2009年10月25日

本日は長野市長選

国政選挙は民主党の候補が、参議院選を征したみたいですが、我が長野市でも市長選が行われてます。

ちなみに、長野市には今、話題のダム問題で全国的に有名になった浅川ダムの建設問題もあるのです。

市長選の最大の問題とはなっていませんが、どちらかと言うと「もう少し問題を精査したい」という候補を民主党が推すのではないかという話になっていて、かなり煮詰まっていたみたいなのですが、候補者側は「ダム問題を阻止する場合もある」というのがネックで、御破算になったと言ってます。

ちなみに、そのコトで残念に思って、民主党の衆議院議員にメールしたのですが、御本人からのメールによると、候補者のバックの方と相容れなかったそうで、但し、ダムには賛成ではナイと書かれてました。

しかし、独自の情報網によりますと、その議員さんは集会では、「ダム建設もあり」みたいな話をされていたみたいです。

長野県が主体のダムなのですが、この期に及んで県は無理やり入札をしています。

で、民主党の推した候補は、不祥事があって辞めた議員の立候補していた地域の市会議員補欠選挙候補として立候補を考えていた元県職員。

で、今の情勢はというと、現職の建設資材会社のオーナー社長さんだった方と、最初に民主党の候補になりそうだった世界的ホテルの日本支社長さんだった方が接戦で、民主党の候補は負けそうらしいのですが。

民主党という看板を前面に出して戦いたいのは判りますが、市民の希望を読み違えるのはどうなのか。

ホテル日本支社長だった方を民主党が推していれば、簡単に勝てたのにという気がします。こちらは、共産党がそれなりに推してますので、相乗りしたくなかったんだとも思いますが。

開票率50%で、今のトコ、候補者三人が横並びになってますので、結果は本日遅くまで決まらない可能性もあり、明日の仕事もあるので結果が決まらない段階で、ブログを書いてしまいますが、ともあれ、民主党がもう少し市民の気持ちを汲んでくれてたらと残念に思います。

ともあれ、結果など雑感は明日のブログに。と書いたのですが、十時四十五分に現職勝利との結果となったと速報がありました。

結局、民主党は現職を当選させるタメに動いたと思っている人達は多いと思います。
人気blogランキングへ←応援よろしくお願いいたします

この記事へのトラックバックURL

 
にほんブログ村 健康ブログへ