2009年12月18日

雪・雪・雪‥‥

さすがカマキリ予報は正確というべきか、やはり今年は大雪になりましたね。

ちなみに、我が家の周辺はまだ雪かきはしないで済んでますが、明日の朝は厳しいかも。

ともあれ、さほど標高の高くない地域ではカマキリが低いトコに巣を作ったというので、さほど心配はしてませんが、今年は雨もシトシト降るのではナク、ドーンと降って止むというコトが多かったので、雪もそうなのかも。

標高が高いトコでは、大雪が降りそうですね。

元F1レーサーの片山右京さんは助かったみたいですが、会社の同僚2人は富士山で遭難したままだとか。

今年も冬山で遭難が増えないコトを祈ります。

標高の低いトコが晴天でも、山に近付くに従って雪が降るなんてコトはざらにあるので、天気が悪くなったら無理をしない方がイイと思います。

雪国に暮らしていると、イヤでも雪の中を外出しなくてはならないコトがあるので、ワザワザ雪の中を登山するという気持ちは、とても理解出来ないのですが、好きな人は好きですからね。

「山好きが山で死ねたら本望」という方もいると思いますが、本人は良くても家族や捜索する人達は大変なので、ヨクヨク考えて登山はして欲しいものです。
人気blogランキングへ←応援よろしくお願いいたします

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
今朝までの大雪はすごかったですね。
自宅周りの雪かきそこそこに、ただ今は仕事で松本に向かう特急にて、稲荷山を過ぎた辺から姨捨に至るまでの間、眼下に広がる銀世界を見て、本当にきれいだなぁ、と感動しています。
でブログ拝見してます)

私は山登りはしませんが、このような自然が織り成す造形に魅せられて、危険を冒しても挑戦をやめない人の気持ちは、アタマの中では理解出来るような気もします。

それにしても、何とも素敵な眺め。早めに出発したのは正解でした。
Posted by ラクダ at 2009年12月19日 08:37
ラクダさん、遭難したら周辺の住民は無償ボランティアで下手すると自分も遭難するかもしれない危険と隣り合わせで、捜索する場合もあるんです。

そう思うと、登りたい気持ちは理解出来ても、『迷惑かけるなよ』と思ってしまいます。
Posted by koyuri at 2009年12月19日 21:45
 
にほんブログ村 健康ブログへ