2010年01月01日

読む精神安定剤

新年あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願いします。

パソコンの不調などもあり、本日もバタバタしていて、こんな時間になってしまいました。

皆様に初笑いして頂こうと、かなり前から新年に向けて準備してあった、とっておきの一冊を紹介します。

子供みたいな精神科医の話なですが、今まで出た三部作の中でコレが一番お勧めかと。

空中ブランコ空中ブランコ


イン・ザ・プール」の続編になり、三作目も面白いのですが、特にこの二作目が御勧め。

ハチャメチャな精神科医で、父親が医師会の大物というコトだけで許されている感じの伊良部、だけどもソレがゆえに難しい症状を解決してしまうという短編集です。

中でも、エリート・コースを歩んでいる同級生の精神科医の強迫症を治してしまうストーリーは、格段に面白く何回読んでも笑えます。

正直、こちらも案外疲れているのかもと思います。

あまり気張らずに、これからも何とかブログを書き続けようとおもってますので、これからも宜しくお願いします。
人気blogランキングへ←応援よろしくお願いいたします

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
子どもたちの存在が精神安定剤です。

明けましておめでとうございます。
昨年同様、本年もよろしくお願い致します。
Posted by 俊樹 at 2010年01月02日 21:12
俊樹さん、昨日は完璧にダウンしてました。

コメント返しが、遅れて済みません。

本当に子供は癒してくれます。昨日も、身体全体を刺激して貰いました。

こちらこそ、昨年同様、本年も宜しくお願い致します。
Posted by koyuri at 2010年01月03日 17:06
 
にほんブログ村 健康ブログへ