラエティに富んだ方がイイのではないかと、自公民以外の政党に投票した。

比例区の結果がまだ出て来てないので、どうなるかは判らないが、何時までもバランス感覚を大事にして、日本の政界に色々な政党が存在して欲しい。

今回の敗北を受けて、自民党にもより良い政党になって欲しいし、全ての政党に選挙の時だけではナク、我々、一般庶民に目配りしてくれる政党になって欲しい。

民主党が、今の謙虚な気持ちを忘れずに、国民の目線で政治を行ってくれるコトを期待するし、特に新しい厚生労働大臣には、パフォーマンスよりも確実な政策を願って止まない。
人気blogランキングへ←応援よろしくお願いいたします

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
マスコミの予想どうり自民が大敗北〃
 驚いたのが公明の10議席減、しかも代表が落選

今回の選挙ほど衝撃的に感じたのは始めてでした。

民主党には初心を忘れず政治理念を貫いてもらいたいと思います。
Posted by takachan at 2009年09月02日 15:17
takachanさん、格差社会に皆が怒っていたのだと思います。

民主党には、「稔るほど頭を垂るる稲穂かな」という姿勢でお願いしたいと思います。
Posted by koyuri at 2009年09月02日 20:45
 
にほんブログ村 健康ブログへ