2009年10月10日

どうする、どうなる‥‥

オバマ大統領がノーベル平和賞を受賞してので、俄然、気になるのがアフガニスタンに追加的な増派を求めている駐留米軍トップのマクリスタル国際治安支援部隊司令官が、部隊規模の縮小を主張するバイデン副大統領の考えを公の席で否定した問題。

アマルフィ 女神の報酬 コンプリート・エディション DVD3枚組 (初回生産限定)アマルフィ 女神の報酬


映画でアフガニスタンになっていたのが、最初のプロットではチェチェンだったのだと、本日、小説を読んだので尚更、気になるトコです。

ちなみに、映画の脚本には真保さんの名前だけでナク、脚本家の名前が無かったというコトで、一時話題になりましたけど。

正直、小説の方が黒田が外交官として立派に描かれていた様に思います。

映画だと、それでは興行的に無理かとも思いますが‥‥

ともあれ、日本人は島国生まれの故か、今でも世界の多くの地域で戦闘が繰り広げられているという現実に疎い気もします。

オバマ大統領の「核廃絶」を目指す方向性は、とても素晴らしいのだけれど、泥沼になってしまったアフガニスタンを思うと、ソ連の失敗をアメリカが繰り返している様な。

地元民を相手に戦争するのは、大変だとベトナムで学習したハズなのに、再びの混乱をどうするのか、本当にノーベル平和賞に相応しいのかどうか、これからが試練なのではないかと思ってしまいますね。
人気blogランキングへ←応援よろしくお願いいたします

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
平和賞まだちょっと早すぎると思いませんか?
Posted by 松ジュン at 2009年10月11日 11:46
松ジュンさん、早すぎますよ。

全てはこれからなのに‥‥
Posted by koyuri at 2009年10月11日 16:29
オバマ大統領の平和賞には驚きました。しかし、考えようによってはオバマ大統領は平和賞を受賞したことで、核廃絶を押し進めるしかない状況になったとも言えると思います。それが真のねらいなら平和賞も大きな意味があるかもしれませんね。とりあえずアフガンからは撤退するのがベストと思います。
Posted by 鍼医K at 2009年10月12日 00:22
鍼医Kさん、本当にそうなればイイですね。

世の動きは、庶民の想像の他で動いてますから、何とも‥‥
Posted by koyuri at 2009年10月12日 09:16
ノーベル平和賞に異議ありです。
いつか記事をアップしようと思っています。

体調が悪かったのは本当ですが、ようやくゆっくり眠れそうです。
Posted by 俊樹 at 2009年10月13日 22:48
俊樹さん、記事を楽しみにしてます。

ともあれ、健康になられたというコトで良かったです。

人間疲労が蓄積し過ぎると、寝れなくなるので、ゆっくり眠れるというのは素晴らしいです。
Posted by koyuri at 2009年10月14日 21:24
 
にほんブログ村 健康ブログへ